Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

そのパフォーマンスにもそれなりの理由があるんだろうな

Posted by Lazyrose on   4 comments   0 trackback

「つくづくバカな女だぜ」
ばあ~ん!

そもそも撃った理由がわからん



霧山のSっぷりがアップしています。もう三日月ちゃんが普通に気の毒です。
帰ってきた時効警察第7回。
ああ!X攻撃とか、大奥3人衆がとか加勢大周よく出たなとか、やっと由紀さおりとか言いたい事は山ほどあるが割愛。それほど盛りだくさんな回でした。
で、でもひとつだけ言わずにおれないのは、被害者の夫の猟銃自殺はあれはやっぱりカレーなる彼氏ですよね。イノシシだもんね。
いいんかい、そんな事やっちゃって(汗)

今回大変印象的な一言は霧山の
「心配と安心は足したらゼロで平常心だよ」
というセリフでした。
……言わせてもらうけどなあ、私は次回が心配と期待が足したら相乗効果で気も狂わんばかりだよ!胸が張り裂けそうだよ!
あああ、心配だ、心配だけど楽しみだけど心配だ。
どうかどうかスタッフ・キャストの皆様正体不明のトム・ジョンイル監督をサポートしてやってください。暴れすぎたら殴って止めてください。あのう、ぎゅうぎゅうに締め付けるくらいでちょうどいいと思いますんで。

ところでバスの中ではおふたりさんが良い雰囲気でした。
「ボクのポケットにお手をどうぞ」ってあれ、もしかして「秘密の花園」ですかいね。他局ドラマ縦横無尽、つくづく節操のない時効ワールド!さあ、ららら来週は……ッ(胃が痛い……)

その部分にチクワは危なすぎです(笑)


霧山なのか坂崎なのかは見る人次第……!

Posted by Lazyrose on   3 comments   0 trackback

フリーセックスの国だからな!


お願いですから同日に直前まで「パッチギ!」やらないで下さいよう……(涙)
もうアタマん中でリンクしまくりじゃないですか。なにも青春ドラマド真ん中の映画の後に「若さなんてどうだっていいんです!」って(笑)。
いや、霧山くん!友達になれそうだよ君とは!

正直私自身が「若さなんてどーだっていい」「とっとと年輪積んで経験豊富な大人になりたい!」と思い続けて現在に至るもんですから。
いやどーだっていいわけではないわけでもない事もないですが、正直「経験」の方に価値を感じます。若さの魅力は浅いです。ゆえにティーンなフィギュアには基本手を出しません(ちょっと違う?・笑)

まあそんなわけで……レトロに青春を振り返る課長や若いお肌に狂乱する総武警察署女性の面々(プラス1名……)にはあまり同意しませんでした。ただ、今回やけに霧山&三日月コンビが「とっとと解決するぞモード」になっていたのは、その他の面々との対比なのだろうかと思うと、ちょっと園監督のセンチな気分にほろっとしたり……。
ファンからは賛否両論らしい今回の時効ですが、個人的にはこういうのもいいんじゃないかと思います。いろんな監督がいろんな切り口で演出するのが「時効」の醍醐味なんだし。
「こんなの時効じゃない!」という意見には納得できません。

それはおいといて、やっぱ「パッチギ!」の坂崎アフターは強烈だ。判っていても心臓に悪い(笑)
美女丸もそうだったけど、こういう時のオダギリはもう、断然イキイキしてますね。ある意味これこそが「若さ」ですね。
「変化すること」「縛られないこと」を若さの定義とするなら、はっきりいって自分はいつまでも老成できない青春小僧いや小娘だなあと思う。という事は、いつまでたっても歳をとる事に憧れ、若さを否定する霧山はきっと今も青春な人なんではないだろうか。
……見た目フケてても……。

ところで諸沢さんのオスカーTシャツ、すごく欲しいんですが……。

あ、そうそう、若干名期待されている方のための温泉シーンですが、一応下着ははかせております。

……目がくらんでも目をそらしてはいけないのだ

Posted by Lazyrose on   3 comments   0 trackback

霧たん五変化♪


というわけで時効警察第5話。
双子ネタか~と思ったら三つ子か~と思ったら五つ子か!
途中で指折ってシーン数えちゃいましたよ(笑)
相変わらずストーリーを追うことには意味がないですが、前回飛ばし気味だったぶん、今回は落ち着いて時効ワールド内に収めたという印象ですね。
今回のゲストは鶴田真由さん。
この人好きだなあ~。なんか雰囲気あって。
個人的には「キャアアア~」と叫んで霧山に抱きつこうとした三日月ちゃんがそっけなくかわされて「一回ぐらいいいじゃなーいっ!」というところが……わはは、まったくだよ。そんなに嫌そうにしなくったっていいじゃな~い。ねえ。

