Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

スポンサーサイト

Posted by Lazyrose on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「魅惑のDC展」楽屋裏

Posted by Lazyrose on   17 comments   0 trackback

さてダイナミッククロスを使った絵だ。
Kyotaroチュートも読み込んで、新しいDCアイテムもごっそり仕入れて、
ここでハタと気が付く。

DCで表現するエロスってなに?(汗

とりあえず主催者という立場から、他の人の反応を見ると
ああっ!みんな困ってる!∑q|゚Д゚|p
いかん、このままでは誰も出品してくれない!みたいな焦りにかられたので
とにかくガイドライン的なものを出せばよかろうと思うことにした。

で、一作目
「A spot of bother」(ちょっとしたトラブル)

「エロ親父みたいなの出さなきゃいけないのか剥かなきゃいけないのか」と困っている人向けに、小学生のスカートめくり的エッチ(笑)
1920年代の外国のひとコママンガとかで、こういうウィット系のがあるじゃない?
そんな感じで。

作成上のネタは今回ほとんどない。
だってダイナミッククロスの使い方はForum3Dのチュートリアルとそのレスを読めばほとんど網羅してるじゃん。
自分は全然目からウロコな手法なんか使いませんでしたはっはっは。

101130-blog2.jpg

コメントで「これは意図的か否か」が取りざたされていた。

101130-blog1.jpg

次なる二作目は、逆に
「上品でハイソなエロじゃないとだめ?ダメ?」て涙目になってそうな男性ユーザーのために(笑)

「Shall we do it?」(やらないか)←w

すいません多分全投稿作の中でもっともお下品だった(笑)
男性ユーザーのためにとかいいながらアベさんネタだし。

最初はね、規約の「女のチクビNG」に挑戦状をたたきつけようと思ったんですお(主催のくせに)
こういうテクスチャで。

101130-blog3.jpg

ええ、自分常に制約と戦う女ですから(主催のくせに)
しかしどうも首びろ~んが上手くいかなかったので、シンプルにがばーっと剥きました。
「脱げ 脱げ脱げ」と「裸執事」を歌いながら。

えーと、そんで我が家の男は全員肉食系なんですが(笑)
中でも特に肉ぬくしいのがこのおっさんなので、彼でやると決めておりました。
汗で透けたトランスマップ。

101130-blog4.jpg

そして三作目、今回のハイライト(笑)

「Make me degenerate」(私を堕として)

これもまたKyotaroさんがブログで書いてた「DCシャツを開く方法」そのまま……
といいたいところだが、絡みのポージングのせいで、そのままでは全開とまではいかないんですね~これが。
ちょっと小道具使って広げた。

101130-blog5.jpg

まああれだ、大した頭がなくたって、30回くらいシミュレーションを繰り返してみれば大抵のことは何とかなるよ、うん。

なんですかチクビ見えたらだめですか、でも透けてるぶんにはいいんですね。
透けてりゃね!
はーっはっはっはっは!(主催のくせに)

そいうわけで主役は彼女の胸なので、以前ブログで騒いでいたNGMプチ使ったよ!
ぼよーんと大きいのじゃなくて、生生しいのにしたよ!
そんでもって
Jezzさんから名誉の称号をいただいた(笑)
  _  ∩
( ゚∀゚)彡 おっぱい!おっぱい!
 ⊂彡

そんでとりあえずコメントで「あれは水じゃないよね?」といわれたので
……ミルクです。
この絵のためだけに購入したDAZのRon'sブラシを使ったのはいいが、いやー
なかなかフィットさせるの難しかった。
これに一番時間がかかった。

101130-blog6.jpg


あーもー、途中まで絵作って、やり直しかけてレンダして、画像上がったの23時59分だよ!(爆)
59分のシグナルを見ながら「ヤバいヤバいヤバい」と震える手でテキストアップして……
滑り込んだよ!(主催のくせに)
遅刻寸前滑り込み仲間はaachanさんだった!

