Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

「チア☆ダン」#5 オダギリ太郎の正しい使い方

Posted by Lazyrose on   0 comments   0 trackback

はい、今週の「チア☆ダン」は

「太郎先生、クラブで女の子におもてなしされる」
「太郎先生、酔いつぶれて男にお持ち帰りされる」
「太郎先生、子供をかばって交通事故に遭う」


豪華三本立てでございました。以上(〆るな)

180812-blog3.jpg
男子生徒にお持ち帰りされる男。ウブい。オダギリジョーなのにウブい!ww

今回のわかば&太郎先生の共通テーマは「ちゃんと向き合わなかった過去にケリをつける」
チアダンス部を立ち上げ、ここまで来たことで、やっと自分たちの過去と向き合うことができるようになったわかばと太郎先生。
このふたりは生徒と教師という立場を超えて 飼い主とわんこ 「挫折から立ち直る同志」みたいな共生関係にあるから、色々とシンクロさせるのはいいと思う。

それにしても、
探して探してやっと見つけた相手に謝ろうと思ったのに酔いつぶれて介抱されて、あげくに先方が勝手に立ち直ってた太郎先生と比べて、
嫌がらせにカチコミかけようとする仲間を制して
「これはワシとあいつの問題じゃけえ、ひとりでケリつけたるわ」
と単身で殴りこむわかばの男前っぷりといったら!
どこのヤクザ抗争ものかと思ったわww
間違いなくこの話のヒーローはわかばで、ヒロインは太郎先生なのだ。

180812-blog2.jpg
女子高生にグーで殴られてヘタる高校教師ww 弱いwww

いやあ、さすが高校生の部活物語だけあって、登場人物の紆余曲折が「ありがち」なのは否めない。
起こる事件も展開も解決も予想通りっていうか、話の通りが早いのはいいがわりかし脚本が雑(笑)
前回の春馬もだけど、「どんだけこじれてるんだ」と思った木田も、前向きに立ち直ってる。
すごいノンストレスでむしろ先読みして
「逆恨みした木田に『現役教師がクラブでお姉ちゃんたちと遊んでた』とか通報されるんじゃ」
などと心配してしまったオノレの心の汚れにうっかり凹みそうになったよ!(笑)

前回、踊ることで商店街の人たちや芙美を応援したROCKETS、今回は踊らないことで望とチアリーダ部を応援したわけだ。
そして頑張る彼女たちにご褒美とばかりに、今の彼女たちに一番必要な人材を見つけてきた太郎先生。
長年の心の枷だった木田と和解も果たして、もはや「トラウマで心を病んだ教師」の面影は皆無。
ウッキウキしながら部室を訪れて
「ああ、ここにいたんか」
って入ってきた時からもうドヤ顔w
「どこ行ってたんや太郎!‥‥センセイ」←取ってつけた
「いや‥‥実は人を探しに行っててね」(ドヤドヤ)
「?」
「ロケッツの‥‥コーチや」(ドヤドヤ!)
いやもうコーチを紹介するくだりの太郎先生の鼻ふくらませて「見て聞いて驚いて喜べー!」みたいな笑顔ったらたまらんな。

180812-blog1.jpg
大切にしたい、この会心の笑顔

‥‥ってここからの予想外の急展開が!
もう俺んちのタイムライン
「アマダム仕事しろ」
「関東医大へ運べ」
「はやく電気ショックを」
で埋まったんですけどさてはお前らクウガ民だな!(知ってた)

ありがちな定番ものだと思ってたのに!
いやありがちな展開ではあるのか。
王道熱血ドラマだけあって「イケメンが交通事故に遭って主人公が泣き崩れ」という王道要素もちゃんと踏襲しているのか。
問題はなんでそのイケメン役が幼馴染じゃなくて顧問に振られちゃってるのかってことなんだけど、まあオダギリジョーだから仕方ない(笑)
だがイケメン&熱血ダブル効果の漆戸パワー(心の洗剤的な)がなくなったらどうなっちゃうんだー!

