Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

スポンサーサイト

Posted by Lazyrose on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ大蔵アゲになったのかは不明

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

ついに戊辰戦争が終結し、今回は「後始末」的な内容だ。
第30回にしてとうとう「斗南」が出てしまった。はー……(ため息)

実は会津贔屓の自分が心底「見たくねえ」と思っていたのは、大砲飛び交う凄惨な城攻めより降伏シーンより、その後の「斗南移住」なのだ。

今回の内容でもちらっと出たが、とにかく負けた側に対する世間のあたりはきつい。
23万石の会津藩が移住したのは、実質石高7000石、火山灰土の風雪厳しい不毛の大地。
この斗南、現在の青森県六ヶ所村だ。どれだけ産業が成り立たない土地か想像がつく。
慣れない農業と酷寒の前に、飢えと寒さで病死者続出。
飢えをしのぐために海草の根や松の木の白皮を食べ、残飯をあさり、毛虫のようになんでも食べる「会津ゲタカ」(土地の人の方言)と蔑まれる。
生活のために娘はおろか妻女までが士族の誇りを捨てて身を売る状態を地獄と言わずして何と呼ぶ(´Д⊂ヽ

で、そんな斗南に八重が行かなかった理由がわからない(旦那がいるのに)、という人が多いが、
自分は(その旦那の手によって)「戦士」から「一婦女子」にひきずり降ろされた彼女が、今さら男たちと同じ土俵に乗るわけがないではないか、という気がしている。

「今でも薩長が許せない、会津の仇を討ちたい。でも、恨みに囚われていたら後ろばかり見て、前を向けない」

おそらく「八重の桜」後半のテーマとなるのはこの八重の言葉だろう。

恨みと憎しみを抱えて行くより、むしろひとりの女性としてもっと幸せな、新しい世界へと進む事こそが会津を貶めた相手にやり返すという事になるのだろう。
それが、「女がいる!」と叫んだ夫・川崎尚之介の本意でもあったのだろうし。

もっともそれに関しては、八重を斗南にナンパして玉砕した大蔵様もたぶん同様だ。
この期に及んで「かくなる上は薩長に切り込んで一矢報いて討ち死に」と吠える脳筋藩士たちを
「よく読めこれは『南と闘う』という意味だ! 」
とか適当に丸めこんどいて、実際はこの先恭順を貫きまくる。

大蔵様といえば。
この大変な時にわざわざ米沢まで立ち寄って「家名存続しましたよー!ε=ヾ(*・∀・)/」と初恋の人に報告しに来たり、ちゃっかりこづゆのご相伴に預かった挙句、どさくさまぎれに八重さんにボディタッチしちゃったり、してましたけどもそのくらいは許してあげて欲しいんだな。
何しろ彼氏、この先見るのもきつい状況に追い込まれちゃうからさあ~……。

そもそも会津が抜き差しならぬ状況に追い込まれたのは頭の固い上役のせいなのに、「西洋かぶれ」とか陰口叩かれても軍政改革断行し、劣勢の中でも日光口を守り篭城戦でも活躍した大蔵様悪くないのに。
そんでもって切腹直前の萱野様から「この先の会津を頼む」と託されたのは梶原様も一緒なのに、燃え尽きた筆頭家老にイチ抜けされて

気づいたら零落した会津をひとり背負って斗南権大参事。

何をやってもどうにもならない斗南で、脳筋藩士の不平不満を抑えてやりくり三昧。
自分ちも困窮してるのに、妹を里子に出してまで藩士の子弟を養い、おから……いやおからは措いて(汗)。
山川大蔵(いやもうヒロシだろうか)ひょっとして容保様に負けず劣らずの貧乏くじを引く男なんじゃないだろうか。

だがどんな状況だろうととにかく生き抜く!
大参事の固い決意あればこそ、この先弟・健次郎を始め、会津の子弟たちは「賊軍」の汚名を払拭するため血のにじむような努力をし、新時代に政財界や教育界で活躍をしていくのだ。
そして同様に八重も新しい世界を手にいれ、会津の誇りを取り戻すのだろう。
「八重さんは会津そのもの」と尚之介が言っていたように(いや! 確か大蔵様の方が先に言ってた!)

