Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

スポンサーサイト

Posted by Lazyrose on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予告的な?

Posted by Lazyrose on   4 comments   0 trackback

大河ドラマ「西郷どん」は見ていて、なんだかこう色々微妙なんだけど「某長州ドラマほど酷いわけではないし」みたいな感じで、そこそこ楽しんでいる。
まあ主に「ヒー様エロ~い!」とか「佐野史郎さんの井伊直弼素敵ー!」とか「雪篷先生カッコイイー!」とか「ひさみちゅ公かわいい!」とか、そんな楽しみ方だが。
小栗龍馬が出てきてからは思わずフィーバーしたし、鈴木良平さんがもはや人間離れした人体変容術でどんどん西郷隆盛に近づいていってるのなんか凄いと感動している。

segodon-ryouma5.jpg
西郷ドラマなのに龍馬しか描いてないあたり

ただ、脚本的には幕末ドラマでもなければ薩摩大河ですらない、いわば「西郷吉之助マンセー」ドラマだと思う。

ちらほらと
「ああっ!‥‥なぜ帝が慶喜ラブしてるの! 違うでしょそこは会津中将でしょ!」
「バカたれそこはちゃんと会津軍が激戦しとったわー!!!」(←蛤御門の戦い)
「もはや変態四枚舌男みたいなヒー様にかしづく無能イエスマン容保様状態やんけ!」
「戊辰戦争すっ飛ばしやがったーーー!」

っていうか肥後守様と越中守様が、上様より先に鰻食い始めるとか箸持って口にもの入れたまましゃべるとか慶喜の横で馬鹿発言連発したあげく水戸黄門に出てくる悪い殿様の横で「おのれ無礼者!」って叫ぶだけの馬鹿家老みたいじゃないか。
もうストレスたまるたまる。

そんな中で、9月からチャンネル銀河で大河ドラマ「八重の桜」再放送という素晴らしいニュースが飛び込んできた。

西郷どんでは描かれなかった「会津はなぜ逆賊にされたのか」
さらに西郷どんでは描かれなかった「長州はなぜ征伐されるに至ったか」
さらにさらに西郷どんでは「吉之助の個人的恨みで倒されたことになってる幕府は本当はなぜ倒されたのか」
などなどを補完できるのが、(会津ドラマなのに)倒幕側の動きもちゃんと抑えて描いた「八重の桜」だ。

ちょっと前にチャンネル銀河で「平清盛」の放送してた時、海の底の人たちが続々と浮上する様がうらやましくて仕方なかったんだ。
ああ、 これでワシも桜の木の根元から這い出せる!(ホラーか)
わたくし固く決意いたしました!

西郷どんにめちゃくちゃにされた会津を救うチャンスだ!

てなわけで、CS見られないくせにチャンネル銀河の放送スケジュールにあわせてその日の回をDVDで見て
#八重の桜 タグで感想垂れ流しまくってやっておる(←そうとう頭悪い)

なにしろ2回目だからちょろっと感想ツイート流してフォロワーさんたちに興味もってもらえればいいかな~?
なんて考えていたのに、実際に会津編みちゃったらあなた、会津愛を吼えたくてたまらなくなって黙ってはおられませんで
そりゃもう長々とツイートぶっ続けてたぶんすごい迷惑かけてるフォロワーさんたちごめんなさい‥‥。

2013年当時「八重の桜」に関してはオダギリさん演じる新島襄が出てきた回のみ感想を書いていたのだが、
(例外的に容保様と大蔵様愛だけは叫んだ)
自分の中で「八重の桜」がどれほど愛すべき存在だったかを思い知り、当時書かなかった八重の桜前半の「会津編」感想を、ツイートをまとめる形で補足しておこうかなと思っている。

ただ、基本イラストなしの文章のみの記事は書かない主義なので、イラスト‥‥どうしようかな。
まあそのうちアップする(かも)

ところで西郷どんでは玉山鉄二さんが桂小五郎をやってるんだけど、玉山鉄二といえば山川大蔵な八重の桜民にとっては混乱はなはだしい(笑)
やっぱ桂さんはミッチーが史上だよなあ(いや玉鉄さんもいいんだけど)と思って思わず描いた、八重の桂とどん龍馬コラボ。

ys-ryouma-katsura.jpg

※お察しの通り、ブログ更新が滞って広告が出ちゃったので回避するための記事アップだ。
本気で八重感想あげるかどうかはわからんw

スポンサーサイト

「チア☆ダン」#10 キラキラ純白オダギリを有難う!

