Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

V4騒動

Posted by Lazyrose on   7 comments   0 trackback

ようやく……ようやくV4を解凍しようという気になった。
結構前に買うだけ買ったものの、なんだかインストゥール時に色々面倒だときいて放っておいたのだ。
だって女なんかさー(笑)
今あるV3キャラ作るのにどれだけ苦労したと思ってんのよ当分これでいいわよ!
と思って~。
でもV4はえっちい服とかえっちいポーズとかが、販売物でもフリーでもいっぱいあるので、ぜひとも使ってみたい、とは思っていたのだ。

で、少し時間ができたので、「まあM4出たときのためにちっと勉強しとくか」と思い、解凍しようとしたら
案の定インストゥールでつっかかって、フォーラムに直行(笑)
T2さんのおかげで何とか解決して無事にPoser内にV4が登場した。

V4デフォ
080729-blog2.jpg

うーん、確かにV3より女性らしい顔と体型だ。
これならカスタマイズも楽かも?
とか思ったけど、ナンデスカこのモーフの数は?
なんかありすぎて把握できません!
自力変形は却下です。
女にそこまで愛注げません!

というわけで、他人様のキャラクターに依存することにした。
フォーラムで配布されたVOLTさんの瑠流ちゃんをあててみた。

080729-blog3.jpg

わー、かわいい(皮デフォのままだといまいち説得力ない)
でも童顔すぎ。愛らしすぎる。
私が好きなのはRoreisちゃんみたいな、クールでキュートな小悪魔っぽい顔なんだよね。
てんで、去年のクリスマスの時フリーで配布されてたCB-Nikolineというキャラを……これどこでもらったんだったっけな(汗)
まあ買ってもいないV4データをとりあえず貰ってあった自分、エライ(笑)

080729-blog6.jpg

……プロモーション画像と全然違う……エラ張り顔で大変好みでなかったので却下。

そしてRMPのフリーにあったReeseというのも試してみた。

080729-blog4.jpg

……ヤンキー?
なんかいるよな、こういう「~~でぇ~~みたいな~~」みたいな口きく小娘(笑)
輪郭はわりと好みなんだけどなー。
いまいち気に入らなかった。
こうなったら金で解決だ!

というわけでRMPでV4キャラを購入。

rebelmommyさんのRM Finnia V4を買った……

080729-blog5.jpg

顔はまあ、これを自分でいじればいいかなという感じ。
が!
ボディINJを適用しようとすると、
「LibrarieのRMMorphsの中にinjJCMKneeBendL-lThigh.pz2が見当たらないっす」
っと出てくるではないか。
無視してしばらくすると、さらに
「LibrarieのRMMorphsにshowJCMKneeBendR-rShin.pz2が見あたらねいっす」
と出てきます。
他にもいっぱいいっぱいナンタラが見当たらない、このpz2はどこだと聞かれ、ずーっと探しっぱなしで一時間、いい加減ハラがたってとうとうぶちきりました。

購入データのどこ探してもそんなもん見当たらないっす……。
なんでー……。
誰か購入した人がいたら教えてください。

で、むかついた。
もうV4は当分いいっ!(やつあたり)

そういうわけでいじりかけだったV3マリエちゃんに戻る。
この子はpinoさんのV3顔に多少カスタマイズした、うち一番の美人ちゃんだ。
新しい髪をかぶせて、テクスチャにメイクを施した。

080729-blog1.jpg


やっぱV3ですよ!当分……

エロい使い方注意

Posted by Lazyrose on   7 comments   0 trackback

前回のトップでマリエちゃんにアイスを食べさせた。
ら、某女史から「一瞬指ですくってるように見えた」とのメールが。

他人に食べさせるのに指ですくってたらいいなあ……ってどんな妄想だよ!
エロいよっ!
というわけでしょーもないネタ。

色々連想中

というトップ絵でした(笑)
トップ絵で続き物ってのもどうなのよ。

ものを食べるという行為はそれだけでエロスを感じることがありますね。
食欲も性欲も、要するに本能的な快楽を求めているわけですから、当然といえば当然です。
「ナインハーフ」とかエロ不倫小説とかでも、行為の最中に食物って結構使われてるもんね。
ふふふ……彼がなんでこんなにショックを受けているかわからない人はうちのサイトには向きません。

そりゃ怖いよな

雷華さんにシャーベットとチューペットをもらった。のに小さくなっちゃった、ごめん。
これもまたエロい小道具だと思うのは私だけでしょうかねえ。

高級アイスクリームもろた

Posted by Lazyrose on   4 comments   0 trackback

wapicoさんとこで配布されてるアイスクリームもらってきた。
使いたいな~と思いつつ仕事に追われてるうちに、pinoさんが某ダッツ似(笑)のテクスチャを配布してくださったので有難く貼り付けさせていただいた。

撮影用小道具に文句言うな

我が家の女性陣はほぼ左党です。

こういう気の利いた小道具って嬉しい。
でもアイスをメインにしたかったのに、小さくなっちゃった。ごめん。

ワシは抹茶がいいな

ていうかはーげんのカップってもっと小さかったか?
普段甘いもの食べないから比率がわからん(汗)

美男子と強弁してみる

Posted by Lazyrose on   4 comments   0 trackback

ギャラリーに1点アップしました。
とりあえず「美男子ってナニ」というのを追求してみました。
……美?(笑)




