Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

蹴散らして前へ進め

Posted by Lazyrose on   6 comments   0 trackback

さて、今年の大河ドラマ「八重の桜」も最終回を迎えた。

不満はもちろんたくさんあるけど(笑)、「ここをこうして欲しかった」とか「なんでこの人がいない」とか、いちいちあげてたらきりがないので割愛。良かったところはもっとたくさんあったし、すごく楽しめた。
なんたって維新を会津目線で、そして容保様を大々的に取り上げてくれただけで、会津スキーにとっては有難くて拝みたい話だったんでねえ。
それと、荒廃した京都が教育をもって復興していく話なんて、明治史に興味ゼロだった自分はさっぱり知らなかったので、実に興味深かった。

ただ、これは前回の感想を書いた時に(文量の都合でw)入れられなかったのだが、あえて不満をあげるとしたら、第二部京都篇の内容がどうにも焦点がボケて微妙だった点だ。
これを「会津編が長すぎたから」で終わらせる向きもあるが、自分はそうは思わない。
確かに配分がおかしかったとは思うが、会津が朝敵にされて滅びるまでの過程はあれくらい丁寧に描かないと、当時の事情を薩長史観でのみ見ている人に納得させるのは難しいからだ。

たぶん物語として第二部は新島襄を中心とした物語であるべきだった、と思うのだ。
なぜなら、新島襄、松平容保、山本覚馬、山川浩、山川健次郎という、明治編の縦糸となったこれらの人物群の中で、ただひとり「武士であることを否定した」武士が新島襄だからだ。

武家の理屈で成り立っていた旧時代が終わり、想像を絶するスピードですべてが変化していく新時代に、旧武士達は薩長も会津もなく右往左往する。それまでの価値観の崩壊と、自我の目覚めうんぬんについては(ヘタレ蘆花の)駆け落ち回で書いたとおりだ。
しかし、新島襄だけは最初から身分社会を否定し、武家の理屈から脱却しているのである(なにしろこの男、武士の魂たる刀を渡米中に売っ払っている)。

なぜ彼が密航してまで祖国を脱出したのか。なぜ武士であることを否定し、キリスト教徒になり、そしてなぜ学問をもって祖国を復興しようと考えたか。
その新島襄をきちんと描けていれば。
さらにいえば、幕末に吉田松陰が投げかけた「西欧文化の取り入れと学問による改革」という問いを、明治に受けて実行しているのが新島襄だともいえる。
そのへんの筋がストーリーの中で描かれていたなら、第二部はもうちょっと収まりが良くなったのではなかろうか。
そこんとこちょっと残念だった。

まあ、そんな重要なはずの襄先生がエピソードはしょられまくった脚本であってすら、オダギリジョーという役者の存在感は十分に視聴者に伝わったようなので、とりあえず良しとする。

オダギリ良ければすべて良し!(結論)

131219-blog1b.jpg


それはそれとして、作品全体の総評を過去まで遡ってまとめる気力はもう残っていないので(笑)今回の突っ込みどころをあげると

1.ラスボスが蘇峰かよ!
2.蘆花wwwどの面下げて「人間の真実」とかwwww

3.慶喜公とユカイな仲間たち

あたりなんだが、1、2らへんはもう省略する。この兄弟には本気で突っ込むほど興味ない(酷)
なんたって慶喜公・春嶽公・勝センセイ、これですよこれ!
もー、ちゃっかり撮りおろしのシーンなんか入れてもらっちゃってこのおっさんたちは憎めないよなーw もうおまえらまとめて地獄行き決定な!

とりわけ、再三辞退してるにも関わらず病床の殿を叩き起こして口説くわ脅すわもうその時点で有罪確定なわけだが、最大の悪行は御家訓を盾にした脅迫行為!
「あの愚直さが仇とならねばよいが」
とかどの口がいうのか春嶽公! お前だ、お前が諸悪の根源なのだ! あの世で横山様と西郷様に簀巻きにされてくるが良いわ!

そしてゴリ押しで守護職受けさせた容保様の忠誠を主上と張り合って嫌がらせのストーカーもどきまでしておいて、いざ敗色濃厚となると速攻で切捨ててその理由が
「会津の愚直さが怖かった」
じゃねえぞ慶喜公! あいかわらず論点のすり替えが上手すぎて笑うしかないじゃねーか(笑)

そしてその慶喜公のあとをついで会津を人身御供にした勝センセイ。
憎めないけど好きにもなれないんだけど襄先生にツンデレだったしまあ許そう。生瀬さんの声好きだし(関係ない)
「信義で結ばれた主従の絆が、わしには手に入らぬものであった」とか自虐ネタとばす慶喜公に黙って平伏ってそれ無言の同意? 同意だよね? あれか、「御意~」ってことでよろしいか?