Posted by Lazyrose on   0 comments   0 trackback

これまで番組を見ていて、ずっと気になっていたことがある。
わかばたちの「打倒JETS!」というフレーズだ。
「全米制覇」はともかく、見学させてもらってチアの心得や練習の仕方まで教えてもらって「一緒にがんばりましょう!」とか言ってくれるJETSに対して「打倒」はどうなのかと(笑)

だから最終回にわかばが
「打倒JETSじゃないの。だってJETSは私たちをここまで連れてきてくれたんやもん」
と言ってくれてほっとした。

もちろん「乗り越えたい存在」としてJETSがあって、わかばたちにとってJETSは憧れの存在であると同時に高い壁だったんだろう。
でもわかばたちが乗り越えたかったのはJETSじゃなかった。
そこはドラマだからといって譲れない一線で、たぶん脚本は最初からこのつもりでやっていたんだと思う。

ていうかぶっちゃけ実在する覇者JETSに勝つわけにはいかんのだよ明智くん!

最終回、本番に臨むROCKETSメンバーに送られた太郎先生の言葉は

「ROCKETSのダンスを見てると元気になるんや。つらいことがあっても、明日は頑張ろうって思える」

これが彼女たちの到達点だったということじゃないだろうか。
振り返れば、4話の時点で太郎先生は校長に
「JETSのダンスをみていると、なにか胸がジーンと熱くなるっていうか、励まされるっていうか、力がわいてくるんですよね」
と語っていた。
「それがチアスピリットっていうんだね」
「それをあの子達に気付かせてあげるのがあなたの役割なんじゃないの」

太郎先生はちゃんと、彼女たちに気づかせてあげられたんだなあ。

大会前夜、わかばと太郎先生の恒例トークタイム(笑)も、すっかり落ち着いたものになっていた。
「太郎先生のおかげや」
「明日絶対勝って太郎先生をアメリカに連れていくでの!」
こんな風に言われるの、教師冥利に尽きるだろうなあ。太郎先生泣きそうだったw

180916-blog3.jpg

1年半、誰もが必死で努力して、さまざまな「できっこない」を乗り越えてきたからこそ、安易に優勝したりしなくてよかった。
これは「勝負に勝つ」ドラマじゃなくて、一度挫折してあきらめたことにもう一度チャレンジする人たちの「自分を乗り越える」ドラマだから。
このドラマを見た若い子供たちが、夢をあきらめないで、「できっこない」にチャレンジしてみてくれるといい。
親や先生たちが「やってみなよ」と応援できるようになるといい。

そして「そうやってずっとずっと笑っていてほしい。君たちは僕の奇跡だから」と言ってあげられたらいい。

180916-blog1.jpg
いやアナタもワシらの奇跡なので笑っていてくださいよと全クウガクラスタ(´;ω;`)

で、ここからは本音(笑)

ぶっちゃけチアダンが(やや)失速したのは太郎先生が事故にあってリタイアしてからだと思う。
無理やり太郎先生をはずしたせいで、その後の展開がかなり苦しくなって、もちろん折々に病院太郎のフォローが入ったし教頭先生がカバーしたりはしてたけど。
結局、この物語はわかばと太郎先生が二人三脚で、お互いに悩みを解決しながら進んでいく二重奏のようなドラマだったから。
それが途切れたせいで起こるトラブルもそれへの対処も微妙な「ただの青春ドラマ」になってしまった感がある。
実にもったいなかったなあ、と思うけど、それはそれとして
いかにオダギリ演じる太郎先生の存在が物語を、ドラマを絶妙に補足しフォローしていたかがわかるなあとも思う。