そんな「これからの会津」を描くにあたって、冒頭に新島襄が登場するのは非常に象徴的だ。

遠く離れた異国の地にあって、祖国の状況に心を痛め、祈る襄の横顔は荘厳に美しく。

だってそう見えたんだもん


他人の命を奪った罪を許すことができるのは神様だけだ。だからこそ、神にはなれない人間は「法」で裁くのである。
だが戦争という、法の通用しない状況での人殺しは、ただただ本人の心を苛み、病ませる。
昔、実際に太平洋戦争で闘った知人が言っておられた事だが、戦場で敵を殺してしまった兵士は例外なくうなされるそうだ。戦争が終わり平和な時代になっても、自分の中の罪は消えないのだろう。
命を奪った自分への恐れと敵への憎しみが同居する八重さんの心を救うことができるのは、共に戦った元旦那や旧会津藩士ではなく、神の教えを持つ襄先生なのだろうと思う。

そんなわけで、「歴史捏造してでも川崎夫妻の婚姻関係継続」を望む尚之介ファンには申し訳ないが、ぶっちゃけ7ヶ月間待たされたオダギリファンは、アバンを万歳三唱で出迎えたぞ。
ついに襄のターンだ!
ばんざーい! ばんざーい! ばんざーい!




こ、今回はちゃんと主人公にも触れたぞ!(ほぼ大蔵様だけど)

スポンサーサイト

もふもふ

Posted by Lazyrose on   0 comments   0 trackback

10月公開予定の映画「人類資金」にオダギリが出演するらしいという話はずいぶん前から出ていて、ツイッターでのあれこれに小耳をそばだてていたのだが。

公式サイト

主役は佐藤浩市。香取慎吾、森山未來、岸部一徳、寺島進、石橋蓮司、豊川悦司、仲代達矢と、まあ非常に興味深い顔ぶれだし、監督は阪本順治だし、こりゃー面白くないわけなかろう! と楽しみにしていた。
でもまあオダギリが演じるのは脇役なんで~、映画が公開されたら描こうかな~。でも「舟を編む」なんか映画はなかなか良かったけどビジュアル的に「絵に描きたい!」という感じではなかったしな~……などと気を抜いてたら、公式の予告編でいきなり!
ロシアでもふもふのオダギリがっ!

ふかふか

もふもふ!ふっかふか!
かあああわああえええええ!

なんでも仲代さんの配下で佐藤浩市に利用されて苦悩するヘッジファンドらしい(小次郎さん情報)、ってどんな?
やだもう設定が超好み。利用されて苦しんで裏切られて絶望して破滅して欲しいー!(なんか酷い)

もふもふにくるまれたオダギリがあんまり可愛いのでつい、毛皮プロップ漁りまくってお絵かきしていたら、知らんうちに話題は「八重の桜」京都篇に移っていて、スタジオパークの生放送に出演するぞ、とうとうオダギリのターンだ! とか襄先生が超絶天使らしいとか、ノベライズの破壊力が半端ないとか、どうしよう今年後半は大変そうだ。

とかいいつつ襄先生もスタンバイ済
130728-blog2.jpg

今のうちに殿を愛でるでござる!

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

新島襄出陣まであとわずか。

ドラマはもう会津戦争真っ只中っちゅうか降伏開城一歩手前の一番悲惨なところだ。
新撰組&会津スキーにとって避けては通れぬ道、しかしもう誰を恨んでいいのやら胸狂おしい場面が続く。
あの人もこの人も死んでいく……そのあの人この人が活躍するシーンを半年かけて楽しんできただけに辛い。
でもそんな中、(ヨレヨレの殿もちょっとワイルドでステキ)かなんか思ったりするような自分をちょっと反省したりいやなんでもない。

で、そんな会津降伏一歩手前の鶴ヶ城。
斎藤がおらぬ!
斎藤はどこにおるのかー!


