Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

V4関係いただきもの

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

「熱海の捜査官」が終わってしまい、なんか塩かけられた青菜のような気分。
今年はあれと「W」だけだったなあ……あ、いやでっかいののクライマックスが一応残ってるんだけど、なんか最近どうよな展開だからなあ。
だってなんかズゴーンドビャーンズゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!!!
……みたいな天の逆鉾やられちゃあなあ(笑)
あとはもう弥太郎に希望を託すよ。

さて、星崎にかまけて手をつけていなかったPoser関係の拾い物をやっと解凍して、使ってみた。

aachanさんのV4-貴凛ちゃん

100925-blog2.jpg

30代くらいの日本人女性イメージということで。
西洋人キャラは山ほどいるけど日本人キャラは少ない。
日本人キャラの中でもお姉さんタイプはもっと少ない。
というPoser界の格差に敢然と立ち向かう方向性をワタシは支持する!(笑)

ボディはなくて顔のみ。全身のテクスチャ付き(メイクあり・なし)
Morph++がなくてもオッケー。
ちょっとコワいけど色っぽいお姉さん、両手で銃ぶっ放すサディスティックなお姉さんとかにピッタリ。
顔はいっさい弄らず、ボディはアダルトにしてみた。
髪はいろいろ試してみたけど、自分的にはロングで前髪ありがしっくりきた。

100925-blog1.jpg

胸はサービス2割増し(笑)
基本的に日本が舞台で日本人必須の我が家には嬉しいキャラが増えた。

も一個拾いものDC服。

100925-blog3.jpg

ものっそい可愛いんだけど!
ものっそい判りづらいとこに置いてあるよ!
教えてもらわなかったら気づかないまんまだったよ!

DC服のありがたいところは、体型を選ばない、頑張ればどのフィギュアにも流用できる、そうとう無茶なポーズでも破綻しない、あたりですかね。

100925-blog4b.jpg
ぼいんちゃんでも大丈夫♪

だいたいわかりましたよ「熱海の捜査官」最終回

Posted by Lazyrose on   3 comments   0 trackback

さて。

わかりやすいものが求められているこのご時勢に、
徹底してわかりにくさにこだわり、内容もスタイルもマーケティング無視のこのドラマが
成功だったのか失敗だったのかは、あと何年か経たないとわからないだろう。

放りっぱなしは多い。
「陶芸教室の主人が署長に囁いたヒミツとは」といった、あれは何の伏線だったのか?てのもあれば
「東京の事件てなんだったんだ」という、答えが与えられない謎も残った。
あげくに
「第二ステージって何なんじゃ」
「三人の少女は死んでるのか生きてるのか」
「平坂脱走なのか!」
「星崎はどこに行ったのか」
と、新たな謎が最後の20分でてんこ盛り。

だが、考えてみて欲しい。
バス消失事件を追うために現れた広域捜査官が現れた事によって
バスは見つかり、行方不明の三人は見つかり、犯人も見つかった。
事件はちゃんと解決しているのである。
「あれはどうなったのだ」という部分は、バス消失事件の解決とははずれる部分だ。
解決していないのは、この南熱海の世界にどっぷり浸かった視聴者の気持ちである。
自分たちが今まで見てきたものは何だったのかという、
「私を置いていかないでよ」という、

要するに視聴者全員北島状態(笑)

最終回後「こんな××ドラマぁ!」と怒ってる人も「死んでたとは思いたくない」と涙目になっている人も、
「いや、こうやって考えさせるためのドラマなんだよ」と苦笑している人も
要するに置いていかれてしまった寂しさを味わっているのだろう。

「生」と「死」というのは、まさにこういう置いてきぼり関係ではないだろうか。

最終回を観て、視聴者は必死で推理をしまくった。
南熱海は三途の川の一歩手前のような場所で、生者と死者が混在して住んでいるのでは。
平坂が三人の少女を隠していたのは、彼女たちを蘇生させて返すためでは。
バスの行き先は天国なのでは
いや行き先は現世なのでは
いやいやあのトンネルを抜けると転生できるのでは……