やっぱりイラストであればいいと思う

Posted by Lazyrose on   5 comments   0 trackback

このところ考えていることがある。
簡単にいうと自分の表現したいものは何なのかという事。

自分の場合、いわゆる3DCG画、フォトリアルな表現や、逆にゲームやアニメのようなタッチの絵、とはまったく違う自覚はある。マテリアル設定とか、Poser機能に対してスキルがほぼない(足りないとかいう段階ではない)せいもあるが、要は好みの問題だろう。
たとえば、コミックやブログでお遊びでキャラを動かす時と、ギャラリーに置こうと考える絵とでは、やはり用途が違うというか、自分の中でフィギュアやレンダ画をまったく違う対象として見ているなあと思う。
ただPoserでレンダした時点で、否が応でも「3DCGのはしくれ」になっているのかな? と、漠然と考えていた。
でもどうもそうじゃないみたいだ。
そのへんの疑問というか不満というかをもらしたところ、親しい方から「roseさんの場合Poserカテゴリではないのではないか」とズバリ痛いところを突かれ(笑)自サイトの立ち位置までが揺らいでいる始末(笑)

この矛盾に解決の糸口はまだ見えないが、とりあえず応急自分救済措置として、カテゴリに「Design」を加える事にした。

まず、自分がイラストを作成する時、漠然と「こんなの描きたい」という欲望がある。それがややリアル寄りPoser絵(というかむしろ写真加工イラスト?)なのか、2D風なのかによって、レンダ後の作業が変わるわけだ。
今回やってみようかなと思った自分お題は「天野喜孝風(殴)淡色使い」

①原型
まずPoser作業。どんな男に(限定かよ)どんな服を着せて、どうポーズや表情を作るか、は着せ替えやカメラ撮影の感覚なので、気楽。
細かいことは気にしない。ただ必要においてバンプマップの調整とかライティングくらいはする(笑)
20070508-0 テクスチャは自作


②イメージにあわせて描線作業
イラストレーターや手書きで線画を作ることもあるけど、今回はPoserのスケッチデザイン機能を使ってみた。上位バージョンのトゥーンレンダとか使えたらもっと幅が広がるかな。
20070508-1 天野風を狙って調整


③塗り絵プラスデザイン
ぬりぬりする。線画が物足りないのでイラストレーターで作成して補足したりとか。見た目わからないけど、加工したレンダ画を焼きこみして陰影に変化をつけたりもしている。
納得いったらそれにあう全体のデザイン。絵が主体なのであっさり目。
20070508-2


④水彩イメージを強くしてみる
脳裏の「天野風」からズレたので、描き直し。
20070508-5


⑤趣味に走ってみる
思いつきでおなじみのコラージュ風も試してみる。
服のコンセプトが「60年代」だったので、描画方法と色味もレトロに。
20070508-6


……という具合に、これ以外にも6種類の画風を試したあげく、意図したイメージに一番近いのが④で、自分的に気に入ったのは③、タイトルなどのデザインは③がよろしいという結論に落ち着く。
にも関わらず、ギャラリー絵にする場合はなぜか⑤を採用したりするんだな、これが(笑)

まあこんな感じで……自分が何考えてるのか振り返ってみようとチャレンジしたテストパターンだったんだけども、理論的に解明が不可能な自分の内面表現なので、あまり詳しくは説明できないのだった。誰かに解説して欲しいくらいだ。

その言葉は放送業界でタブーだと言っても過言ではないのだが……

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

「帰ってきた時効警察」4回目ともなるとかなり落ち着いて観られるようになりました。
毎回正座して観ていましたが、今回はちょっと足崩してみたりとか(笑)

