Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

スポンサーサイト

Posted by Lazyrose on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

要するにテクスチャ作り直しは必須とな

Posted by Lazyrose on   0 comments   0 trackback

さて「Superflyレンダで生々しいじょー君を作ろう計画」

昨年11月の「mission3 肝心のレンダ設定をどうにかしろ」のまま頓挫している(笑)
いや、頓挫したわけではない。
和風展があったりしたのでがっつり(他の人物を使って)Superflyレンダのコツやらマテリアル設定のコツやらを模索していたのだサボっていたわけではない(必死)

‥‥わけではないがいい加減P11を買った本来の目的を忘れそうなのもどうかと思い、また秋になってオダギリ作品が公開されて本格的に祭りになる前に何とかしておこうと思って慌てて続きをやってみる。

実は昨年12月の時点で、1度トライしていた。

既存のじょーテクスチャの反射設定をいじってSuperflyしてみた状態。
170820-blog3.jpg

同じ設定でFirefly
170820-blog4.jpg

Superfly前提で作成したキャラがfireflyだと全然顔が違っていたため、
「なにこれ、Superflyレンダするとこんなに顔変わるの? じゃあうちのじょー君をSuperflyでレンダしたら顔が違ってしまうのでは!」
とパニック起こしかけたが、やってみたらそれほど差がなかった。あー良かった。

しかしさすがSuperflyだけあって質感というか「そこに存在する感」は確かにあるのだが、お肌の感じがいまひとつ。
テストで使ったキャラはSSS用のマットを改造したので、これも(いらんノードは排除して)真似してみたらどうだろう。
とかなんとか適当に弄ってお試しレンダ。

170820-blog2.jpg

わりといい感じになってきただろうか?
ちなみにレンダ設定はこんな感じ。
170820-blog5.gif

出来上がりの見た目はそれほど変わらない気がするけど、これまではレンダ画像をフォトショでさんざん加工したあげくの「リアルっぽさ」なので、一発レンダでこれだけいければ自分的にはかなりの「進化」ではある。
しかし、もともとが「リアル半分マンガ半分」みたいな路線をめざしてイラスト用に作ったテクスチャマップでは、リアル感を出すにも限界があるようだ。
結局のところ「写真みたい」な質感を露骨に出すためには、やはり解像度の高い生々しいテクスチャマップが必要なのだ。

そんな事してる間に1年近くたって、キューバロケしたオダギリさん何か顔変わっちゃってるし。
ここはひとつ、もうちょっとクオリティの高いテクスチャマップ使って新しいじょーテクスチャを作ってみようかなーとか、思ってみたりしてみたり‥‥。

170820-blog1.jpg クリックで倍

結局続く。

スポンサーサイト

mission3 肝心のレンダ設定をどうにかしろ

Posted by Lazyrose on   0 comments   0 trackback

まずい!
怒涛のような諸般の事情で駆けずりまわってるうちに11月が終わってしまう!
ブログ1回も更新しとらん!(危機感)

といわけで、とにかく「Superflyレンダを試してみよう」企画の顛末だけでも報告する。

【(もう本人も忘れかけているが)これまでの経過】
とりあえずSuperflyで生々しいじょー君を実現するために用意したテスト用M4キャラの
・死んだ魚の目
・ゾンビのお肌
は何とかなった。あとは(ようやく)レンダリングするのみ!

その前に顔をちょっといじる。
いや、うんどうせなら自分ちのキャラに仕立てあげようとか思って‥‥

161130-blog2.jpg
モデルにした人はいるがたぶん「どこがやねん!」と怒られそうなので黙っておく。

で、ここに至って「あれ、レンダ品質ってどうすりゃいいの?」という超いまさらな疑問を抱く。
これまでのテストではとりあえずデフォルトでやっていた。だが作品にするならそれなりにクオリティを上げねばならぬ。
とりあえず予備知識なしに試してみようじゃないか(無謀)

レンダ設定画面を見ると「プリセットの読み込み」というのがある。
ふむ、とりあえずこれを試してみるべ。

161130-blog9.jpg

‥‥う、うん、なんか英語でずらずらっと並んでおるな(汗)
何がどういうクオリティなのかはさぱりわからんが、こういうのはだいたい品質の低い順から並んでいって一番下が超高画質というのがセオリーだ。
じゃあ真ん中へんのmediumってやつを試してみるべ(安直)

