Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

それもロック…か?「家族のうた」#7.5

Posted by Lazyrose on   8 comments   0 trackback

「家族のうた」が始まる前、自分はもう不安で不安でしょうがなかった。
いや、フジテレビで花王でパクリ疑惑のコンボの事じゃあない(笑)
「突然現れた三人の娘に振り回される元人気スター」という設定だ。

かつてとあるドラマで「正統派の二枚目をやってもらう」という制作の言葉にものっそい期待したあげく、騙され裏切られた痛い過去がある。
どこのとはいわないがとある「優秀な外科医が、おしゃれで静かな日常を突然上京してきた妹にかき回され、振り回され気づいたらただの地味な兄ちゃんに成り下がっていた」ドラマだ。

すでに自分の中では「なかったこと」扱いになっているドラマだが、
「家族のうた」の設定をきいた時にものすごーい黒いデジャブを感じたのもわかっていただけよう(笑)

もうオダギリが小娘に振り回されて残念なイケメンに成り下がるドラマなんか、ファンは見たくないんだよ!ヽ(`Д´)ノ

だいたいオダギリは、女優さんと絡むより、相手が老人であれ壮年であれ子供であれ、男性と絡んだほうが、断然演技に艶が出る役者なのだ。
いや、決して変な意味ではなく(笑)
オダギリという役者の「受け」の演技が、男性同士の熾烈な戦いにおいて極限まで発揮されるんだろうなーと思う。

だから「オダギリと小娘」という組み合わせは自分的に最も忌避すべき要素なのだ。
それが×3かよ!
……みたいな不安でいっぱいで、それでも耐えよう!くらいの覚悟をもって第一回目を迎えた。
そしたら意外や意外、話は主人公中心で、子供たちは確かに小生意気だけどいい感じに演技も達者で見ていてムカつく事もなく、
それどころか早川正義という男の辿ってきた過去や、作中で出会う人物に散りばめられた、かつての出演作を匂わせる隠し設定満載で、各地のオダギリファン'sがツイッターやらブログやらでわきゃわきゃさんざめく内容。

全篇からむんむんとあふれ出るスタッフの「オダギリ愛」に、酔いしれずにはいられなかったのだ我々は!

だから、だからな。
急ごしらえのうえに打ち切り短縮で、変更に変更を余儀なくされたのであろう脚本があちこちいい加減だとか、
ドラマ本筋と関係のない視聴率やら社長の無責任コメントやらで不快な思いをしたりだとか、
内容的にいろいろ不満はあるんだけど、そんなものはオダギリを愛でる3%の視聴者にはもうどうでもいいから
最終回までイカしたオダギリ正義を見せてくれ!
……と願わずにいられないのだ。

みたいな事を、最終回を目前にモヤモヤ考えていたら、突然私の視界に飛び込んできたピンクのカタマリが!
モヤモヤを吹っ飛ばしてしまったでござる!

TANTO CUSTOM 「林家ペー」篇

120602-blog1.jpg

これは……こ、これもロックなのか正義?
ワシの目にはファンクとかR&Bとかソウルとか、そんな風に見えたけど、いやでもペーなんだけど(笑)

こんなにダンディなぺー初めて見たよ!
こんなに小首かしげて可愛らしいぺー初めて見たよ!
ほんと、イロモノだとノリノリなんだからなあオダギリ。
さわやかコミカルなアクエリアスZEROもいいけど、やっぱこのくらいインパクトがあるほうがいいよ!

