Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

大人だろ、勇気を出せよ。

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

「素敵な時間はいずれ終わる」
そのうたい文句どおり、とうとう最終回がやって来た。タイトルは「忘却」。

すでにさくらやは売却され、おばあちゃんは施設に行くことを太郎に告げる。
裁判の結末をことさら描くでもなく、閉店に至るまでの経緯も、おばあちゃんの最期に間に合ったのかすら描かれず、余計なものをそぎ落とした脚本は、それだけに本当に伝えたいテーマをシンプルに視聴者に伝えてくる。

「裏切られたような気分だよ」
そんな風に傷つきながら、もちろん太郎にだって「それしかない」って事はわかっている。
わかっているけど、現実にどうする事もできない自分が情けなくて、悔しくて、「いつかきっとさくらやを取り戻す」と決意して、決意のままにたぶん5年間、がむしゃらに働いて働いてがんばってきたんだろう。
たった5年でもっさりした太郎は超絶イケメンシェフとなり、自分の店をオープンし、三枝は人気女優を連れまわすイケメン脚本家に成長した。
きちんとした大人として仕事をして、成功して、毎日忙しくて、ネクタイ結んで。

でも、そこにおばあちゃんはいない。
世界の問題に悩み、天使に噛まれた太郎と三枝はもういない。
「お前達はそこでゆっくり考えればいい」と武蔵が言った、あの裏庭はもう存在しないのだ。

三枝は嘆く。
「忘れてくんだよ、どんどん。忘れるんだ、大切だと思ってたものをさ‥‥昔はあんなにはっきり見えたのに」

だが、これは決して「後悔」の話なんかではないと思う。

大人になるという事は、何かを切り捨てて何かを選ぶ事だから。
あのままおばあちゃんとふたりの生活を続けていたら、早晩借金でもして家を失って、むしろ悲惨な未来が待っていただろう。
おばあちゃんとさくらやを守っていた太郎は、そのふたつを失う事でオーナーシェフとして成功し、小洒落たマンションで礼子たちと幸せな生活を送っているのだ。
決して間違いなんかじゃない。
おばあちゃんよりも先に礼子に天使の声を聞かせたいと思った時、もう太郎は選んでいたのだ。
そして、それを選び取ることをおばあちゃんも望んでいたのだから。

ただ、日々の忙しさに、施設に行くことを延ばし延ばしにしていた。
それは太郎が選びそこなった幸せだ。
太郎が選べなかったから、太郎を守るためにおばあちゃんは切り捨てられる道を選んだ。そのおばあちゃんを、今度こそ太郎は自分から切り捨てていたのだ。

視聴者にとっても胸に突き刺さるこのラスト。
太郎はおばあちゃんの最期に間に合っただろうか。

151227-blog2.jpg

「後悔?」
「まあね」
「あたしにもあるから大丈夫よ」

これはそんなドラマだったと思う。

三枝とシマさんと武蔵から開店祝いがきてた。
時が進むのを怖がっていた太郎の時間は進み、時が止まったような裏庭はなくなり、でもそこには新しいさくらやがある。
太郎の大切なものはちゃんと残ってるし、増えていく。これからは、太郎が春馬に幸せな時間を与える番なのだ。
大人なんだから。もう大人なんだから。


ただ、頼りないけど、いつも相手に寄り添ってくれた、あの優しい太郎がもういないことが、とても切ない。
のんびりと寄り添いあって生きるふたりの情景は、駆けつける太郎の回想なのか、それとも容態の悪いおばあちゃんがうつらうつらと見ている夢なのか。


「おばあちゃん、今日もぜんぜん客来ないねえ」
「そうねえ」
「‥‥お茶でも飲む?」

151227-blog1.jpg

一番気の毒なのは裁判官かも。

Posted by Lazyrose on   4 comments   0 trackback

ひとこと‥‥ひとこと先に言わせてくれ。
電話がかかってきた段階で「これアカン奴や」とわかる原告・川端の気持ち悪さといったら、

感想書こうにも川端がイヤ過ぎてドラマ見返せません! というレベル(見返したけど)


さて、「さくらやを閉鎖してもスペイン料理屋で復活して裏庭は残す!」と、あいかわらず裏庭に執着している太郎だが。

正月そうそう訴えられて、しかもそれは自分ちのミーちゃんとは関係のない野良ネコの不始末で。
おまけに訴えられたのがすでに亡くなっているおじいちゃんの名前、という勘違いも甚だしい訴状。
あまりにも非常識な相手の非常識な言いがかりに、太郎でなくても「これは勝つる」と思っていたものの、意外と死太い(というか、なかなか入念な準備と対策をしてくるあたり、いわゆる発達障害とかの人なのかもしれない)

