Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

ハイブリッドカジワラ人形

Posted by Lazyrose on   6 comments   0 trackback

このネタを「Poser」カテゴリに入れるか「オダギリ」カテゴリに入れるかで小一時間悩んだ(笑)
まあ、久しぶりにPoserと格闘してみたのでPoserカテゴリにしておこう。

------------------------------------------------------------

ついに! とうとう! 待ちに待った映画「Present For You」が公開された!
ばんざーい!

公式ページ

‥‥とはいえ、関東圏では新宿・横浜・蘇我(千葉)の三箇所だけだ。
まあ、最初から期待しちゃいなかったが(`ε´)
いいなあ千葉県民‥‥。

などと羨ましがっていたら、先日奇跡的に「明日はお休みなのになんの用事も無い」という日ができた。
「やったああああ! Jezz姐呼び出してバルト9だー!」
とか目論んで仕事を終わらせて、うっきうっきしながら家に帰ったら家族が転倒していたorz
いや、結果的にはたいしたこと無かったんだけど行きそびれた。もうこの機会を逃したらいつ行けるかわからんちゅーかそのうち上映期間終わっちゃうよー、DVD販売されるかどうかすら怪しいのにー
。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。ウァァァン

駄菓子菓子、「くやしさ悲しさはエネルギーに変換する」のがモットーのワシは速攻でPoserを立ち上げたのだ。

 
リアル世界の事情になぞ負けてたまるか、ワシにはPoserという武器があるのだ!
観れずとも 愛でてみせよう ホトトギス!
俺様だけのカジワラを手に入れてくれるふははははは!


みたいな、例によってご意見無用のハイテンションモードに突入したワシは、Myカジワラ人形作成に挑んだのであった。
まあ、そもそもPoserのフィギュアというもの自体がバーチャルなお人形なわけだが。

Poserでこういう二頭身三頭身のカワイイ物体を作るなら、いくつか候補がある。
何年か前可愛いもの好きなユーザーの間でものすごい流行った、にあみい? とか、もえたん? とかのトゥーン系キャラとかだ。
微妙に怪しい趣味の男性ユーザーだけでなく、女性ユーザーたちからもかわゆいかわゆいと持て囃されて、ちびキャラがいっぱい活躍していた。うん、たしかに可愛かった。
だが、幼児にも萌えキャラにもまったく食指が動かないワシは当たり前のように持ってない(笑)
しかしMAYAさんのBJD(Ball Joint Doll)は持っている。だってこれは妖しく美しいお人形だから、可愛いというより耽美だもんな。
リアル世界で「お人形なのにリアルすぎて気持ち悪い」とか言われるカジワラ人形再現するなら、トゥーン系よりもリアル寄りのこっちだろう、どう考えても。

そんなわけでベースはBJDを使う。
BJDを知らない人のためにまずBJDとは何かというと球体関節人形(Ball Joint Doll)の事だ。
リアル世界にある球体関節人形をPoser世界でも堪能できるという、言ってみれば二重のお人形遊びなわけだが、

150211-blog1b.jpg

‥‥この愛らしいお人形さんを、あの(風吹さんをして「可愛くない」といわしめた)「PFY」の妙にリアルなお人形にどう仕立てるか。
どう考えても無理だろうwww

可愛くなくするのは無理なので、もう可愛い前提で自分的オダギリ人形を作るという方向へシフト。

150211-blog3.jpg

右がオリジナルBJD。左が苦心惨憺してカジワラっぽくなくもない? 程度に寄せたカジワラBJD。
BJDには最初からモーフターゲットがてんこ盛りで入っているので、かなり細かいカスタマイズがデフォルトで可能だ。
このカジワラは「FaceType6」(縦長で豆っぽい)にした上であれこれ弄った。
特に悩んだのは目玉をどの程度までなら小さくしても可愛い範囲内かという‥‥こんだけ変えたので目玉のスケールや位置調整も必要だった。

そして楽しいテクスチャマップ作りだ。
オダギリの顔マップならまかせろ! M3時代から20枚くらいあの顔のテクスチャを作りまくったワシだ!
フィギュアが違ったってだいたいどの辺おさえりゃオダギリになるかは見当がつく!(いや、あごのホクロつけりゃオダギリになるんだが)

というわけでそれっぽく

150211-blog3_2.jpg

ここまではいい。

問題は身体だ。BJDはお洋服が少ないので、カジワラ調の黒スーツなんてものはない。無理やり他のフィギュアの服を着せることもできなくはないが、着せるのに死ぬほど面倒な工程があるうえに、ポージングした時の処理が死ぬほど面倒くさい。
ということで、いわゆる「フィギュアの頭挿げ替え」ってやつに挑戦してみたぜ!