‥‥などとうろたえるフリをしつつ、
この時期にこの展開は恐らく「帰ってきた時効警察」で霧山くんが入院したアレで、三日月くんの役回り振られたのがわかば姉なんだろうなー
みたいな大人の事情を察してありあまる心の汚れた一部大人がワシの他に2名くらいおったわ(わかる人にはわかる)

いずれにしても傷ついて倒れるオダギリジョーは(それはそれで)お姉さんたちへの明日へのパワーになります。ご馳走様でした。

「チア☆ダン」#4 ノンストレス熱血スポ根悪くない

Posted by Lazyrose on   0 comments   0 trackback

いやー、ぶっちゃけオダギリ目当てで見始めたドラマなんだけど(笑)普通にいいなこのドラマ。

何しろ最近は、うがった見方をする登場人物、複雑怪奇な設定、視聴者の裏をかく演出といった、面白いけどギスギスしたドラマにやや疲れてきているもので。
ミスリードもなく意外な展開もなく、シンプルなテーマをストレートに描く、そんな普通の面白さが意外と沁みる。

もちろん、ただシンプルなだけの定番展開でドラマが面白くなるはずはなく、そこここに「面白み」の隠し味が散りばめられているわけで。

たとえば
・普通なら主人公たちに嫌味をいったりバカにしたりするはずの、ライバル強豪JETSが礼儀正しく親切な超絶いい人集団
・そのぶん「嫌味をいったりバカにしたり」の役割を担うチアリーダー部の部長、でも原因はわかば側
・ということを主人公自身がちゃんとわきまえてる
・教頭以外の先生が妨害したり中傷したりしないどころかわりと協力的
・ってか教頭も妨害したり中傷したりはしてない見守りスタンス
・親友に裏切られた茉希の心の傷と、周りが見えず一人で突っ走る汐里の欠点はリンクしていて今回ダブル修正

効かせたスパイスも決して意外性のあるものではなく、あくまでも「話の通りが早い」というもので、ただそのぶん視聴者がイラッと来ない。

それにしても、いやがらせや嫌味に笑って対処できるわかばと太郎先生のなんとも安定していることよ。
特に「JETSの真似」を「JETSごっこ」に、「お祭り参加の面倒くささ」を「ユニフォーム着てみたい」にポジティブ変換するわかば。
やはり主人公サイドがブレずに前進していく話は見ていて気持ちがいいものだ。

そして、職場でも自宅でも熱心にJETSのDVDを研究しまくって、ROCKETSに必要なものを考えて、彼女たち自身に「誰かを応援する気持ち」を悟らせようと、強引に画策する熱血顧問、なかなか有能じゃないか。

180807-blog2.jpg

しかし。

ぶっ、ブルーハーツは卑怯やろおおおおお!
その後サンボマスターとか反則やろおおお!
泣いてしまうだろおおおお!(号泣)


格段に上達した踊りもだけど、はじけるような笑顔で踊っているメンバーに「前回の失敗を克服した」ことが現れてる気がする。

ところで今回、自分は太郎先生の薬指の結婚指輪に目が行っちゃったんだ。
顧問としてイキイキと動き出し、校長の助力でRocketsメンバーを引っ張る覚醒金八太郎だけど、
彼のその頑張りは奥さんと子供の応援があってこそのものなんだなあ。

180807-blog1.jpg

「あれがパパの自慢のROCKETSや」と息子に自慢する太郎パパかうぃあいいい。
あと、長女が心配で心配でたまらないのをわかばに見透かされてる藤谷パパもかわいい。
そんで、例によってこっそり見にきてはついぞ見なかった(であろう)娘の笑顔に愕然としてる教頭もかわいいーw

「チア☆ダン」#3 覚醒した太郎がスーパー金八先生だった件w

Posted by Lazyrose on   0 comments   0 trackback

「ここで逃げるんか? 本当にそれでいいんか?」

冒頭、かつて自分が追い込んでしまった生徒にむけたのと同じ言葉を、今またロケッツのメンバーにかける。
そのために太郎先生が必要とした勇気と葛藤の回。

まさかオダギリジョーの金八節に涙する日が来ようとは思わなんだ。

180729-blog1.jpg


先週やっとやる気を出したものの、やっぱり自分は顧問には向いてないのではないか?
また生徒の人生を狂わせてしまうのでは? とうじうじする太郎先生。
「彼女達を信じてない」
と校長に喝破され、
「太郎さんの役目は彼女たちを見守ることじゃない?」
と奥さんに指摘され、
「名前まで先生が書くんですか、愛情たっぷりですね~」
と松井先生に励まされ、
(女はみんなイケメンの味方だ)