……自分主催なら滑り込みにはなるまいと思ったんだけどなあ。
ギリギリってすごくやなんだよ、手は震えるし心臓バクバクいうし、脳内アドレナリン出まくっちゃうからその後がっくり虚脱するし。
こうゆう事は、できることならもう二度としたくないですと語り続けて何年。
……なんかの呪いでもかかってるんですかね。

まあ、そんな事で、「魅惑のDC展」への投稿は終わったのだ。
終わったんだ……も、もう描かなくていいんだ……パトラッシュっ

101130-blog7.jpg

スポンサーサイト

「魅惑のDC展」宴の始末編

Posted by Lazyrose on   3 comments   0 trackback

banner_j_03.jpg

普通こういう時期に展覧会やらねーよな……なこんな時期に
普通テーマふたつも強制しねえよな……なダブルテーマ

フタを明けてみたら合計53枚もの投稿
誠にありがとうございました!


「ダイナミッククロスは敷居が高くて……」と言っていたあの人や
「エロなんて自分には無理」と言っていたこの人が
みんなみんな頑張ってくれてありがとうな!

投稿いただいた作品を見ると、誰もが「いつもはやらない事にチャレンジしてみた!」という
気合にあふれていて、とても嬉しくなった。
こういう難しいテーマは、アイデアを要求されるので大変だったと思う。
いやもう身を持ってその辛さを体感したよ(TдT)

でも、ちょっと高めのハードルって、頑張って越えるとすがすがしい。
ダイナミッククロスを使うこと、そのうえでエロティシズムを「表現」すること。
今回この両方を兼ね備える事で苦悩した方がものすごく多い、というより全員悩んだとお見受けする。
しかし、とりあえずクリアさえすれば、その経験はオノレの血肉となり、
この先の絵作りに大変役にたつであろうこと間違いない。
展覧会というのは、スポーツ選手が競技会に出ることでステップアップをしていくような、自分にとってそういう場所だ。
他の人にとってもそういう意味が見出せたら幸いだ。

……と真面目な話はこのへんまでにして、

いやー、疲れた。
終了間際の滑り込み投稿、自分開催展なら大丈夫だと思ったのになあw
会場設置も運営もほぼ全部Kyotaro博士に任せっきりだったのにギリギリになってしまった。
5作品完アップのJezzさんには頭があがらない(Jezzさんエライ!てかエロい!)
三人共催という形は珍しいかもしれないが、おふたりの力がなかったら何もできなかった自分は
とりあえず姉さんたちにゴマをすっておくぜ。
そして何より、わんさか投稿してくれた人たちのおかげですっごく元気になったよー。
でもあれだ、裏で密約したのに間に合わなかった極少人数!
この貸しは後日倍にして返してもらうから覚悟しておけ!(笑)

作品についての色々は、また後日。
とりあえず今こんな感じ。

101129-blog1.jpg

脱げ脱げ「魅惑のDC展」

Posted by Lazyrose on   0 comments   0 trackback

脱げ 脱げ 脱げ脱げ 俺の為に裸になるのだ

むけ むけ むけむけ 裸になれ!

……なんか頭の中で「裸執事」のリフレインが止まらないroseですこんばんは。
これ「魅惑のDC展」のテーマソングにしませんか。
ていうか自分これBGMで今絵を作ってますが何か?

今、君も作成中だと信じてるよ!!


というわけで皆さん脱がしてますかー!
「魅惑のDC展」が始まっております。

banner_j_03.jpg


皆さんヴァリヴァリシミュレートしてレタッチしておられる真っ最中だと心の底から信じてますが、
それを前提に、投稿する前にお知らせがござるでござる。

投稿時の規約が一部変更になりました。
といっても難しいことではなくむしろ逆で、
「ヤバげな絵はタイトルにその旨断り書きを入れとけ!」という面倒くさい規約がなくなりました。
そのかーり、見たくないタイプの絵は閲覧タグにチェックいれとけば見ないで済むという、実にスマートな仕様に変更されたでござるよ。
Kyotaro博士の尋常ならざる才能のおかげで!
詳しいことはKyotaro博士ブログで確認できまする。

すでに何人かの方がちょっと嬉しい微エロ作品を投稿されておりますので
ぜひぜひご覧くださいましよ。

……ああ、ちくそー、上手く脱げないー。
脱げ 脱げ 脱げ脱げー(リフレイン)
101126-blog1.jpg

エロスって何やねんとか

Posted by Lazyrose on   6 comments   0 trackback

banner_j_03.jpg


こんばんは。
頑張ってダイナミッククロスと格闘してますか?
エロティシズムって何?とか考え込んでますか?

