Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

新境地開拓!……というわけではない

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

地下潜行して何をやっているかというと、別に怠慢こいて日がな寝そべっていたわけではない。
和風展も終わってそろそろまともな絵を描かねばなるまいと、かねてより懸案だった題材に取り組んでいるわけです。
わけですが……
「エロスとダンディズム」を標榜しながら(あれ「美と」じゃなかったんか)これまで当たり障り無く上品にスルーしていたroseがついにとうとうエロエロに真っ向から取り組んでおりますよ!

むふふ うひゃー

むひょひょ うひょー


……嘘です。すいません。
画面の一部にたぶん必要な要素なのでとりあえず作ってるだけです。ごめんなさい。
いやでも、使うかどうかはともかく、絡みというのはほとんどしてなかったわけですよ。常に別画像ですよ。フィギュアとフィギュアが同一画面でねっとりがっちり絡み合ってヌフフな画像は「裏行き」用以外はほとんどなくて、しかも裏は現在閉鎖状態で(笑)

言い訳させてもらうと、「そういうの苦手なんです清純だからうふっ」というわけでは全然なく、むしろ好きなんですが、マシンの問題でしてね。V3とM3をからませたら最後、「メモリ不足でどうたら」という警告ともいえぬ最終通達がいきなり出てきてハイサヨウナラなんですよ。
なのでとりあえずV3とM3RRでやってますが、これでもレンダリング中ヒヤヒヤものです。ライト数けっこう使ってるもんで……。

しかし使うかどうかもあやしいものを、しかも部分で事たりるにもかかわらず全身くまなくポージングして、しかも色んな角度からうへうへ言ってる自分に、ちょっと不安を感じる。

ちなみに今回の絵で必須な小道具を、とある御方に無理をいってさらにとある御方に大変なご協力をいただいております。これで完成できなかったら切腹もんだぜ(汗)

ああすっきりした

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

せっかく女を改造したので、使ってみた。

トップ絵にしたやつ


というより、ひさびさに挑戦してみたいデザインが出てきたので使う気になった、というのが正しい。珍しくイラストレーターなんぞ立ち上げで気合い入れてみました。
これというのも、某小次郎さんの絵に刺激されたのでして。
いや、持つべきものは才ある友人です。
実際は小次郎さんのイラストとはテイスト違うんですけどね。触発されたという感じです。
「こういうのが描きたい!」という原動力はやはり他人からのインスパイア。
しょせん自分はPoser使いではなく、イラスト描きなのだな、と自覚するのはこういう時です。

なかなか気に入ったので、事のついでに、イマイチ気に入らなかったサイトデザインをこれ用に作りかえる始末(笑)
結局そこまでコミでの「デザイン」のようです、自分は。
一枚のイラストではなく、ひとつの空間でありたいような。ん?いや、そんなエラそうな次元にはほど遠いわけですが(^^;

何にせよやった成果がそれなりにあると清々しい気分だ。
ただ、この爽快感も二、三日後には「うああ、やっぱ違う」とまた振り出しに戻るわけですな。


せっかく弄った顔がわからないので、レンダ画も貼っておこう。
20070323.jpg

BATさんのこのセーター、ほんんんっとに好きだ。ショルダーダウン機能が最高だ。

ひた走る自己満足道

Posted by Lazyrose on   4 comments   0 trackback

で、凝りもせずカスタマイズは続く。
造形にある程度満足すると、今度はテクスチャいじりたくてウズウズするのは当然の流れでありましょう。
顔のテクスチャは、相当、かなり、めちゃくちゃたくさん作っただけあって、現在のところは満足しています。が、問題は眉。
眉も実は6種類くらいあるんですが、どれも気に入りません。
実際人間の眉は、マンガの眉と違って部分によって薄かったりしますからね。
直描きはいまいちのっぺり感があるのと、この顔に関しては
しょっちゅう顔が変わる誰かさん
のせいで、頻繁に変更できるトランスマップ使用が好ましい。
そんなわけで眉トランスをせっせこ手描き。

テクスチャ作家さんはどんな風に作っているのだろう。
私はとりあえずフォトショでまず一本の毛を描くところから始めます。毛用のブラシを探したけども、そういうものが見つからなかったので、ペンタブで一本。先端部分を細くするため、大きく描いて縮小。それをブラシ登録、する場合もありますが、今回は「かなり独特な眉」のため、まんまレイヤーをコピーして角度を色々変えて配置。
……毛を一本一本配置するって、かなりくさります(笑)

で、大まかな配置が終わったら透明度を落とします。トランスマップは白いままだと濃くなりすぎるので。
そんでもって、その下にもういっちょ、もっと細かく、もっと薄いベースにあたる集合体を作って、ふたつを重ねて透明度調整。
なんでレイヤー分けるかというと、形を観ながら毛の本数調整するのに全部一緒だと面倒だから。