みたいな不満を言っても仕方がないので、かつてNICOさんとのコラボレーションでアップした、同時期の会津城内の様子を描いた「琥珀」なんか読みなおしてみたりする。
NICOさんの描写する容保様を、「八重の桜」見てあらためて読むと、うーむ、深い、深いわ。

殿VS斎藤一(いやもう山口だった)でござる。
琥珀

そして、このとき作ったpz3が無事に生き残っていたので開いてみて、我ながらなかなか容保様っぽかったことにびっくり。
これ、いろんな手法で斎藤一を描くというトライだったもんでございますから、ちょっと肝心の斎藤がファンタジーな描写になってるんだけど、そのへんはスルーして欲しい(汗)
肝心なのは容保様なので!
いえもう描きたかったのは容保様ですから!
NICOさんも自分も超がつく容保様ファンなので!

130714-blog1.jpg

ドラマの綾野容保様があまりに容保様で、そりゃもう容保様親衛隊としては毎回涙とヨダレを振り絞って視聴しているわけですが、ただ自分ちの「爆裂新撰組」だと容保様もちょっとばかりアレかもw
ドラマでは、非戦恭順派だった西郷様を城外へ出したのは、主戦派から暗殺されそうな(まあ実際梶原様あたりが画策してたようだが)状態なので逃がした的な描写がされている。
まあ自分もその説には賛成だ。殿の性格からして西郷暗殺計画に加担するとは考えにくい(何しろ保科以来の名家だ)。しかも神保修理の一件もある。
殿は西郷を逃がしたかったに違いないと思う。

でもそれとは別に、自分がその場にいたら梶原組に参加してたと思う。
だって西郷様、この時期は恭順じゃなくて、殿と大殿の切腹&玉砕主張してんだもん。(堀田節夫氏の『西郷頼母』による)
赦さねえよ!(#゚Д゚)

まあ、後年容保様が日光東照宮の宮司になった時に、西郷様が禰宜を勤めておられるので、両者の間には相互理解があったのだ、と思っている。

130714-blog2.jpg

会津戦争終わったら殿(いやもう大殿だった)の出番も少なくなるであろうから、今のうちに殿を愛でておかねばなるまい。


……あれっ、また主人公の事に一切触れて……

ヒゲ+ジャケット+山高帽=なぜかフェミニン

Posted by Lazyrose on   0 comments   0 trackback

オダギリファンというのは一種独特な存在だ。
まあ自分は他の芸能人(特に若い層)には興味がないので、他の方のファンの人をよく知ってるわけではない。
わけではないが、たぶんこれだけは断言できる。

オダギリファンはものっそい我慢強い。


そもそも俳優というものは人気がなければ成り立たない商売なのであって、ファンが要望するからこそスポンサーが、テレビ局が、そして製作会社が、その俳優をオファーするんであろうから、普通ファンは大切にするものだ。
まして主役を張るような二枚目俳優に属する(本人の意思はともかく)俳優たるもの、キャーキャーいわれてナンボ。ツイッターやブログでファンとの交流を図る人もいるし、出演作品公開前なんかばんばん番宣に出まくるし、取り囲まれて振りまくおアイソだって仕事のうちだ。

それが、番宣は出ないバラエティは出ない、選ぶ脚本も言動も己の信念に基づいてなんだかマイナー路線多いし、公開インタビューでもあろうものならバリバリに神経尖らせて「思い通りにさせてなるものか!」みたいなねじれ曲がった返答で司会者困らすし。
うっかり試写会だの公開撮影だので見かけても、キャーキャー騒いだ日にゃ力いっぱい迷惑がられること必定なので、みんな何だか控えめ~に「ステキー」とか囁きあう程度(らしい)。
普通だったら避難浴びそうなもんだが、「いつまでも役者やってるとは思えない」「ホントは農業とか憧れるし」などとマジ顔で脅しをかまして牽制。いっこうにファンの願いをきかない。もうファンサービス皆無。
俺は俺の道をいくからむしろ付いてこないでいいからみたいな、まったくわがままにも程がある。