「なくす事で、その人がどれだけ大切だったのかわかる」という星崎のように
失ったものの価値を必死で探そうとしている。

……結論が出される事は、はおそらくないだろう。

生きるとはこういうものではないだろうか。
明快な結論が出ることなど、ほとんどない。
出されたと思った結論はいつか転変逆転するし、語られなかった事実は歴史に山積する。
誰も本当のことなどわからないまま、必死であの命題を追い続けるのである。
「我々はどこからきて、何者で、どこへ行くのか」と。

実を言うと自分は、先週あたりから「これは時間的にいって全解決は無理だ」とは思っていた。
そして最終回ラスト30分を切ったあたりで、「キーワードの2は続編ありフラグだったか!」と叫び、
おのれディケイドー!つうか「JIN-仁-」かよー!と吠え、
そして、星崎が白黒になった瞬間、頭が豆腐になった口だ。

三木監督がシビアな人生観の持ち主だというのは知ってはいたが
これほどシビアな人だったとは……(笑)

題材は山ほど与えられている。
永遠の森学園の住所が熱海市殯ノ宮であったり。
バス停の名前が「道返」であったり。
時計の文字盤が逆な場所がある(普通の場所もある)
サティの「グノシエンヌ」の元ネタはあの反宇宙二元論のグノーシス主義だし。
南熱海警察署の無事故日数は1945年8月16日(終戦の翌日)以降更新中だし。
……深く考えると肌が粟立つようなネタが。
しかし「いつもの三木ナンセンスネタだろう」というフィルターで自分を誤魔化していたのだ。

だがそんな事より、主題歌である「天国へようこそ」の歌詞がすべてを物語っていた。
主題歌でネタバレ。最初からネタバレ。
……やられた。

「普通のドラマではできない事をしたい」と言った三木監督とオダギリの望んだ「世界観」がこれなのだとしたら、恐ろしい人たちだと思わずにいられない。
歴史に残る名作というわけではないけれど、視聴後これだけ印象に残るドラマも近来稀ではないだろうか。
なにしろ番組進行中は閑古鳥鳴いてた2chの熱海スレッドが、放送終了直後からものすごい回転で
一晩で三、四スレ消化してたり。
Twitterでも「#atami」が0時0分~1時0分の急上昇タグ1位になってるし(笑)
あとGoogle急上昇ワードでも1位だった(笑)
自分もチャットで姉さんたちと、あーだのこーだの会話しまくった。
ひとりでひっそり見るよりも、こうやって色んな人と語ってこそ楽しめるドラマであることは確かだ。

最後に切ないような、もどかしいような、喪失感と闘わずにいられない、
そういうドラマがあってもいい、と思う。

100920-blog4.jpg



……と、ここで終わればシリアスなのだが、
そうはいかないのが「蜜×毒」なのだよ!

最終回!美味しい星崎大奮発!!アッヒャッヒャ!ヽ(゚∀゚)ノ

いくら最後だからって、奮発しすぎ!
見どころありすぎて気が狂いそうww

100920-blog2.jpg

北島の危機に、犯人の背後から銃撃、すちゃっと教本通りに銃を構える星崎!
銃を構えるオダギリといえば「顔」「血と骨」以来の以下自粛
「ふざけるなよ!いくら上司だからって勝手なことすんじゃねえぞ!」と怒鳴る星崎!
(いや、あんたに言われたくなかろう)
番組始まって以来の、初の本気モードによろめいた女性ファンは多いはず!
計東さんとの「頼れる助っ人ですね」「まあね」と、一話への返歌のような会話にジ~ンとし。
投げた石に当たった人引きがぷか~っと浮かんできた後の、珍妙な顔。
「あああそういうことかやっとわかりましたよ!」と興奮した星崎!
そして……停止したバスに乗り込む、穏やかな星崎。


どれもこれもカワイイ、きゃわゆい星崎盛りだくさんすぎてとても全部は描けない。
だが……だが、やはり最後のトピックスを飾るにふさわしいのはこれだろう!
朝からラ~メ~ン!