目がおかしくなる


……念のためこれはTipsの類ではありませんからね。誰も参考になんかしないと思うけど。

そんで、できあがったトランスマップをPoserに持ち込んで、お顔に貼り付けてみる。
ある程度先端部をボカしたものの、レンダしてみるとしっかりぶっつりごつい毛が際だつので、ボカシなおし。眉頭の位置が微妙に違うの配置しなおし(レイヤー分けておいて良かった)。その他もろもろ、5回目くらいでようやく「こんなもんか」という所までたどり着きました。

まだ不満は残るが


はーヤレヤレ。
ここまでどアップにする事はまずないんですがねえ……。
モデルのいるキャラクターだと、ついつい要望が底なし天井なしになってしまいます。

そんで、こればっかいじっているのもなんなので、女性キャラもカスタマイズしてみました。
私がよく使うV3のこの子。キュートな小顔が気に入ってるんですが、もうちょっと頬をふっくらさせたいのと、鼻を細くしたかったので。
頬改造にはT2さん作成のV3エラ取りモーフを使っていったん輪郭を細くした上で(それだけだとそげるので)、頬を膨らませるのが良いようです。
(T2さんのエラとりモーフは和風展会場DLコーナーで配布されてます)
顎も、いったんバックさせた上で、先端だけ出す。そうそう、輪郭もFaceheartは当然ながら、squearをマイナスすると、いい感じに丸みを保ったままシェイプされます。
……あくまでも私の場合ですが。

こんなもんで(女は)


くどいようですが、roseは大変レベルの低い人間ですので、これ読んで「なんや、こんなん常識以下や、もっとためになる事書かかんかい!」とか怒らないように!
あくまでも自分の奮闘記なんで。
そんでもっと美しく眉書ける方法をご存じの方は、頼むから今すぐとっとと教えてください。

自己満足に天井はない

Posted by Lazyrose on   2 comments   1 trackback

年頭から抱えていたキリリク宿題を、やっとこさ仕上げて納品。
ねばならぬという思いが一つなくなるのは大変気持ちが良い。
清々しい気分で、さあ、何をやろう……ってんで、凝りもせず、何度目かのじょー顔改造作業。
……我ながら、どこか狂ってるなとは思う。

そもそもRyoMさんから頂戴した時点での造形はほぼカンペキだったのです。
まだネットに大きめのオダギリ写真が全然なかった時代、携帯待ち受けサイズの写真だけでどうやってここまで……と、涙する出来だった。
だから本来なら、モーフダイヤル0.001も動かす必要はないはずなのです。しかるになぜ、こうも何回も何回も飽きもせずせっせと弄っているかというと、

本人の顔が変わるからだ

役柄ごとに違うだけならまだしも、CMや取材で見るたび顔が違う。
表情とか雰囲気だけならともかく、顔が変わる。
髪型や服装やヒゲが変わるのみならず、造形が違う。
明らかにチガウ!!
カンベンしてくれ……(涙)

そんなわけで、今回は相当気合い入れてやりましたよ。
なんたって近頃じゃ大判雑誌見開きでドアップとか、そういう扱いですからね。資料にはこと欠きません。

おや? 正面からだとさほど感じないか

横向きー
これこれ この横顔が欲しかったのだ!
最大の変更値点は鼻ですね。
それからまぶた。
目の位置。
口。
顎。
それらをぐりぐり変形したのち、全体の輪郭はもとの状態に収まるよう調整。
一方向から見てオッケーと思っても、角度を変えると微妙に違ったりして。人間の顔というのは本当に面白い。
2Dの絵だと、ちょっとした凹凸が角度によってここまで変化するとは思えない。Poserだからこその楽しみですね。

……というわけで、読んでいても誰も楽しくない、誰のためにもならない本日の成果発表なのでありました。
……すまん……。

盃入手

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

最近比較的真面目に更新してるな……ブログだけは(笑)
言い訳じゃないんですが、仕事でサイトふたつ、オークションサイトひとつ、自分ちのサイトひとつ、ブログふたつやってると、いいかげん「今日は何もしたくない!」という気にもなるんですよ。
おつむが怠慢だからー。

というか、肝心のposerが全然使えないやんけ。

でもまあ、今日はちょこっと、懸案のぽざ絵に取りかかる事ができました。
で、どうしても盃が欲しかったわけよ。塗りの、大振りの盃が。この絵には必要だったのよ。
でもどこ探しても見つからなくて、思いあまって和もの大家HONEYさんに相談したら、速攻で、昔お作りになった屠蘇セットのDL先を教えてくれました。
HONEYさんありがとおおお!