……インパクトありすぎて、何のCMだったかとっさに思い出せないけど(笑)


というわけで、明日は最終回。ダイナマイト必見。

7:3の男

Posted by Lazyrose on   4 comments   0 trackback

札幌クリーミーホワイトの新CMだっ!
公式サイトのCM紹介から見られるぜ。

短髪オダギリ可愛いよ可愛いよかわいいよっ!
あんまり可愛いからトップ絵にしちゃったよ。
前回の剥き卵に続き爽やか系トップ……でもないか(笑)

CMでは泡ひげが主役なので口ひげがあるけど、「7:3の黄金比にオダギリジョーが挑戦」コーナーではつるりん顔だ。
短髪でつるりんはそうとう久しぶり。
これまでの「そんなにジョニデが好きなのか」路線から、きれいさっぱり美しくリニューアル。
12月のデジマガで大暴れしてた黒い魔法使いはどこに行ってしまったのか?
まあ、自分はどっちかというと、長髪無精ひげの方が好きなんだけどね。
たぶん「マイウェイ」撮影の都合なんだろうな。

110203-blog1b.jpg

ちょこんと椅子に座って真面目そうにビールを注いでいるのだが、どうにもサスペンダーなんかしてる肩と腕のラインが気になって気になってもう、全然泡が目に入らなかったけども(笑)
なんか絶妙のラインなんだよ。とりあえず型取りしたいよあの身体は。
ボディの薄さと肩幅の広さと腰の細さの対比、細いけどがっしりした手指とか、頭ちーさいし(ビールの宣伝なんですけど)。
……まあそれをM4で再現しようとしても全体の丸みが以下略なのでもうあきらめたけども。
服までがね。Uzliteさんのシャツでさえあの辺がアレすぎて、
M3→M4でやっと肩の補正から逃れられたと思ったのに!
なんでいまだにこの辺マグネット補正とゆがみフィルタ補正に手こずらされてるんでしょーか、ワシは……(涙

おっと、それで短髪。
CM観た瞬間「描かねば!」と思い、そういえばものっそいタイムリーに目をつけていた髪がレンダロで安くなっていた事を思い出し、速攻で購入。

110203-blog2.jpg

できれば前髪がもうちょっと伸びると嬉しかったけど、わりかし使い勝手いいんじゃないかな。

ixy新作CM

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

このところ徐々に、じょじょに少~しずつ盛り上げてきたキャノンixyCM。

今回はクール&スタイリッシュ


どこかピンボケで、商品にもオダギリにも焦点が合わなかったこのシリーズが、今回はっきり路線を決めたようだ。
個人的に言わせてもらえばですね、ターゲットがはっきりしていなかったんだと思う。
オダギリ露出で女性層を狙うのか?
カメラの性能を前面に出したいのか?
何とかいうモデルの女の子で男性にアピールしたいのか?
正直、どれも狙って全部はずすという最悪のパターンだったのが、前回、前々回とやや持ち直し、
やっとひとつの解答が見つかったようだ。

女をおとしたかったら色男単体

というわけで、答えはひとつ。そう、大声では言えないが、
邪魔だったんだよあの女!

かわいいし個人的には好きなタイプだったんだけど、わずか15~30秒のCMでコロコロショットが切り替わってウザい。
きっぱりオダギリひとりにしてくれたおかげで、落ち着いてCMに集中できる。
まあ、視線がオダギリに集中できるおかげで、購買意欲がそそられるかという点については、むしろ胡乱な気もするが(笑)

CMならやるんだな


さて、このところ、あまりにも立て続けに「憤慨すべき事態」が起こりすぎた。
ただでも短気な自分は、うっかり情報に流されないために、冷静な視点を求めてとうとうついったーまで導入するに至った。
その節は関係者一同に大いに世話になり、まったくもってPoser仲間がいなかったら自分のネットライフは未だに原始時代だった。ほんとに有難う!みんな!