相手は「日本語でオk」みたいなカオス人格だし、弁護士紹介してくれた三枝は自分の法廷ドラマの脚本のことしか考えてないし、裁判官まで疲弊してるし、気付いたら春馬に背中撃たれてるしで、「出なおし4人家族」の生活には早くも暗雲が立ち込める。

原作協力とされるブログでは著者があの手この手で勝訴するようだが、おそらくたぶんこのドラマでの扱いは、
「勘違いで訴えられて楽勝と思ったら相手が話の通じない相手でぐだぐだな裁判沙汰」
という部分だけを、「理不尽な現実」エピソードのひとつとして取り上げられたのではないかと思う。

「みんなが集まる裏庭をもう一度」という太郎の夢は、この「理不尽な現実」の前に挫折させられそうだ。
せっかく店長に気に入られたのに、裁判のせいでアヒージョ作り教えてもらえなかったし、野良猫の世話をしていた春馬を礼子は叱るしで、気がついたらこの家と裏庭にこだわることは、家族がぎくしゃくする原因のようになってしまっているではないか。
これまで太郎を守ってくれる場所だったこの家が。

「たかが裁判で家族のみんながもめるのはばかばかしいと思うけど」
と、賠償金を払う提案をするおばあちゃんの言葉は鋭い。
「正しいか、正しくないか」ではなく、「何を選ぶのが一番良い結果を得るか」というのが大人の選択基準だから。

さっさとひとりで施設入居を検討するおばあちゃの表情は強く、「おばあちゃんのために」とさくらやにこだわる太郎に、「本当に守らなければならないものは何か?」をつきつけているように思える。

151222-blog1.jpg
話があまりにアレなんでせめて一番【太郎が変わった】と思えた姿を‥‥(笑)


エンディングで、春馬の描いた「おかあさんとぼくとたろう」の絵。
もう家族は変わってきてしまった。

三枝失恋(そこかよ)

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

終わるものがあれば、始まるものがある。
それはもうすべての人間に平等にふりかかる「時間」というものの宿命で。

剛の死に、臨時休業の札を貼るさくらや。いつもと違うオープニングが切ない。
追い討ちをかけるように、自分の名前を思い出せないおばあちゃんにショックを受ける太郎。でも、彼のその動揺をきちんと受け止めてくれる礼子という存在がすでに傍らにいることが救いだ。

そして、おばあちゃんから明かされるさくらやの秘密。
さくらやは、幼い太郎のために作られた「太郎のための居場所」だった。だから太郎が苦しい思いをするくらいなら、おしまいにしなければいけない。

「私が大切なのは思い出じゃなくて、今のあなたなのよ」

おばあちゃんの言葉が、見るものの心に沁みる。
結局、愛されていたのは、守られていたのは太郎の方だったのだ。
「おばあちゃんのために」という言葉で居心地の良い場所にしがみついていた太郎。でもそんな太郎を黙って受け入れることで太郎を守っていたおばあちゃん。
これからは、礼子と春馬と一緒に、太郎がおばあちゃんを本当に守る事になるのだろう。

なぜか、今回、太郎のだらしない服が貧乏臭く見えた。
よく考えたら着たきり雀だったんだよな。楽しい話の中では見過ごしていたけど。
あんなにキラキラしてみえたさくらやも、今回はさびれてほこりまみれで寂しい場所に見えてしまう。
フワフワとした、現実逃避の男達の目線でみていたさくらやと、現実のさくらやの違いが、ストーリー展開にしたがって視聴者の目にもはっきりとわかるように映されていて、演出の力を見た気がする。


そしてまあ、なんというか今回は三枝、よくがんばったな(><
一番きつかったのは君だ。
太郎と同じ髪型、似た服装で、ノリも同じでいつでも「おまえはすごいやつだ」と応じてくれる三枝は、いってみれば少年時代の太郎自身の自己投影であり、互いにとって双子的な存在だったのだろう。
結婚を決めた太郎と三枝の決別は、そのまま子供時代の自分たちとの決別で。

所帯を持つ太郎に向ける「おめでとう」の切なさに、そりゃ踊るしかないよな! と思う。
「踊り方わかんないよ」とためらう太郎のために、やおらツイスト踊り出すシマさんも素敵だ。
無音の中で踊り狂う男たち。
悲しくて、切なくて、でも新しい門出なら、踊り方を知らなくても踊って、せつなさを吹き飛ばす。そんな彼等の友情があたたかい。

151213-blog1.jpg

剛の死で、一時停止していたさくらや。
むりやり引き伸ばしてきた子供時代が終わって、一気に新しく動き始めた。
太郎と礼子は結婚して、春馬と4人の生活がはじまって、気付いたら正月になっててシマさんは北海道で就職して別れた女房とやり直してるようで。そんなところにいきなり届く

「第1回口頭弁論期日呼び出状および答弁書催告状」

゚(∀) ゚ エッ?