ピッチピチの女子高生の青春スポコンドラマの指導者に、映画版「チアダン」の天海祐希の立ち位置になぜオダギリジョーが配されたのか!(笑)
それは要所要所で発揮される和みのわんこモード、そしてここぞと言う時に発揮される男前モードの絶妙な使い分けができるからよ!
最終回本番直前にきてなお、緊張しすぎたメンバーのヤバい雰囲気を察知した太郎先生が唐突に
「自信を吸って~~不安を吐き出せ~~」
と深呼吸を始めたときは、可愛さのあまり変な笑いが出たぞ(笑)
ね? ね?

第1回の時点でワタクシ申しておりましたね。
「キラキラしてる若い女の子がカワイイ」と「涙目でオロオロしてるオダギリジョーがカワイイ」はほぼ同じベクトルなのであると。
そう、女子高生集団の中に入ってなんら遜色のないうるうる涙目わんこと、時々拝める男前!
「きれいなオダギリジョー」召還の理由がこれです!

(いろいろ言いたいことはないでもないけど)
女子高生熱血スポ根ドラマでさわやかに笑うオダギリジョーを与えてくれて有難う!



‥‥それはそれとして最終回で一番ヒットポイント高かったのは迷子をごまかそうとする太郎の超絶うさんくさい笑顔であった。

180916-blog2.jpg
最後の最後にこれをチョイスしてしまうのがオダギリファンのもはや根治不能な病癖かもしれない。

「チア☆ダン」#9 これが青春スポ根ものの王道やろがい!

Posted by Lazyrose on   0 comments   0 trackback

あー、えーと、先に言っておきますが

・わんこタロウが活躍したし
・人間太郎は脊髄損傷から復活どころか息子と元気に踊っちゃってるし
・「私なんか」とイジけていた教頭先生が報われて

ワシ的には重要ポイント全部揃って万々歳回でしたので問題はないです!
(若干キレ気味)

180912-blog1.jpg


放送後、賛否分かれる今回の「わかばへの熱血突き放し作戦」であった。

これまで、どんなときも明るく前向きで、他人を応援してきたわかば本人が、自分がつらいときには自己犠牲の塊みたいになってしまう。

「ひとりで抱え込まないで!」「本音を言って!」「一緒にがんばろうよ!」
いやそれいままでわかばが委員長や妙子や汐里に言ってきたことだよね?(笑)
最終回前に、主人公の言動が跳ね返ってくるというよくあるパターンで。

業を煮やしたメンバーが取った行動は、まああまり褒められたやり方とはいえない。

「けが人にシューズ投げるとか頭おかしい」
「本音で話せっていうこと自体一方的だし、そのためにハブにするって」
「これっていじめなんじゃ」

いや、気持ちはわかるけどね!
「もう来るな」とか「ムカつく」とか、そりゃ未熟なティーンですからね。

見たらわかるじゃん?
「泣きながら君を殴ってる」って委員長の顔に書いてあったじゃん。

突き放してもわかばは絶対戻ってくるってメンバーは信じていて(今まで自分たちがそうだったし)
突き放されても仲間は自分を受け入れてくれるってわかばは信じている(今までわかばがそうだったし)

ケガが治らなかった場合のリスクも含めて、分かち合おうとするのがROCKETSのチアスピリットって事なんだとワシは思うんだがな。
そして、そこまで深く熱い信頼関係なんて、昔も今も「フィクションならでは」という捉え方で肯定されてたと思うんだけど、案外そうでもないのか。

未熟な子供が言葉が足りないのは当然で、そこも含めての青春スポ根ものだと思うんだよ。
スポ根ってそういうものなんじゃないの?(偏見)
青春スポ根ものを見て「突き放し方がひどい」「ケガが治らなかったらどうするんだ」って文句つけるのはナンセンスだと思うんですよねえ。
そもそもそういうの好きな人が見るドラマでしょ?
少年マンガで主人公が死線から復活するの信じて突き放す仲間に文句言わないでしょ?