161130-blog3.jpg

mediumの数値
161130-blog4.jpg


だめじゃん! 全然だめじゃん!
ザラザラしてんじゃん!(´Д⊂ヽ

どうやらPoserのプリセット設定は使い物にならないらしいですよ奥さん。
いや、とりあえずポチっただけのワシがいちゃもんつけているわけではない!(笑)
確かな筋の賢い人K女史が言っておったからたぶんそうだ。
ていうか、もうひとり確かな筋の某M氏に至ってはOctaneレンダに走っておられる始末なので推して知るべし。

だがこのペンギン様に外部レンダとかいう選択肢はない!
何がどう使い物にならんのかはともかくPoserレンダでまかり通る!(伊賀越えの家康@真田丸状態)

点になって出てくるのはレンダ品質の問題だからピクセルサンプル数を上げるしかない!
らしい。←

ピクセルサンプリングというのは要するに「全部の計算を何回やるか」という設定で、サンプル数が3なら3x3で9回計算するという具合だ。うん、詳しいことは流転ブログを読め。

Superflyがいろん・5

数値は累乗で増えていくので、少しずつ上げて様子をみたほうがいいらしい。
デフォルト設定でピクセルサンプル数を「6」にしてみた。

161130-blog5.jpg

161130-blog6.jpg


ぬおお、いきなりパソコンが「うーんうーん」と唸り出したぞ?
そんなすごい計算をしているのか!
時間がかかる! めっさかかってる!
なんという事だ、すーぱーふらいというのはこんなにマシンに負荷がかかるものなのか!?
こないだKyotaroさんのブログにちらっと乗ってた設定画面なんかピクセルサンプリング「15」とかあったですよ一晩かかるじゃないかやだー!

そんなこんなでとりあえずできあがったお試しM4ナマナマ画像
ピクセルサンプル数は「10」だ(がんばった)

161130-blog1.jpg
 クリックで倍


‥‥悪くはない。
一発レンダまったく修正なしでこれができるなら悪くはない。
ような気がする。

マテリアル調整のめんどうくささを乗り越えれば。


ところでじゃあSuperflyレンダとFireflyレンダとでは出来がどのくらい違うのか?

161130-blog7.jpg

161130-blog8.jpg


‥‥あれっ!?

なにこれ顔が全然違って見える?
どゆこと?
頬のふっくら感とかが全然感じられない。
うーむ、これが「リアル感」の違いなのだろうか。人間の目の補正ぶんをさっぴいたらこういう形状になるのか?

‥‥えっ
だとしたら、うちのじょー君をSuperflyでレンダしたら顔が違ってしまうのでは‥‥!

大問題発生(笑)

まだ続く

mission2 ゾンビのお肌を生き返らせろ

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

えー、諸々の事情によりものすごく間が空いてしまった。
もたくさしてる間にKyotaro博士によるPoser11最大の特徴であるSuperflyレンダの概要記事がサクサクッと発表されている。
Poser 11から新しく実装されたSuperflyレンダとはどういうものかを、ペンギンにもわかるようにという超ハードルの高い要請に基づいて懇切丁寧に解説されているので、ぜひとも参考にされたし。


Superflyがいろん・1

ってか物理ベースのレンダラーって何者?

Superflyがいろん・2
そもそもレイトレースとパストレースの違いをわかっているのか?

Superflyがいろん・3
足して1以上にしないのがマテリアルのリアルってものだぜ。

Superflyがいろん・4
いろんな材質の基本的なマテリアル設定を教えてあげよう(お肌? なんのこと?)

※たぶん次はレンダ設定についてのお話があるはず。


上記のタイトル以外の適当な概要はワシが勝手にこんなような内容だろうと思っただけだ。実際はもっと深く濃く詳細だ。
大方のSuperflyレンダへの疑問はこれを読めば解けるはずだ。さあみんな気合入れてSuperflyに挑戦しようぜ!



‥‥ってなわけで自分の作業に戻ろう。
さて、前回「死んだ魚の目」をなんとかSuperfly用に調整できた。
ところが。
P7から大跳躍したもんだからなにもわからずうっかりSSSMATを使ってしまったんだが、そのせいなのか大変な問題が持ち上がった。

肌が黒い。

161012-blog1.jpg

なんだこのドス黒さは。
ゾンビかお前は。
見本と全然違うやんか!