なんですかいきなり「原作」襲来ですか!
忘れてたけどこのドラマ原作協力とかいう存在があったんだ。え、ここから裁判展開なんですか!
あと2回じゃないんですか!
なんなんですかこのドラマw


そして太郎を失った三枝の明日はどっちだww

人生はまるで蜘蛛の巣のように。

Posted by Lazyrose on   4 comments   0 trackback

こいつ絶対第0号の虐殺逃れて15年棲息してたグロンギの生き残りだよな! みたいな天使の反撃に、思いがけず「天使の声」を手に入れてしまった太郎と三枝。

狂乱の天使回から一変して今週は‥‥とはならず、なんと天使の声は持ち越しで、朝からウカレ気分の太郎はウッキウキでスクランブルエッグを焼いている。
「タマゴベイベーカモーン!」

一方で、夢に向かって走り始めた(はずだった)三枝に刺激され、シマさんと剛は就職活動を始めた。
「もう一度しっかり働いて、分かれた妻に会ってみようかな」
「俺ももう一回がんばろうかな」

スターになるべく秘密の特訓を重ねる太郎と三枝。
就職活動がうまくいかずに苦しむシマさん。
シマさんを案じる剛。
母親に再婚を勧められ、煮え切らない太郎に苛立つ礼子。

交錯する「能天気ふたり組」と「苦い現実」のシーンが、見る者の気持ちにギシギシとのしかかる。
こんなふうに、人の気持ちはすれ違い、ぶつかり続けるものだ。

「誰にこの天使の歌きかせたい?」と問われて、おばあちゃんより先に「礼子」と応える太郎。
少しずつ、太郎の中でも変化が起きてはいるのだ。
ただ、礼子とタイミングが合わない。
満を持して礼子を呼び出し、歌うふたりの首筋に、案の定もうあの噛み痕はなく。

「‥‥バカなの? バカだね。下手な歌聞かせてなんか楽しいの?」
「‥‥へ?」
やっとプロポーズかと思ったら三枝登場で下手くそきわまる「コンピューターおばあちゃん」を聴かされた礼子がキレるのも無理はない(笑)

「俺達悪い夢でも見てたのかなあ」
天使の噛み痕とともに、ふたりの夢は消えてしまった。
しょんぼりと、夜明けの町を歩くバカふたり組はかわいいんだけど。ここで終わってればいつものしんみりほろ苦い「おかしの家」で終わったんだけど。

ハローワークの職員に全否定されたシマさんの事を相談する剛に、夢破れた傷心の太郎たちはそっけない。
シマさんはシマさんで自暴自棄になり、就職が決まった剛に八つ当たりをしてしまう。

誰もが自分の事に手一杯で、そんな中剛だけが。

トラックにはねられた剛を振り返ったシマさんの、震えだす表情。
通夜から帰って塩をまくおばあちゃんと太郎
道路に供えられた花に手をあわせる礼子と春馬。

無音の中、いつものように裏庭に集まって、いつものように駄菓子を食べる4人。
「ごめんな、剛」
「いや、俺も言い過ぎました」
「ごめんな。俺が死ねばよかったのにな」
「いろいろあるけど、友だちがいたら絶対何とかなりますよ」
いつものような会話なのに、もうそこに剛の姿はなく。

151205-blog1.jpg


夢のつづきは苦い現実で。
号泣するシマさんの横で、剛にかける言葉もなく太郎は立ち尽くす。

現実から逃避してバカみたいにうかれるのも、就職難も、子連れ再婚問題も、交通事故も、どれもありふれた現実だ。
そしてこんなふうに、現実を淡々と容赦なく描くのが石井監督だ。
あたたかくて、辛くて、もどかしくて悲しくて。うまくいかない現実から目をそらしている間にも時間はどんどん流れていってるのに。
でも、どんどん時間が通り過ぎているんだって事を知るために、さくらやの裏庭でいったん立ち止まるのは決して悪いことではないんじゃないか。