150211-blog2.jpg


すげ替え内容に関してはsannziさんのブログ記事が非常に参考になる。
自分はまだP7なので、sannziさんの書いておられる「グルーピング機能」はないのだが、この辺はまあ、ひとつひとつの服フィギュアを選んで、M3本体と同じ縮尺にあわせればいいだけだから、大した手間ではない。

しかし、ポーズとらせる段階でM4で作っておけば良かったと激しく後悔。
M4の服はもっさりしただっさい服が多いので、カジワラ人形にはBillyさんやUzliteさんのシャープなM3服を着せたいなと思い、M3で作っちゃったんだが‥‥
M3はポーズが少ないのだ。
かつては隆盛をきわめたM3だというのに、いまや服もポーズもM4に及ばなくなってしまったとは隔世の感があるな。

あと、2回目のテスト段階で、BJDの頭をM3の体に大体位置あわせをしたら、M3BODYにペアレントしなくてはいけないということをうっかり忘れて「フィギュアに着せる」を押してしまったど阿呆がここにます。
フィギュアにフィギュアを着せる‥‥結構グロい事になります注意(´Д⊂ヽ

まあそんなこんなを乗り越えて、ようやく出来た、マイカジワラ人形がこれだ!(じゃーん)

150211-blog4.jpg

おっさんくささは何とか出せたと思うの(笑)
M3のボディは20%に縮小。アバウトだ。実際の人形のスケールで割り出したりするわけがない(このワシが)
基本アバウト!
おおよそカワイイ感じならそれでオッケー!

ううーむ、にあ☆みいとかもえたんとかいうのにはさっぱり萌えなかったが、オダギリの顔してるとなれば話は別だ。
こんなカワイイ生物を愛でぬわけにはいかーん!
みたいな感じでひたすらPoser内でちびカジワラを弄りまくっていた。
ツイッターで途中経過をちょろっと流したら、オダギリクラスタの皆さんがカワイイカワイイと褒めてくれたので、調子にのって撮影会してみた。

150211-blog5.jpg

うむ。カワイイ!

だがこの世で一番カワイイ生物はオダギリジョー本人なので、ここはひとつ舞台挨拶の再現だ!

150211-blog6.jpg
クリックするとデラックスになりますぜ



というわけで、2日間のお休みをがっつりチビカジワラで消化しきった。
あとは本編を見るだけなのだが

‥‥果たして上映期間中に新宿バルト9までたどり着けるであろうか‥‥orz

ヘアルーム初体験

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

ふっはっはっは。
やっと高原にも春が訪れまして、今、梅と桜とれんぎょうと木蓮と沈丁花と水仙と美女桜と雪柳と……もろもろ一斉に咲き誇っております。
(ほんとに同時に咲くもんなー)
まああったかくなったとはいっても、夜なんかはまだ寒いくらいでして、暖房なしではおれません。

ですから!
ですから「なんで今頃桜よもう散ってるよバッカじゃねーのコイツ」とか思っても黙らっしゃい。
そんでもって「なにこの陽気にフサフサ革コート着てんのコイツ」とか思っても見て見ぬふりをするのです!

とりあえず「花見で飲んだくれて仲間に見捨てられた」みたいな経験はどなたにもおありでは?
というテーマのトップ画です。

こういう酔っ払い、いる


花見――それは怒涛と狂乱の坩堝。
酔っ払いと酔っ払いと酔っ払いが織り成す地獄の三丁目。
roseは基本ひどい目にはあいませんでしたが(見知らぬハンサムをひどい目に遭わせたことはあった)、roseの周囲はかなり人外な目に遭っておりました。
井の頭公園では池につきおとされた仲間を見捨てて帰ったこともございます。
上野では下半身がフリーダム状態になった友人を(オトコですから)見捨てて逃げたこともございます。
そんなもんよね。