「美と(エロと)ダンディズム」を標榜するわりに、我が家にはイマイチ美形と呼べる男子がおらんなーというのが、パールチョーカー以来ふと気づいてしまった悩みなわけだ。

美形というのは「バランスの整った美しい形の事」だそうで。
考えてみると自分は左右対称とか、卒のない行動とか、そういう「整った」ものに対してあまり「美」を感じないタチなのだ。
美は乱調にありと、そこらへんが自分の基本。

しかして、PoserフィギュアというのはJezzさんの考察どおり、ベースフィギュア自体がそもそもバランスのとれた、破綻の少ない(少なくともM3に関しては)造形だ。
それをもっていかに自分の破綻した美を表現するかというのが、なかなか苦労である。

とりあえず世間との兼ね合いを考えつつ、自分の中の破綻要素をも含んだ美男子というのを実現できないかと試行錯誤。顔を作っちゃ変え、作っちゃ変えして七転八倒重ねたあげく、
「金髪系ゴージャス美形は無理!」
「線の細い美青年は無理!」
「しょーがないから雰囲気勝負!」
てんで、お貴族様的黒髪美形が妥協点だった。
これなら世間と自分との積集合、すなわち「世間的美男子 ∩ 自分的美男子」みたいな?

まあ今回そういう絵です。
全然美形じゃないじゃんという突っ込みが耳に聞こえる……聴こえる……。
ついでにいうと耽美とか興味ないのでそういう「貴族美」では全然ない。

見てやろうかなと思う暇な人はこちら

そんで試行錯誤のあげく、たどりついた最終的な結論が

「男は骨だ!」

なぜなら、散々「美形」をと追求したあげくにできた今回のこの人
080715blog-2.jpg


……実はトシちゃんに別の皮と髪かぶせただけだったりする(笑)

080715blog-3.jpg


あの苦労はなんだったんだ……。

問題は傘より声

Posted by Lazyrose on   7 comments   0 trackback

グダグダ悩んでないでとっとと来い!


井上陽水さんの名曲「傘がない」のPVにオダギリが出演する!
しかも陽水さん自身を演じる!
桜木町の駅前で歌っちゃってた!

……という情報を事前に仕入れて、そりゃあもう楽しみにしていた。
すんごい組み合わせじゃありませんか。すごすぎるよ。
そんな豪華なPVってありかよ~うははは。
で、さっそくYoutube動画にアップされたので張り切って行った。

…………。

……問題は!
声ですよ!声!!
あのハイトーンの声は、陽水さん自身だからこそせつなくリリカルに引きこまれるわけで、
オダギリは!
オダギリはあの低音ソフトヴォイスでないとっ!!!!!!

ちがーーーーーーーーう!!!!
こんなカン高い声オダギリじゃなーい!(いや陽水さんの声なんだけど)

念のため言っておきますが、陽水さんは好きです。好きですが、やっぱこれは違うだろ!
声フェチで骨格フェチな自分には耐えられないよ!
あの骨格でこの声はありえない。ありえないんだよー!!

※声帯は骨格や脂肪の付き方で変化する。
※親子兄弟の声が似ているのもそのせいだと言われている。
※映画の吹き替えなんかだと俳優と体型の似た声優さんを選ぶことが多いらしい。

そんなわけでですね、
この男はあの声でないと魅力半減!(断言すな)
ええ、駅前でもしこの弾き語りに出くわしてですね、私この声だったら「チラっ」と見て(結構カッコイイじゃん)くらいでとっとと通り過ぎますよ!
そのくらい声は重要なんです。
いっそオダギリに歌わせてくれ!
オダギリの声で聞きたいー!

……とまあ、吼えたってこれは陽水さんのPVなんだから仕方がない。
結局ボディと声の違和感に耐えることができない自分は、動画を見ながら「これはBGMなのだ」とオノレに言い聞かせ、脳内で視覚情報と聴覚情報を完全分離して堪能したのであった。
……陽水ファンには誠に失礼千万……。

PV自体はとっても良い出来です。
あの時代を彷彿させるレトロなシーン長回し一発撮りだそうで、ずずい~っとカメラが寄ってオダギリ陽水のアップに至る。たまんねえ。
一番ぐっと来たのが、最後パンしてすーっと近づいてくる車中の人が映った瞬間かな。
ああ~、あの時代日本はこうで、若者はこうだった、みたいな感慨がこみ上げてきます。
しかしあれだ、今聞くとこの歌「傘がないから行けないんだけど行かなくちゃ」ってのは、

ほんとは行きたくないんじゃ?
好きだったら傘なんかなくたって行くだろう?
若者はびしょ濡れで情熱を証明せんか!
……みたいな気がしますよね。しませんか?(今回いっぱい敵作った気がする)

まあ「こんな声じゃなーい」とか「濡れしぶってんじゃねえ」とか奥歯をかみ締めつつも、つい何度も何度も見てしまいます。
そんくらい良い映像です。
不覚にもほろっと涙が流れる。
この涙の理由が、陽水さんの切ない歌声によるものか、過ぎ去った時代を思わせる切ない歌詞によるものか、はたまたあまりにも久しぶりに見た「動くオダギリ」への感激なのかは、まあ追及しないでおこうと思う。

んで感動に任せてトップ画を作ったのはいいが、さっそくキャラから突っ込みが入った。

僕は怒ってるんだぞ

誰かギターストラップのありかを教えて……。

そんなわけで興味のある方はぜひ
陽水さんの歌声&オダギリのパフォーマンスをご覧ください。