Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

スポンサーサイト

Posted by Lazyrose on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真田丸

Posted by Lazyrose on   0 comments   0 trackback

まずい!
怒涛のような諸般の事情で(以下略)12月が終わってしまうー!

とりあえず広告回避で記事をあげておかねばならぬ。
よし、11奮戦記はおいといて(こら)こないだ最終回をむかえた大河ドラマ「真田丸」でお茶を濁す!

161227-blog1.jpg
クリックで3倍

実は、今年自分がどんな言葉を呟いていたかというのをツイッターのUserLocalというアプリで調べてみたらこんな状態だった。


161227-blog3.jpg


9割がたドラマ関連、しかもなにこの真田丸率(笑)
いや、前半は「重版出来!」と「ムジカ・ピッコリーノ」、夏ごろは映画「湯を沸かすほど熱い愛」「オーバー・フェンス」とかでほぼオダギリ三昧だったのは確かだ。
しかし、やはり1年通しての大河ドラマは強いな。
何しろ第1回から最終回まで、1回も不出来の回がなかった。毎週毎週「ここが面白かった!」って呟きまくっていたのだからやむなし。
そして文字の大きさから推し量るに、ワシの愛は

秀吉>三成・三谷>家康

という順であったようだ(主役ちっさ!)


惜しまれつつの最終回【真面目な感想】

幸村はなぜ一騎打ちに出たか

幸村は茶々に「望みを捨てなかった者にのみ、道は開ける」と諭した。
諭された茶々は最後まであきらめずに生きる道を歩こうとあがいた。
でも肝心の幸村の「望み」は生き残ることでも勝つことでもなく、ただただ徳川家康を討つことだった。

それまで信繁は「真田幸村」として大坂城へ行き、「負ける気がしない」「勝つために来た」という言動を貫いてきた。
なのに最後なぜ生き残る道をまったく選ばずに家康に挑んだのか。
彼の行動原理は視聴者にはわかり辛いところがあった。
それは彼が死の直前まで、あくまでも【豊臣家の家臣】として行動していたからではないかと思う。

妻の戦死、秀吉への恩義、石田三成や大谷吉継への思い、父の無念、そして家族への愛、茶々や秀頼や牢人衆の願い。
さまざまなものが彼をしばり、「義に生きる真田幸村」を作り上げたのだと思う。
「真田幸村」は望まれて出来上がった理想の戦国武将だ。

しかし、実のところ彼の本音は妻・うめや父・昌幸の死に対する「徳川への恨み」だったのではないだろうか。
「儂を殺しても何も変わらん」と家康に言われて「百も承知!」と返す幸村。
たぶん彼はこの時、はじめて「自分のため」に行動したのだ。
真田の次男坊でもなく、秀吉の側近でもなく、知将・真田幸村でもなく、ただ真田信繁として。

そして、道は開けたのだ。

「滅び」は美しいのか

「私はこの世にいた証を何か残せたのか」
「大事なのはいかに生きたかでございますゆえ」

彼を必要とする人々のために最善を尽くし、そしてもはや手が尽きたその時、彼は自分自身の願いを叶えるために走った。
その生き方は一見さわやかで、とても感動的だ。
しかしよく考えればただの自己満足、残された家族や身近な者にとっては身勝手このうえない言い分でもある。

真田一族の次男としては「兄を守り立て一族を守る」という使命を果たせなかった男だ。
豊臣家の家臣としては、秀頼を頼むという秀吉の遺言を守れずに終わった男だ。
結局、彼が選んだのは無念の死を遂げた父・昌幸の「幸」の字と、妻うめの残した六文銭。
徳川に殺された父と妻と友人たちのために家康を討つということだった。

それはある意味虚しい復讐ともいえるかもしれない。
ただ己ひとりが「日の本一の兵」として名を残しただけとも言える。

でもその「生きた証」が400年後の今にまで「真田幸村」伝説として残っているのだ。

三谷幸喜は大河ドラマでふたつの「滅び」を描いた。
新選組!では近藤勇が、真田丸では真田幸村が首を落とされて終わる。

大勢に逆らい滅びの道を選ぶ。
そんな生き方は、時代によって賞賛され、あるいは否定される。
近藤勇の死は「無駄死に」だったと思われるだろう。
信繁の最期にも異論はもちろんあるだろう。
しかしその自己満足的な生と死こそ、家のために裏方で終わった叔父・信尹が、家のために己を曲げた上杉景勝が、「天下を分ける大戦をしたかったと嘆く伊達政宗が、そして幕臣として己の義を貫きたかったのにできなかった数多の武士たちが、諦め、捨てざるをえなかった夢だ。