100920-blog1.jpg

なぜ、なぜラーメン踊りなのか!なぜその節でなのか!
夢に出てくるからやめてくれえぇぇ(笑)
あんたホントに北島を怒鳴りつけた星崎なのか?良く似た他人なんじゃないのか?

思えば星崎剣三という人間は、最初から最後までどっち側なのかわからない人物であった。
熱海に到着した時から「チュッパチャップスさんですよ」となぜか詳しかったり
そのチュッパチャップスさんを見て「混じりあわない事が事件の原因」だと述べていたり。
わかってんだかわかってないんだかわからない「だいたいわかりましたよ」といい。
あとモトコさん(公式では素子さんのようだ)との会話だ。
最終回の「君を素子さんと同じ目にあわしたくないんだよ!」に
モトコさんは死んでいたのだ、星崎はイタコか?とか(笑)
死んだモトコさんと会話している星崎はやはり死人とか
いろいろ推測が飛んでいたが、自分はなんとなく、
「事件で肉体を失ってしまったモトコさんが脳だけ保管されてて星崎と会話してる」ような、ちょっとキモいイメージが浮かんだ。
それだと、南熱海があの世でもこの世でも連絡とれる気がするんだ。
平坂のデータとか受け取ってたし。

ってまあ、やっぱり色々妄想しちゃうよね~(笑)

まあ、そんなわけで、星崎観測および「このヘンテコドラマの楽しみ方」をテーマに
お送りしてきた「熱海の捜査官」感想も今回で終わり。
ここまでお付き合いいただいた方、本当に有難うございました。
少なくとも自分は完全燃焼したぜ。しばらく何もできん(笑)

ありがとう、毎回死ぬほど変顔を楽しませてくれた星崎くん。
最後にラーメン踊りまで披露してくれた星崎くん。
さようなら。

最後はやっぱりこの笑顔でwww

100920-blog3b.jpg

V4で微乳

Posted by Lazyrose on   5 comments   0 trackback

Victoria4を弄っていて、いつも気にな入らなかったのが、実はバストだ。
Victoriaは欧米人モデルだから、バストの形も当然欧米ベース。
でも、日本人のバストは基本的にちょっと違う。

欧米人はバストトップが身体の前方にあるけど、日本人の場合中心線からやや脇の位置にくるのだ。
これは骨格の差のためで、輪切りにした場合欧米人は円、日本人は楕円になる。平べったいのだ。
そのため日本人のバストは谷間ができにくい。

さらに、乳房自体も乳腺質タイプと脂肪質タイプのふたつにわかれる。
乳腺質タイプのバストは胸が大きくて張りがあり、形も円錐型でこんもり突き出ている。
これに対し、脂肪質の胸は柔らかく、動きやすく、弾力やハリが少なくてやや下に垂れやすい。
欧米人が乳腺質が多いのに対し、日本人は大部分が脂肪質だ。

コレが何を意味するかと言うと、グラビアアイドルなどに多く見られる
「こ~んもり盛り上がって谷間な胸」は、大変な努力(笑)と補正下着の力で作られている、ということだ。
デカい胸がもてはやされ、谷間谷間と連呼されるのが昨今の流行のようだが、
実は日本人女性のバストは柔らかくて下垂形がほとんどなのだ。

……ということで、Victoriaで日本人キャラを作っていて最大の不満は胸だった。
細くてきゃしゃな女性を作っているのにこの胸は相当ありえない!
服を着てるなら「下着補正」で納得できても、裸に剥いたらありえない!
つーか、ほっそりした身体だったらちっさめの胸の方がエロティックじゃないか!
自分はちょっと下垂形で上側が薄くてつんと尖ったようなバストが好きなんじゃー!(握りこぶし)

