Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

スポンサーサイト

Posted by Lazyrose on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エビで鯛を釣った。

Posted by Lazyrose on   5 comments   0 trackback

Kyotaro博士んちですごいもの配布してるぞ!

お返しに。(配布元ブログ)

170315-blog1.jpg


世間では「逃がした魚は大きい」というが、自慢じゃないがワシはコレと決めた魚はまずもって逃がさない(ピラニア?)
その上獲物は予想以上に大きい。
というわけで、Poser界の杉下右京ことKyotaroさんが久々にでかい鯛を放流してくれた。
なんとSuperfly用のフリーマテリアル集だ!

いやあ、先日こっそり桜エビを投下したらがっつり最高級ブランド鳴門鯛が釣れてしまいましたよ!
ほーほほほほほほ!

思い起こせばワシがP7を導入したのは2008年の正月で。
つまりその前年にあたる2007年の段階で(P5もP6もガン無視で)P4だったペンギン様にP7を使わせようと、Kyotaroさんがうかつにも口を滑らせたのだ。

「roseさんがPoser 7を購入されたら、マテリアル集でも出しましょうか^^」

もちろんワシは覚えていた。
2009年になっても2010年になっても2011年になっても(略)
そしてついに10年が経ち、2017年になってもちゃーんと覚えていた。
そしてPoser界屈指の頭脳派Kyoaroさんも実は覚えていたのだなんと律儀な。

P11Proをジャンピングトライ導入して四苦八苦しながらも、何とかSuperflyレンダを経験したワシが一番困ったのは実はマテリアルだ。
何しろ既存のマテリアル設定のままだと何をどうレンダしようにも、最低限反射だのなんだのをちまちま直す必要がある。
ことに布! ファブリック!
ようようFirefly用のマテリアルルームを弄れるようになったレベルのワシにP11のマテリアルルームは完全に魔界!
意味わかんねえ!ヽ(`Д´)ノ

まったく何をどう工夫したってレンダにたどり着く以前にマテリアル設定で躓いてしまうもんだから、これじゃあもういいやってD|Sに走っちゃう人とかも出てくるわけだよ。
こんなことじゃPoser界が寂れていってしまうわけだよ!
嗚呼嘆かわしい!

で、ずーっとずーーっとずーーーーーーっと
「こんなのあればなあ」
と欲していたお手軽Superfly用マテリアル集が! 今!!!

金属と布と革・ビニール系とガラスに液体まで入ってるよ!
すばらしい!
特急で試してみた!

170315-blog2.jpg

透け感のあるコットン、布の重なり部分もきっちり出ている!
これはいける!
いけるよコレ!

170315-blog3.jpg

ほらな!

‥‥まあなんかかんかキレイ事いったって、このマテリアル集を入手して真っ先にレンダしたのが「透け白シャツ」な時点でお察しだけどな!
とりあえず最初に貼ったじょー君の画像、ファブリック系てんこ盛りで試してみました。
Kyotaroさんありがとう!
そしてワタクシのおかげで便乗してこのマテリアル集をゲットした関係者!

絵を描くのだ!
そして発表するのだ!
それが無償でフリー品を配布してくれる方たちへの最大のお礼なのだ!


それにしても自分で言うのもなんだが、ワシそうとう有能な釣り師なのではないかと思わないでもない今日この頃。

スポンサーサイト

世間様にもっとPoser絵をひろめよう会

Posted by Lazyrose on   4 comments   0 trackback

那須高原で正月恒例のチャリティ色紙展覧会が開催された。

170129-blog1.jpg

参加費と売り上げが社会福祉協議会への寄付となる。
ものづくりを生業とするプロの作家だけでなく、一般の小学生や主婦の方やお年寄りまで横並びで参加できるというのがミソだ。
今の世の中はアートを発表する場が少ない。
何かを作っても発表する場所がなければ持続することは難しい。
そんな中、プロに混じってアマチュアの作品も並び、通りすがりの人が気に入ったら購入してくれる。しかもそれがチャリティとして慈善事業に貢献できるというシステムはとてもユニークだと思う。