一念発起、いそいそと用意してきた「夢ノート」だったのに、当の女生徒たちからは
「JETSのまねってこと?」
「パクリかや」
「夢ならもう壁に書いてあるよ」
とボロクソに拒絶されてたちまちしょぼーーーーんとなって引き下がってしまう太郎、なんだ、なんだこの‥‥

180729-blog3.jpg

初挑戦の大会で挫折を味わったメンバーがやっと明確な目標を持つ、王道スポ根ものの「転換」の感動回だったんだけど、ワシをもっとも感動させたのはこのいじけてしょんぼり壁にはりついてるわんこの姿だったぞ!

その後も気弱な太郎先生の役に立たないっぷりは続く。
生徒がキャットファイトしてても止めるにとめられず、止めたのはわかばの「お腹すいた!」のバカ発言。
本番直前、緊張する生徒達を励まそうと声をかけるもスルーされる。
顧問、空気ww

確かに全員をひっぱる推進力なら汐里が、うまく人材を配置する頭脳なら委員長が、そして調整力はわかばが持っている。
でも、「彼女達に足りないものはなにか」「いま何をすべきか」を把握しているのは太郎先生なのだ。
スポーツ指導(テニスだったんか!)の経験があり、しかもそれに挫折した太郎先生だからこそ、いま彼女たちに必要なものがいやというほどよくわかるのだ。

そういえば、生徒たちが「大会に間に合わせるー!」って盛り上がってた時も、本番前も、太郎先生の表情は痛々しげだった。
太郎先生はこうなることを予想してたと思う。
あの練習じゃ大会レベルまでいけないことも、彼女たちがどんな恥をかくかも。
そして案の定の惨憺たる出来で、目をそむけたくなるロケッツの演技から太郎先生は目をそむけない。
わかっていたから。
ただ、わかっていても、やっぱり怖くて踏み込めなくて。

そんな太郎先生の背中を押したのは、
「先生、今までつきあってくれてありがとう。無駄な時間使わせて悪かったの」
というわかばのひと言だっただろう。

「ほんとにそれでいいんか?」

ずっと自分自身に問い続けた言葉だろう。
まだ彼はわかばから感謝されることも、謝られることもしていない。

「夢を持つってことは凄いことや。偉いことや。お前たちは素晴らしいんや」
生徒に必要なのは、彼らの気持ちを肯定することで、具体的な「足りない」部分を指摘することで。
教師に求められる本当の資質とはこういうものなんだろう。
それはもう、時代が変わってもかわらないことなのだ。

だから本気で生徒たちと向き合った太郎先生が金八化してしまうのは仕方のないことで(笑)

ともすればただの武田鉄也オマージュで終わりかねないこの長台詞の説教シーンが、そう終わらなかったのは
「目の前の失敗から逃げちゃだめだ」が自分に言ってることだと気づいてポロリと涙をこぼしてしまう、役者のすさまじい 可愛らしさ 演技力のたまものであろう。
平成の金八先生は熱いだけじゃだめだ、イケメンで可愛さも持ち合わせていなければ通用しないのだ。
ハードル高いな!

結局「余計なお世話」トラウマがよみがえって、しょんぼり帰っちゃう太郎先生。
だが彼はちゃんと女生徒たちに煮えたぎるリベンジの炎を与えるという使命を果たしたのだ。

「あんな惨めな思いして、このまま引き下がれんがの」
「絶対こんなところではおわらん!」

ぶっちゃけそこらのジャンプ世代男子よりずっと雄雄しく燃え上がるJKたちと、いちいちしょんぼりが挟まる熱血教師。
絶妙な組み合わせのドラマではないか。

180729-blog3b.jpg

「チア☆ダン」#2 太郎先生早くも覚醒

Posted by Lazyrose on   0 comments   0 trackback

「勇気を奮って一歩踏み出すと、無理無理小バエが寄ってくる」
というような感じの2話だった。

わかばたちの活動を邪魔するチアリーダー部
委員長の勇気を嘲笑する生徒たち
「現実はそんなに甘くねえ」と呟く幼馴染

いやもう、他人のやってることにわざわざケチつけたり、「できるわけないじゃん」「やめとけ」って潰しにやって来る人間は何なのかね?
ワシには彼らの気持ちがさっぱりわからんのだよ!

