Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

スポンサーサイト

Posted by Lazyrose on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剥きたま男の作り方

Posted by Lazyrose on   9 comments   0 trackback

ワシだって若い男を描こうと思えば描けるんじゃーい!

と、いうわけでギャラリーに可愛らしいのを一枚~。

一応「蜜×毒コード(二十歳未満は人間未満)」にひっかからないよう、Michael4だからね!
「筋肉と若干の贅肉と人生のアカでくすんだおっさんしか描かないのにHiro4なんか入れてられるかよ」という偏った人間に嬉しいE.G.S.のM4モーフ使用。

そんで今回は石の像がパリパリ割れて、剥きたて卵が出てくるみたいなのをやろうと思って……。
べつだん変わった手法は使ってないけど、フォトショップのパスワーク部分を説明。
誰の参考にもならないけどキャプチャ撮っちゃったんで使わないと(笑)

①人体と服に岩のマテリアル貼り付け
110122-blog2.jpg

②それだけだと陰影に乏しいのでもう1種類

③それでも石像ぽくならないのでしょうがないからここを参考にフォトショで大理石マテリアルを作成。

110122-blog3.jpg

④マテリアルで貼り付けても思った質感が出ないので、フォトショップでレンダ画にソフトライトで重ねることに。
110122-blog4.jpg

で、石像ぽいのが出来上がったらそれを元のレンダ人物に重ね、おもむろに割る。
割るつっても一瞬で割れてくれるような便利なスクリプトとかはないので、ちまちま手でやる。

ペンツールで割れたかけらっぽいものを描き→選択範囲作成
110122-blog5.jpg

選択したかけら部分をカット→移動して「変形」「自由な形」でゆがませる。
そして立体感を出すために「まあこの角度だったらこんなあたりだよな」部分にペンツールで厚みをつくり

「パスの塗りつぶし」でカケラのできあがり。
110122-blog6.jpg

これをちまちまちまちまと、ひたすら何十個も作る。
ヒビ割れの部分はペンツールでそれっぽいパスを作って塗りつぶして、石像レイヤーの上にマスクで重ねる。
110122-blog7.jpg


なんとなく剥き卵が完成(笑)
↓は白身と黄身部分。

110122-blog1b.jpg
元ネタがわかった人はそうとうのフィギュアスケート好き。

スポンサーサイト

十年たったらより美味しい

Posted by Lazyrose on   4 comments   0 trackback

Jhonny第二弾。
デップじゃなくてウィアー。

110112-blog1.jpg

フィギュアスケート選手の肉体というのはとても美しい。
個人的に競技ダンサーとタメを張る美しい筋肉だと思う。
中でもジョニー・ウィアーは独特の美しさだ。
ええと、ぶっちゃけ容姿や演技は「まあ好き」ランクなんだけど、彼の肉体と性格とセルフマネージメント能力がとても好きですハイ。

フォトショでの鉛筆線。色々研究中。
どうやらブラシ設定で使う「テクスチャ」次第でずいぶんソレっぽい線が描けるようだ。
で、まあこういうデッサン調のも結構イケるんじゃないかと。

そんでもって手描きでやりたかった本題はこっち。
昨年12月に放映された「BSフジの10年間すべて見せます!デジマガでDAI安☆吉日!」

110112-blog2b.jpg

だってこんな服Poserじゃできねえべ!(笑)


いやあ、バラエティ番組のオダギリは久しぶりだ。
しかも司会役ときた。
何しろ元の「デジマガ」があの状態だったからして、どうせオトナになった現在でもそうだろうと思っていたら。
案の定黒い黒い。

台本はまったく読んでこない、ゲストはくさす、松田さんいたぶる、勝手にゲストのお土産スイーツ食べちゃう。そして、終始一貫暴言吐きまくり。

気持ちはわかる

しかし、往生際悪く過去をシャットアウトしようとするオダギリをあの手この手で困らせるスタッフの方が一枚上手だった。
「げっちゅ~」を嫌がるオダギリに
「そうですよね~、オダギリさんBIGになっちゃいましたもんね~」
「ドラマも映画も出まくりですもんね~」
と畳み掛けて結局やらせるBSくんにときめいた。
さすが、オダギリの扱いを心得ている。

あと、自分的にヒットだったのが
「顔細くなったねえ」というあべみさんに
「ヒゲのシャドーですよ」とズッパリ切り返すオダギリ。
うん、いや知ってたよ。
少なくとも絵を描くオダギリファンは冷酷に真実を見据えていたと思うよ(笑)
でも、たぶんほとんどの女性ファンが自己暗示をかけようと苦心惨憺してる(らしい)部分をあっさり切って捨てるサディストっぷり。