会場には書道作品から絵画、イラスト、切り絵、アートフラワーなどさまざまな作品が並び‥‥並び‥‥おや?(わざとらしい)

170129-blog2.jpg

気になるブツがございますねえ、カメラさんちょっと寄ってみてください(小芝居)

170129-blog3.jpg

ふほほほ、そうです、今年も参加しました番犬所三人組が!
すごいですよー、三点ともあっという間に売れてしまいました!
特に話題を呼んだのが某博士のSuperflyレンダリング機能を駆使しまくった写真のようにリアルなイラスト。
「これ写真じゃないんですか?」
「いや写真でしょこれ?」
とさんざん確認されましたが写真ではありません。

あと某裏番長による超美麗キャラ三人組耽美絵に関しましては「この絵にはどのようなストーリーがあるのか!」とくいつかれまして、ええと麗しい男三人がイチャイチャしたり暴力行為に走ったり騙したりスカしたりヘタレたりしているような話だったような気がしましたが、詳しくは説明できませんでした‥‥。

コンピュータ・グラフィックというものがどういうものなのかはいまだ世間には認知されていない節がある。
しかし取り合えず「コンピュータを使って描いた絵」くらいには浸透してきたようだ。
実は会場に新聞の取材が来ていたのだが、そこで結構「どうやって描くんですか?」という質問を受けた。
「Poserを世間様に広める運動」を推進しておる自分は張り切ってあれこれ説明をしたが、中でも興味を持っていただけたのが

「実はこの3点、同じソフトを使って描いたものなんですよ」

という部分だった。
手で線を引くことが苦手な人でも、人物や背景を描くことができる、パースをきちんと取ることができる、等々の売り文句もだが、

「この写真にしか見えないイラストと、この美しい漫画のような繊細なイラストと、この版画みたいなイラストが全部同じソフトから生み出されている」
という事実は、3DCGをよくご存じない方にも「こういうのが描けるのか~!」と、非常に興味をもっていただけた。

‥‥いや、ホントはPoser使ったからといってコレが描けるとは限らないわけだが、というのはあえて秘匿(コラ)

会場の光線の関係でどうにも写真が上手く撮れなかったので、個々の作品についてはご本人のブログ等でいずれ詳しくきちんと画像をアップしていただくことにする。

ちなみにワシのはこれ

170129-blog4.jpg

と、初日に売れてしまったので仕方なく中間で追加したこれ。

170129-blog5b.jpg



Poser11Proにして一番機能的に感動したのは、線画のラインを取りやすくなったことだなあ。
この手のイラストの制作時間が1/3くらいに縮んだ気がする。

それはそうと、あの人とこの人を引っ張り出したこのワタクシのおねだり能力の高さに我ながらうっとりでございますよ。
どうです、皆さんもリアル展覧会に出品しませんこと?

やはり創作のモチベーションは発表の場があってこそ。
Poser作品の発表の場がもっと増えて欲しいとつくづく思う。

今年もよろしくお願いしちゃうぜ!

Posted by Lazyrose on   8 comments   0 trackback

諸君! 明けましておめでとうでござる!

新年恒例の三番隊長TOP絵は久しぶりの突撃絵(でも竹刀)(だって明治設定だから)!

ついでに斎藤くんからsannziさんのお正月用フリー品紹介!
2017年酉年のPoser用マスコット「3Zi_karakuriChicken(三次_カラクリチキン)」だよ!