滅びは決して美しくはない。

ただ、信繁がずっと尊敬し、そのように生きたいと憧れた信尹と景勝。
「自分のようになるな」と信繁に忠告したふたりが、「真田幸村」の死に溜飲を下げた。
以て瞑すべきではないか。

真田の父子の物語

「偉大な父をもった息子の苦悩」というテーマに対し、
勝頼は父に詫びながら家を滅ぼした。
信之は父とは違う生き残る道を選んだ。
信繁は父と同じ滅び行く戦国武将としての道を選んだ。
秀忠は父を救い、幕府を存続させた。
秀頼は父の名の影に潰えた。

その最期のシチュエーションから明らかなように、冒頭の武田勝頼の暗示は信繁を指していた。
しかし、現代において「真田昌幸」といえば「真田幸村(信繁)の父」と認識されている。
信繁は父を超えた。
さらにいえば真田の家名は信之が守った(血は絶えてるが)。

「父と息子」というテーマに対し、真田兄弟はきっちりと答えを出したのだ。


【真面目な感想終わり】


まあそんなわけで、最終回あんまり感激したもんだから、基本オダギリしか描く能のないこのワシが思わず描いてしまったのが上の丸絵。
番組視聴後に我慢できなくていきなりPoser立ち上げてhisayanさんの当世具足だのsannziさんのガラスの鹿(のツノ)だのあれこれくっつけて描いた。正直形状的にはものすごく微妙。

161227-blog2.jpg

素のレンダ画像はこんな。
堺さんだと思ってはいけない(笑)


それにしても、とことん良い脚本の素晴らしさを味わえるドラマだったなあ。
なんといっても歴史への愛と敬意と、大河ドラマへの愛に満ち満ちていた。
どの登場人物も必死で生きて、精一杯生きて死んだ、魅力的な人間として描かれていた。

・これまでほとんど取り上げられることがなかったのにたった2回の登場で人気爆上げだった武田勝頼
・これまでほとんど取り上げられることがなかったのに関ヶ原のキーマンにまでなった板部岡江雪斎
・これまであまり取り上げられず、あっても無能扱いだったのに「超いい人」枠で人気急上昇した滝川一益
・さらにこれまでほとんど非道鬼畜扱いばっかだったのにすっかり視聴者に愛され惜しまれる羽柴秀次
・清々しいまでの阿諛追従っぷりの裏で果てしなく ずんだもち愛 男前だった伊達政宗
・気持ち悪いことこの上ないのになぜか忘れられない北条氏政
・ワシが絶対好きになれない人物筆頭だったはずの徳川秀忠(とお江)

なんでみんなこんなに可愛いのだ! 嫌えないじゃないかー! ヽ(`Д´)ノ

そんでもって最後の最後に「こいつだけはワシ嫌いやねん」と挑んだ大野修理が! あんなにも男前に(やらかすけど)なっちゃうなんて!
いやあもう完敗でしたよ!
三谷マジック凄い!

そんでもって一年ぶん最初から筋道立ててる脚本構成。
伏線という伏線をきっちりがっちり拾いまくっててもう緻密(エピソード)と大胆(真田目線限定)が入り乱れてて惚れる。
何しろ放送直前スペシャル動画の「ダメ田十勇士」が当たり前のような顔で最終回に登場してて、
「やっぱりうちの殿様は最高だー!」って言ってて泣いた。



最終的に三谷脚本の前に全土がひれ伏した感がある。

ドラマとは物語とは「ああ面白かった!」と思わせるためにあるものなんだな、と改めて認識できた一年間だった。

スポンサーサイト

「ムジカ・ピッコリーノ」#20 気ままな旅がこよなく似合う男(結論)

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

前回の大団円からの、誰もが見たかった「くやしがるローリー司令官w」をきっちり入れての総集編。
いや、総集編というか、この4期ピッコリーノでは何を描きたかったのか、というテーマを浮き彫りにしたエピローグという形だった。

160907-blog2.jpg
あの騒ぎの中でローリーちゃんへのメッセージまで残すとかどんだけ有能なのかとw

これまでの「ムジカ・ピッコリーノ」は全部見ていたわけではないが、大雑把な自分の感想は

1期は右も左もわからないアリーナちゃんがムジカ・ドクターに憧れて新しい世界に飛び込む話だった。
2期ではそんなアリーナちゃんの友情とか葛藤とか挫折とか、成長ドラマ的な要素が加わっていた。
3期は治療対象がピリオド・モンストロに替わったりして、やや世界観や番組の構成が変わった。
4期は3期の構成をふまえた上で、ストーリー性、ドラマ要素を振り戻した、ような感じだ。

