Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

エビで鯛を釣った。

Posted by Lazyrose on   6 comments   0 trackback

Kyotaro博士んちですごいもの配布してるぞ!

お返しに。(配布元ブログ)

170315-blog1.jpg


世間では「逃がした魚は大きい」というが、自慢じゃないがワシはコレと決めた魚はまずもって逃がさない(ピラニア?)
その上獲物は予想以上に大きい。
というわけで、Poser界の杉下右京ことKyotaroさんが久々にでかい鯛を放流してくれた。
なんとSuperfly用のフリーマテリアル集だ!

いやあ、先日こっそり桜エビを投下したらがっつり最高級ブランド鳴門鯛が釣れてしまいましたよ!
ほーほほほほほほ!

思い起こせばワシがP7を導入したのは2008年の正月で。
つまりその前年にあたる2007年の段階で(P5もP6もガン無視で)P4だったペンギン様にP7を使わせようと、Kyotaroさんがうかつにも口を滑らせたのだ。

「roseさんがPoser 7を購入されたら、マテリアル集でも出しましょうか^^」

もちろんワシは覚えていた。
2009年になっても2010年になっても2011年になっても(略)
そしてついに10年が経ち、2017年になってもちゃーんと覚えていた。
そしてPoser界屈指の頭脳派Kyoaroさんも実は覚えていたのだなんと律儀な。

P11Proをジャンピングトライ導入して四苦八苦しながらも、何とかSuperflyレンダを経験したワシが一番困ったのは実はマテリアルだ。
何しろ既存のマテリアル設定のままだと何をどうレンダしようにも、最低限反射だのなんだのをちまちま直す必要がある。
ことに布! ファブリック!
ようようFirefly用のマテリアルルームを弄れるようになったレベルのワシにP11のマテリアルルームは完全に魔界!
意味わかんねえ!ヽ(`Д´)ノ

まったく何をどう工夫したってレンダにたどり着く以前にマテリアル設定で躓いてしまうもんだから、これじゃあもういいやってD|Sに走っちゃう人とかも出てくるわけだよ。
こんなことじゃPoser界が寂れていってしまうわけだよ!
嗚呼嘆かわしい!

で、ずーっとずーーっとずーーーーーーっと
「こんなのあればなあ」
と欲していたお手軽Superfly用マテリアル集が! 今!!!

金属と布と革・ビニール系とガラスに液体まで入ってるよ!
すばらしい!
特急で試してみた!

170315-blog2.jpg

透け感のあるコットン、布の重なり部分もきっちり出ている!
これはいける!
いけるよコレ!

170315-blog3.jpg

ほらな!

‥‥まあなんかかんかキレイ事いったって、このマテリアル集を入手して真っ先にレンダしたのが「透け白シャツ」な時点でお察しだけどな!
とりあえず最初に貼ったじょー君の画像、ファブリック系てんこ盛りで試してみました。
Kyotaroさんありがとう!
そしてワタクシのおかげで便乗してこのマテリアル集をゲットした関係者!

絵を描くのだ!
そして発表するのだ!
それが無償でフリー品を配布してくれる方たちへの最大のお礼なのだ!


それにしても自分で言うのもなんだが、ワシそうとう有能な釣り師なのではないかと思わないでもない今日この頃。

世間様にもっとPoser絵をひろめよう会

Posted by Lazyrose on   4 comments   0 trackback

那須高原で正月恒例のチャリティ色紙展覧会が開催された。

170129-blog1.jpg

参加費と売り上げが社会福祉協議会への寄付となる。
ものづくりを生業とするプロの作家だけでなく、一般の小学生や主婦の方やお年寄りまで横並びで参加できるというのがミソだ。
今の世の中はアートを発表する場が少ない。
何かを作っても発表する場所がなければ持続することは難しい。
そんな中、プロに混じってアマチュアの作品も並び、通りすがりの人が気に入ったら購入してくれる。しかもそれがチャリティとして慈善事業に貢献できるというシステムはとてもユニークだと思う。

会場には書道作品から絵画、イラスト、切り絵、アートフラワーなどさまざまな作品が並び‥‥並び‥‥おや?(わざとらしい)

170129-blog2.jpg

気になるブツがございますねえ、カメラさんちょっと寄ってみてください(小芝居)