170101-blog1.jpg

ちょう可愛いからくり仕掛けの鶏ちゃん! 
エッグアートシリーズで卵の中から鶏が飛び出す仕掛け。
いろいろ仕掛けがあるうえに、なんとsuperfly用のマテリアルセットも入っているのだちょー嬉しい!
(でもこの絵fireflyレンダだ)(ダメじゃん‥‥)

詳細はsannziさんのブログで。

さて、私事ではござるが(個人ブログなんだから全部私事ではあるのだが)昨年後半から新しい仕事が始まった。
これがまったく今までの自分の人生とこれっぽっちも関係ないようなジャンルの仕事で、「何だこれはなんなんだ!」みたいな、さっぱりわからない世界に放り込まれて走り回って恐慌状態のまま年末まで突っ走るハメになったのでござる。

そんなわけで、それまでのダラダラとオダギリ鑑賞とドラマ鑑賞に明け暮れていた平和で生温い日々は唐突に終わりを告げた。

ブログどころか仲間内のスカイプらんらん会話すらままならず、ツイッターで真田丸感想をつぶやくのが精一杯の日々‥‥。
とはいえ、2016年のPoserライフはまったくなんの進歩もなかったわけではなく、なんと

念願のPoserPro11デビューを果たしましたッ!!

わーパチパチパチ!

何がすごいと思ってるソコの君!
なんとPoser7からの「そりゃ無謀だねえ」と笑われつつの大ジャンプなのだ。
もう右も左もまったくわからん!
当ブログのP11奮戦記をお読みになった方はわかると思うが、ありとあらゆるPoser仲間に大迷惑をかけまくってのP11挑戦であった。
どんくらいわかってないかというと、

ワシ「ねえIDLライトってどこにあるの?」
K博士「‥‥IDLはライトではなくレンダリング手法のことなので‥‥」


うん、まあそんなレベルよ。

そんな「P11でなまなまじょー君作成計画」も上述の仕事のせいで一時中止状態になっているわけだが、何はさておき最新のPoserユーザーとなったからには今年もなんとか絵づくりにハゲみたいと思っているので、
オレ様にsuperflyレンダで本気絵を描くチャンスを与えてくれるであろう和風展が今年も開催されることを信じている!(関西方面に向かって)


むろんオダギリ鑑賞にも励む予定だ。
昨年はドラマ「重版出来!」や「ムジカ・ピッコリーノ」、映画「オーバー・フェンス」「湯を沸かすほど熱い愛」「続・深夜食堂」と大活躍のオダギリ鑑賞で忙しかった。
今年はまだ主演映画「エルネスト」の公開が秋という以外決まってはいないようだが、なにしろこのところ精力的なオダギリ氏ゆえ、いつどんなニュースが飛び込んでくるかわからん。

何があっても対応できるように、今年は頑張って働いて金ためるぞー!
(どういう新年所信だよ)

ということで、Poser仲間の皆、そしてオダギリ仲間の皆、今年も何かとうるさい(おもにツイッタで)roseを生温く見守ってくれたまえ!

mission3 肝心のレンダ設定をどうにかしろ

Posted by Lazyrose on   0 comments   0 trackback

まずい!
怒涛のような諸般の事情で駆けずりまわってるうちに11月が終わってしまう!
ブログ1回も更新しとらん!(危機感)

といわけで、とにかく「Superflyレンダを試してみよう」企画の顛末だけでも報告する。

【(もう本人も忘れかけているが)これまでの経過】
とりあえずSuperflyで生々しいじょー君を実現するために用意したテスト用M4キャラの
・死んだ魚の目
・ゾンビのお肌
は何とかなった。あとは(ようやく)レンダリングするのみ!

その前に顔をちょっといじる。
いや、うんどうせなら自分ちのキャラに仕立てあげようとか思って‥‥

161130-blog2.jpg
モデルにした人はいるがたぶん「どこがやねん!」と怒られそうなので黙っておく。

で、ここに至って「あれ、レンダ品質ってどうすりゃいいの?」という超いまさらな疑問を抱く。
これまでのテストではとりあえずデフォルトでやっていた。だが作品にするならそれなりにクオリティを上げねばならぬ。
とりあえず予備知識なしに試してみようじゃないか(無謀)

レンダ設定画面を見ると「プリセットの読み込み」というのがある。
ふむ、とりあえずこれを試してみるべ。

161130-blog9.jpg

‥‥う、うん、なんか英語でずらずらっと並んでおるな(汗)
何がどういうクオリティなのかはさぱりわからんが、こういうのはだいたい品質の低い順から並んでいって一番下が超高画質というのがセオリーだ。
じゃあ真ん中へんのmediumってやつを試してみるべ(安直)

