Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

だいたいわかりましたよ「熱海の捜査官」最終回

Posted by Lazyrose on   3 comments   0 trackback

さて。

わかりやすいものが求められているこのご時勢に、
徹底してわかりにくさにこだわり、内容もスタイルもマーケティング無視のこのドラマが
成功だったのか失敗だったのかは、あと何年か経たないとわからないだろう。

放りっぱなしは多い。
「陶芸教室の主人が署長に囁いたヒミツとは」といった、あれは何の伏線だったのか?てのもあれば
「東京の事件てなんだったんだ」という、答えが与えられない謎も残った。
あげくに
「第二ステージって何なんじゃ」
「三人の少女は死んでるのか生きてるのか」
「平坂脱走なのか!」
「星崎はどこに行ったのか」
と、新たな謎が最後の20分でてんこ盛り。

だが、考えてみて欲しい。
バス消失事件を追うために現れた広域捜査官が現れた事によって
バスは見つかり、行方不明の三人は見つかり、犯人も見つかった。
事件はちゃんと解決しているのである。
「あれはどうなったのだ」という部分は、バス消失事件の解決とははずれる部分だ。
解決していないのは、この南熱海の世界にどっぷり浸かった視聴者の気持ちである。
自分たちが今まで見てきたものは何だったのかという、
「私を置いていかないでよ」という、

要するに視聴者全員北島状態(笑)

最終回後「こんな××ドラマぁ!」と怒ってる人も「死んでたとは思いたくない」と涙目になっている人も、
「いや、こうやって考えさせるためのドラマなんだよ」と苦笑している人も
要するに置いていかれてしまった寂しさを味わっているのだろう。

「生」と「死」というのは、まさにこういう置いてきぼり関係ではないだろうか。

最終回を観て、視聴者は必死で推理をしまくった。
南熱海は三途の川の一歩手前のような場所で、生者と死者が混在して住んでいるのでは。
平坂が三人の少女を隠していたのは、彼女たちを蘇生させて返すためでは。
バスの行き先は天国なのでは
いや行き先は現世なのでは
いやいやあのトンネルを抜けると転生できるのでは……

「なくす事で、その人がどれだけ大切だったのかわかる」という星崎のように
失ったものの価値を必死で探そうとしている。

……結論が出される事は、はおそらくないだろう。

生きるとはこういうものではないだろうか。
明快な結論が出ることなど、ほとんどない。
出されたと思った結論はいつか転変逆転するし、語られなかった事実は歴史に山積する。
誰も本当のことなどわからないまま、必死であの命題を追い続けるのである。
「我々はどこからきて、何者で、どこへ行くのか」と。

実を言うと自分は、先週あたりから「これは時間的にいって全解決は無理だ」とは思っていた。
そして最終回ラスト30分を切ったあたりで、「キーワードの2は続編ありフラグだったか!」と叫び、
おのれディケイドー!つうか「JIN-仁-」かよー!と吠え、
そして、星崎が白黒になった瞬間、頭が豆腐になった口だ。

三木監督がシビアな人生観の持ち主だというのは知ってはいたが
これほどシビアな人だったとは……(笑)

題材は山ほど与えられている。
永遠の森学園の住所が熱海市殯ノ宮であったり。
バス停の名前が「道返」であったり。
時計の文字盤が逆な場所がある(普通の場所もある)
サティの「グノシエンヌ」の元ネタはあの反宇宙二元論のグノーシス主義だし。
南熱海警察署の無事故日数は1945年8月16日(終戦の翌日)以降更新中だし。
……深く考えると肌が粟立つようなネタが。
しかし「いつもの三木ナンセンスネタだろう」というフィルターで自分を誤魔化していたのだ。

だがそんな事より、主題歌である「天国へようこそ」の歌詞がすべてを物語っていた。
主題歌でネタバレ。最初からネタバレ。
……やられた。

「普通のドラマではできない事をしたい」と言った三木監督とオダギリの望んだ「世界観」がこれなのだとしたら、恐ろしい人たちだと思わずにいられない。
歴史に残る名作というわけではないけれど、視聴後これだけ印象に残るドラマも近来稀ではないだろうか。
なにしろ番組進行中は閑古鳥鳴いてた2chの熱海スレッドが、放送終了直後からものすごい回転で
一晩で三、四スレ消化してたり。
Twitterでも「#atami」が0時0分~1時0分の急上昇タグ1位になってるし(笑)
あとGoogle急上昇ワードでも1位だった(笑)
自分もチャットで姉さんたちと、あーだのこーだの会話しまくった。
ひとりでひっそり見るよりも、こうやって色んな人と語ってこそ楽しめるドラマであることは確かだ。

最後に切ないような、もどかしいような、喪失感と闘わずにいられない、
そういうドラマがあってもいい、と思う。

100920-blog4.jpg



……と、ここで終わればシリアスなのだが、
そうはいかないのが「蜜×毒」なのだよ!

