Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

「第12回和風展」大反省会 その3「抜かりなく。」

Posted by Lazyrose on   4 comments   0 trackback

和風展開催中!コメント投稿は31日まで

Wafu12-468.jpg


【爆裂日本昔話 耳なし芳一】

えー、「桃太郎」「かぐや姫」と来たら、ふつう「金太郎」とか「浦島太郎」とか「一寸法師」だと思いますね?

だが「かぐや姫」が何とかなりそうになった時点で締め切り前日の夕方だった。
あと1日ある。
いや1日しかない。
今からもう1作なんて絶対無理なんだけど、せっかく「昔話シリーズ」にしたのに2話だけなんて、そんなのシリーズって言わない!
もうひとつ‥‥もう1作なんか、こう手っ取り早く作れるものはないか!
前2作を振り返って一番時間がかかったのはアレだ、衣裳と髪だ。

だったら、衣裳も髪も無しで済む話にすればいい!

‥‥そうだ! 坊主が全裸の耳なし芳一だ!


‥‥まあそんなわけで、締め切り前日の夜から坊主の美ケツに取り掛かる次第と相成った。

「耳なし芳一」といえば全身経文であろう。

顔だけのペイントならフォトショの置き換えマップ合成を使えばそれらしくできないことはない。
だが、今回は「全身」だ。
手足やボディ部分などパーツ別に何度も貼りつけるとかやってられるか!

うん、待てよ。
そういえばPoser11から新たに搭載されたマテリアルルームのお便利機能に「レイヤー(階層)を重ねることができる」というのがあった! 流転ブログでちらっとやってた!
よし! フォトショで合成するよりまだしも楽そうだ。やってみよう!

1. まず般若心経をつくりまーす。
180520-blog13.jpg
半徹夜状態でこれ書いててホントに涅槃に行きそうになった。

2. マテリアルルームのシェーダウィンドウの上にある「+」ボタンを押すと、
180520-blog7.jpg

3. 新しいレイヤーの作成画面が出てくるのでこの「Layer_1」に般若心経をはりつける
180520-blog8.jpg

4. ノードのつなげ方がよくわからんので適当にやった。
 「Layer_1」の方が元の「base」レイヤーより上位になるらしい。
そのためタトゥみたいに単純に肌の上に上算したい場合は「Layer_1」の透明度を落として調節すればいいようだ。
が、今回黒々と墨痕鮮やかな墨にしたいわけなので、「Layer_1」の方は透明度に反転したイメージマップをつなげて透明度0にしただけ。

180520-blog9.jpg クリックで倍

でけた!

180520-blog10.jpg

これで合ってんのかどうかわからんが、無事に写経まみれのM4が実現したぞ!

180520-blog11.jpg

わー、えらいこの切羽詰った状況でよくやった俺!
などと自画自賛する余裕もなく、お相手の悪霊には昔なつかしM3スケルトン骨キング様を引っ張り出した。
M3とかM4の美青年だの美中年だのを検討している暇はない、なんたって骨だけだから楽だ。

そんなわけで、締め切り直前の11時頃に美坊主のケツの上がり具合を調整し、骨と絡ませるという実に実に虚しいというか、
まにほにさんがM4アッシュを作っていたときに「なんで野郎のナニのテクスチャをちくちく弄らねばならん‥‥」と嘆いていた気持ちがちょっとわかったわ‥‥。

180520-blog12.jpg 原画1/8サイズ

いや、なんでこうなったって言われてもね。
いくら悪霊に取り付かれてるからって全身くまなく経を書きつけようという和尚の発想がどう考えてもアレ。
だって取られたらまずいもの筆頭のアレにも書いたわけでしょう、取られてないってことは!
ちょっと待てやジジイ!
‥‥みたいな事に思い至ってしまったのだワシは。

本当はホラーにするはずだった「耳なし芳一」が「亡霊と住職のハザマで揺れるエロ坊主」になってしまった。
原作のせいだ。ワシのせいではない。

と、いう感じでですね、例によって例のごとくな駆け込み投稿振り返りに終始してしまったわけですが。
「どうして(やっぱり今年も)滑り込み組になってしまったのか」
という反省については、過去11回にわたって改善策を練ってきたにもかかわらず、結局改善されなかった、ということで、

もうやっても無駄な反省はせんことにした。

今回の反省は
「本来やるつもりで3月から用意していた安倍清明をやれなかった」
このひと言に尽きる!