161130-blog3.jpg

mediumの数値
161130-blog4.jpg


だめじゃん! 全然だめじゃん!
ザラザラしてんじゃん!(´Д⊂ヽ

どうやらPoserのプリセット設定は使い物にならないらしいですよ奥さん。
いや、とりあえずポチっただけのワシがいちゃもんつけているわけではない!(笑)
確かな筋の賢い人K女史が言っておったからたぶんそうだ。
ていうか、もうひとり確かな筋の某M氏に至ってはOctaneレンダに走っておられる始末なので推して知るべし。

だがこのペンギン様に外部レンダとかいう選択肢はない!
何がどう使い物にならんのかはともかくPoserレンダでまかり通る!(伊賀越えの家康@真田丸状態)

点になって出てくるのはレンダ品質の問題だからピクセルサンプル数を上げるしかない!
らしい。←

ピクセルサンプリングというのは要するに「全部の計算を何回やるか」という設定で、サンプル数が3なら3x3で9回計算するという具合だ。うん、詳しいことは流転ブログを読め。

Superflyがいろん・5

数値は累乗で増えていくので、少しずつ上げて様子をみたほうがいいらしい。
デフォルト設定でピクセルサンプル数を「6」にしてみた。

161130-blog5.jpg

161130-blog6.jpg


ぬおお、いきなりパソコンが「うーんうーん」と唸り出したぞ?
そんなすごい計算をしているのか!
時間がかかる! めっさかかってる!
なんという事だ、すーぱーふらいというのはこんなにマシンに負荷がかかるものなのか!?
こないだKyotaroさんのブログにちらっと乗ってた設定画面なんかピクセルサンプリング「15」とかあったですよ一晩かかるじゃないかやだー!

そんなこんなでとりあえずできあがったお試しM4ナマナマ画像
ピクセルサンプル数は「10」だ(がんばった)

161130-blog1.jpg
 クリックで倍


‥‥悪くはない。
一発レンダまったく修正なしでこれができるなら悪くはない。
ような気がする。

マテリアル調整のめんどうくささを乗り越えれば。


ところでじゃあSuperflyレンダとFireflyレンダとでは出来がどのくらい違うのか?

161130-blog7.jpg

161130-blog8.jpg


‥‥あれっ!?

なにこれ顔が全然違って見える?
どゆこと?
頬のふっくら感とかが全然感じられない。
うーむ、これが「リアル感」の違いなのだろうか。人間の目の補正ぶんをさっぴいたらこういう形状になるのか?

‥‥えっ
だとしたら、うちのじょー君をSuperflyでレンダしたら顔が違ってしまうのでは‥‥!

大問題発生(笑)

まだ続く

mission2 ゾンビのお肌を生き返らせろ

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

えー、諸々の事情によりものすごく間が空いてしまった。
もたくさしてる間にKyotaro博士によるPoser11最大の特徴であるSuperflyレンダの概要記事がサクサクッと発表されている。
Poser 11から新しく実装されたSuperflyレンダとはどういうものかを、ペンギンにもわかるようにという超ハードルの高い要請に基づいて懇切丁寧に解説されているので、ぜひとも参考にされたし。


Superflyがいろん・1

ってか物理ベースのレンダラーって何者?

Superflyがいろん・2
そもそもレイトレースとパストレースの違いをわかっているのか?

Superflyがいろん・3
足して1以上にしないのがマテリアルのリアルってものだぜ。

Superflyがいろん・4
いろんな材質の基本的なマテリアル設定を教えてあげよう(お肌? なんのこと?)

※たぶん次はレンダ設定についてのお話があるはず。


上記のタイトル以外の適当な概要はワシが勝手にこんなような内容だろうと思っただけだ。実際はもっと深く濃く詳細だ。
大方のSuperflyレンダへの疑問はこれを読めば解けるはずだ。さあみんな気合入れてSuperflyに挑戦しようぜ!