最終回!美味しい星崎大奮発!!アッヒャッヒャ!ヽ(゚∀゚)ノ

いくら最後だからって、奮発しすぎ!
見どころありすぎて気が狂いそうww

100920-blog2.jpg

北島の危機に、犯人の背後から銃撃、すちゃっと教本通りに銃を構える星崎!
銃を構えるオダギリといえば「顔」「血と骨」以来の以下自粛
「ふざけるなよ!いくら上司だからって勝手なことすんじゃねえぞ!」と怒鳴る星崎!
(いや、あんたに言われたくなかろう)
番組始まって以来の、初の本気モードによろめいた女性ファンは多いはず!
計東さんとの「頼れる助っ人ですね」「まあね」と、一話への返歌のような会話にジ~ンとし。
投げた石に当たった人引きがぷか~っと浮かんできた後の、珍妙な顔。
「あああそういうことかやっとわかりましたよ!」と興奮した星崎!
そして……停止したバスに乗り込む、穏やかな星崎。


どれもこれもカワイイ、きゃわゆい星崎盛りだくさんすぎてとても全部は描けない。
だが……だが、やはり最後のトピックスを飾るにふさわしいのはこれだろう!
朝からラ~メ~ン!

100920-blog1.jpg

なぜ、なぜラーメン踊りなのか!なぜその節でなのか!
夢に出てくるからやめてくれえぇぇ(笑)
あんたホントに北島を怒鳴りつけた星崎なのか?良く似た他人なんじゃないのか?

思えば星崎剣三という人間は、最初から最後までどっち側なのかわからない人物であった。
熱海に到着した時から「チュッパチャップスさんですよ」となぜか詳しかったり
そのチュッパチャップスさんを見て「混じりあわない事が事件の原因」だと述べていたり。
わかってんだかわかってないんだかわからない「だいたいわかりましたよ」といい。
あとモトコさん(公式では素子さんのようだ)との会話だ。
最終回の「君を素子さんと同じ目にあわしたくないんだよ!」に
モトコさんは死んでいたのだ、星崎はイタコか?とか(笑)
死んだモトコさんと会話している星崎はやはり死人とか
いろいろ推測が飛んでいたが、自分はなんとなく、
「事件で肉体を失ってしまったモトコさんが脳だけ保管されてて星崎と会話してる」ような、ちょっとキモいイメージが浮かんだ。
それだと、南熱海があの世でもこの世でも連絡とれる気がするんだ。
平坂のデータとか受け取ってたし。

ってまあ、やっぱり色々妄想しちゃうよね~(笑)

まあ、そんなわけで、星崎観測および「このヘンテコドラマの楽しみ方」をテーマに
お送りしてきた「熱海の捜査官」感想も今回で終わり。
ここまでお付き合いいただいた方、本当に有難うございました。
少なくとも自分は完全燃焼したぜ。しばらく何もできん(笑)

ありがとう、毎回死ぬほど変顔を楽しませてくれた星崎くん。
最後にラーメン踊りまで披露してくれた星崎くん。
さようなら。

最後はやっぱりこの笑顔でwww

100920-blog3b.jpg

だいたいわかる…筈だ「熱海の捜査官」その7

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

ほとんど「星崎捜査官の変な顔探しコーナー」と化しているこの感想。
これを書くのもあと1回と思うと寂しいものだのう。

で、今回は最終回直前。解決(たぶん)に向けてこれでもか!といわんばかりの怒涛の展開だった。

東雲の脳に不可思議な傷があり、記憶障害を起こしていることが判明。
謎のカセットテープは、何と特殊なビデオ機器で使用されるものだった。
そこに映っていたのは、徳永教授による蘇生実験と、手に星のアザがある男。
市役所からNPO施設の地下に続く電気ケーブルが見つかり、
そして脳外科医・風宮という男の存在が明らかになる。

……謎を解決するのに、最終回直前でこんだけ「いきなり展開」を乱発するのもどうかと思うぞ。
誰やねん徳永教授!風宮巧!萩尾さやか!