110112-blog4.jpg

過去映像満載で、十年前のひょろっこい(今もだが)オダギリもといオダギーがやんちゃやらかすのが、リアルタイムで見られなかった人間にはとても嬉しかった。
だが、しかし、やはりつくづく思い知った。

現在のオダギリの方がずーっとイカしてる。

若い男の魅力というのは、実にまったく自分の目に入らないんだな。
つるつるのお肌とか、少女マンガみたいなボディラインとか、精一杯頑張ってる健気さとか。
オダギリでさえ、自分の目に入り始めたのは「天体観測」頃からで、「これは買いだ!」と飛びついたのは「顔」くらいになってから。
それまでのオダギリというのは、見てはいた(たぶん)のだがさっぱり認識していなかった。
そんな自分にとっては、若干危惧されてる頬のラインとか、相変わらずスレンダーな骨格を取り巻くうっすらとした丸みとか、おっさん臭く成り果てた成熟した言動とか、現在の方がずっと美味しそうに見えるなあ。

てなことをシミジミ実感するためには手描きの方がいいのだ。
Poserだとフィギュアにだまされるから……って、いやM4使ってると「丸み」部分は妙に実感するんだけども。

セクシーバニーさん描いた

Posted by Lazyrose on   7 comments   0 trackback

……別に嘘は言ってない。

うっふん


今年はお絵かき技を真面目に頑張るぜとか、言ったそばからネタに走るこの性格が災いを呼んでいるような気がする(--;

このキュートなバニースーツは伊香川くん受難日記POIで配布されている。
まさに今年が使い時。

110104-blog1.jpg

謹賀新年

Posted by Lazyrose on   9 comments   0 trackback

新年明けましておめでとうございます。
本年も流行すたり最新情報まったく無視の辺境驀進辺境サイトをどうぞよろしくお願いいたします。

さて、新年恒例の斎藤一トップ。
今年は例年と若干趣を変えて、シリアスめに雪うさぎと戯れております。
ていうかうさちゃん可愛いのでギャラリー絵にしました。

新年早々ギャラリーアップ俺様偉い!

今年はうさぎ年という事でyagamiさんの雪うさぎを使わせていただいた。
意外なことに我が家の斎藤くんは可愛いものが好きみたいだ。
っていうか

110101-blog2.jpg

土方くんがラブリーなのか?
……彼にとっては副長愛玩動物なのか?

110101-blog3.jpg


さて、年が改まってすがすがしく新年の抱負など語ろうかと思う。
なにしろ昨年は正月に
「斎藤イヤーになる予定です。そして多分やはり闇活動な年です」
と宣言したとおり実行したからな!
えっへん!

うむ。思えば昨年はPoser的にはかなり充実した年であった。

正月そうそう「恐怖の闇部隊双六地獄めぐり」企画を発動し、クリアした勇者たちにご褒美のM4フリー品を放流。
3月には第四回和風展に三作投稿。Kyotaroさんとドンジリ争いを繰り広げ見事ケツをゲット。
5月にはNICOさんとの新選組小説コラボ企画「彩」を発表。
8月にはhisayanさんとPGP企画M3執事服をコラボ配布。
そして11月にはまだ記憶に新しい、「魅惑のDC展」を闇部隊番犬所三人組Jezzさん&Kyotaroさんと共催!
そのうえ年末になって新年からはじまるリアル展覧会の主催補助&出品。

これだけの試練をクリアした俺様にもはや思い残すことはない!
今年は心置きなく……心置きなくどうしよう(笑)

ちなみに実生活の方はもうまるでジェットコースターに乗ったかのような不運と不遇と不満が寄せては返す白波状態で、一年間ほとんど毎日のように
「ふざけんじゃねえ~~~!」
とキレっぱなしだった。

まあ、憤怒こそが自分の創作の原動力というやつなのかも知れない。

そういえば
3月には冬季オリンピックフィギュアスケートの採点基準への怒りから、ニコニコ動画に手を出してニコ動デビュー。
5月には宮崎の口蹄疫発生で、政府への激怒から情報収集のためにTwitterデビュー。
腰の重い自分を動かすのは常に「ふざけんじゃねえ」という気持ちなのかも知れない。

……疲れるから今年はもうちっと穏やかに成長したい。

そうだな、今年はお絵かきの方をもう少し頑張りたいかもだ。

110101-blog1.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。