そして、ミステリアスなMr.グレープフルーツ(=ドクトル・ジョー)という人物を登場させたことは、4期のアリーナの成長部分をわかりやすく、芯の通ったものにしていたように思える。

今期を振り返る、アリーナの期末レポート。
Mr.グレープフルーツのブートラジオを受信してから出会ったこれらのモンストロと楽器と奏者を紹介。
ジョーがいなかったら出会えなかった‥‥といいつつ、

「思い返せばジョーに振り回され続けた数ヶ月でした」

おおまったくだ! 視聴者もジョーに振り回され続けたわい。

正直1話めを見たときは
「初回は出ないだろうな、ラストでちらっとほのめかす程度かな?」
などと思っていた。
まさか冒頭からブートラジオで聞いた声が流れてくるとか、
いつもこそこそ隠れてメロトロン号追っかけてるのに視聴者にはちゃんと「今日の〆」みたいに顔出ししてくれるとか、
気付いたらアリーナちゃんの専属家庭教師で準レギュラーどころか影の主役とか夢にも思わんかったぞ!


終わってみれば1話めから最終話まで、全編Mr.グレープフルーツまみれ、ドクトル・ジョーがまんべんなく登場する素晴らしい番組だった(オダギリファン的に)。

160907-blog4.jpg


タイトルの「ジョーのおくりもの」というのは、アリーナちゃんとリヒャルト船長の会話で語られていた。

「アカデミーで学ぶだけではダメなのかもと思った」
「自分の道は自分で見つけなければならない」

うん、ドクトル・ジョーと出会ったことで、また少し成長したアリーナちゃん。
きっとこれからも成長し続けるのだろう。
最後は全員で「練習練習!」という流れで特別演奏。
「EIGHT MELODIES」という曲はゲーム「MOTHER」の楽曲だそうで、おそらくリヒャルト船長役の鈴木慶一氏絡みで取り上げられたのだろう、というのはタイムライン情報。
でもゲームを知らない自分には、そのへんの感激は特に無く、むしろその歌詞が響いた。

メロディーを奏でよう むずかしく考えなくていいんだ
いくつかの言葉と 優しいハーモニーがあればいい

まるでこの歌詞こそが「ジョーのおくりもの」のように聞こえてくるではないか。

160907-blog1.jpg


ええと、それではここで17話の時点で並べてみた「謎」を振り返ってみよう。


・ジョーの正体は何なのか

ローリー司令官の同期。
正式な身分は不明で偽ドクター扱いされているが、捕まえたマラケッチョを治療しようとしていた節も‥‥。

・ジョーの目的は何だったのか

メロトロンのモンストロ・マボロシを治療したかった。
メロトロン号につきまとっていたのは幻のモンストロ治療に多種類の楽器が必要だったから。

・なぜジョーはアカデミーを途中で飛び出したのか

不明。

・ジョーと司令官の過去はどんなだったのか

おおむね優秀なジョーにローリーちゃんが対抗したあげくいじられる関係だったらしい。

・ジョーはなんの楽器を演奏してくれるのか

してくれんかった‥‥(´・ω・`)

・アリーナちゃんの初恋は実るのか

未満だった‥‥(´・ω・`)

‥‥未解決事項が多すぎる!ヽ(`Д´)ノ

というわけで5期希望! 5期大希望!!
どうやら次期があるかどうかは視聴者次第らしいので、皆さんぜひ公式サイトに直訴をしましょう!
(何しろ恥ずかしがりやさんのこの自分が堂々と「ジョー」呼ばわりできる実に希少なキャスティングだ)
個人的にはとりあえずゴンドリーさんがユーフォニウムのモンストロと出会えなかったので5期はある! と踏んでいるが(笑)、メロトロンを治療してしまったので「メロトロン号」の役割はもう終わっちゃったかもしれない。

‥‥いや、ジョーと司令官のスピンオフでもいいんだけど‥‥(´・ω・`)

160907-blog5.jpg

そんなこんなで、さまざまな楽器の知識と、一流の演奏者による楽曲演奏と、スチームパンク世界のビジュアルを楽しめておまけに最初から最後までオダギリジョー出ずっぱりという世にも贅沢な子供向け番組「ムジカ・ピッコリーノ」4期はこれでおしまい。とてもお洒落で素敵な番組だった。