で、とうとう買ってしまったNGM Petite for V4(笑)

本来デカい胸愛好者のためのNGMのプチ版!
ちっさい胸形成モーフ!(笑)

わくわくしながら解凍して、INJしてみたら……
……なぜか胸にヨレが出てきてしまう。

100915-blog10.jpg

なぜか「showGroupDial.pz2を指定しろー」と怒られる。
……なんでえ~。

涙目になって、ここはひとつNGM大魔神まにほに様(笑)におすがりしたところ

NGM forV4を別途購入してINJしておかなければいけなかったorz


なんでやねん!なんでちっさい胸にするのにおっきい胸用が必要なんじゃい!
と、なんだか理不尽な気持ちになりつつ、結局NGMも購入。

セール中とはいえ女の胸ごときにここまで金を投入する事になるとはっ!キー!

ま、まあいい。乗りかかった船だ。

で、今回コレを購入するにあたって多方面を検索したんだけど
NGM Petiteを使った人(日本人)というのにほとんどあたらなかった。
ちっ……みんなデカい胸に走りやがって……ぶつぶつ

てなわけで、使い方を忘れない用に、ほぼ自分のためだけにメモしておこうと思う。

1.V4.2を呼び出す


2.INJBaseV4をあてる

3.INJMorphs++V4をあてる ←重要

100915-blog1.jpg

4.NGMV4.2INJをあてる ←重要

100915-blog2.jpg

5.NGMPetiteSizeのFineTuneINJをあてる
 →胸のINJectiionChannelsのCommunityとこにSmoothなんたらいうダイヤルが出る

100915-blog3.jpg

6.FullBodyモーフ調整
 →自分ちの子はThin0.2Young0.3
 先にボディモーフで調整済みの場合は、胸関係のモーフのみ全部0にしておく

100915-blog4.jpg

7.NGMPetiteSizeのお好みのものをあてる
 →自分はForYoungFBMのy&Thin5使ってみた

100915-blog5.jpg

わー!形が変わった!
Victoria4デフォでは色気がないので、まにほにAnnyテクスチャをあててみようそうしよう。

100915-blog6.jpg

8.ちっちゃこいカワイイバストのできあがり♪
 これだよこれこれ!僕が望んでいたのはこういう胸だったのだよ~。
 腕を動かすと胸が連動する~。
100915-blog7.jpg

で、このNGMシリーズは基本「ヌード用」らしい。
洋服が対応できない。するためには別途専用マグネットを購入しなければならぬという、ムカつく罠。
でも、ThinnとかYoungで細っこくしてプチをあててる分には着せられることは着せられる。
デカい胸だと大変だよな!はっはっは!(笑)

100915-blog8.jpg

これは秋穂さんのロングシャツ。
胸のところが余っちゃうけど、そのへんはマグネットでナントカすりゃ何とかなるだろう。
でも。
そんなんじゃつまんない。ちゃんとお洋服着せたい!という場合はDCだ。
あ、詳しいやり方はまにほにさんとこに
「NGMとダイナミッククロスの関係」という詳しい説明があるから(これはでかい胸用だけど)

……着せてみた。エヘ

100915-blog9.jpg

呑んだくれみたいなの

Posted by Lazyrose on   0 comments   0 trackback

ギャラリーに、ほぼやけくそ気味の絵をアップ。

100914-blog1.jpg

別に酔っ払いが描きたかったわけではなく、HDRI風の加工を試してみたかったのと、その中で人物はそうしないことに意味をもたせてみたかった。
本当はもっとあちこち濡らしたり汚したりしようと思ったけど、酒瓶林立あたりでザセツ。
クッションのマテリアルに凝ってみたのに、ベタになって何の意味もないし。
まあ、ある意味自己満足というか、いろいろトライしてる途中というか。