そして、物語が収束しつつあるのを示すように、南熱海の「変な人たち」にも次々と異変が起こりつつある。

朱印組は自己存在証明の危機にさらされ、町の清掃運動なんか始めてるし(涙)
「犯人を殺してっ」とヒートアップする敷島先生はどさくさまぎれに星崎に抱きつきやがるし。
何かに押しつぶされるように平坂と手をを切ろうとする市長。
そして異変は南熱海署内でも起こっている。
超有能シリアスモードの犬塚君が意味深な表情。
「あと何回闘えるのかな」とシリアスモードな桂東さん。
「あんたのその捜査のやり方尋常じゃないですよ!」(ごもっとも)とシリアスに怒る拾坂署長。
彼らがシリアスになるとこうも不安になってしまうのは、すっかり南熱海に毒された証拠であろうか(笑)

いや、でも私の期待していた「星崎アクション」はなかなかのものだった。
桂東さん、スキル高いなあ。

100913-blog2.jpg

「いきなり展開」ではあるが、ここに来ての天才外科医登場で、謎のいくつかは説明できそうだ。
蛇川老人が三年前に『死んでいた』というアレと、
家族が会いにこない東雲の「家庭の事情」。
こりゃーひょっとすると最終回で新宮寺復活もあるかも知れない!

バス消失事件の4人の共通点は、死後の世界を知っているということだった。
平坂歩という名前自体が、この世とあの世の境界線(ライン)を現しているわけだが、
やはり「越えてはいけないライン」というのは生と死の境だったのだろうか。
しかし、この怒涛っぷりを観ると平坂さえも「ミス・リードなんじゃ」という気がしてくる。

そして怒涛のシリアス展開ゆえに、俺様一番のお楽しみの星崎変顔は少なかった(しょぼん)
でもかなーり秀逸なのがあったで!

100913-blog1.jpg
袖縫い付けちゃういたずらって、ちょっとやってみたい。気取った奴にw

さて
・東京の事件とは関係あるのか?
・犬塚君の過去はどう関係しているのか?
・平坂は地下で何をしていたのか?
・蛇川消失のトリック
・四十万と東雲の関係
・裸体デッサンの謎
・新宮寺全裸疾走の謎
・蛇川の部屋に東雲と椹木のビデオ
・陶芸倶楽部が拾坂署長に囁いた情報

……あたりが未解決。
さらに「新たな謎を呼ぶ、あまりにも不可解な一文」(公式)!
まだあんのかよ!追いつくのか!三木監督ー!(汗)

何かはわかっているはず「熱海の捜査官」その6

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

最初に言っておく!
「最終章」は「最終回」じゃないから!
全8回だから、だまされちゃダメだからね(笑)

さて、盛大にバラ巻かれた謎がジャカスカ進展している。
進展したからといって解決してるわけじゃないけどとりあえず色々動いている。

とりあえず判明したこと一覧
・新宮寺は他殺ではなく事故死
 ……まぎらわしい死に方しやがって……
・入学式までに月代が戻らなければ東雲を教祖にというMr.2の発言
・四十万とレミーは異母兄妹
 衝撃の告白ジャジャジャン!
・写生クラブにはレミーも参加していた
・蛇川方庵ふたたび!
 蛇川老人手錠抜け!
 そして4回転アクション!かっちょいい~!
・永遠の森学園の旧寮の土地の売買は市と何か関係があるらしい
・平坂と市の立ち退き問題も何かウラがある
・新宮寺は旧寮時代椹木みこの部屋を荒していた
 新宮寺!キサマこの変質者!
・椹木みこの部屋から数式が書かれたノートが発見された
 イエスノーランプ便利だなあ……ダウジングにも使えるとは(笑)
・数式の答えは「2」
 不幸な数学者をさらに不幸に突き落とす謎の数式
・東雲の記憶が戻りだしたらしい

……とまあこんなとこですか。
とりあえず声を大にしていいたいのは
だからって何で一緒に住むとか!しかも堂々と申し込んでるし!(笑)

100905-blog2c.jpg

いやそれはしかしまずいんじゃないでしょうか、未成年だし!
寮母も旅館の主人もカップ落として割っちゃうし、北島でんぐり返ししちゃうし!
しかも相手が東雲君だと、
なぜまともな食事なのだ主人!
なぜだらけたスウェットじゃないのだ星崎!
ま、まあいいや。細かいことは。