イマイチ煮え切らない誰かとか誰かとか誰かあたりを(オマエだオマエ!)一本釣りするために
Kyotaroさんがエロスなチャイナドレスをどばーんと配布してくれました。

配布はフォーラム3Dだけどとりあえずここで詳細を読むよろし。

ヨコハマの夜は

ついでにJezzさんが美麗テクスチャを作ってくれているので

ひれ伏して戴くがよい

すんません。詳細および見本画はありません。
なぜならばあんな重たいポリゴンのカタマリをうちの貧弱パソコンで動かす余裕がありません(笑)
ただでさえ展用のアイデアが浮かばず、とにかく思いついたのを手当たり次第シミュレートしてもしても
ぜんっぜん上手くいかずテストの影のみレンダだけで3時間もかかったりしてもうマジで時間がないのにそんなブログ用に時間とってられるかぁぁあああ!


ていうか皆さん困ってますね?
DC×エロスというカップリングに困ってますね?
要所要所をNG出されたこんな規約でエロい絵描けるかとか思ってますね?
ええ、困ります。本気でなんてお題だしやがるこのバカ野郎と思います(笑)

つーか自分なんかもともと描く絵は全部エロスを表現しようとしてるわけで
今さら「エロス」をテーマにされたって何描いたって
しょせんいつものになっちゃうわけですよ。

参ったなあ。

まあそれはそれで措いといて、今もまだ困っている貴方にアドバイスできるとしたら
Poser始めて6年間自分がいまだ解決できない「Poserでエロティシズム」の解答をあっさり出されても困るので
あまり悩まないでください

ぐだぐだ考えずに
微エロを描け!

以上!

101115-blog1.jpg

エロスとか言われても困るって?

Posted by Lazyrose on   3 comments   0 trackback

「魅惑のDC展」告知からはや一週間以上経った。
各所で支援物資など、ぼちぼち反応があがってきて、主催側としてはホッとしている次第だ。
しかし「DC×エロティシズム」という部分に引っかかっておられる方も多いようなので、
ちょっとテーマについて語ろうかと思う。

周知のことかもしれないが、当サイトは「美とエロスとダンディズム」を追求する場所だ。
自分にとっての創作とは、すべてエロティシズムを表現するものといって差し支えない。
根源的テーマでもあるこの言葉を、そう簡単に「こうです」と言い切ることはできない。
しかし、自分はこの企画が持ち出された時に、自分の考えるエロスと、メンバーの考えるエロスの違いに非常に悩んでしまった。
本質的には似たものを指しているだろうに、言葉の使い方で齟齬が生じたりして、非常にやっかいな問題だと思う。
だから、皆がどんな事を「エロス」だと思っているのか、その辺をとても知りたい。

さて、貴方にとって「エロス」とは何だろう?
「エロ」「エロス」と言われて浮かぶ絵はどんなものだろう?


そもそも今の我が国で「エロ」とか「エロス」とかいう言葉を使うと、即
ビニールでくるまれた雑誌系、もしくは酒場の下品なオヤジ系の何かと結び付けられるのが、自分としては腹立たしい限りである。

エロやエロスという言葉が、性愛や、そのまま性欲を意味するものとして浸透してしまっているからだろうが、
そもそもそのエロスがギリシャ神話の「愛の神」であることについては、知らないか、知っていても「それが何か?」状態なのである。
自分もそんなに詳しいわけではないけれど、ざっと調べただけでもその辺の無知・無視は問題だ。