実はDAZでM4のニーハイブーツを手に入れて、こりゃあオダギリ風にするしかない!と思ったのだが、
M4の服はこういうアバンギャルドっぽい組み合わせには非常に向いておらず
2009年の闇部隊双六でのseisuiさんのご褒美を透けさせる事で凌ぐしかなかったという……。
……カッコイイM4服が欲しい(言い飽きた)

だいたいわかる…筈だ「熱海の捜査官」その7

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

ほとんど「星崎捜査官の変な顔探しコーナー」と化しているこの感想。
これを書くのもあと1回と思うと寂しいものだのう。

で、今回は最終回直前。解決(たぶん)に向けてこれでもか!といわんばかりの怒涛の展開だった。

東雲の脳に不可思議な傷があり、記憶障害を起こしていることが判明。
謎のカセットテープは、何と特殊なビデオ機器で使用されるものだった。
そこに映っていたのは、徳永教授による蘇生実験と、手に星のアザがある男。
市役所からNPO施設の地下に続く電気ケーブルが見つかり、
そして脳外科医・風宮という男の存在が明らかになる。

……謎を解決するのに、最終回直前でこんだけ「いきなり展開」を乱発するのもどうかと思うぞ。
誰やねん徳永教授!風宮巧!萩尾さやか!

そして、物語が収束しつつあるのを示すように、南熱海の「変な人たち」にも次々と異変が起こりつつある。

朱印組は自己存在証明の危機にさらされ、町の清掃運動なんか始めてるし(涙)
「犯人を殺してっ」とヒートアップする敷島先生はどさくさまぎれに星崎に抱きつきやがるし。
何かに押しつぶされるように平坂と手をを切ろうとする市長。
そして異変は南熱海署内でも起こっている。
超有能シリアスモードの犬塚君が意味深な表情。
「あと何回闘えるのかな」とシリアスモードな桂東さん。
「あんたのその捜査のやり方尋常じゃないですよ!」(ごもっとも)とシリアスに怒る拾坂署長。
彼らがシリアスになるとこうも不安になってしまうのは、すっかり南熱海に毒された証拠であろうか(笑)

いや、でも私の期待していた「星崎アクション」はなかなかのものだった。
桂東さん、スキル高いなあ。

100913-blog2.jpg

「いきなり展開」ではあるが、ここに来ての天才外科医登場で、謎のいくつかは説明できそうだ。
蛇川老人が三年前に『死んでいた』というアレと、
家族が会いにこない東雲の「家庭の事情」。
こりゃーひょっとすると最終回で新宮寺復活もあるかも知れない!

バス消失事件の4人の共通点は、死後の世界を知っているということだった。
平坂歩という名前自体が、この世とあの世の境界線(ライン)を現しているわけだが、
やはり「越えてはいけないライン」というのは生と死の境だったのだろうか。
しかし、この怒涛っぷりを観ると平坂さえも「ミス・リードなんじゃ」という気がしてくる。

そして怒涛のシリアス展開ゆえに、俺様一番のお楽しみの星崎変顔は少なかった(しょぼん)
でもかなーり秀逸なのがあったで!

100913-blog1.jpg
袖縫い付けちゃういたずらって、ちょっとやってみたい。気取った奴にw

さて
・東京の事件とは関係あるのか?
・犬塚君の過去はどう関係しているのか?
・平坂は地下で何をしていたのか?
・蛇川消失のトリック
・四十万と東雲の関係
・裸体デッサンの謎
・新宮寺全裸疾走の謎
・蛇川の部屋に東雲と椹木のビデオ
・陶芸倶楽部が拾坂署長に囁いた情報

……あたりが未解決。
さらに「新たな謎を呼ぶ、あまりにも不可解な一文」(公式)!
まだあんのかよ!追いつくのか!三木監督ー!(汗)