170129-blog3.jpg

ふほほほ、そうです、今年も参加しました番犬所三人組が!
すごいですよー、三点ともあっという間に売れてしまいました!
特に話題を呼んだのが某博士のSuperflyレンダリング機能を駆使しまくった写真のようにリアルなイラスト。
「これ写真じゃないんですか?」
「いや写真でしょこれ?」
とさんざん確認されましたが写真ではありません。

あと某裏番長による超美麗キャラ三人組耽美絵に関しましては「この絵にはどのようなストーリーがあるのか!」とくいつかれまして、ええと麗しい男三人がイチャイチャしたり暴力行為に走ったり騙したりスカしたりヘタレたりしているような話だったような気がしましたが、詳しくは説明できませんでした‥‥。

コンピュータ・グラフィックというものがどういうものなのかはいまだ世間には認知されていない節がある。
しかし取り合えず「コンピュータを使って描いた絵」くらいには浸透してきたようだ。
実は会場に新聞の取材が来ていたのだが、そこで結構「どうやって描くんですか?」という質問を受けた。
「Poserを世間様に広める運動」を推進しておる自分は張り切ってあれこれ説明をしたが、中でも興味を持っていただけたのが

「実はこの3点、同じソフトを使って描いたものなんですよ」

という部分だった。
手で線を引くことが苦手な人でも、人物や背景を描くことができる、パースをきちんと取ることができる、等々の売り文句もだが、

「この写真にしか見えないイラストと、この美しい漫画のような繊細なイラストと、この版画みたいなイラストが全部同じソフトから生み出されている」
という事実は、3DCGをよくご存じない方にも「こういうのが描けるのか~!」と、非常に興味をもっていただけた。

‥‥いや、ホントはPoser使ったからといってコレが描けるとは限らないわけだが、というのはあえて秘匿(コラ)

会場の光線の関係でどうにも写真が上手く撮れなかったので、個々の作品についてはご本人のブログ等でいずれ詳しくきちんと画像をアップしていただくことにする。

ちなみにワシのはこれ

170129-blog4.jpg

と、初日に売れてしまったので仕方なく中間で追加したこれ。

170129-blog5b.jpg



Poser11Proにして一番機能的に感動したのは、線画のラインを取りやすくなったことだなあ。
この手のイラストの制作時間が1/3くらいに縮んだ気がする。

それはそうと、あの人とこの人を引っ張り出したこのワタクシのおねだり能力の高さに我ながらうっとりでございますよ。
どうです、皆さんもリアル展覧会に出品しませんこと?

やはり創作のモチベーションは発表の場があってこそ。
Poser作品の発表の場がもっと増えて欲しいとつくづく思う。

Merry Christmas!

Posted by Lazyrose on   5 comments   0 trackback

物語りも大団円(?)を迎え、2012年闇部隊のクリスマス企画も無事に本日で終了でございます。

女帝様の真摯なお願いは神に聞き届けられ、豪華絢爛なアイテムの数々がお手元にたまったことでありましょう。
そしてトリを飾ったのは本企画の主人公。
最後のプレゼントはブランとノアールのふたりでありました。

非常に怪しい赤と青のマントのなんたらの正体はわかりましたかね?(笑)
まあ謎の美女だの謎の銀色生物だのが何なのかはさて置き、この地上に魅せられたノアールと、ノアールが心配で目が離せないオカン状態ブランは、謎の工程を経て神様からのギフトとして、M4アイテム欲しい! と望むすべての人々のもとにリボン掛け箱入り状態で届けられるはず。

聖しこの夜、皆さんのランタイムはこんな感じになってるはずなんだぜ。

121225-blog1.jpg
可愛がってやってね♪


さて、企画最終日にあたって、ご協力いただいたすべての方々、特にaziqoさん、kobamaxさん、hisayanさん、すいさん。
すばらしいアイテムをご提供いただいた(もはや闇のシモベ扱いの)モデラーさんたち、に深く感謝を申し上げます。

思いおこせば今年の5月。
何の罪もない、あるとすれば優れた技術とPoser界への愛があふれている数名のモデラーさんたちの手元に、恐ろしい闇メールが届いたのが始まりであった。