ところが、それを十何年も見守ってきたファンてのはもう筋金入りで、そういうオダギリだからこそいいのだと信じ込んでいる。ヤツが嬉々として(バナナの)着ぐるみCMに出ようと、トーク番組でいたずら手遊びばっかして司会者に叱られようと、NHKで「日本の歌って嫌いなんですよね、愛だの恋だのそんなんばっか(意訳)」などと爆弾発言しようと、超高級マンションのCM製作発表で「IKEA好きです」とかまそうと、一向に動じない。「ま~たこの子は」と生温~く見守る視線は、半分くらいオカンだ。
まあ、オダギリのファンやってると、いちいち「もっとファンが喜ぶ(スタイリッシュな二枚目の)役やって欲しい」とか「試写会で笑顔を振りまいて欲しい」などとありえない要望をしようとは思わなくなる(笑)

と、そこまでが前提。
そんで、そんな芸能界でも屈指に我慢強い、控えめなオダギリファンが、それでもちょっと口を尖らせてしまうことがたまにある。
韓国で取材されたときのオダギリの態度の違いだ。
なんなの、あのまっ黄色い悲鳴を浴びてなんで迷惑そうじゃないの!
てかなんなのその無防備な笑顔はっ!
いつもの鉄壁の自分ガードはどこに消えたんだオダギリ!
羨ましい! うらやましいぞ韓国のオダギリファンが真剣に羨ましいぞー!

……みたいな事がね、またあったんですよ。
韓国映画「Mr.GO」にカメオ出演したとかで、その試写会に出席するために韓国行ったんですね。
そんでその空港で取られた写真がエロいんですよ!
いやエロくはない、普通の格好なんだけど、なんていうかオダギリ特有のエロ光線だだもれなのね。

130710-blog1b.jpg

どうやら新島仕様らしい短髪口ひげ姿でダルダルのシャツとダルダルのパンツに素足に雪駄で、でろり~んと歩いているこの男の発するだだ漏れな甘い何かを感じたい人はエンタメコリアをどうぞ。

そんでくっそー、どうしてこう俺様好みのエロい格好でなにこれめちゃくちゃ美味しそうじゃないの食べたい!頭から丸ごとぱっくんしたいー!ヽ(`Д´)ノ
とか思ってたら、試写会当日レッドカーペットのオダギリさんはさらに美味しそうだった。

130710-blog2.jpg

うーん、なんだこの……。
口ヒゲにクラシカルなジャケットに山高帽ときたら、ふつうはダンディになるものですよ!
(全体像を確認したい人はこちら
なのになんでオダギリがやるとこう、フェミニンな匂いが漂うんですかねえ?
と、ツイッターでオダ友さんたちと首をかしげつつ分析したところ。

・本人の内包するフェミニン要素が主原因説(主にきゅるるんお目めとかでっかいオレンジのネクタイ)
・韓国行っていつもの鉄壁ガードが落ちてしまっているから説

確かに今度もまた、はじけるような全開の笑顔、うっかり照れ笑い、無防備なきゅるるんお目めなどなど国内ではめったにお目にかかれない愛らしい表情満載だ。これじゃダンディというよりプリティだ。
ぐぬぬぬ……妬ましい、妬ましいぞ韓国のオダギリファンがーっ!

まあ、国内でのバリバリガード貼ってるオダギリのヤマアラシみたいな表情もそれはそれでいいんですけどね。
あと、あっちだと空港写真からプライベートな(スタッフや俳優さんとツーショットとか)写真まで、ものすごい勢いでアップされるので、それはそれで嬉しいんですけどね!

まだ存分には語れない「小説仮面ライダークウガ」

Posted by Lazyrose on   6 comments   0 trackback

ギャラリーに「GODAI2013」をアップ。

こちら

さよう、巷で話題になっている「小説仮面ライダークウガ」。

13年間、待って待って待ち続けてさらに焦らされたあげくの刊行に、飢餓状態の丸呑みごっくんなので、未消化ではあるのだが、消化するまで待っていたら何年かかるかわからないので勢いで描いた!(鼻息)
Admiration Odagiriコーナーはオダギリが出演した作品へのオマージュ的なジャンルなのだが、これに限っては「(出演してないけど)他のキャスティングは許さないんだぜ!」という意図でここに入れた(笑)