あと非常に自分の琴線に触れた部屋中の数式……ガリレオ先生w
ホワイトボードに書いてあったのは……ええと、アインシュタインの重力場の方程式……?(自信ない)
いったいあのノートには何が書かれていたのだ!どんなすごい数式だったんだ!
「リーマン予想で統合失調症になったジョン・ナッシュ。ポアンカレ予想のペレルマンのように?」
おおおお!数学者の悲劇ですか?
「これは、人が足を踏み入れてはならないこと」
こ、これは非常に俺好みの展開なのか!?そうなのか?

もうめちゃめちゃ興奮して、非常に身近なK博士に聞いてみたヨ!

「そそそそれは人間が踏み込んじゃいけない領域」という内容なんですかっ?」
「いや、全然」
「……」
「それより残念なのは(ノートに)書かれてる数式がどれも中学生レベルだったことですねぇ」
「…………」
「微分も積分もなかったし」
「………………」

……………………いいんだよ!
書いたの中学三年生女子なんだから!いいんだって!(笑)


まったくもう、これだから左脳系ってやつは手に負えないヽ(`Д´#)ノ

まあそんなようなノートのヒミツも含めて、今回まだ自分内でひっかかってる謎。
・結局蛇川はどうやって消えたのか
・三年前の死亡報告書はなんだったのか
・蛇川の部屋にあった東雲と椹木の映ったテープ
・なぜバス現場に倒れていたのかを捨坂にはさんざん話してた?
・環境保護団体が立ち退けない理由
・東雲の家庭環境
・で、新宮寺の全裸で野原疾走はなんだったのだ

蛇川多めなのは趣味で(笑)
四十万が何を企んでるとか人身売買とかそんなのはもうどうでもいいや。
とりあえずあと2回、この様子ならいくつかの謎は解明されそうな気配だ。
気配だが、問題は
「結局バス消失事件では4人は誰も死んでなくて事件なんか何もなかった」
って事だったらどうしようって事だったりする。

100905-blog1.jpg

だいたいわか…ってないや「熱海の捜査官」その5

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

登場人物たちの意外な側面があらわにされはじめた第5回、
折り返しも過ぎて起承転結でいえば「転」部分に入っただけあって、少しずつ謎が収束し始めた感がある。

今回あらわにされたのは
・四十万少年の暗黒面
・堤防工事を発注したのは市長の娘(しかも実は四十万に命令されていた)
・月代は航空機事故で唯一生還した過去がある
・ミスター2の意外な正体
・ラインを超えたらしい新宮寺の死に錯乱する女教師

……あ、もうひとつあった。
味澤~~~!お前ピアノ弾けたのかっ!(笑)

そして、キーワードになりそうなものは
「犯人の無意識を探る」と称してランダムに並べた用紙が描いた文字は「2」
新宮寺の警告は「あなたはラインを越えていますよ」

うん、徐々につながってきた感がある。
脳のニューロンが手を伸ばしあってつながっていくような、そんな感触を感じた。
うん、どことどこがつながって、こっちら辺に行くのだろう……てなとこまではさっぱり判らないが(笑)
このぶんなら最終回にはちゃんと回収してくれそうだ。
……と、思う。

まあ、なんでランダムに並べた用紙が犯人の無意識を示唆するのかはよくわからない。
それでわかるのは「星崎の無意識」なのではないのか?
あ、星崎が犯人の無意識を感知してるはずだから、というのだろうか。
いずれにせよこのシーンでの星崎はちょっと正統派のカッコイイ捜査官状態だった。

100830-blog2.jpg

でも、あくまでヨコシマな自分の取り上げ所としては
な~んか反応薄い上に「はあぁ~……」としゃがみこむ星崎とか!
嘘受話器で粉吹きかけられて髪乱れた星崎とか!
「わかりやすい罠」にあっさりハマって昏倒する星崎とか!
新宮寺に詰め寄られて、雨でずぶ濡れの星崎とか!