そう、企画は初夏からすでに進行していたのである(笑)

それにしても、まさかこんなにもすばらしい品が集まるとは。もうroseとしてはこれがPoser界に捧げる最後のご奉公でした、とか言いたいくらいのおねだり大旋風であったことよ。なんという大収穫。
Poser界の天上におわす神様とは、本当は彼らのことでありましょう。
ありがたやありがたや。南無南無(仏教徒)

そしてブランとノアールについて。
そもそもは、素敵アイテムを配るだけではつまらないので、プロモーションを兼ねたモデル兼狂言廻し的M4キャラを用意しよう、モデラーさんたちのモチベもあがるに違いない、という発想でした。
(デフォのM4で何か作れとか言われたっていまいち盛り上がらないからなw)

彼らのモデルがとあるスポーツ競技の「天国に行ったら彼に会える」といわれる某氏と「薔薇の花冠で世界を魅了した」某氏であることは、ここだけの秘密だw
M4の、あのM4の顎がここまで細くなるはずがない! という超絶技術で造詣してくれた謎の美女の手腕に喝采を送ってください。

しかし、見る人が見ればわかると思うが、Jezzさんが描いた妖艶なふたりと、Kyotaroさんが描いた怜悧なふたりと、自分が描いたお笑いなふたりが、まったく同じキャラだって、信じられますかね(笑)
使う人によってぜんぜん表情や雰囲気が変わるもんですからね。Poserキャラって不思議。
皆さんのお手元に届いたブランとノアールは、果たしてどんな風に変身するのだろう。
すごく楽しみだ。

さて、意外と長かった10日間、お付き合いいただいた方ありがとうございました。
最後に、もう人間界へと降り立ったであろうブランとノアールの本来の姿でお別れ。

121225-blog2.jpg

そして企画ページの言葉を繰り返そう。
「欲望は正義だ!」

来年も、諸君の欲望うずまくパワーがPoser界にあふれることを祈る!

2012angericgift-bunner.jpg


そして番犬所三人組は年末年始のカオスへと走るのであった ダッシュ!-=≡ヘ(; - -)ノ

信じるものが救われる

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

とうとうこの日が来てしまいました。
12月24日です。
ブランとノアールが地上に 突き落とされ 舞い降りてからもう、10日も経っていたわけですな。

さて諸君、覚えているだろうか?
どこぞの荘厳な教会に降り立った彼らは、天使であるにも拘らず、人間のふりをしなければならなかった。
ということはつまり、
天使のローブは着ていなかった、わけだ。
ということはひょっとして、
彼らは 素 っ 裸 で 祭壇の前に転がり落ちてきたのだろうか!?

‥‥すいませんねえ、細かい事が気になる性質なもので(紅茶ズー)

ということで検証。プレイバック!

121224-blog1.jpg

あの朝、地響きを立てた教会の祭壇前にはふたりの若者がりりしく立っていた(某司祭・証言)

121224-blog2.jpg

さすがに神様も裸んぼで服を探させるような真似はされなかったようだ。
ようだが、これはひどい。

121224-blog3.jpg

まあ、これでふたりはものすごく真剣にお洋服探しをしたのであろう。

121224-blog4.jpg

本編(?)がシリアスなのに、こんな状態ですまん。

2012angericgift-bunner.jpg

煩悩はピンク色(たぶん)

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

闇部隊発クリスマスアドベント企画もそろそろ大詰めを迎えようとしております。
うきうき楽しくM4アイテムを集めてまわったブランとノアールのふたりにも不吉な影が‥‥。
そう、これまで何度かノアールが遭遇した、不思議な「お洋服の色柄が変わる魔法w」がまたもや発動したのです!

121223-blog1.jpg

これがホレ、昨日のピンクのもやもやの正体w
もともとのマテリアルが超絶お素敵なうえに、今度はまるでミッソーニのニットのようなJezzテクスチャ。
なんてオシャレなんでしょう、ぶっちゃけこの企画でJezzさん魔法が何度も発動してroseとっても幸せ♪

121223-blog2.jpg

ブランとノアールの力関係って、実は締めるとこ締めてるのはブランじゃないかと思ったりするんだ。

2012angericgift-bunner.jpg