Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

超高速「名相是清・リア充物語」(ダイジェスト版)

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

「経世済民の男 高橋是清」後編視聴。

とりあえずリニアモーターカー並みのスピードで「経済人から見た明治~昭和」そして「高橋是清」という人物の本質を2時間に納めたジェームス三木の手腕は凄い、と前編に続き思う。

世間の評判を見ると、おおむね好意的に受け止められているようだ。
もちろん中には批判的な意見も、いくらかは見受けられる。その大部分が、経済方面に詳しい人たちからの、「国債発行による政府支出拡大(積極財政)はスルーなのか!」的な、要するに経済対策描写の不足についてだ。
これはもう、歴史オタの人たちが「なぜ桂さんを無視する!」「山田市ィはどこに行った!」「中央政局ほとんど描いとらんやんかー!」と激怒するのと同じような怒りであろう(←べ、別に特定の大河を指しているわけでは!)
詳しい人にとっては許せない部分なんだろうなあ。

いや、でもねえ、経済のことはさっぱりわからない人種にとっては、「なぜ是清が日本のケインズと呼ばれるのかがわからない」‥‥のを通り越して「そもそもケインズって誰?」@小次郎ブログ)という、そういうレベルでの描写不足問題なので、

そういうのは要するに全部「尺が足りないせい」という結論で。


さて、そんな限られた尺の中で、どこを省略してどこに時間をかけるか、という制作側の取捨選択がドラマの質を決めるわけだが、さすがベテラン脚本はその辺の判断を過たない。ここぞという部分に時間を割くことで、視聴後の「高橋是清ってこういう人だったんだ」という印象に陰影がついている。

たとえば後半の山場のひとつであるヨーロッパでの戦費調達のくだり。
ありがちな熱意だの涙だのの感情論で説得するのではなく、淡々と相手の損得勘定に訴える交渉術は、一見すると盛り上がりに欠けるようだが説得力がある。
そして人によっては余計な部分に思えるかもしれないが、壇蜜さん演じる芸者お君との再会シーン。かつての恋人と再会した時の会話が実に印象的で、個人的に気に入った。

「わしを、なんで見捨てた?」
「足手まといになってはならないと思いました」
「‥‥ふーん?」
そんなやりとりだけで、そして階段でさりげなく手を取る仕草だけで、時を経た大人の男女のしっとりとした心情(おそらく二度と会うことはないであろう)を描いている。

大人だ! 大人の関係だ!
そういえば通常のドラマなら確実に時代性を無視したフェミニズムクレームがつきそうな、女中頭との隠し子発覚(その後さらに延焼拡大)エピソードもさらっとこなしてるあたり、大人のドラマだ。
これが通常の大河ドラマだったら間違いなく是清は宮城のお堀あたりに投げ込まれていただろうに(笑)


思うに、このドラマは決して「歴史」を描いてはない。
主人公が歴史上の人物だから当然史実を追う形にはなっているものの、このドラマが描いているのはあくまでも「高橋是清」の人となりであり、さらに「明治~昭和の日本経済の輪郭」(あくまでも輪郭)だ。
だから史実の流れが切れ切れになっていても、冒頭からラストまでの筋立ては理解しやすい。
そして、ことさらご親切な説明しなくともその人物がどう考え、どんな感情をもってそのセリフを言っているのか、視聴者にはきちんと伝わるであろうという、視聴者への信頼を感じる。

筋の通った脚本というのはこういうものなんだなあと思う。

と、脚本ばかり褒めたが、地味ながら丁寧な考証に基づいた美術や照明、カメラワークなど、細かい制作の仕事も評価したい。
そして思いがけず音楽にも感心した。盛り上げるために意図的に音楽を使う番組が多い中で、ことさら強調せずに作品にマッチした曲の使い方で、映像を見ていてまったく邪魔にならない。

さらに老年是清を作り上げたメイク!
二時間かけた特殊メイク凄い! イマドキの高性能カメラの暴力的な画素数にも耐えるメイク技術はなかなかに見ものだった。番宣でオダギリも言っていたが、手のシミや皺まできちんと施されていて、老いていく是清の姿には唸った。
果たして40年後のオダギリがこうなっているかはわからないが(たぶん違うと思うが)、前編の若年是清が40年たったらこうなるな! と納得できる爺姿だ。

そしてオダギリのあまりにもスムーズなジジイ演技をはじめ、俳優陣がまた演じてる感のない、良質な演技で安心できた。まあ、このままそっくり大河ドラマにして遜色のない顔ぶれなだけに当然といえば当然だが。
明るく前向きな一文なし~副頭取時代から、時代が戦火に近づくにつれ暗転していくのが、各シーンの映像、音楽、照明、演技で違和感なくたった一時間で表現される。

ドラマの持つ説得力とはこういうものか。
(あ、犬養首相に関してだけは「この犬養なら返り討ちだろ!」とか思わないでもなかった)