みたいな状態なのでこれを何とかすることに。
ちなみにワシの「何とかする」は基本的に「博士にぶん投げる」と同義語である。
よってワシらしからぬ「検証」から行なってみることになった。遠隔操作で(笑)

この黒っぽさの原因はどこにあるかというと、考えられるのは
・ライトの問題
・マテリアルの問題
・レンダ設定の問題

前提としてライトは無限光3灯の白色セット。
「SuperflyレンダではAOが設定されていると暗くなってしまう」というのは流転ブログで予習済みだったので使用していない。

1. まず基本アイテムの「球体」と並べてみる。
161012-blog2.jpg

球体の拡散色を白のままでレンダして並べた結果、球体の色味におかしな現象は見られなかった。
つまりこの現象はライトの問題ではない。
ということは「肌マテリアルの問題」の可能性が大。

2. マテリアルノードを見てみる。

161012-blog3.jpg
クリックで倍サイズ

展開したらこんな感じ。
ちなみにFireflyでレンダしてみたら肌色はまともだった。
ということは、Superflyでは対応してない繋ぎ方が途中に挟まっていることが予想される(らしい)
そこで、

3. 博士の支持に従いノードを変更する。

161012-blog4.jpg
クリックで倍

とりあえずこのキャラのSSSマテリアル限定の話ではあるが、変更点は

・テクスチャマップから左下方の散乱ノードに直通でぶっこむ
・散乱ノードから代替拡散に直接ぶっこむ
・ブリンを代替鏡面にぶっこむ

以上の3点だ。

4.レンダしてみる

161012-blog5.jpg

おおお! 死人が生き返った!
すごいぞ博士! なんでノードのキャプチャ見ただけで原因と対策がわかるんだ?
遠隔操作で死人を生き返らせる魔法とかあるだろうひょっとして?

ええと魔法博士の言によると
・色相を操作するHSVノードが挟まっているあたりが怪しい。
・拡散成分と鏡面成分を合成するときに色飛びしないように調整するためのブリンノードがSuperflyレンダで予想外の結果を生んだくさい。
よって代替拡散には散乱SSSノードだけを、代替鏡面には鏡面成分のブリンをつなぐことでうんたらかんたら‥‥

‥‥ええと。
たぶん、Superflyでリアルなレンダー! をめざすのに、レイトレース形式だったFireflyでの擬似リアル作成用超複雑ノードはむしろ不要。シンプルなマテリアル設定であとはバンプ関係きちんとしてりゃそれなりに、みたいなことなのではないかと、
思うけどよくわかんない(笑)

ついでに同じキャラでFireflyレンダしてみたところ

161012-blog6.jpg

このくらいの差はあった。
Superflyのレンダ設定はほとんど最低状態でこれだから。
Superflyは鏡面反射が強く出るので、お肌のテカリを控えめに設定するとか若干の面倒くささはあるが、質感の違いはなるほど納得な違いがあるので、リアル調の絵作りをするなら試してみる価値はあるなあ!

そんなわけでお肌のほうは何とかなった。
実はこの後別のキャラの(SSSではない普通の)マテリアル設定でSuperflyレンダを試したら普通にイケたので、ひょっとしてSSSマテリアルは使わない方がいいのかも知れない(笑)

というわけでM4、V4のSuperflyレンダを試す時になぜかひっかかったらひょっとしたら参考になるかもしれなくもないゾンビ肌蘇生方法の巻きであった。
基本は「だいたいシンプル設定でオk」

次回、やっときちんとした絵をアップできる‥‥(´Д⊂ヽ

mission1 死んだ魚の目を何とかしろ

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

さて、それではいよいよ人体のSuperflyレンダに挑戦してみようではないか!

何しろなにからナニまで初めての体験だ。
いきなりうちの大事なカワイ子ちゃん(♂40歳設定)でお試しするわけにはいかん。
ここはひとつ商用品で。

なるべく新しめのM4で好みのキャラを探していたらRMPでfu-minnさんのM4キャラが出ていたので購入。

160924-blog11.jpg
Tatsuya for M4

‥‥とここでまず引っかかる。
これまではP7だったのでBase MATを使っていた。
だがこのキャラはP2010用にSSS MATがついている。

160924-blog1.jpg

そういえば一時期SSS MATでいわゆる「リアルな肌の表現」がどうとかいう話をきいた。
よし! SSS MATというのに挑戦してみよう!


‥‥で、SSS ってなに?

‥‥‥‥。


森の賢者は言っておった。
「わからないことは流転ブログで調べるがよい」
というわけで困ったときの参考書・流転ブログの該当記事

いざSSS・前編

‥‥よくわかんないけど要するに、光の反射とか屈折とか透過とかをより現実に近づけて計算しているということだろうか。
「♪手のひらを太陽に透かしてみ~れ~ば~」的な?
あくまでもペンギン頭の理解であるが
つまり「まっかに流れるぼくの血潮」が表現できる?