最近のEテレは「ピタゴラスイッチ」や「デザインあ」「日本語であそぼ」など、子供向けとは思えない、いや子供向けだからこそのわかりやすさと遊び心が溢れる番組が多い。
この「ムジカ・ピッコリーノ」もそうだ。
要所で使われるモンストロの絵といい、ドクトルジョーの設定といい、「いい大人が本気で作る子供番組はクオリティ高い上に細部のこだわりが半端ない」ものだと真剣に思う。
通常の番組だと流しちゃう部分を、子供相手だからこそ逆に流せないのかも知れないな。

そんで最後の〆はやっぱり

「あなたのラジオにこんにちは。Mr.グレープフルーツです」


160907-blog6.jpg

小粋だね。

「ムジカ・ピッコリーノ」#19 ラスボスの名はメロトロン!

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

なんとまあ美しいモンストロか!

「ムジカ・ピッコリーノ」の世界観デザインはグラフィックアート・クリエイターのTAKORASUさんだ。毎回趣向がこらされたモンストロのデザインに感心していたけど、さすがクライマックスの大物は気合の入り具合が違った。
ジョーが、そして船長が追い続けてきた幻のモンストロ。目に入った瞬間に叫ばずにはおられない‥‥

ラピュタはほんとうにあったんだ‥‥!(やめい)

160821-blog3.jpg


さて、「うさんくさい無免許医師ストーカー」から一転してメロトロン号を救った恩人に成りあがったドクトル・ジョー、ついに堂々とメロトロン号船内でクルーたちと作戦会議。
「ヘイ、Mr.ジョー。おまえさんこいつについて知っているのか?」
(ちらほら思ってたんだけど、リヒャルト船長のイナセな言葉遣いは結構ツボだ)

船長が差し出したのは、ジョーの隠れ家から押収した(笑)モンストロの絵。
そこに記されたのは「色とりどりの楽器の音色 再び ひびく」という聞いた事もないプロフィールをもつ謎のモンストロだと説明するジョー。

「ちなみに、このモンストロの楽器の名はメロトロン^^」

ほえええええ!?(  Д ) ゚ ゚

アリーナたちも驚いてるが、視聴者も仰天だ。
マジっすか! メロトロンなんて名前の楽器本気であるんすか!
そんな(お子様向けスチームパンクなこの音楽番組にあまりにもぴったりすぎる都合のいい)楽器が現実にあるんすかー!

それだけじゃない。
なんとメロトロン号は幻のモンストロ・メロトロンを探すために作られたのだという。

え、ちょっと待って、ちょっと待って?
第3期からアリーナの所属が「ピッコリーノ号」から「メロトロン号」に換わったのは、まさかこのラスボスを想定していたからなの!?
だとしたらおいおい、すごいな! 近年稀に見るトリビアだよ!

うううむ。これまで視聴してきてなにゆえ「メロトロン」という名称を調べなかったのか、と思うが、正直メロトロンが音楽絡みの名前だなんて夢にも思わなかった。
でも、知らなかったからこそ今回のこの衝撃の展開を、子供たちと同じ目線でびっくりできて良かったな~と思うのだ。

幻と呼ばれるだけあって、どこにいるかもわからない、というリヒャルト船長に、
「実は居場所はつきとめています」
とさらりと告げるジョー。なんだその一晩でやってくれるジェバンニとか監察・山崎丞みたいな有能っぷりは(笑)

そんなわけで、一同は伝説のメロトロンと対峙。
なんと島そのものがモンストロだというから、ラピュタは本当にこれまでのモンストロ(大太鼓とか)とはケタ違いの存在感だ。
そして普通に演奏してもピクともしない、一筋縄ではいかないさすがラスボス。
アリーナちゃんが見つけた録音テープが鍵らしい、ということで、ラボに戻って再生。

160821-blog2b.jpg
↑書くと長くなるので次の機会にするがこのフリーの再生機prop、sannziさんがいなかったら今回使えてなかった。

録音した音を聞かせるとモンストロが反応したことから「メロトロンはテープに記憶した音で演奏する楽器」だと判明。
どうやら傍らにあった鍵盤楽器こそが「メロトロン」で、その中にはさまざまな音を録音したテープが内臓されている仕組み。
しかもダイヤルをかえると、フルートの音色からチェロの音色に変化した。
「色とりどりの音色」とはこのことだったのか!