ラストの切り方には賛否両論があるだろうが、自分はあれはあれでよかったと思う。
これもまた尺の問題でもあるのだろうが、それまでどんな事があっても明るく、「かっと目をひらいて」一寸先の希望を見続けてきた是清が、理不尽な暴力によって斃れるシーンは描かれるべきではない。
考えてみると、森有礼、原敬、犬養毅、作中ではさんざん要人暗殺のエピソードが出るものの、主人公を含め一切画面には出てこない。そこにも制作側の無言の意図があるのだろう。
何者かの気配で雪が落ち、だるまが転ぶ。
多くを語らず意図を通じさせる、このドラマの総仕上げといえるラストシーンだ。

150901-blog1.jpg



そして一部の視聴者にとって胸が張り裂けるような場面があったのだが。
事情を知らない一般視聴者にとってはそれはもう幸福で、やさしく愛に溢れたシーンだった。
見ていてつい涙ぐんでしまいつつ、同時にそれをきっちりやってのけたオダギリジョーという役者の魂を見た気がする。
ほんとうに、彼は良くこのドラマを全うしてくれたと思う。

さんざん宣伝などで言われてきたことだが、ラストで、是清のやさしい目元とオダギリジョーの目元が見事にだぶって、なるほどなあと。
「転んでも転んでもただでは起きない」ダルマ是清を演じたことが、オダギリ自身にとっても救いになっていたらいいなと心から思う。

超高速「ぼんくら是清・若気の至り総集編」みたいな

Posted by Lazyrose on   4 comments   0 trackback

NHK放送90年ドラマ「経世済民の男 高橋是清」前編視聴。

150825-blog3.jpg


感想を! 一言でいうならば!

尺がたりん!


あまりの展開の速さに開いた口がふさがるまもなく1時間がまるで20分くらいで終わって「歴史秘話ヒストリア」かこれは?
しかし尺のほかに不満はない。ないというか一切ない。むしろ見事としか言いようがない。
さすがはジェームス三木御大! このあまりにも多彩なエピソードに富んだ、知らない人からは「それフィクション混じってね?」とか疑われそうな、まるで大河ドラマにでもしたくなるほど波乱万丈な人物の前半生を、わずか1時間に納めるその手腕には脱帽せざるをえない。

何が凄いってあなた、ドラマが始まったしょっぱなから芸者遊びの乱痴気騒ぎよ。
高橋是清といえばまず誰もが知っている有名な「アメリカ留学しようとしたら奴隷に売られた」エピソードをばっさりカット。
「何でやー! アメリカで苦労した話もいれてやー!」と不満に思う暇もなく、怒れる森有礼への「帰国したら藩はなくなる職もなく森のおかげでありついた南校教諭」的な立て板に水のごとき言い訳で説明。
もちろん奴隷エピソードも唐津の英語教師としての授業風景にからめてさらっと説明。
生い立ちあたりは祖母と芸者の仲良しシーンでさらさらっと説明。
相場詐欺の苦労話も職場での愚痴でさらさらさらーっと(略

是清の前半生の大体のポイントは会話と映像で押さえてさっさと話を進めてしまう。
そのかわり、ドラマとしての核となる部分はきちんと描写してがっつり押さえている。
たとえば仲買屋商売に手を出す話だ。米相場の実態を知るために仲買人になっちゃうあたりに後の「机上の空論より現場主義」という是清の信念がすでに発露されている。「市場の実際を知るためには自らの経験が必要」という、是清の信念は後編で浮き彫りになるはずだ。
さらに冒頭の芸者遊びが後に海外視察のパーティでの文化交流(「一番是清踊りまーす!」)エピで生かされていたり。

そういった細かいエピソードの拾い方が、さすがベテランの脚本家というのは凄いなあと、脚本の力技を見た思いだ。

文化交流の元ネタ
150825-blog1.jpg


いやそれにしても是清前半生さんざんですなあ。
知ってたけど一時間にまとめられると強烈だ(笑)

・生後すぐに養子に出されたのに直後に実子が生まれてお払い箱
・頑張って勉強して官費留学したら奴隷に売られた
・帰国してみたら藩はなくなり職もなかった
・芸者と結婚しようと単身赴任したらその間に彼女は他の男と結婚してた
・しかも赴任先は焼き討ちにあって逃げてきた
・翻訳の仕事で金ためたのに信州の牧場詐欺に遭って一文無し
・最初の女房病死
・農商務省で正論吐いたら疎まれて海外に飛ばされた
・特許庁の局長になって再婚もして喜んでたら森さんが暗殺された
・心のオアシスばあちゃんが死んだ
・ペルー鉱山詐欺に遭って放尿しつつ途方にくれる ←今ココ

これだけろくでもない目に遭ったら普通人生投げてますよ!
しかし歴史に名を残す人物というのはこれを「参ったなあ」ですますわけですよ!