なんだかんだ言ったって、競技から離れた選手が我慢できなくなって戻ってくるってのは
お蝶夫人に迷惑かけるからってテニスをやめようとした岡ひろみが戻ってきたとき以来の定番なんですよ。

「迷惑かけたらあかんのか?」
「藤谷はROCKETSの誰かに迷惑かけられたら腹立つか?」

夢ノートを見て「やっぱり踊るのって楽しい!!」と、過去の自分に諭されるように納得したものの、
自分のわがままが迷惑かけるかも‥‥と躊躇するわかばの背を、最後に押すのはやっぱり太郎先生だ。
やっと戻ってきた太郎先生‥‥た、太郎!

踊ってるやんけ!!(笑)

180912-blog2.jpg
いやあ~~~いいわ~いいもの見ちゃったわあああ~かわいいわあああ~。

戻ってきたわかばを迎えたメンバーが踊ったのは、

「どんなにうちのめされたって悲しみに心をまかせちゃだめだよ」

サンボマスターだ!
っていうかこれ第1話で、あおい姉ちゃんを東京に送り出したときの踊りじゃないか!

あの時、わかばと汐里のふたりだけだったダンスが、8人に増え、10人に増え、
そしていま20人になって、あの時と同じ振り付けなのに踊りのレベルが格段に上がったんだって。
最終回前に、一番最初の踊りを、しかも全員で歌いながらってのはすごくいい演出だったと思う。
しかもこの曲、彼女たちの目標であるライバルJETSも大切にしている曲だって(1話で)言われてたし!

次回、ROCKETSは全国大会でJETSを打倒できるのか?
いやいやいや打倒しちゃったらアメリカ行かなきゃならないじゃん! まずいじゃん! シーズン2確定ってこと?(笑)

まあ何にしろオダギリジョーのたどたどしいダンス姿を拝めただけでも有意義な9話であった。

180912-blog3.jpg

「チア☆ダン」#8 太郎(人・犬)の巧みな連携プレーをご覧ください

Posted by Lazyrose on   0 comments   0 trackback

わかばを見守る太郎(犬)ちらっと出たから!!
(第一声がそれか)

180902-blog1.jpg


「ずっと放っておいて今更何よ!」と娘から反発される汐里父
「親が教頭な面談もやりにくい」と教職員にボヤかれる教頭
進路に煮詰まったからって「家業継ごうか」と言い出すバカ娘にムッとするわかば父
キツイ漁師なんか娘に継いで欲しくなくて進路に反対する渚父

子供の事が心配で、娘の進路が気になって、だけど愛が空回りしがちな「働くお父さん」たちがそれぞれに報われる回だった。

中でも太郎先生不在によりクローズアップされた教頭先生の成長っぷりは目を見張るものがあった。
以前の教頭なら「警察から問い合わせがあった」時点で汐里を問い詰めただろうし、生徒と学校を守るために穏便に済まそうとしていただろう。
その教頭が、生徒の夢を守るためにトラブルに立ち向かうようになるとは。
この辺はもう太郎先生不在により変化せざるをえなかった教職員としての成長であり、そんな教頭を娘である麻子が「お父さんなら大丈夫」という信頼の目で見つめるのにぐっと来た。

「うちの大事な生徒の夢を邪魔せんでくれんか」

こんなセリフを言った後、いつもの教頭だったら照れて誤魔化してたわけよ。
でも今回、汐里を安心させるように笑ってみせた。
教頭にとっても生徒たちの「打倒JETS・全米制覇」は本当に本当に大事な夢になってるんだなって。
教頭、カッコええぞ!