‥‥ってなわけで自分の作業に戻ろう。
さて、前回「死んだ魚の目」をなんとかSuperfly用に調整できた。
ところが。
P7から大跳躍したもんだからなにもわからずうっかりSSSMATを使ってしまったんだが、そのせいなのか大変な問題が持ち上がった。

肌が黒い。

161012-blog1.jpg

なんだこのドス黒さは。
ゾンビかお前は。
見本と全然違うやんか!

みたいな状態なのでこれを何とかすることに。
ちなみにワシの「何とかする」は基本的に「博士にぶん投げる」と同義語である。
よってワシらしからぬ「検証」から行なってみることになった。遠隔操作で(笑)

この黒っぽさの原因はどこにあるかというと、考えられるのは
・ライトの問題
・マテリアルの問題
・レンダ設定の問題

前提としてライトは無限光3灯の白色セット。
「SuperflyレンダではAOが設定されていると暗くなってしまう」というのは流転ブログで予習済みだったので使用していない。

1. まず基本アイテムの「球体」と並べてみる。
161012-blog2.jpg

球体の拡散色を白のままでレンダして並べた結果、球体の色味におかしな現象は見られなかった。
つまりこの現象はライトの問題ではない。
ということは「肌マテリアルの問題」の可能性が大。

2. マテリアルノードを見てみる。

161012-blog3.jpg
クリックで倍サイズ

展開したらこんな感じ。
ちなみにFireflyでレンダしてみたら肌色はまともだった。
ということは、Superflyでは対応してない繋ぎ方が途中に挟まっていることが予想される(らしい)
そこで、

3. 博士の支持に従いノードを変更する。

161012-blog4.jpg
クリックで倍

とりあえずこのキャラのSSSマテリアル限定の話ではあるが、変更点は

・テクスチャマップから左下方の散乱ノードに直通でぶっこむ
・散乱ノードから代替拡散に直接ぶっこむ
・ブリンを代替鏡面にぶっこむ

以上の3点だ。

4.レンダしてみる

161012-blog5.jpg

おおお! 死人が生き返った!
すごいぞ博士! なんでノードのキャプチャ見ただけで原因と対策がわかるんだ?
遠隔操作で死人を生き返らせる魔法とかあるだろうひょっとして?

ええと魔法博士の言によると
・色相を操作するHSVノードが挟まっているあたりが怪しい。
・拡散成分と鏡面成分を合成するときに色飛びしないように調整するためのブリンノードがSuperflyレンダで予想外の結果を生んだくさい。
よって代替拡散には散乱SSSノードだけを、代替鏡面には鏡面成分のブリンをつなぐことでうんたらかんたら‥‥

‥‥ええと。
たぶん、Superflyでリアルなレンダー! をめざすのに、レイトレース形式だったFireflyでの擬似リアル作成用超複雑ノードはむしろ不要。シンプルなマテリアル設定であとはバンプ関係きちんとしてりゃそれなりに、みたいなことなのではないかと、
思うけどよくわかんない(笑)

ついでに同じキャラでFireflyレンダしてみたところ

161012-blog6.jpg

このくらいの差はあった。
Superflyのレンダ設定はほとんど最低状態でこれだから。
Superflyは鏡面反射が強く出るので、お肌のテカリを控えめに設定するとか若干の面倒くささはあるが、質感の違いはなるほど納得な違いがあるので、リアル調の絵作りをするなら試してみる価値はあるなあ!

そんなわけでお肌のほうは何とかなった。
実はこの後別のキャラの(SSSではない普通の)マテリアル設定でSuperflyレンダを試したら普通にイケたので、ひょっとしてSSSマテリアルは使わない方がいいのかも知れない(笑)

というわけでM4、V4のSuperflyレンダを試す時になぜかひっかかったらひょっとしたら参考になるかもしれなくもないゾンビ肌蘇生方法の巻きであった。
基本は「だいたいシンプル設定でオk」

次回、やっときちんとした絵をアップできる‥‥(´Д⊂ヽ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。