180520-blog14.jpg

そうだよ!
3月に羽生選手の「SEIMEI」描こうと思って挫折した清明様を、本家バージョンにしようと思っていたのにできなかったんだ!
DC衣裳の袖部分が邪魔で、あの衣裳を再現できなかったんだ!
実をいうと、もう間に合わないから「昔ばなしシリーズ」にしようと決めた後で、Kyotaro博士とJezz御大の会話を盗み聞きして
「DCの一部を削除して小道具して別のDCにする」という方法がわかったのである。
これを! これをもっと早く知っておけば「安倍清明を演じる羽生結弦の顔した安倍清明」が描けたのに! 今年でなくちゃ意味なかったのにいいい!

とまあ、和風展も会場が変わり、主催が変わったことですし、
ワタクシなりの進化の方向は「納期を守って他人に迷惑をかけない」ではなく「描きたいものに必要な知識は容赦なく奪い取れ」に変更することに致しました。

以上、第12回和風展の大反省会を終わる。
来年以降は、これまで以上にroseからの「あれくれ」「これくれ」「これはどうやるんか教えろ」攻撃が強まることと思うが、ワシの知り合いは全員あきらめてくれ(主にHONEYさんとKyotaroさんとsannziさんあたり)

ではおのおの‥‥ぬかりなく。

「第12回和風展」大反省会 その2「わしはどこで間違った?」

Posted by Lazyrose on   0 comments   0 trackback

和風展コメント投稿は31日まで

Wafu12-468.jpg

さて出品作についてのあれこれ続き

【爆裂日本昔話 かぐや姫】

原作の「竹取物語」、さまざまな形で流布されていて、そのほとんどが平安中期時代の十二単の姿で描かれている。
しかし、平安初期に書かれた時点で「昔むかし」なわけだから、厳密にいうと奈良時代~平安初期の装束でなくてはおかしいわけだ。
髪は宝髻(ほうきつ)という結い方で結っていたはずだし、着ているものも袿(うちき)ではなく背子(はいし)と裳であるべき。
ざっと確認したところ、年代的に持統朝か平安時代初期の女官朝服とか、養老の衣服令による命婦礼服あたりが妥当なんじゃないかと思う。
しかしそのような衣裳をだな、モデリングもできない自分が誂えられるわけもない。
誰かにねだってる時間もない。
そんなわけで「唐の影響を受けた平安初期装束」の爆裂翻訳版!

180520-blog1.jpg

ファーwwwww
ファーですよファー! 領巾のつもりですよコレ!
ははははは!


そんでもって牡丹がなくて薔薇で済ますあたり。
180520-blog2.jpg

どこの西太后なんだよ! いいんだよ当時の日本は唐の影響受けまくってたんだから、中国王家だったらそれでいいんだよ! 

そんでもって「本当は月の世界のお姫様」であるタカビーかぐや姫と、対照させて地上で男どもをエロエロ翻弄しながらうんざりしているかぐや姫を。

作画については特に工夫した点はなく、いつものように

180520-blog3.jpg
180520-blog4.jpg
180520-blog5.jpg

こんな感じの合成。白塗りだけじゃつまんないし、生々しすぎるのもアレなんで。
髪は手描き。

で、めでたく2作目完成。

180520-blog6.jpg 原画1/8サイズ

ちなみに裸に薄物一枚という夏の単袴姿は平安時代に実際に平安時代の女性がやってたものだ。
在原業平くんが「雲の向こうが透けちゃってエロいねえ♡」と詠み、
清少納言が 「やせ色くろき人の生絹の単衣きたる いと見ぐるしかし(意訳・色白巨乳でなきゃ許せねえ)」
と評したアレだ。

むしろコレがやりたいばかりに、実は3日くらいかけて調べまくった「初期女官朝服」案をあっさり反故にした。
おっぱいは正義。

実はジブリの「かぐや姫の物語」は見ておらず、出品後オンエアされていたのを見て複雑な気持ちになった。
基本「かぐや姫に出てくる男はどいつもこいつもカスばかり」という点については高畑監督と自分は同じような見解であるらしい。
なのになんであちらはあんな心に沁みる名作になって、ワシんとこは

「そういうわけでこいつら全員粉砕しましょう^^」

になってしまうのか。
ワシのせいか。

「第12回和風展」大反省会 その1「負ける気がせん」

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

もはやPoser界作品展覧会最後の砦と化した「和風展」も12回目を迎えました。
もちろん今年もちゃああんと投稿しましたとも!