------------------- こっからウザイので忙しい人はスルー推奨 ---------------------

ギリシャ神話における「エロス」は、もともとは、人間の根源的な「受苦性」を指したらしい。
プラトンの解釈によれば、だが、エロスはポロス(機転と豊富の化身)とペニア(不足と貧困の受肉)によって産み落とされたものであり、
個人的には相反する存在から生まれる相克、憎しみと表裏一体の愛、そういったものを表しているだろうと思われる。
受苦というと判りづらいが、要するに生きていく上で(できれば避けたい)不安、危険、苦しみ、そういったものだ。
人間の性衝動というものは、そういった本質的不安から逃れるために起こるのである。

また、アリストパネス的解釈によれば、かつて両性であった人間は、神への不遜から性を二つにさせられた。
その結果、人は片割れである異性を求め、それを欲するのである。
従って、異性を求める愛(エロス)は
「人間にとって天賦のものであり、それゆえに、根源的な自然を回復しようとし、二つを一つにしようとし、人間の自然(本性)を癒そうとするのである」

ちょっと小難しい話になってしまったが、自分の認識におけるエロスというものは、
かような論拠のうえに成り立っている。
断じて女性蔑視の果てみたいな、性欲処理道具みたいなものではない。
エロスという衝動は、生(=性)を根拠とした礼賛であり、苦悩であり、自然である、というのが私の持論だ。

------------------- はい終わり ---------------------

そのようなわけで「エロティシズム」という副題におののき
「ちょっと自分には無理」と思われている方も多いかと思うが(笑)
別にそんなものすごい絵を描けといっているわけではない。
というか、規約事項をお読みになれば判ると思うが、

本気でものすごいものは投稿できない仕組みになっているwww

エロスは全ての人間に備わる、根源的衝動であり、それはあなた自身が日ごろ目指している「前向きに生きること」そのものなのである。
別に裸体を描けとか言ってるわけではないのである。
要するに、自分がそそられる対象、それがエロス。
人によって(男の)肩のラインであったり(男の)腕のラインであったり、(男の)声だったり、(男に)かばわれる、というシチュエーションであったり、ほら色々あるだろう!
その「そそる」部分をクローズアップすればいいのだ(例が男ばかりだ?当たり前だ!)
ここはひとつ、自分をそそるものが何なのか、振り返ってみてはいかがなものだろう。


……ところでエロスのもう一つの(哲学的でない)側面。
(主に)男性によってもたらされる(場合によって)被虐的なアレ。

これは神名龍子女史の発言の引用だが、
『性的なエロス(エロティシズム)というのは、バタイユの言い方を借りれば「禁止された美の侵犯」です。
 これは、エロティシズムについての一般論としてはどうかと思うんですけど、
 「男性にとってのエロティシズム」に限定するならば、本質をよく言い当てていると思います。』

という事で(笑)
「隠されたものを暴く」事への快感は、陰影礼賛な日本人であればこれまた当然持っていてしかるべき美学であろう。
着物の裾からチラ見えな素足、障子に映った影が生み出す姿態、見えそうで見えない、見えなそうで見える、
そういったじらしこそ、恋愛の最上級のテクニックだと思うし、
もしそれを作品で表現できたらとても素晴らしいことではないかと思う。

むしろ自分にとって男女の性差から生じるエロスの根源は望むところださあ来い(創作的な意味で、ですよ)なので

わりかし相当アレな作品であっても、これも「エロス」と証言してやるから、逆の意味でためらっている諸氏も安心して投稿してくれたまえ!


むろんnecrophiliaとかpaedophiliaとか、まあいろんな趣味があって、中にはいわゆる「反社会的」と言われかねないものもあったりして、その辺加減が難しいと思う。
思うが、それこそ「指摘できそうでできない」ギリギリのラインを狙う、というのも
創作者として非常にエロティックで良いのではないかと。

まあ、要するにあれだ、規約に違反しなければ
「脱ぐとかありえないし!」という清純派も「やるからにゃ徹底したいぜ」派も
「これが私のエロス!」と言ってくれればたいていのものがオッケーなわけだよ(笑)

101108-blog1.jpg
seisuiさんの支援シャツ&Jezzさんのテクスチャ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。