というような若かりし日の甘い思い出を浮かべながらの一枚でございました。


さて、時期はずれのふさふさ起毛処理は、Kyotaroさんのジャケットを完璧なる形で使用したいがための挑戦である。
フサフサあってのウィンタージャケット!!
ヘアルームにちょうせんだー!(握りこぶし)
というわけで、どうせ一人ではできないので、Kyotaro博士にさりげなくおねだりして(笑)博士のブログで教わったとお~りにやってみた。
あの懇切丁寧な解説読んで出来ない人間がおるわけがない!
と、思うでしょう。そうでしょう。
いたんですな、ここに。
なぜかフサフサにならず、スカスカ状態。
ヘア密度の数値をいくらあげても埋まらない。
根元の幅を太くしても埋まらない。
こ、これは……かなり薄○状態……。

困ったあげくに、とうとう「すごいのは、ホンマに自分の髪が生える!コレなんよ!」のリー○21……じゃなくてPoser発毛相談所臨時所長のKyotaro先生に増毛相談。
検証に検証に検証を重ねたあげく、原因が判明しました。

表示単位が「フィート」でした……。

Kyotaro博士の指摘がなかったら、この先永遠にフィートで使い続けていたことでしょう。
せんせい、おバカなこの子を見捨てないでやってください!
貴重な時間をとらせて散々悩みを聞いていただいたあげく、くっだらねー原因に腹が立っても怒っちゃいけません!
医は仁術です!
ゆるしてー(笑)

そんなこんなでようやくわんこ耳もふさふさになりました♪
080417-blog2.jpg

ダイナミッククロス……ッ

Posted by Lazyrose on   8 comments   0 trackback

ワタクシがPoser7導入に踏み切った理由とは。

1.OSがXPなものでP4のままだとどえらいことになる。
2.M3に着物を着せたい。

この二つだけだったりする(笑)
そういうわけで、P7でP4と同じレベルの事がとりあえず出来るようになったら、(あらゆる便利な機能や必要な事項は全部放って)DC着物にいきなり挑戦だ。

フォーラムでリアルタイムで「roseちんの子供電話ふぉーらむ相談室」をご覧になっている方はよーくご存知だと思うが、
アニメーションなどやったこともない、男で静止画作れりゃそれでいいのだな自分は、ダイナミッククロスを使うための前提条件すらわかっていなかった。
それでもただ教えてもらうのも失礼なので、一応自分なりに苦心惨憺してシミュレーションまでの道のりを一個一個プリントスクリーンで保存して、後から並べて「これでいいかい?」ときいたら全然違った(笑)

賭場ですってんてん


モデルさん寒風に晒されて激怒(笑)
でも、教わった手順の間違えを直してやっても上手くいかない。
どうしても襟元がでこぼこになると思ったら、このシッポのせいだった。
髪オブジェクトとの衝突を無視設定にしたらすんなりいきましたよう。
結局多くの人の手を煩わせて、ようやくDCシミュレーションに成功~!

「待たせたな」なんちて


えへえへえへ。
hisayanさんのM3kinagashi、もうこれだけのためにね、へっへっへ。
せっかくなのでテクスチャもあててみました。
遠めだとただのシマですが、一応唐棧縞なんです。

そんなわけでようやくトップ画更新。

生あし……


多少ナニでもレタッチすればオッケーさ。
ってこの空きはかなり大変だったけども(何しろ縞柄だから位置あわせが微妙で)。

しかし、まだまだ試練が続く。
シーンファイルがなぜかちゃんと保存できないのでござる。
しかし斉藤をかっちょよく登場させるためとあらば、いかなる大迷惑を人々にかけようとも私は突き進むのだ(やなヤツ)

いや~、しかしフォーラムで色んな人の(とくにK教授の)アドバイスを受けて、つくづく思い知ったのですが、私にはTipsものは絶対に無理だね。
なぜなら「検証」の二文字が頭の中にないの。
設定を変えて原因を探したり、データの中身を見てみたりという事が、どうしてもできない。
失敗したら速攻削除。もしくはそのまま違う路線に変更(笑)
後から「こうなってなかったか?」と聞かれてもへどもどしたり……。
皆すごいわー。脳みそ左側だけ肥大してるだろう、そうだろう?