Wafu12-468.jpg


‥‥最終日に。



毎年毎年同じような反省会を開いてなおまったく進歩せぬ、その反省については後ほどにして、とりあえず忘れないうちに投稿作品についてつらつらと。

【爆裂日本昔話 桃太郎】

今年の裏テーマは定番中の定番「日本昔ばなし」でございます。
roseが日本昔話とくれば当然「爆裂シリーズ」でございます。
そして第1弾は言うまでもなく男だらけの桃太郎でございましょう!

もちろん構想を練っていた段階で脳内イメージは「ペプシの小栗旬みたいなダークでカッコイイ桃太郎」だった。
とりあえずあんな風に桃太郎軍団をかっこいい男たちで表現しましょうそうしましょう。

でもフル装備のM4を4体同時レンダはさすがに重そうだし、時間ないし、
そうだ、素のM4をポージングさせて、個別に作ったキャラを置換呼び出しして1体ずつレンダして合成することにしよう。
俺って頭いいー!(P4時代の常套手段)

てなわけで素体4体集合

180517-blog5.jpg

ぬ、ぬおおおムサい! パンツいっちょのムサい男が4人もかたまっているなんて正視に堪えん!


180517-blog6.jpg

気色悪いし、わかりやすくするためにもテーマカラーで色分けしておいた。
そしておもむろに1人ひとりのキャラを設定。
もちろんこれは爆裂桃太郎なので、時代考証は無視だ。

登場人物紹介

勝つためなら手段は選ばぬオレ様正義の暴力男・桃太郎
180517-blog1.jpg
桃が剣なのはペプシ桃の影響から抜けていないせい。

忠誠心のカタマリみたいな顔してしれっと裏切るイヌ
180517-blog2.jpg
犬に首輪は必須アイテムだ、SMじゃないぜ? せっかく拳銃持たせたのに集合させたら隠れちゃって残念。

「俺アタマわりーからさぁ」と笑顔で悪辣な攻撃をかますサル
180517-blog3.jpg
サルの武器つったら爪だろうみたいな。

「美しくない者に生きる価値はない! 滅べ!」が選択基準のキジ
180517-blog4.jpg
お雉様ですから色にもこだわりました!

‥‥あれ? おかしいなー。
ペプシ版ではイヌは友情と家族愛の子だったし、サルはその知恵で桃を助けたし、キジは愛と正義の王子様だったし、そもそも桃太郎は自分より強いものを倒そうとするクールガイだったはず。
どこで真田家と小野家が混じっちゃったかなー。
まあいいや。考えてる暇ねえからとっとと並べちゃおう。

今回は昔話シリーズにするので、漫画単行本のようなイメージでタイトルやロゴマークを統一することにした。
なので縦横サイズも青年漫画やコンビニコミックに多い128×182mm、いわゆるB6判風に。

というわけで出来上がったのがrose版桃太郎です。

180517-blog9.jpg 原画1/8サイズ

なんかこう思ってたようなのと違ってしまったが、それなりに個々のキャラが立って面白かったので後悔はしてない!

でも「鬼が気の毒になる」というコメントをいただいて、そういえば鬼まで作ってる暇なかったなあと思い出した。
たしかに主人公サイドがこれだから、迎撃する鬼サイドにもそれなりの説得力が必要だ。

ようしわかった!

180517-blog8.jpg
桃太郎軍団がfu-min製M4色男(RMP)なら鬼はM3だよねって、
たぶん重火器で応戦する、この人たち。

ところで実は

・桃太郎が化粧をしているのには理由があるとか
・犬はかつて主君を裏切った過去があるとか
・平民育ちのサルは味方になるまで桃ちゃんをライバル視してたとか
・キジはお公家様の隠し子だけどその存在を隠されて育ったとか

脳内でいろいろ設定していた。来年ネタに困ったら続編にしようかな(オイ)

一番のお気に入りは、まあ想像つくと思うけどこのヒトだ。

180517-blog7.jpg

君が欲しいのはチョコかバラかお姉ちゃんか?