で、この件に関してはブログで書くほどの見識はいまだ持つに至らず、また、事態も混迷状態中につき沈黙しているつもりだが、
とりあえずあまりにも腹が立ったので、オダギリを描く!
このエネルギーを創作にぶつけんで何が絵描きか!
……と思いたち、わずか2日で三枚ものオダギリを描いてしまった。
しかも全部マジ絵。
怒りのエネルギー恐るべし。

いわゆる「カッとなってやった」路線(笑)のそれを全部出すのもどうかとしばらく悩んだが、
2日たっても三作とも気に入っているようなので、やはり全部出すことにした。

ギャラリーのAdmiration Odagiriコーナーに置いてある。
三枚もあるのでリンク先はギャラリートップにつながっている。
暇のある方はどうぞ。

実は憤激すべき事態は、国家規模から家庭内まで、現在三件もある(怒りすぎ)
日ごろ低血圧がすぎて看護婦に心配される自分が、いまやこめかみのうずきに「血管切れそう」と不安になる状態だ。
その中に、創作に関する「憤激」もあり、このところ不穏な事すら考えている。
いろいろと検討中なので、今回は作画に関する裏話は省略。
ことさら珍しい手法も使ってないしな。

夢ってそれかよ……

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

TSUTAYAのCMにオダギリジョーが出ているっ!
しかも2バージョン!!

このビッグニュースをネットで発見したのは4月8日の事だった。
「なんですとぉぉぉおお!」
どこで!
どこのチャンネルで!
いつ?いつ放映してるのっ!
ネットではやってないのかっ!

オダギリ情報枯渇状態のファンは血眼で情報を捜した。
だが、公式を見ても2chを探してもファンブログをうろついてもYouTubeをあさっても、目撃情報が出てこない。
なぜだ……ガセなのかッ?(←よくある)

いや、情報は正しかった。
だが、オダギリが出演するこのCMは
宮城、新潟、静岡、広島、北九州の地域限定。
しかも4/8~4/14の期間限定。
その他地域は現在未定。

あまりといえばあまりな限定CMだったのだ……orz

なんたる事だ……ッ!
よりにもよってなんでそんな……オイラから縁遠い地方限定なんだよお~。

ショックのあまり脱力していた自分に、
だがしかし、オダ朋友K氏が救いの手を差し伸べてくれた。
お流れで動画を見ることができたのだああ!
web友のおすそ分けほど有難いものはない。
日ごろゴチになりまくっているが、今度という今度は、全国でも見られない人が多い限定モノだけに
三拝九拝して余りあるやら他の人に申し訳ないやら。

【とりあえずCMの概要】

CMの設定はどうやら「スターなオダギリ」らしい。
かつて「情熱大陸」で製作陣とファンを唖然とさせたほど、オダギリが嫌いな「スター」(笑)
「スターオダギリ」を演じるオダギリは、これでもか!!!といわんばかりに
作ったスター笑顔、作ったスター声、作ったスター口調。

でもバナナのかぶりもの(笑)

ものっそい捻じ曲がった喜びが全身から放射されている。
「夢は実現できるっていうか……」
遠い昔の少年オダギリの夢「バナナ~~!」を思い浮かべ、感慨たっぷりなスターオダギリ。
夢叶ってバナナと化したオダギリは、携帯を片手に「TSUTAYAのネット宅配レンタル」のわざとらしい説明を始める。
スタジオ前でディレクターズチェアに座ったスターオダギリ(@バナナ)は、出番に呼ばれて颯爽と立ち去っていく……。
他のどんなCMよりイキイキと取り組んだであろうオダギリの、輝く目がおかしい。
マジでおかしい。

ふ……ふふふ……


こーれーはー、Poserならではの再現率が期待できる光景だ。
未見のファンのためにも、是が非でもやらねばなるまいっ!