キラキラしてる人間への嫉妬なのか?
自分のマイナス沼に引きずり込もうとしてるのか?
自分はお前より現実をわかってるんだぜってマウンティングなのか?

だから
「人のやりたいことを笑うな!」
と喝破するわかばはストレートにカッコいいよ!

チアダンスのチアとは「励ます」「応援する」という意味らしい。
先週、こういう「夢に向かってチャレンジドラマ」なら、牽引力のある転校生が主人公ポジションなのでは? と思っていたのだが、
「怒られるより笑われるほうが怖い」という委員長
「生徒をダメにした」とくじけた過去を告白する太郎先生
彼らを救ったわかばを見て、なるほど他人の思いを絶対に否定せず「(一緒に)やろっさ!」と言ってくれる彼女は、まさしくチアの人なんだなと納得した。

で、本題の太郎先生。

180723-blog2.jpg

恐竜かかえてウロウロしている太郎先生は安定の可愛さだったが(笑)
今回は彼のトラウマがもうちょっと説明された。

かつて「教師の自己満足に利用すんな」と拒絶され、保護者やマスコミに叩かれ、そのあげく心を病んでしまったらしい太郎先生。

「顧問をやってみよう‥‥か‥‥な?」くらいのテンションを教頭に滅多打ちされ、速攻でしぼむ。

挫折を告白して顧問を断ってしまう姿がしかられた子犬状態。

でも、友達をなくしたというわかばには「先生」として反応してる。

「何もせんかったら始まらない」というわかばの言葉に空を見あげ、

チーム名を告げに来た生徒たちのキラキラした笑顔にまた空を見上げて。

渾身の勇気をふるって「やってまおうかな‥‥顧問」と奥さんに打ち明け、

「あの子らのダンス見せてやってください!」と頭をさげる決意の表情。

太郎先生の表情の変化を追っていくと、心の傷を乗り越えるのがどれほど、怖くて恥ずかしくて、勇気が必要なことか、
そんな自分の心の中の無理無理マンを必死でねじふせていく様が丁寧に表現されている。

踊るわかばたちを心配そうに見守る表情が、だんだんまぶしそうな、ちょっと泣きたそうな顔へと変わっていくのを見て、なんかこっちが泣きたい気持ちになっちゃったよ!(校長目線)

180723-blog1.jpg
てっきり白オダギリダサ枠だと思ってたのに、もしかして白オダギリイケメン枠の可能性が浮上

それにしても
まさか着替え中の女子高生から「キャー!」「のぞきー!」と服投げつけられてアタフタ逃げ出すオダギリジョーが拝めるとは思いませんでした。

180723-blog3.jpg


さすが王道青春ドラマだけあって、ラブコメ(?)要素もがっつり王道なんでございますな!

眼福眼福。

「チア☆ダン」#1 ダブルわんこで目指せ全米制覇!

Posted by Lazyrose on   0 comments   0 trackback

チャレンジするのは難しいことではない。
やりたいな、やってみようかなで一歩踏み出せばいい。
でも、「一度挫折したことにもう一度チャレンジする」となると、話は別だ。
「どうせダメだし」「自分には才能ないし」「頑張ても結局傷つくだけだし」とハードルはぐっと高くなってしまう。

やりたかったのに力がたりなかった。やってみたら痛い目みた。
そんな辛い経験があるから言い訳してしまうし、自分もあきらめた経験を持つからこそ、親は子供に、妻は夫に、教師は生徒に「無理するな」という。

わかばも、太郎先生も、このドラマの無理無理マンたちはみな挫折した状態からのスタートらしい。
たしかに王道中の王道青春スポコンドラマだ。
でもこれは単なるスポコンものというより、「くじけて傷ついた心でも、立ち上がれる」という、色んな人に向けた応援ドラマなんじゃないかと思う。