‥‥ええと、よくわからないけどシンセサイザーの元祖みたいなものだろうか?(汗)

それではさっそく演奏を! となったところで、ジョーは例によって「じゃあ僕はこれで」と別行動。
その理由を問えば、
「メロトロン号の演奏をブートラジオで流すんです。幻のモンストロが蘇る瞬間をみんなに聴かせたいから」

うむ。彼の役割はモンストロの治療曲をひろく世間に広めることなのだな。
「それはいいけどジョーの演奏はなしなんか(´・ω・`)
ちょっとガッカリするオダギリファン一同。
でもってそんなジョーにリヒャルト船長がサムズアップを送ると
「そこでジョーにサムズアップとか! 船長わかってるううう!(≧∇≦)」
と色めきたつクウガファン一同(忙しい)

一同が腕によりをかけた治療演奏曲はビートルズの「Strawberry Fields Forever」
1967年の発表当時、最新テクノロジーだったメロトロンが使用されているらしい。

モンストロも演奏も幻想的で美しくて、これまで放送後はウキウキワクワク楽しい気分になったけど、今日はふわふわ不思議な気分になった。
そんでもって録音しながら演奏に聞き入るジョーの、目的を達した満足そうな横顔が美しくてヨダレ出そう。

160821-blog1.jpg

ジョー、これまでメロトロンを求めてひとりでコツコツと捜し歩いた苦労が報われたんだね。
感無量だ。
いやあ実に良い最終回だった‥‥あっ、ローリーちゃんとの対決がまだだったw

というわけで、真の最終回に続く!

「ムジカ・ピッコリーノ」#18 金の力でパワーアップはお手の物

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

いやいや、マジで感心したんだけども。

この18話だけでメロトロン号が危機に陥ってそれをジョーが助けてモンストロ虐待疑惑をとくところまで済ませおった!

しかも、いつもの「楽器の解説」(今回はエレキベースのぶっとい弦について)と、治療曲演奏シーンもきちんとクリアした上でだ。
凄いじゃないか!
まあ、リヒャルト船長の「ユリイカ!」が異様に早かったのはご愛嬌として(笑)

示唆したモンストロが「太鼓のような音を出すギター系」と見抜いたアリーナたちの様子に
「やっぱりメロトロン号の活躍を見るのは楽しいな~」
などと隠れてご満悦のドクトル・ジョー。
そういえばこの人メロトロン号のファンを自称していたんだった。

しかし! 一天にわかにかき曇り、鳴り出した雷にモンストロが凶暴化!
金だ! モンストロが金の力を手にいれたぞ!(やめい)
そして我を失いメロトロン号を攻撃する未確認生命体第46号‥‥じゃなかった、モンストロ・スラプドンを阻止すべく、特攻かますドクトル・ジョー!

160809-blog1.jpg
思わずライジング・ドクトル誕生かと思ったぜw


タイムラインは
「ジョー!」
「ジョーが!」
「ジョーがああぁ!」
の大合唱(笑)

メロトロン号のかわりに電撃くらったジョーを助けるために、アリーナちゃんが思い出したのは、これまでのジョーからのアドバイス。
「自由にやればいいんだよ」「こんな風に音で遊びながら楽器を作ったんじゃないかなあ」
そう、ドクトル・ジョーが教えてくれた、大切なキーワードは

「遊び心」


ひらめいたアリーナの気転で、エレキ・ギターの専門家シニョーレ・ハマーが叩くような奏法で演奏したのは

モンキー・マジックだ!

おおおゴダイゴだ! 西遊記だ! 堺正章だ!
オリジナルもいいけど今回のアレンジすごくかっこよかったなあ。
っていうかハマ・オカモト氏カッコいいなあ。ハマちゃんの息子じゃなかったっけ。こんなシブい良男子になっていたのか。

てなわけであっさり治療は終了。
本題はここからで。

治療を受けるドクトル・ジョーに礼を述べつつも、なぜモンストロを閉じ込めたのかと責める一同に、
「あのモンストロは重症だった。僕はあの後集中的に治療をしようとしていたんだ」
「だったらちゃんとアカデミーを卒業すれば良かったじゃないですか」
つっこむエリオットを笑顔でいなすジョー。
「まあ、人にはそれぞれ道があるってことだよ」
しかし、なぜかにんまり顔のリヒャルト船長が
「君は、コレだろ?」
とドヤ顔で差し出した一枚の絵に、ものっそい複雑そうな表情。