露出全開V4Tシャツ

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback


ギャラリーに女絵


今更ながら秋穂さんのT for A4/V4/Eliteを購入。

100907-blog1.jpg

aoaio製お洋服の特長はなんてったって
開く・脱げる・まくれる・ずれる機能の充実っぷり!
この一言に尽きる!
いやもちろん洋服としての諸々のクオリティが高いことは言うまでもない。
でも、こういうエッチな要素が、きっちり備わっている普通服って案外少ない。
最初からエロ目的丸出しの服の場合、デフォルトの露出が多すぎて正直興ざめするし。
こういう日常で着られる服で「やろうと思えばやれるんだもんねうぇっへっへっへ」みたいな
妄想を掻きたててくれるのはいいよなあ。
いいよ……うぇっへっへっへ。

このTシャツも当然バストが開いたり!ずどーんと落ちたり!ヒップが前後左右にあがったり!がばーっとまくれあがったり!
まあとにかくいろんなポーズに対応できるのだよわっはっは。

100907-blog2.jpg

さっそく男と絡みであんな事されたりこんな事されたりなのを、何枚も作ったのはいいが
お……表には出せねえぜ(汗)
それにしても唯一不満なのがテクスチャだったりする。
nirvyさん作の同梱テクスチャは、どの服もそうなのだが、日本人キャラに合わせにくい色合いデザインなのだ。
キッチュな色味は白人女性のピンク系の肌にはきれいに映えるのだろうと思うが、うちの子黄色人種だし~~。
このTシャツには浮世絵っぽいデザインのものも入っていて、これはさすがに抑え目の色味。
でも違うの、自分が欲しいのとちょっと違うの。

なもんで、いっそのこと「服のテクスチャ全無視絵」にしてみた。
わりと酷いことするよな自分w

元のレンダ画はこんな
100907-blog3.jpg

タイトルの「Flowers on paper」は「熱海の捜査官」の主題歌の歌詞から。
非常に思わせぶりな歌詞は「まーさーかーこのドラマの最後はああああ」と邪推させる雰囲気ぷんぷん。
いやでも、まさかねえ……まさかいくら三木監督でもねえ……。
という話は措いておくとして、Poserの質感ぜんぶドブに捨てたような絵の方、
アップした後で
「この手法にするんだったら、無理にブラジャーつけなくても良かったじゃん……」
とちょっと後悔している。

今度はさらにいやらしい秋穂さんのT Concept Reloadedとか買うんだ~へっへっへ。

何かはわかっているはず「熱海の捜査官」その6

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

最初に言っておく!
「最終章」は「最終回」じゃないから!
全8回だから、だまされちゃダメだからね(笑)

さて、盛大にバラ巻かれた謎がジャカスカ進展している。
進展したからといって解決してるわけじゃないけどとりあえず色々動いている。

とりあえず判明したこと一覧
・新宮寺は他殺ではなく事故死
 ……まぎらわしい死に方しやがって……
・入学式までに月代が戻らなければ東雲を教祖にというMr.2の発言
・四十万とレミーは異母兄妹
 衝撃の告白ジャジャジャン!
・写生クラブにはレミーも参加していた
・蛇川方庵ふたたび!
 蛇川老人手錠抜け!
 そして4回転アクション!かっちょいい~!
・永遠の森学園の旧寮の土地の売買は市と何か関係があるらしい
・平坂と市の立ち退き問題も何かウラがある
・新宮寺は旧寮時代椹木みこの部屋を荒していた
 新宮寺!キサマこの変質者!
・椹木みこの部屋から数式が書かれたノートが発見された
 イエスノーランプ便利だなあ……ダウジングにも使えるとは(笑)
・数式の答えは「2」
 不幸な数学者をさらに不幸に突き落とす謎の数式
・東雲の記憶が戻りだしたらしい

……とまあこんなとこですか。
とりあえず声を大にしていいたいのは
だからって何で一緒に住むとか!しかも堂々と申し込んでるし!(笑)