いま人生がうまくいってない貴方! 絶望してはいけない! これが何かのためになる日がいつか来る(かもしれない)

そして前編でさんざん失敗し、騙されボられたこのぼんくらが、後編の伝説の大蔵大臣・高橋是清に化ける‥‥のがありありとわかる流れに、早く後編みたくてたまらなくなる。

何がすごいって自分、まだリピート視聴していないからね。絵作りに忙しくてまだ1回見たきりなのに、感想でこれだけ思い出せるくらい印象的なドラマになってるって事だよ、すげえなあ。

しかし惜しむらくは、ここぞという、視聴者がそこんとこを詳しく知りたいんですけど! な場面であっさりぶちっと切られて次のシーンへと変わってしまうあたりだ。
唐津の学校焼き討ちシーンとか。
そもそも森有礼がここまで是清の面倒をみまくった始まりとか!
見たい!
ネットの感想でさんざん言われているようだが、一年かけて日曜夜8時に放映して欲しい。
このキャストで。
この脚本で。
大河無理ならBS時代劇枠とかで全5回でもいい!
プリーズNHK!

150825-blog2.jpg
個人的に一番印象に残ったのが箱屋を勤める是清。嬉々として情人の後を着いていくぼんくらっぷりにときめいた。

だるまさんが七転八倒

Posted by Lazyrose on   0 comments   0 trackback

NHKが8月22日から放映するテレビドラマ三部作「経世済民の男」
その第一弾となるのが「高橋是清」主演オダギリジョー!
8月22日(土)・8月29日(土)21:00から2週連続放映。
ついでにいうと8月22日は19:00からBSフジ「旅する音楽」キューバ編が放映される!
さらに8月29日は「劇場版 S -最後の警官-」の公開初日だったりする!

いよいよ夏のオダギリ祭り開幕だ!

さて、高橋是清といえば、そう、かの第20代内閣総理大臣、というより6回も大蔵大臣やって世界恐慌の大混乱から日本経済を世界最速で脱出させた男、といった方がよろしかろう。

しかし自分の中では是清卿といえば、
藩命で留学したはいいが、うっかり奴隷に売られて辛酸を舐めまくった男。
ふつう言葉もわからない異国で奴隷に売られりゃそのまま歴史の海の藻屑となりそうなものなのに、どん底から力づくで這い上がり(森有礼のおかげで)帰国。
しかし明治維新で賊軍となった仙台藩消滅、天涯孤独で無一文。
(またもや森有礼のおかげで)英語教師になったはいいが芸者に溺れてヒモ生活。
(さらに森有礼のおかげで)文部省の役人になったはいいが相場詐欺に遭ってまたもや無一文。
でも(森有礼のおかげで)専売特許所長になって特許制度を作ったりとだいぶ盛り返したのに、なんとここで守護天使・森有礼暗殺。
案の定今度はペルーの鉱山詐欺に遭って失敗して無一文。
ほうほうのていで帰国後、さすがにこのままではいかんと思ったらしい「丁稚奉公からやり直す!」と叫んでなぜか銀行家として成功して日銀副総裁にのし上がり、気付けば日露戦争で英国投資家をだまくらかして戦費をもぎとり、そんなこんなで国会議員、大蔵大臣、総理大臣と駆け上がったものの政治家というより大蔵省の神的扱いで何度も隠居しようとしたのに金融恐慌がおきては蔵相を押し付けられ、そのたびに日本を立ち直らせた男。

でも最期は軍部の無茶な要求を「そんな金は日本にねえ!」とつっぱねて2.26事件で暗殺されてしまったという、いやはやまったくもって経世済民(経済)に振り回されつづけた男。

その是清をオダギリが演じるのか、そうか、オダギリが‥‥

(‥‥なんでオダギリがダルマなんじゃい) ←心の声

あ、どうやら公式の予告によればダルマ宰相のあだ名は(見た目ではなく)「何度転んでも何かを掴んで起き上がる」という不屈の信念から、という解釈らしいです。
ちょっと苦しいですが確かに前述したように是清様は何度も何度も何度も酷い目に遭いながら、常にもっと良い未来を実現してきた方なのです。
しかし経済で日本を作った男というよりはむしろ「日本一の破産大王」という方がむにゃむにゃ‥‥

まあそんな「見た目も性格も対極にある」(とオダギリ本人が語る)高橋是清を、オダギリが一体どのように演じてくれるのか非常に楽しみでならない。

高橋是清の前半生はどことなく同時代の新島襄先生とかぶるものがあって、(今度は密航じゃなくて官費留学だけどね!)(でも奴隷に売られちゃうけどね!)はたして「八重の桜」の襄先生とどのように違うかあたりも楽しみだ。


150804-blog1b.jpg



是清の世話をしまくった森有礼を、「新撰組!」で伊東甲子太郎&「龍馬伝」で桂小五郎(木戸孝允)だった谷原さんが演じるというのも、大河視聴者としてはなんだか嬉しい。谷原木戸に嫌われる谷原森無礼ww
何しろ森は襄先生とも交友があったから、「あーこの頃襄先生は~」などと「八重の桜」まで出てきて混乱しそうだけどw