まあいいや、とりあえずそいつでやってみよう(おい)

マテリアルルームにてSSSMATをセット。
160924-blog2.jpg

ぐおおおおお! 折りたたまれているううう!
ナニが何処につながれているのかわからーん!
いやここで嵌ると長引く、とっととレンダリングしてみろ。何しろSSSでSuperflyだ凄いリアルな結果になるはずだ!

出しっぱなしMATあてっぱなしライトデフォルトレンダ設定デフォルトカメラもデフォルトでぽちっ

160924-blog3.jpg
てっかてか。



‥‥うん、まずここから始めようか‥‥。



はい。
こういうしょーもねー状況で呼び出されるのが(大方の予想通り)Poser界のマッドサイエンティストにして病み部隊もとい闇部隊研究所所長某K女史。

何しろ3DCGなんていうウルトラ左脳人用のアイテムを骨の髄から右脳人のペンギンにわかりやすく噛み砕いて説明できる翻訳機能と許容量を持つ人材は稀だ。Kyotaroさん 某K女史なくして俺様のPoserライフは無い。

そんなわけで

ぺ「とりあえず、マテリアルいじるのは大変そうなのでレンダ設定で何とかできんのか」(大雑把)
K「‥‥とりあえずスペキュラの計算回数を上げてみたら?」

おお、そうかそうか。
基本、Superflyは鏡面反射が強く出るので抑え目にするのがコツらしい。あと細かい点々が出てくるのはレンダ品質の問題なのでテスト段階では無視。

先ほどのデフォルト設定
160924-blog4.jpg

光沢サンプル値をあげてー
160924-blog5.jpg

反射がきついならライトを少し暗くすればよかろう。ってんで真横からのライトをちょっとずらしてー

160924-blog6.jpg

‥‥あんまし変わんねー。
やはり安直にどうとかなる問題ではないようだ。
仕方がない。すごく嫌だけどマテリアルルームに突撃するか。

当面の問題点は2つ。

その1. 目玉なんとかしろ
その2. なぜ色黒になる


Poser11が発売されたあと、国内Poserユーザーの色んなレビューを読んでいるとまず出てくるのがこのSuperflyレンダの機能に関する内容だ。
そして誰もが
「死んだ魚の目になる^^;」
と報告している。むべなるかな。

この目玉の原因は要するに反射がきついせいだというのはわかっている。
目玉の反射関係をいじるだけなら自力でもできそうだ。

160924-blog7.jpg

結果
160924-blog9.jpg

ううむIris(虹彩)は何とかなったがまだ変だ。
Sclera(強膜)とかCornea(角膜)とかEyesurfaceとか目に関するノードをあれこれいじってみたけど変わらない。
どうすりゃいいんだと困っていたら

「Pupi(瞳孔)はテクスチャノードを全部切断して、拡散色を黒にして、その他を全部0でいいんだよう」


とキャラクターセット配布も手がける天の声(某まに M氏)が降って来たので(いや雨乞いしたんだが)

160924-blog8.jpg

全部切った。

160924-blog10.jpg

何とかなった! ばんざーい!
瞳孔はあえて赤目を表現するようなことでもない限り「反射も光沢もない真っ黒」でかまわないので、拡散色だけでいいらしい。

いや、なんでこんな「SuperflyとかSSSとか以前の問題やろそれ」
みたいな話をわざわざ書いてるかというと、単にこの先他のキャラを同じ目にあわせるにあたってどうせ同じことを繰り返すであろう自分のための覚書なんだなこれが。

しょせんレビューでもなんでもない奮戦日記でございますからな!
「読んで笑ってなにひとつ実にならないブログ記事」を目指しております!(なぜ威張る)

とりあえず死んだ魚の目は何とかなった。
次は死人のようなお肌の色黒を何とかしなければならん。
しかし呼び出して目玉を何とかするまででずいぶん長くなったので、さらに続く!


ところでSuperflyレンダのこの反射問題に関しては、実はまだ発展途上のシロモノらしい。
FireflyとSuperflyの鏡面反射の比較をしてみると、材質によってまったく別物に成り果てていたりする、というのは現在検証中の博士の言。
とりあえずP7からロケットジャンプした自分のような特殊例でなくてもとまどうくらいの仕様ということですね。

PoserPro11購入に至るまでのあらすじ

Posted by Lazyrose on   4 comments   0 trackback

PoserPro11を買った。

160923-blog3.jpg


これがどれほど衝撃的な事実かというと、ワシが直近でPoserを新しくしたのはPoser7だったという事実で(わかる人には)わかる。

Poser7が発売されたのは実に2007年だ。
そしてその後
2008年にPoser Pro
2009年にPoser 8
2010年にPoser Pro 2010
2011年にPoser 9(Poser Pro 2012)
2013年にPoser 10(Poser Pro 2014)
が発売されているのである。