そりゃもう今週も見所いっぱいでしたよ。うほほほ。
これはたぶん、ファンサービスだな。うん(笑)

そんな中、恐らくファンのハートを一瞬にしてゲットしたであろう旅館での「うさ耳」!
なぜうさみみ!(笑)

殴られて昏倒して手当てされてアドバイスされた事実を、北島には隠しているらしい。
だもんで朝から北島激怒。
興奮のあまり「大体ねえ」と自ら過去をほじくり返しかける北島を
……にんまり見上げるうさ耳星崎のこの表情が実に良い。
なんでそんなにカワイイ!
というわけで今週の星崎トピックスだ。

100830-blog1.jpg

それにしても星崎よ、介抱してもらったとはいえ、一般民間人の占い師に
「2って何だと思います?」とか相談するのはいかがなものか(笑)

あと、自分がずっと気になっているのは三年前に死んでいた蛇川老人なのだが。
チャットでJお姉さまがあっさり「邪側(ジャガワ)なんだろ?」と解明(?)してくれたので
何となくそうなのかと納得してしまった。
もうこうなると、どんなメチャクチャな推理されてもつい信じてしまいそうな自分は、やっぱり何もわかっていないらしい……。

ホントにわかってんのか?「熱海の捜査官」その4

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

「熱海の捜査官」の楽しさは、ちりばめられたネタのオチやストーリーの収束を、あくまでも先延ばしにして勝手に進んでいくところだと思う。
見る者のスキルが必要とされる、大人な深夜ドラマだといえよう。
サクサク展開して一話完結、すっきり落着して次回を待つ刑事ドラマと、ひたすらぬるま湯のような南熱海の謎にニヤニヤしながら、小さな発見を楽しむこのドラマ、どちらを採るかはその人の好みによる。

さて、そんなハイスキル熱海の折り返し4回目。

「やりっぱなし追放週間」と銘打って捜査会議。
さすがです!ええもうやりっぱなしの謎が多すぎて視聴者はあきらめかけている(笑)
挙げられたやりっぱなし話題は
・カセットテープ
・老人
・陶芸クラブ
・ライン
・裸のデッサン

やりっぱなし同士をつなげるために手分けをする一同。
しかし謎を追えば追っただけ更なる謎が増加するシステム稼働中らしい。

カセットテープにはデータも何もなし。
あの堤防は誰かがバスを発見させるために意図的に作った可能性がある。
しかし堤防を作らせた人間を追っても情報はつぶされる。
裸デッサンの彼は愛ゆえに裸になったらしい。

……とまあ、謎がさらに混迷するどころか新たな謎が発生する始末。

・朱印氏は密入国の外国人の手引きに失敗
・そのオトシマエのためにバス消失事件をなぞるような襲撃事件発生。
・襲撃犯曰く援助交際をしてた椹木みこは頭が良くて怖い女。
・み、未確認生命体が南熱海に出現!一条警部補~~!
・学園を中心に広まっているらしいネット宗教。シンボルは目玉マーク……「ともだち」か?ともだちなのか?www

おまけになんだとー!
星崎と北島は一回だけやっただと!ナニをだ?ナニをか?(いやでもどうせ肩透かしなんだろうな……ちっ)

しかしそんな中でもさすがキレ者捜査官(らしい)星崎は、ケイトウさんのおかげでひらめいた。
そう、人間は表向き見えている顔が本当とは限らないのだ!

100822-blog2.jpg

そうかあ、星崎はクルーゾー警部だったのか!
ってケイトウさんて変な名前だと思ってたんだよなあ。あははは、にぶいな自分。

しかし今回も(星崎的に)見所が多すぎて、どこピックアップしていいかわかんないくらい♪
いやんどうしよう~。
個人的には北島と乗った車をバックさせるシーン。
ベタだけど、助手席に手をかけて後ろを見ながらバックさせるポーズというのは実にイカす。
ああ、でもなんかひらめいちゃった星崎をセンターに、南熱海署の4人が刑事ドラマのように
じゃじゃーんとカッコつけてる場面も捨てがたい(いやでも4人もPoserで作るのは面倒くさい)
ラスト、学園を振り返った星崎の「だいたいわかりましたよ」という、珍しく男前な顔もイイ!

だがしかし、今回のトピックスはやはりコレだろう(笑)

100822-blog1.jpg

やっと使えた~!
イエスノーランプ!ネコテ。さん有難う!

それにしてもやりっ放しは増える一方。
来週は教祖が帰ってきて星崎ピンチ。
「だいたいわかりましたよ」と不敵に言い放つ星崎よ、本当にわかってて言ってんのか?
もう旅館の主人が犯人でいいよそうしようよ。