160809-blog2.jpg

謎の肝心の部分はおあずけ。というかジョー関係まだひとつも解消してはいない状態だ(前記事参照)
そんな中で次回タイトルは

「幻のモンストロ」

なんだかものすごく壮大なバックボーンがあるようなタイトルだが、果たしてそのモンストロとジョーの関係は?
これでジョーの目的がわかって最終回かな、と思ったら、8月19日の放送予定があがってた。

最終回「ジョーのおくりもの」

わああ、なに、何なの、やめてその「僕は旅に出る。これからは君たちが頑張るんだよ」みたいな方向性のタイトル!(笑)
モンストロはあと1体のはずだから、おそらく最終回は総集編で全員が登場?
ローリーちゃんも加えてメンバー全員で演奏?
ジョーも演奏しちゃう?
うーん、楽しみだ。

160809-blog3.jpg
とりあえずローリーちゃんはこのくらい脅して罪を見逃してもらおう。

「ムジカ・ピッコリーノ」#17 そろそろシリアスモードで

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

メロトロン号に追いかけられて、ものすごい勢いで逃げていく「お尋ね者」ドクトル・ジョーの飛行艇。
「待てーー! ル~パ~ン~!」
「あ~ばよ~とっぁ~ん」
みたいな脳内アフレコがかかったのは自分だけではあるまい(笑)

160802-blog2.jpg

当然のように見失ったメロトロン号がいったん降り立ったのはベローズナ地方。
あからさまにアルゼンチンの漁港的‥‥カキワリなんですけども(笑)
川底から発見されたモンストロのかけらはハーモニカ的ななにか。

「たくさんのハーモニカ」というタイトルから、今回のアコーディオンは想像できなかったなー。そういえばアコーディオンって蛇腹と鍵盤に気をとられがちだが、構造的にはハーモニカやオルガンと似てるんだ。

そんなわけで登場したのがアコーディオンの専門家姉妹プリマとペスカ。
サーカスをイメージした姉妹のビジュアル、演奏、とても良かったなあ。タイムラインでは「アコーディオンのテレビショッピング」とかいわれてたけど(笑)
アリーナちゃんとの「黒猫のタンゴ」のセッションもとても良かった。
チャラン・ポ・ランタンさんという姉妹音楽ユニットらしい。こういうまったく知らなかったミュージシャンを知ることができるのもこの番組の素晴らしさだ。

結局あと一歩のところでドクトル・ジョーを逃してしまったメロトロン号。
司令官は怒り狂って
「次に会ったら絶対とっ捕まえるのよー!」
と吠える。
で、それをしっかり盗聴してるジョー。

160802-blog1.jpg
まずいです、子供番組でその(愛川・正木仕様)三白眼はかなりまずいです!


司令官は怒り狂ってるし、ポンさんたちはくやしがっているが、しかし、リヒャルト船長はジョーが残したモンストロ資料を前に感心している。
ある時はメロトロン号のストーカー、ある時は海賊放送のパーソナリティ、またある時はアリーナちゃんに思いもよらぬ治療法を示唆してくれるイケメン医者(偽)。
果たしてジョーの正体は? その目的は?

どうもフィールドワークしてる学者っぽい気がするんだなあ。

ムジカ・ピッコリーノのデザインを担当しているタコラス氏のツイッター情報では、今期モンストロはあと2体だとか。
ということは総集編も含めてあと3回かそこらで終わるのか。
しかも次週タイトルは「メロトロン号 危機一髪!」
来週危機に陥って再来週ドクトルが助けてくれて誤解がとけるとして、

じゃあジョーの正体は何なのかとか
ジョーの目的は何だったのかとか
なぜジョーはアカデミーを途中で飛び出したのかとか
ジョーと司令官の過去はどんなだったのかとか
ジョーはなんの楽器を演奏してくれるのかとか
アリーナちゃんの初恋は実るのかとか

‥‥全部解決するとは思いがたいのだが‥‥(笑)
最初の2項目くらいは解決すると思うのだが、たとえばアカデミーの方法では治療の難しいモンストロがいるとして、これからドクトル・ジョーが示唆する新たな方法が導入されるとしたら、それまでにまだまだひと波乱ふた波乱ありそうな内容だよね。
というわけで5期に期待したいなあ。

まあ、ローリーちゃんの雄たけびを盗聴してるジョー、3秒くらいしか出なかったけど最後うっすら口元が笑ってたから大丈夫だと思うよ。
160802-blog3.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。