当然バージョンアップするごとにそれだけの「ランクアップ」があった。

「IDLライトというのが使えるようになった」
「ウェイトマッピング機能が搭載された」
「FireFlyレンダラーにサブサーフェイス・スキャタリング機能が追加された」
「物理シミュレーション機能が追加された」
「 モーフブラシ機能が強化された」
‥‥などなどユーザーがあれこれと報告してくれるがなんのこっちゃペンギン頭にはそのメリットがわからん。

「描画的に決定的な差異があるわけではない」

とか言ってそのうち買う買う詐欺状態。
「いっそ無料のDAZStudioいいよー」
と薦められても、
「知らんインターフェイスを一から覚えるのめんどくせえ」
のひと言で全部スルー(笑)
実に2007年から2015年までの8年間を、ペンギン様ときたら世間様の流れ無視でP7だけで渡ってきたのだなんという無能かつ怠惰!

しかし、そんなペンギン様が2015年の11月に最新のPoser 11(Poser Pro 11)が発売されるや、(英語版はやなので日本語版が出たら)今度こそ買うと決意。
理由は主にふたつ。

・Superflyレンダというのが凄いらしい。
某M氏がベンダーテストで参加している。

主に後者の理由(=使い方がわからなくなっても質問できる)から購入を決定したのだ文句あるか。

そして今年4月23日にイーフロンティアから「P11日本語版いかがですか」というお知らせをいただいたので、さそくまにほに 某M氏に連絡した。

ワシ 「P7からの大ジャンプでも問題なかとですか」
M氏 「FireFlyレンダリングでBackground Renderが使えるよー。あとモーフツールめっさ進化してるよー」
ワシ 「(言ってる意味はわからんが)よし! ならば買おう! おすすめしたからにはぽちった責任をとれ!」
M氏「」 (((( ;゚д゚)))ガクガク

みたいな会話で(お気づきと思うが無理やり質問相手になることを了承させている)購入に至る。


さて、購入したのが4月。
現在は9月(笑)

半年間も放っておいたのかよ? というと、実はそうではない。
ちゃんとP11を使ってはいたのだ。
ただし、「ムジカ・ピッコリーノ」のドラマ感想ブログを更新している最中だったので、これが終わるまではゆっくり新機能と向き合う時間的能力的精神的余裕がない。
というわけで、P11を使いながらもこれまでどおりのマテリアルでこれまでどおりのFireflyレンダで。
それでも単純に「うわあ~、レンダリングの時間がめっちゃ早~い!」などと喜びつつ。
うん何しろP7からですからね。64bitの恩恵をまったく知らなかったわけですよ(笑)

そんな自分がとりあえずSuperflyレンダリングをお試ししてみたのは、ムジカ・ピッコリーノ19話の感想記事を書いたときだ。
重要な小道具である再生機を描くために、レンダロのフリー品をDLした。

Akai Reel To Reel

のはいいが、レンダしてみたら妙な影が出るので
Poser界でも1、2を争う人格者として有名な某S氏に問答無用の質問メールを送りつけた。
(なんでまにほに M氏じゃないかというと彼にはこれから本格的にP11に関するむちゃくちゃハードでシビアでタイトな初心者質問をする予定だからだ)
そしたらsannziさん S氏はわざわざ自分ちのP11でテストしたあげく、objデータだったのを小道具化までしてくれたのだ。
なんていい人!

そんでSuperflyでのレンダ画像を付けてくださったので
そこまでされたらワシもSuperflyレンダに挑戦してみようではないか!

してみた。
160923-blog1.jpg

‥‥とりあえずものっそい反射が強くなるのはわかった。
マテリアル設定もライトも何も調整してないデフォルトレンダ設定でお試ししただけなので、まだまったくさっぱりわからんが、
人物をレンダする際にはなんかいろいろ大変そうな予感がするし、それは間違っていなかった。

まあ、とにかくようやく「ムジカ・ピッコリーノ」も最終回を迎えたことだ。
これから腰をすえてSuper人物レンダに挑戦することにしよう。

160923-blog2.jpg


‥‥で、まずはマテリアルルームに体当たりするわけだが、なぜか「購入に至るまでの経緯」だけでとんでもない長さになってしまったので以下続く!

ちなみに目標はSuperflyレンダで生々しいじょー君絵だ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。