テストレンダしてみた

Posted by Lazyrose on   6 comments   0 trackback

ブログを開くとサイモンのデカいツラが現れるのが、非常にひっじょーにイヤだったので(笑)

Poser7超初心者コースはランタイムの整理から始まった。
フォーラムでこれでもかこれでもかと基本説明をしてもらい、おもむろにランタイム構築。
いやあ、教わってからやると失敗がなくて有難い。
振り分け方はKyotaro博士のランタイム構成を参考にさせていただいた。
……だって、使用方法がとっても近いんだもん。
主に男中心てとことか。

poseフォルダにはMAT_Cloth_M3(M3服専用)があるわ、自分ちキャラ専用のランタイムあるわで。そう、自分キャラ中心という特殊な使い方してるからには、先達の真似をするに限るのだ。
そんなこんなでちまちまと、とにかくコイツだけは確保。

基本はOKさ


へっへっへ……これさえできりゃあね、別にあとは何もできなくても文句ないですよへっへっへ(P7にした意味は……)。

そんで付属の小道具も使ってみたりとか。

080106-blog2.jpg


レンダリングしてみたんだけど、なんてんですか、まだマテリアル設定とかレンダリング設定とか何も把握していないので、そのまんまですよ。
っていうかこのオブジェは一体なに?
この球体の質感とか変えられるのかなあ。

……ま、いいや(そこで追求せんか)

フィギュアの影を落とすにしてみたらムラムラになってしまったので、うーん、これはもう少し、じゃないもっともっと勉強が必要だなと。
そんでもって勉強はあとまわしで、とりあえずいつもの例のホラ、あれでアレして記念すべきテスト作品~。
季節感丸無視。

080106-blog3.jpg


レンダ後PNGで保存できるんですねえ。これは便利ですね。
P4の時はレンダしたら即PSD保存でした。それでも切り抜きが面倒だった。

あ、あとあと、レンダした後保存したらpz3が保存されるんですね。レンダ画像はイメージで保存するのか。
それってP4のときは……ってまあいいや。

でもあの、レンダ画像そんなにとっといてくれなくっていいんだけども。私即保存する方だから。不要な前の画像を消すにはどうすればいいのかとか、まあおいおい……
っていうか、恐らくこれからマテリアル関係で躓き、レンダリング設定で打ちのめされするのであろう。

新春Poser初め

Posted by Lazyrose on   18 comments   0 trackback

宣言通りPoser7導入!
なにぶんP4からの3段とびアップなもんで、右も左もさっぱりわからん!
とにかく入れてみる!とにかく出してみる!わかんないけどやってみる!
……という乱暴このうえない例のパターンで初起動。
さあP7初挑戦だ!

0812-blog2.jpg


…………。

……サイモン萎えるね……。

大体G2系の顔は基本的に好みじゃないのだ。
しかし最初から削るには、あまりにも基礎知識が足りないので、とりあえずせめて許せるシドニーちゃんでお試ししてみることにした。
勝手が違うとはいえ、基本的なウィンドウとかは大体同じだから、とりあえずヤマカンで。しかしあれだ、ぱらめーたーだいやるが邪魔だな!(笑)
わからぬままにフェイスルームもいじってみた。
まてりある設定もやってみた。
れんだりんぐ設定はKyotaro博士のTipsを読んでとりあえずレンダしてみた。




P4と比べて影の出具合がとてもきれいなのはよくわかった。
博士のアドバイスに従って、ファイナルからほど遠い設定にしたせいか(背景がないせいか)思ったほど時間もかからなかったし。

ああ、しかし、これからさまざまなデータを移行せねばならぬと思うと途方に暮れちゃうよ。
いや、何しろこれまでのフォルダはP4用に、マテリアルフォルダ無視したり、フォルダ名を自分設定に変えたりしちゃってるもんでねえ。
一から入れなおしですよ。
とりあえずM3関係だけ移そうそうしよう。

……と思ったらなんだこりゃ、フォルダ構成がよくわからん。別個にRuntime作れるのか?
Downloadsフォルダってなんじゃい。
……P4→P7の壁は厚い……。

いまいち盛り上がりに欠ける新春Poser初めなのであった。