Posted by Lazyrose on   4 comments   0 trackback

twitterではひと目をはばかって服を着せたが、自宅では本性を出す!
poser界隈のおっさん達への年に一度のサービス♡

180214-blog1.jpg

今年も冬のショコラ祭りが来たなあ。
今年はゴディバ様が「義理チョコやめんか?」とのたもうたり(その舌の根も乾かぬうちに売り場でどう見ても義理用売ってたり)、反発したブラックサンダーが「一目で義理とわかるチョコ」売り出したりと喧しさもひとしおだ。
確かに職場の潤滑油的な義理チョコは負担な女性も多かろう。
そういうのはおいといて、わりと自分はおっさんが前日くらいから「(貰えるかな?)」とソワソワしたり、ひと目で義理とわかるチロルチョコですらちょっと嬉しくてニコニコしたり「今年は義理廃止です」と冷たくいわれて「まったくだよなあ!」といいつつ顔がしょぼーんとしてたり、そういうのが可愛くてかわいくてたまらんのだよ。

さて、お洋服脱がせたのは何もおっさんを喜ばせるため(だけ)ではない。
大事なトコ隠しに使ったバラのプロップを紹介したかったからだ。
先月tweetyさんが配布された【RoseFrame】というのを使いたかったんだーい!

180214-blog2.jpg

19個のバラの花をフィギュア連動の形でいろんな形にできる枠プロップ。
四角や丸やハートといった全体の形がポーズで入ってる上に、コントロールボタンで花の密度を簡単に変えられるのだ。
もちろん1個1個のバラを移動変形できるので使い方は無限大。

詳しくはtweetyさんのブログで。
配布はBoothというところのようだ。

もちろん見た瞬間に「ハダカのおねえちゃんのブツ隠しにもってこいだぜ!」と叫んだワシのようなけしからん用途じゃなくて、エレガントなフレームとか花冠とかにもってこい。
密集させれば花束だってどんとこい。
注目したいのはレンダ時に花や花びらの影だけ消したい時用の一発影消しポーズが入っている点。
19個もの影をひとつひとつ設定で消す面倒がない!
これはアイデアだなあと思います。

そしてさらに色々追加された【BloomingRoseFrame】というアイテムが同じBoothで販売されてます。
こっちは他の小道具とあわせて立派なブーケにしたり花束にできたり、開花を調整したり配色も増えてる。
なにしろお花ひとつひとつのクオリティが高い上に、作画に必要な面倒な作業をポーズひとつでクリアできるので、これは買ってでも使いたい一品です。
いやこれマジでいいわ。
tweetyさん、カサブランカとかカラーとかでも作ってくれないかな!(図々しいぞ)

てなわけで、バレンタイン‥‥あまり関係ない内容だった。

180214-blog3.jpg

謹賀新年

Posted by Lazyrose on   8 comments   0 trackback

180101-blog1b.jpg

皆々様におかれましてはつつがなく新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

ってなご祝詞を申し上げますと、皆様方の中には「何をトボけたことを」とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。
はい、昨年の夏から更新停まってましたな。
もう笑っちゃうくらい間があきすぎて笑いがとまりませんや。
ははははは。
まあ色々ありましてね、poser立ち上げることができませんで、twitterの方もほとんどドラマ感想アカウント化しておりました。
サイトのトップ画を替えようと思って見てみたら去年の新年画のまんまでしたしね‥‥。

そんで大晦日、久しぶりにposer立ち上げて、戌年だからってんでワンコ斎藤さんにしちゃおうとBATネコミミをくっつけた。
のはいいが、せっかくなのでダイナミックヘアでもふもふさせちゃえ~‥‥とヘアルームに行ったら
もふもふさせ方がさっぱりわからん!
紅白も見ずに「なぜまばらになる!」「隙間が埋まらぬ!!!」

いやー、大晦日の夜はダイナミックヘアとの戦いでつぶれましたわー!!

180101-blog4.jpg


そんな、元旦になってから必死でブログ記事を書くLazy(怠惰な)roseを嘲笑うかのように、勤勉なsannzi氏は年末戌年マスコットコロちゃんを配布して、さらに元旦にはお年玉プロップ「マメコロ」ちゃんまで配布しておられられらー!
よっしゃこれでブログネタは決まった! ということで

マメコロちゃんだす。美味しそう~。

180101-blog2.jpg

あ、ちなみに饅頭ネタは製作者ご本人がやっておられたのでワシが鬼畜なわけではない。

マメコロちゃん欲しい人はこちらへ

まあそんなわけで、今年こそは攻めに転じ、一日も早くposer活動に復帰できるようまじめに取り組んで参りたいと思っております。
‥‥思ってはいます。
皆様方に更なるご寛容をお願いいたしまして、新年のご挨拶とさせて頂きます。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


(あげくモフ耳画が気に入らなくてトップ画は洋装に変更したという)
180101-blog3.jpg