そしてわかば。
高校3年の夏に希望進路が「全米制覇」はヤバいさすがにヤバい(笑)

180902-blog3.jpg

初回から常に格言は言い間違う、英語も言い間違う、アホの子わかば。
腹をくくろうとして首をくくってしまうわかば。
わかばはバカなんだけど、でも、肝心なときに仲間や先生たちを説得する言葉は説得力が凄い。

「たとえ世界中がどんなに汐里を疑ってもあたしは汐里を信じる」
こんな事言われたら汐里の人生変わるし、それをきいたらメンバーも教頭だって腹をくくる。

仲間に迷惑をかけたくないという理由で退部しようとする汐里をどうとどめたらいいかわからないわかばに、今回アドバイスしてくれたのは太郎先生不在によりあおいコーチだ。
「自分のために、『間違ってる』と言ってくれる人は貴重だと思う」
彼女もまた就職問題で父親とぶつかってきちんと意志を伝えなかったことを仲間から指摘された。

わかば父、ほんとに娘たちとコミュニケーションとれてなかったんだな(笑)

「将来の事真剣に考えてくれてありがとう」と伝える汐里。
「今までの自分とは違う、大丈夫やよ」と微笑む麻子。
まずは「お父さんの仕事を知りたい」というわかば。
「ちゃんと身近な人に気持ち伝えなあかんでの」と家に帰る渚。

親や友達から逃げたりせずに、きちんと思いを伝えることは難しい。
難しいけど、きちんと思いを伝えて、それを親や友達と共有できたら、世界はどれほど楽になるだろうな。
「チアダン」というドラマは、ただ全米制覇とかいうスポ根だけでなく、そういう普通の人間関係でも「できっこないをやらなくちゃ」と教えてくれている気がする。

それと、
誰にも相談できずに苦しむ汐里の様子にいち早く気付き、事件に動揺するメンバーに同調せず腕組みしながらじっと流れを見守り、「何があった?」とだけ声をかけ、ひっそり涙ぐみ(バレてたが)、無実が証明されて皆がキャーキャー騒ぐ中、輪からはずれて満面の笑顔を浮かべる
といういかにも太郎先生がやりそうな役回りは今回太郎先生不在により茉希ちゃんに振られていた。

ってか茉希ちゃん彼氏か! 彼氏なのか!! 男前すぎるー!! 汐里、ハルより茉希ちゃん選んだ方が!(オイ)

そんなわけで
・メンバーに寄り添う(茉希)
・生徒を守る(教頭)
・わかばにアドバイスする(あおい)
・わかばを見守る(ワンコ)

という太郎先生の属性を各メンバーが分担せざるをえなかったという、
いかに太郎先生の存在が大きいかを思い知る不在回であった。
来週はわかばの負傷で退院間近らしい太郎先生も出番がありそうなので一安心。

ところで
関西予選大会、衣裳がかっこよくなってるうう(悲鳴)
先週苦労してやっと作ったROCKETS衣裳、もはや出番無し!
。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。ウァァァン

くやしいので供養に貼っておく‥‥。

180902-blog2.jpg

「チア☆ダン」#7 女子高生部活モノで語られる相互扶助の大切さw

Posted by Lazyrose on   0 comments   0 trackback

気がつけば季節は過ぎて2019年春。

太郎先生がいなくても、学校生活は普通に続いていく。
太郎先生がいないくても、あおいコーチがきめ細かい指導をしてくれる。
太郎先生がいなくても、教頭先生が(ちょっとズレてるけど)監督してくれる。

それでもわかばたちは太郎先生がROCKETSの要だと信じてたし、
太郎先生も「太郎ノート」で会えない生徒たちに細々とアドバイスしていたもよう。

でもやっぱ不在は痛いよな!(ドラマの話やで)

病院で黙々とリハビリを続ける太郎先生のシーン。
予想していた以上に真剣な、必死な表情が、見ていて引っかかった。
「順調ですね」と医者にいわれても、不安そうな落ち着かない様子なのだ。