「剛くんは、もう来ないのねえ」
おばあちゃんの言葉に、ああ、きっとこれで太郎たちの「こどもの時間の続き」は、終わってしまったんだろうなと感じる。

これが神回というやつかw

Posted by Lazyrose on   4 comments   0 trackback

三枝がおばあちゃんに読んで欲しいと持ってきた脚本は、ふたりの少年がカッパを探しに行く話。
タイトルは「さくらやの奇跡」
舞台はさくらやで、三枝と太郎の少年時代の実話がベースだ。

「太郎、お前の夢はなんだ」
「決まってんだろ、プロ野球選手かミュージシャンだ」
「俺もだ。そうだ太郎、この前、川でカッパをみた」
「ホントか? 三枝」
「ああ。見に行くか?」

かつてのおバカな少年たちの姿は、まんま今の(かなりおバカな)太郎と三枝で。
三枝は子供の頃の自分が地続きで夢につながっているんだなあ。そこには太郎が必須不可欠で、三十路越えてまだ「男の夢はプロ野球選手かミュージシャンだ」と言い張る太郎の成長のなさに、三枝だけは本気でしがみついているらしい。

「忘れかけていた夢を、取り戻しに行って来る!」
と宣言し、三枝は映画プロデューサーに会いにいく。

だがそのプロデューサーが梶原善さんだという時点で嫌な予感しかしないわけで。

「子供ふたりしか出ない映画なんて金にならない」
「カッパに会いに行くなんて使い古されてるし」
「てかカッパてwww」
案の定バカにされコケにされてうちのめされた傷心の三枝が向かうのはやっぱり太郎のところだ。

(´・ω・`)「‥‥ちっちゃい頃、俺達カッパ見たよな」
(`・ω・´) 「うん見たよ。今から見にいくか」

太郎は相手の大切なものを否定しない。そしていつも傍にいてくれる。それが太郎の優しさだ。
おばあちゃんもシマさんも剛も礼子もムサシも、皆がそんな太郎に救われる。

しかし、相手が三枝となると(バカの)相乗効果で斜め上方向に突っ走ってしまうのが問題で。

カッパ探し道中に通りすがりの天使@ヒゲ親父形態を見咎めたとたん、ちょー笑顔で追いかけるバカふたりwww
捕獲しようとして失敗したあげくに怒った天使に首筋を噛まれて悶えて、
おい! ひょっとしてこれ新種の未確認生命体なんじゃないのか! 毒キノコじゃなくてハブかカナリアのグロンギなんじゃないのか! くらいの太郎の悶絶に一瞬15年前のトラウマが蘇りかけたところが話はそれどろじゃなかった。

一夜明けたら、

太郎の口からほとばしる美しいコロラチュラソプラノwwww

なんでwwww

駆けつけた三枝と手を取り合って、どうやらふたり揃って声を張り上げると変声することを確認しあった太郎は、
やにわにトルコ行進曲を歌いだす。

なぜww
なぜにトルコ行進曲www
由紀さおりと安田祥子ばりに熱唱しながら踊るふたりの姿に、深夜だというのに視聴者は笑いすぎて呼吸困難だ。
もはや三枝の脚本が小さい頃の夢を描いたとか、厳しい商業論理の前に挫折したとか、そんな切ない前フリは雲の彼方だ。

「まさか三十路すぎてこんなチャンスが巡ってくるとはなぁ」
「ああ、こんなにも心が燃え上がる感覚は、久しぶりに取り戻したぜ!」

清々しい笑顔で、肩組んで朝焼けの川面を見つめるバカふたり。
いや、待て、医者に行け、医者に! 関東医大にいい医者がいるから!
行っていっぺん解剖されて来い!

爆笑につぐ爆笑に、なんだこれは、ワシは「おかしの家」を見ていたんじゃなかったのか! と腹がよじれているところに次回予告が

「太郎と三枝まさかスターに!?」

続くのかよ!
しかも剛とシマさんの深刻な話と同時進行かよ!

すでにドラマとしての折り返し地点は過ぎているはずなのに、着地点が見えないwww

151130-blog1.jpg



子供の頃に見ていた夢を、大人になっても見ている太郎と三枝。
まあ、冷静に考えてこのドラマで本気のSF展開はありえないだろうから(笑)、今回のファンタジーはたぶん少年時代のまんまの何かを保ったふたりだけが体験した、他の人には聞こえない、でも太郎と三枝にだけは確実に聞こえているアレなんじゃないかと思うが。

‥‥。

うーむ、だめだ、歌い踊る太郎と三枝のシーン、何回みても鼻水吹く。
この先人生で辛いことがあったら、きっとこのシーンを思い出せば、どんなことでも乗り越えられる気がする。
(悲しい時は思い出さないほうがいいと思う)