せめても自分にできることといえば
(CM内容の詳細なレポは他の人が結構やっておられるので)
噂のバナナオダギリとはどんなものなのか?
を再現してみせることぐらいであろう。

つーわけで、バナナオダギリ。
誇張なし。
マジでこうだった。



100417-blog1.jpg

時間があれば、バナナに匹敵するくらい気持ち悪い(笑)「猫編」も再現してみたいと思う。

ixy新作CM

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

えー、昨年から溜め込んでいた課題を消化中。
セルフ缶詰状態なので、ブログ更新はしばらく休むぜ~!
……などと(チャットで)ほざいていたのだが、

オダギリの新CM来ちゃったよ!!(汗)

ixyはなー、あたりはずれあるからなー……と思ったら、あああ

100212-blog1.jpg

なにようー!カッコイイじゃないのー!
きらっきらのイルミネーションをバックにモデルウォークなオダギリが獲物めがけてのしのしと歩いていくではないか。
とあるホスト風暴力刑事を彷彿させるお水スーツが素敵はないかー!
でも、そんなことよりixyサイトのメイキング動画にやられました。
※「CM動画」ではありません。「メイキング」の方をご覧ください(笑)

で、例によってすべての義理を放り投げて、ギャラリーのAdmiration Odagiriに礼賛画アップ。

このリスペクトコーナーの絵はそのまんま真似、ではなく、何らかの絵的な工夫をしているのだが、今回に限り「いかに近づけるか」にトライしてみた。

自分的挑戦その1【M4にM3スーツを着せる】
こういうお水風素敵シルエットのスーツはM4にはない。つーかM3用でもBeowulfくらいしかない。
博士いわく「M3とM4のボーン構造に違いはほとんどない」とのことなので、まず単純に服をロードしてM4に着用。
ちびっとはみ出してるけどキニシナイ。
そんでもって「連結パラメータ編集」を出して、ジョイントエディタで各パーツの(今回は胸と両肩と両腕)の中心点を、M4のボディの真ん中へんにぐぐいっとドラッグ。
そしたらほとんどはみ出しはなくなった。
これで終わりだ!
ポーズ変えてもちゃーんとついてくるだ!
すげー!

※詳しいことは博士んとこの記事でどうぞ。

自分的挑戦その2【スーツのマテリアルを変更】
だってお水風なんだもん。
とりあえずスーツのマテリアルをフリーのサテンに変えて、さらにテカリが出るようノードを変更。
えええと、たぶんライト>鏡面>ブリンとか、異方性なんとかとか、そのへんを適当に……。
ネクタイはいい感じになったんだけど、スーツの生地がいまいち気に入らない。
……テクスチャ描いた方が早いかもしれぬ……

自分的挑戦その3【目玉にIris_Inモーフ】
普通に作画するぶんには目立たないけど、今回みたいにアップにする時に非常に気になる部分だ。
光や色味は手描きで書いちゃったりするんだが、虹彩部分の凹みまではさすがにやっていられない。
でもどういうわけかM4の目玉にIris_Inモーフがないなあ……と悩んでいた。
そこで、じゃじゃ~~ん!
Kyotaro博士がブログで配布されているM4用Iris_Inモーフ適用~!

使用前
100212-blog3.jpg
使用後
100212-blog4.jpg

素晴らしい!
アップにしたときの満足度が全然違う!

自分的挑戦その4【トランスマップ眉に変更】
今までテクスチャマップに直接眉を描いてたんだけど、しょっちゅうテクスチャ変更するしー、ドアップだと微妙な浮き感とかー……とか思ったのでこの際、トランスマップ眉に変える事にした。
テクスチャマップの眉部分を塗りつぶして、眉用のトランスマップをせっせこ描く。貼る。調整。の繰り返し。
ついでに眉用のバンプマップも作成。
出来上がってレンダしてみたらあんまり変わらないような気もするがキニシナイ。

あとは、どアップにしたら肌のバンプマップが強すぎて汚かったので、(数字で変更ではなく)フォトショで調整。
なんでかっていうと、下まぶたのふちのあたりだけなめらかに、などという細かい事をしたかったからだ。
例によって「現在のヤツの顔」にするために、まぶたとかアゴのラインとかいろいろ変更。

100212-blog5.jpg

こんだけ作業してようやくM4じょーの5番目ができあがった。
絵を作る頃にはすっかり夜が明けておった……。