長期入院したまま仕事から、家族から、世間から、取り残された患者の恐怖はとてつもなく深い。
このまま良くならないんじゃないか、もっと悪くなるんじゃないか、皆に忘れられるのではないか、自分などいなくてもいいのではないか。
そんな状況を思わせるように、前回のラスト「自分も頑張らなくちゃな!」という表情から一転して、今回の太郎先生の表情はかなり暗い。

180827-blog3.jpg


ドラマとしては、教頭先生の恋愛禁止令(笑)からはじまって、

家の事情で練習ができず大会に出ないという妙子

「全てをチアに捧げろ」を真に受けて後輩くんとの恋愛をあきらめようとする委員長

「そんな風に何かを諦めて、切り捨ててまで手に入れなくてはならないものって何だよ!」というわかばの決意

といった、理想論かもしれないけど、若者にはやはり「友情・努力・勝利」を求めてもらいたい! という大人の切なる願いがこめられた内容だ。
だが、自分に刺さったのはむしろ、悩むわかばの背を押すために

「俺はこんな大事な時に皆のとこにも行かれんで、顧問なんて言えんよな」
「でも、俺はみんなの事より自分の身体のことばっかりや」

という太郎先生の淡々とした自虐のセリフだったんだよなあ。

もちろん、必死でなにかを乗り越えようとするわかばを導き、成長させるための言葉だ。
いつも太郎先生はこうやって相手に考えさせようとする。
でも、その言葉にはいつも、太郎先生自身の本音が隠れている。

だってわかばと太郎先生の悩みはいつだってリンクしてたじゃないか。

だからあれは、太郎先生が今まさに乗り越えつつある彼の葛藤だと、自分には思えた。

「何かを手に入れるためには必ず何かを捨てんとあかんのかな?」

それはきっと、画面に映らないところで太郎先生が必死で向き合ってきた言葉なんじゃないかと思う。
リハビリが順調なのに、冴えない太郎先生の表情はそこを物語っていたんじゃないだろうか。

「チアのために何もかも捨てて頑張れたら一番や。でも無理なときもある。今日は平気でも明日は何かあるかも知れん。その度にチア以外捨てられんかった人が脱落していくんか?」

そして、このわかばのセリフには唸った。
もちろん「現実には勝つために切り捨てざるをえない」という意見もあるだろうが、じゃあ勝つためなら自分が捨てられてもいいのかって話だ。
女子高生部活モノで相互扶助の大切さが語られておる(笑)
そうだよ、今日は平気でも明日はわが身なんだよ。誰かを切り捨てる人はいずれ切り捨てられるんだよ。

こんな長期間不在でも、いまでも太郎先生はチアダンス部の顧問で、生徒たちも教師たちも家族も彼の不在をカバーしながらその帰りを待ってくれている。
それは太郎先生自身が誰かを切り捨てようとしない人だからだ。

苦悩と向き合い、それを乗り越えて20人全員で優勝したROCKETSへ浴びせられる会場の喝采は、
電話越しにそれをきいた太郎先生にとって
「自分はまだ皆の中に存在している」
という福音でもあったんじゃないかと思うのだ。

「どうしました?」
「いや‥‥とっても嬉しいことがあって」

窓の光をみつめて泣きそうな顔がとても良かった。

180827-blog1.jpg

いや、「出たら描く」とは言ってるけどさ!
どうせちょろっとしか出ないんだろうから今回はわかばちゃんメインで感想書く予定だったんですけどね。
優勝したROCKETSの踊りがすごく上達していて感動したんですけどね。
なんか冒頭のリハビリシーンで予想以上に深刻な演技してるんで! あの人が!(笑)
いろいろ深読みしちゃってみました。
いいじゃねえか、何があってもとりあえず推し視点で解釈してみるそれがオタクというもの!

ところで
「太郎先生がいなくても犬の太郎がいてくれる!」
ってオチにしようと思ったのに、太郎(犬)おらんかったよおおお!(´Д⊂ヽ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。