もともと本編のメインライターだった荒川稔久氏はこの小説を書き上げるために相当苦労されたようだ。
それはそうだろう、通常の小説としての面白さだけではなく、13年間も待つというファンの執念(笑)を満足させるだけの「懐かしさ」「整合性」「意外性」が求められるのだ。
正直いってこれを一冊にまとめあげた力量に感歎する事しきりである。

かつて自分は「クウガ」をイラストにしようとして、まる二年くらい悩んだ。
どうしても単純にひらたく「五代の似顔絵」的な絵が作れなかったのだ。「クウガ」という作品のもつ複雑で重厚な世界観は、とてもじゃないが自分程度の力量で一枚の絵に表せる代物ではなかった。
結局自分の中でクウガという作品の持つテーマの一部(たぶん)を印象画的に表現するだけで精一杯だった。

一作目
二作目

そんなとてつもない作品の「その後」。しかも公式。
いやはや、待った甲斐があったとしか言いようがないわい。
それくらい充実した内容だった。一度読んだだけじゃとても受け止めきれぬわ、脚本家恐るべし。

一度めは一条刑事の目線で読んで衝撃を受け、二度めは別の視点で読んで「ここはこういう意味だったか!」と納得し、
そして三度読みなおして、ようやく落ち着いて「この小説は……」と向き合うことができた。

本編最終回で「これはどう解釈すれば!?」と騒がれた、雪山の別れとかその後のアレがどういう意味だったのかとか、
あの人とあの人はくっついたのかとか(このへん荒川氏ならではの容赦なさがw)
ファン目線でたまらない「回答」がようやく提示されたのも嬉しいが、ストーリーそのものが、特撮アクションものでありながら、同時に高品質な警察小説であったりと、単品の小説としてもクオリティが高い。
これぞまさしく「クウガ」

何しろ登場人物ひとりひとりが(そりゃメインライターが書いてるんだから当然かもしれないが)まさしく彼らそのもので、そんな彼らの現在の風貌が、実になんちゅうか演じた役者さんたちの現在とよく似ていたりするあたり(笑)に、「ここはひとつオリジナルキャストで続編映像化」的な、なにかを邪推してしまったりするのは、私だけではあるまい。
「十年以上も経っちゃったし、元のキャストじゃ今さら」みたいないい訳をばっさり断ち切る「13年後」。
「とりあえず原作作っときましたから!」
という、誰かの声が聞こえるような気さえするではないか!
な! な! どうよ誰かあいつ説得してくれよ高寺さん!

130704-blog1.jpg


さらに一条刑事がどうみてもヒロイン状態だったり、
直接登場しない人物のその後にもきちんと触れていたり、
随所で特撮小ネタ満載だったり、
アレなお姉さんたちが「かくあるべし」的な描写がアレだったり、
なんかもう、荒川氏がただでも幅広いクウガファンに全方位的にサービスしまくっていて凄すぎるw

こりゃもう本編見た人は何が何でも読むべき。

あと、この小説6月28日に発売されたのだが、書店をまわっても売り切れてたり、Amazon経由で予約した人のところになかなか届いていなかったりと、かなり入手しづらい状態らしい。
で、ツイッターを追ってると、読後興奮して熱く狂おしく語りたいのに
「まだ読んでない人が多いのでネタバレはできぬ!」
と、ぐっと我慢している人の多いこと多いこと。いまもってバレ感想を我慢してる人がたくさんいる事に感動した。
「あ~、クウガファンってこうだったよな~」としみじみ。
まあ、アレがアレだったとかそんなの絶対書けないよね! 楽しみに待ってる人がいるのに!

そんなわけで、ギャラリーのコメントもきわどいバレは入れないように気をつけたつもりだ。
つーか、やはり一枚の絵でこれを表現なんて自分には不可能なので、「とにかく言いたいことはこれだ」的なものに(笑)

そんで以下、ストーリーの根幹に関わる重要なネタバレがあるかもしれなくもないかもしれないネタバレ画像は続きを読むに格納しておくぜ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。