foresterさんのサイトの配布コーナーに置いてあるとのことで、早速いただいてきました。(simple catalogue → freestaff)
ここで紹介しちゃって良かったかな?
屠蘇セット以外にも色々いいもんがありましたので、ざくざくもらってきました。うはうは。
いや~、全然知りませんでした!
何しろ私はそのあたりの情報に疎い。どっちかというと出不精(ほんとか)で、海外サイトなんかほとんどいかないし、頼りにしていたアカトラさんのフリーデータリンク集がなくなってしまって、泣いた泣いた。
洋風の品なら大抵レンダロとか3DCommuneとかで見る軽んだけど、和ものはただでも少ないですからねえ~。
皆さん欲しいフリーデータはどうやって探してるのかなあ。

何しろHONEYさんにおすがりしたのは大正解でした。
くそう……和風展前にこのへん貰ってたら、もうちょっと違ったトライができたのに……なんて言っても遅いんだけど。

             大満足


雪が降ったので……

Posted by Lazyrose on   5 comments   0 trackback

我が家の周囲は結構積もりました。
なかなかキレイだったので撮影したのですが、どうにも「そのまま載せる」という事ができない性格であります。
だって一応Poserブログなんだもん……。

使いまわしその1


いや、あまり意味なかったね。
つか全然なかったね。
こんなもん全世界にタレ流していいのか?

       使いまわしその2

これも我が家のすぐ近く。左に見えますのはちっちゃな公園でござい。
いつも作画の背景には、無料の素材をお借りしたり、優良の写真素材を使ったりしているのですが(Vewとか使えないし)案外自前の写真でも素材になるものだなあと思ったり。
観光地に住んでいる数少ないメリットだな。

シネコンウォーカー!

Posted by Lazyrose on   3 comments   0 trackback

……というフリーペーパーがある。
シネコン系の劇場で配布されるらしい。
今月号はオダギリ特集だ。
「独占!撮り下ろしインタビュー・オダギリジョーは映画で見ろ!」

ぎゃ~~~~~~~~~っ!!

なぜだ!なぜ配布先リストに栃木県がないっ!
どうしろと言うのだ、せめて宇都宮までなら新幹線にのって(経験済み)取りにいくが、いくらなんでも東京の劇場まで、しかもあんた場所によってはチケット買わないともらえないだと!?

ふざけんなボケ!地方民はどうせ映画観に来ないだろうから要らないだろうってか?そんなんで宣伝と言えるか!

……はあはあ……(落ち着け)。

というような事を盟友NICO殿にぶちまけたら、なんと彼女は自分の配下に命じて、roseの分までゲットしてくれました!
ありがとう!NICOさん!
今回のトップは君に捧げよう!

実際の表紙の角度はちょっと斜めなのですが、私は記事ページのタイトルバック画像の挑むようなこの角度が激ツボでしたので、そっちで作りました。

びばらへなくなっちゃったけど……

……アイタタタ……

ちなみにこの髪はレンダロで(こいつのために)買ったMondayhair。もちろん女用。
じょー君用のヘアプロップ、半分は女髪です。
しかもそれでも追いつかなくて髪同士重ねて使ったり、クリエーターさんが怒りだしそうな変形をかましたりします。
いいんです、妙ちきりんな髪と変てこりんな服と愛想のかけらもない表情がウリの人ですから。でも時々は男用の髪をデフォルトで再現できる髪型にしてください(涙)

トップ改造&ギャラリー開通

Posted by Lazyrose on   5 comments   0 trackback

秋穂さんからもらったV3用のセーターセット♪
和風展に突入していたので、やっと使えました。上品だ~。
レースにして、ハロウィンセットの中のドレスとかと合わせてもいい気がする。
秋穂さんの服は何が嬉しいって、必ずといっていいほど「開く」ところが嬉しいですね。男も女も、開いたり下げたりができないともの足らない性格なので。

ノーブルなのにエロモーフ……


うーんうーん……購入品とか貰い物とか、こういう話はEXTRAで……と思っていたんですが、ややこしくなりますねえ。そろそろあっちは閉鎖しようかなあ。
いまいち方向性が決まっていないままのサイト改造だったので、都合によってこの先どんどん変えてしまうと思います、すいません。

んでトップページ改造しました。
春です!あの人を誘ってみましょう。
じゃなくて、桜。毎年那須の開花が半月~ひと月くらい遅いので、今年は出遅れないようにふんばりました。眠いです。
色合いがフェミニンなのはもちろん某携帯会社のCMの影響です。篠原涼子好きなんで(笑)