だから、エピソードのひとつひとつがベタな定番ネタではあっても、最初の5分でほぼ最終回までの展開が把握できてしまっても、そんなことは構わないのだ。
そこが安定しているからこそ、視聴者は安心して彼らのひたむきな努力に共感できるわけで。

メインターゲットはこれから頑張る若い世代かもしれないが、金曜夜10時の疲れきった大人の心にもキラキラしたわかばたちの気持ちが素直に沁みてくる。
「頑張れ!」という単純明快な応援をしにくい時代だからこそ、
ストレートに「それでも頑張ってみることの美しさ」を打ち出すドラマには大人が観賞する価値がある。

で、なんでそこにオダギリジョーがいるのか?

という一般視聴者のごもっともな疑問には「まあ見ておれ」とほくそ笑むオダギリファン(笑)

180715-blog1.jpg
おそらく本編でこういうオーソドックスにカッコイイバージョンはない気がするタイトルバックの太郎先生(クリックすると倍サイズ)


放映後おそるおそる世間様の反応をみるに(←古いオダギリファンあるある)

・キラキラ女子高生効果で画面がまぶしい
・ベッタベタな王道だがそれがいい
・太郎(イヌ)かわいい
・太郎(先生)かわいい

よかった! 総じて好意的な意見が多い!
よかったーーーー!(←古いオダギリファンあるある)

いやもう、初っ端の登場シーンから恐竜オタク丸出しだわ、嫁と息子に仕切られてるわ、着任そうそう教頭や同僚から突っ込まれてアワアワしてるわ、の萌え萌え太郎ちゃんなんだが、きわめつけがホームセンターでのわかばとの出会いだ。

わんこだよ! わんこ属性ですよ公式設定がッ!(笑)

そう、これこそが王道青春キラキラドラマにオダギリジョーがキャスティングされた最大の理由だ!(断言)
いいですか皆さん、オダギリジョーには2種類のオダギリジョーがおるのです!
何をいってるのかわからない?
よろしい、ざっと分類してみましょう

【ダークでエロティックで男も惚れるといわれる黒オダギリ】
例)「血と骨」朴武・「ゆれる」早川猛・「渇き。」愛川刑事・「南瓜とマヨネーズ」ハギオ・「天体観測」木崎タケシ・「S -最後の警官-」正木圭吾・「極悪がんぼ」伊集院保

【ピュアでひたむきでわんこな白オダギリ】
例)「仮面ライダークウガ」五代雄介・「サトラレ」里見健一・「ビギナー」羽佐間旬・「新選組!」斎藤一・「八重の桜」新島襄・「おかしの家」桜井太郎

あと白黒混在した「リバースエッジ 大川端探偵社」の村木とか白黒とは別次元の「重版出来!」の五百旗頭敬とかむしろ極彩色な「あずみ」美女丸とかもいるけど、そのへんの考察はやりだすと3日くらいかかるので省略するが、

とにかく純粋で可愛らしい方のオダギリ! 別名「きれいなオダギリジョー」の方が召喚されてるわけです!
そしてそこにもうひとりの太郎(わんこ)を配置する周到っぷり!


180715-blog2.jpg
ホームセンターで「タロウさ~ん」と呼ぶとコレが出てくる福井県行きてえええ

ラスト、駅前でお巡りさんと揉める生徒を助けるためにうっかり「顧問です」とか口走った瞬間、

「太郎先生が顧問やってくれるってーーー!」

「キャー!」「ヤッター!」
ってぴょんぴょん飛び跳ねて大喜びの女生徒たちがもう可愛くてかわいくて、
こんな可愛い女の子たちが円陣組んで
「タロウッタロウッタロウッタロウッ」
「ウ~~~~タロー!!」

って勝鬨あげられちゃったらもう、太郎先生断れないやねw

「いや、あの‥‥」ってオロオロしてる太郎先生がまた死ぬほど可愛くて。
ワタクシ確信いたしました!
「キラキラしてる若い女の子がカワイイ」と「涙目でオロオロしてるオダギリジョーがカワイイ」はほぼ同じベクトルなのであると。

第2話ではお待ちかねの太郎先生のトラウマエピソード登場らしいで、週末の疲れきった大人(主に女性)たちよ! うるうる涙目わんこ待機だぜ!