100905-blog2c.jpg

いやそれはしかしまずいんじゃないでしょうか、未成年だし!
寮母も旅館の主人もカップ落として割っちゃうし、北島でんぐり返ししちゃうし!
しかも相手が東雲君だと、
なぜまともな食事なのだ主人!
なぜだらけたスウェットじゃないのだ星崎!
ま、まあいいや。細かいことは。

あと非常に自分の琴線に触れた部屋中の数式……ガリレオ先生w
ホワイトボードに書いてあったのは……ええと、アインシュタインの重力場の方程式……?(自信ない)
いったいあのノートには何が書かれていたのだ!どんなすごい数式だったんだ!
「リーマン予想で統合失調症になったジョン・ナッシュ。ポアンカレ予想のペレルマンのように?」
おおおお!数学者の悲劇ですか?
「これは、人が足を踏み入れてはならないこと」
こ、これは非常に俺好みの展開なのか!?そうなのか?

もうめちゃめちゃ興奮して、非常に身近なK博士に聞いてみたヨ!

「そそそそれは人間が踏み込んじゃいけない領域」という内容なんですかっ?」
「いや、全然」
「……」
「それより残念なのは(ノートに)書かれてる数式がどれも中学生レベルだったことですねぇ」
「…………」
「微分も積分もなかったし」
「………………」

……………………いいんだよ!
書いたの中学三年生女子なんだから!いいんだって!(笑)


まったくもう、これだから左脳系ってやつは手に負えないヽ(`Д´#)ノ

まあそんなようなノートのヒミツも含めて、今回まだ自分内でひっかかってる謎。
・結局蛇川はどうやって消えたのか
・三年前の死亡報告書はなんだったのか
・蛇川の部屋にあった東雲と椹木の映ったテープ
・なぜバス現場に倒れていたのかを捨坂にはさんざん話してた?
・環境保護団体が立ち退けない理由
・東雲の家庭環境
・で、新宮寺の全裸で野原疾走はなんだったのだ

蛇川多めなのは趣味で(笑)
四十万が何を企んでるとか人身売買とかそんなのはもうどうでもいいや。
とりあえずあと2回、この様子ならいくつかの謎は解明されそうな気配だ。
気配だが、問題は
「結局バス消失事件では4人は誰も死んでなくて事件なんか何もなかった」
って事だったらどうしようって事だったりする。

100905-blog1.jpg

執事服用M3片メガネ

Posted by Lazyrose on   4 comments   0 trackback

PGP企画でhisayanさんのM3用執事服をリリースして2ヶ月。
我がPGP企画というのは、男物を提供する(させる)事により、男ものアイテムや男イラストが増殖していく事を目的としておる。
つまりエビで鯛を釣る、というより鯛でヒラメを釣るというか、そんな感じだ。
「更なる男服を!更なる男イラストを!」がモットーなのだ。
執事服もKyotaro博士のマテリアルセットや、たくさんのユーザーの執事イラストを生み出してくれて、企画主としては誠にもってホクホク状態なのだが。

ここにきてさらにmayutaさんが執事服用に片メガネ(モノクル)を配布してくださったよ!
大変素晴らしい!

100901-blog2.jpg

……イカす!モノクル配布はこちら

モノクルは紳士の小道具だからして、燕尾服とは相性が良いのは当然。
しかも上流階級では富を誇示するために執事に着用させるのが流行ったとかで、執事アイテムとしてもぴったりなわけでござる。
あとすぐに思いつくのは作戦地図を見る渋いドイツ軍の将校とかかね。

眼窩にはめ込むタイプのなんか、平べったい顔では不可能なので日本人には縁がない。
だがPoserキャラなら何でもありだ。
漫画や映画だと、美形悪役か酷薄系軍人が多いようなので、
さっそく我が家の酷薄系悪役に装着……

100901-blog1b.jpg

……したのはいいが、なんだか燕尾服とライフルって合わない。
つーかこの人執事にはなれない気がする。まあ、闘う紳士ってことでひとつ。
そういえば戦いまくる某執事アニメのその2ってのはまだやってんの?終わったの?