トップ、今までのはTIMEで四角をマウスオーバーをしていたのですが、ネスケでは黒ベタのまま変わらないので、フィルターを使ったテンプレを頂戴して色々いじってみました。ネスケだと黒塗り→半透けになる感じ?
自分自身は普段IEと、IEとほぼ同じ見え方をするSlaipnirを使用しているため、ネスケでの確認はいまいち疎かになります。
「ネスケに変えれば」というご意見もいただくのですが、仕事で使っているブラウザと同じ方が何かと都合が良いし、タブブラウザとしてはSleipnirの方が自分は使い易かった。
そんなわけで、妙な事になっていたらご一報いただけると幸いです。

あと、お休みしていたギャラリーを復活させました。
こちらも根性でデザイン変えました(笑)
新作を造ってからと思っているといつになるかわからないので、とりあえず「展覧会出品」作品を3点と、リクエストのあった過去トップ絵を1点追加。
いくつか削除したものもあります。

コロコロ変わる不安定なサイトですが今後ともよろしくお願いします。

和風展2

Posted by Lazyrose on   8 comments   0 trackback

引き続き和風展ネタ。

鬼副長のご出馬で、「着物」の苦悩は回避できた。
しかし、ダイナミッククロスが使えないというのは、言い訳になるのか?
と、自分を追いつめる疑問が浮かぶ。
やっぱなんか悔しいじゃないですか。たかだかバージョンが(3バージョンも)低いだけで、描きたい絵が描けないなんて。

そんな開催直前にHONEYさんのところで支援物資が!
M3用裾はしょり着物!天の助けのような……!
もちろんこれもDCなんだけど、上下に別れていて、はしょった裾部分がコンフォームなんですよ。
腰から下さえあれば……ふふふふふ……。

成せばなる


やろうと思えばやれるもん!(笑)
もちろん全身マグネットだらけ。胸、腹、腰、左右肩、左右袖……マグネット2、マグネット3、4、5、6、7……はっきり言って、二度とイヤダ。
どんなにシミュレーションが大変と言われようともDC使える人が羨ましい。

20070304.jpg


レタッチつきで元絵はこんな感じ。

絵が先にできてしまい、後付で柴田錬三郎の「血潮笛」にする事に。この笛吹天狗という登場人物が、もうべらぼうに私の好みだったわけです。最高にイカした御方で、町人姿の粋な色男といったら彼ですよ。(侍だったら斎藤です)

和風展

Posted by Lazyrose on   6 comments   0 trackback

hisayanさん&時代劇推進委員会主催の「和風展」にふたつほど投稿しました。

枯れ木も山のなんとやらって事で。
まだあと1日投稿期間があるわけで、あまりこういう事を書くべきではないかもしれないが、すでに3作目作成は不可能な状態だし、サイト改造の続きもやらねばならぬ。というわけで、覚えているうちに裏話。

念のため、絵づくりの役に立つような内容は何ひとつありませんから(笑)

そこまでの愛はない

一応ボディもいじったのだと言いたかっただけだ。


        ****


コンフォーム羽織がだめだったので、ダイナミッククロスが使えない自分が五つほど温めていた新選組ネタは灰燼に帰した。
うおおおお(涙)

すっかり脱力していたものの、急遽2日前にhisayanさんとの友情を思い出し(爆)雄々しく立ち上がって、おもむろに始めたのがヒジカタ顔作り(そこからかい)。
……そんなわけで、今さら兼定ねだるにねだれない時期だったんですよ、hisayanさん~。

土方歳三といえば誰もが知っている、幕末に咲いた一輪の梅(爆)
いや、ハンサムだとは思う。でも、なんかこう……セールスマンみたいな?(殴)
呉服屋で手代か番頭やってたら売り上げあがるだろうみたいな?
ソフトハンサムってんでしょうか。性格は好みなのに容姿が好みじゃないんですねえ。石投げられそうですねえ。
しかし羽織りなしてやれる新選組つうと、もうこの人しかいない(笑)
せっかくだからうち的土方にしよう(^^

で、自分内土方要素といえば
①色白
②三白眼
③黒髪ふさふさ

顔作り過程は特記するほどの事がない。モデリングできないから、モーフダイヤルとマグネット使いまくっただけだし。
RyoMさんからもらったM3顔ほっそりマグネはすごいぞ。
で、合計10時間ほどかけて作ったのがこの顔。

トシ♪



あくまでも自分イメージでの土方なので、ファンの方、石を投げないでください。投げないでくださいったら~。

構図は大体決まっていたので、作るのは楽でした。
が、決定稿を保存した後で、
「アレ、ヒジカタ死んだの5月じゃん(汗)」と思い出した(しかも旧暦だから夏だ)。
でも雪のレイヤー消すと、間が抜ける。
もうデザインが定まっているので、1ピクセル線を動かしても変になる。
このままにしておけと、本能が告げている。
そんなわけで、雪景色だ(笑)

ちなみに、最初に考えていた構図はコレ。

これぞ副長