で、今回は今までに比べると比較的ストーリーがあるような、一応コナンばりのトリックもあったりなんかして、でもやっぱり三日月ちゃんの壊れ具合は加速度ついてておかしかった。
ああ、簡単に催眠術かけられちゃって~と思ったら、それが催眠術だったのか!霧山、空中浮遊に続いて意外な特技披露だな!
このままいくと、名刺に「2000の特技を持つ男・霧山修一郎」とか書かれそうで怖いな(笑)

自分的には前作で大変好きだった「多め亭」のおかみさん(犬山イヌ子さん)がバージョンアップして再登場したのがうれしかったです。

で、その犬山イヌ子さんのネットラジオ「ムムム幼稚園」で、オダギリがゲストに招かれているわけですよ。
今週で第3回目かな。
上野から渋谷に向かっているのに、第3週でまだ神田ですよ(笑)

もう~~ぬるい~~~ゆるい~~おかしい~~の連続で、いいねえ、イヌ子さんとのコンビ、最高じゃないですか。
彼がここまで素をさらすのって珍しい気がします。ガードゆるんでます。
おかげで危険用語連発。
言ってはいけない4文字をさらっと言っちゃうし。
「子供大っ嫌い」とか言うし。
あげくに「まった(ゲストに)出損だこれ!!」
自分のせいだろう(笑)
そおんなオダギリはイヌ子さんに「キモねじれ」だと断定されていました。「キモかっこいい」は嫌なんだって。「ねじれとかがいい」っていったら「キモねじれ」(笑)
「でもキモもねじれも両方マイナスだからね!!」
……確かに……。

素人の催眠術は危険です

霧山のドット柄シャツが可愛かったので再現しようとしたら何か違ってしまった……

ぼそぼそと話すこの声がいいんだね。どんなぬる~いたる~い会話もこの声がしゃべると魅力的♪ んで、イヌ子さんの飄々とした語りがそれを倍増すんのね。にょろっと鋭い突っ込みが……(笑)
うん、いい組み合わせだ。最終回までに渋谷につけるといいですねえ。

イラストでさえあればいいと思う

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

要は頭の中に「こういう絵を描こう」という漠然としたイメージがあり、いかにそれに近いものを創り出せるか、がオノレの使命なのであり、ツールや手段はそのためにある。
ツールが主役ではないのだ。
……というのはまあ、使えない人間のヒガミと取られても仕方あるまい。実際そうだ(笑)

20070504-1


で、今回最初に書きたかったのはこんな感じのイメージ。

20070504-2


グラデーション処理とか色々……色々手を加えてんですよこれでも。線画の段階で顔変えてるし(笑)

しかしながら、これだとせっかく素敵なBilly-Tさんのレース下着を購入したのにほとんど見えない。
やしかったので、やり直した(笑)

20070504-3

いや~、ハイクオリティだ、この下着……うっとり。
上に着せたBATさんのジャケット、これがまた、きれいなラインで……マグネットで半脱ぎさせるのが申し訳ない感じ。
販売物かフリーデータかに関わらず、こういう素材を提供してくれるクリエーターさん達には、想像を絶する苦労があるのだろうなあと思うと、簡単にそれを使用している自分が限りなく贅沢な人間に思えてしまう。
もったいないよなあ~。もうブツだけで芸術品だ。

ちっともゴールデンでないウィーク

Posted by Lazyrose on   0 comments   0 trackback

世間は大型連休らしいですな。
うらやましいことです。
考えてみればゴールデンウィークとか夏休みとか、世間様にとってのご褒美的連休というものを、大学出てからこの方まともに味わったことがございません。
ふんっ!

……とまあ、あがらないモチベーションを無理やりあげるべくRMPで背景プロップを拾ってきました。
RichabriさんのGrafitti Wall Set。パイプに街頭に消火栓にあら、排水口まで。使いませんでしたがドラム缶もあったりして楽しいですね。

B-boyscomic
……小学生かおまいらは。


普段背景はあまり使わない私ですが、パソコンの容量が増えてさくさく動くようになったので、ちょっと試してみました。
壁のテクスチャが13種類もはいってて楽しいっす。

もういっちょ、Henrietteさんのところから、プチ背景セットPortrait Studioをもらってきました。すんげえ便利!
フィッティングルームみたいですね。ちょっとキャラ作ったりお洋服を合わせてみるのにいいです。こういうちょっとしたこだわりが好きだ。
モデリングできる人はこういう事ができていいなあ。
期間限定でブログで配布されているので、早めの入手をおすすめします。
こちらです。

20070503.jpg