なんだかんだいって最終回まで突っ込みいれさせてくれる慶喜公は、ある意味「八重の桜」ベストキャラではなかろうか。

ところで、ラストシーンが「意味わからん」「天を撃つって天に唾してんの?」という意見を見かけたけど。
あれって天を撃ったのか? 立ち込める暗雲を撃ったんじゃないの?
「闇の中にも小さな穴がひとつあれば、光がひと筋差し込んでくる」という、会津城攻防戦の最中に山本父が残した言葉を受けた象徴的なシーンだと自分は思ったんだけど。
時代におおいかぶさる暗雲を「蹴散らして前へ進め」というメッセージだよね?
そんなにわかりにくいかなあ。
つーか何でもかんでも説明してもらわないとわからんのか? 自ら考える人であれと、襄先生も山本兄も言ってたろうに。近頃の若いもんはぶつぶつ(爺)

まあ、なんにしても久しぶりに一年間楽しめる大河だった。
襄先生が天に召されるシーンでは号泣しそうになったし、殿や山本兄の逝去回は感動したし、西郷様との再会では思い出の会津効果でうるっと来たけど、ラストでは涙の気配もなかった。
だが、この明るくて前向きで、その底に人間のしたたかさがある雰囲気こそが「八重の桜」だなと思う。



ちなみに最終回直前のスタジオパークでVTR登場したオダギリ。
49回での襄先生の幽霊シーンは本人的には「必要ない」一択だったようだ。

131219-blog2.jpg
思った以上に天使成分は抜け落ちていたw

非戦と反戦

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

いやあなんちゅうか、ラスト二回はいろんな意味で感想書きにくそうだな~と覚悟はしてたんだが、ホントに書きにくいな(笑)

まず「戊辰戦争全否定か!」と各地で罵倒の的になってる、覚馬の「戦うことを学ばず」発言については‥‥正直いうとちょっとよくわからない(笑)
全否定とは思わないが、なんであんな事いわせたんだろうな?

ただ、かつて、開戦への道をまっしぐらに辿る会津藩内において、数少ない非戦論者であった覚馬にとって、「戦うことを学ばず」という言葉が単純な反戦論であろうはずもない。

そもそも彼は、公用人時代から常に「国内で争うべきではない。現在は列強の脅威にそなえるべき」と説いて薩長との和合を画策していたはずだ。
だからこそ開戦を止められず、会津が滅ぼされるのを傍観する事しかできなかった己のふがいなさを責めていただろう。
これまで、ただの一度も会津を訪れることを己に許さなかったのは、自分が救えたかもしれない会津を救えなかったことを愧じて、悔やんでいたからだろう。

「会津魂を忘れたのか」と憤る健次郎博士に、
「誠意を尽くすことは尊い。だが、それだけでは人を押しつぶす力をはねかえすことはできねぇ」
と返す覚馬の言葉は、自分には
「もちょっとうまく立ち回ればよかったんじゃね?」
というふうに聞こえたのだがどうよ?

ぶっちゃけ「会津には戦をせずに済む道もあった」と言われても、偽勅を奉じたあげく無理押しの因縁つけられて、何が何でも開戦に持ち込まれた会津にどういう道があったのかとは思う。
少なくとも西郷隆盛はそのへんを自覚したうえで会津を追い詰め、犠牲にした。
戦うことでケリをつけようという武家の理屈ではもう日本という国は立ち行かないから、そうしなくていい世の中にするために戦って政権を奪い取る、という矛盾を、矛盾のままに実行した。
そして自分自身も武士の時代の息の根を完全に止めるために西南の役を起こした。
それに対して「どうすべきだったか」と問われても、覚馬自身が内心「武家の時代は終わるべき」と思っていた(たぶん)以上、答えは出せなかったんじゃないだろうか。

実際、劇中で、覚馬は答えを見出すことができなかったようだ。
その上で、同志社の若き卒業生に後事を託して終わっている。
「いかなる力にも、その知恵で抗い、道を切り拓いてください」
覚馬の問いかけは、現代に至ってなお答えが見つかっていない。ひょっとするとこの先も答えの見つからない問いかもしれないが、それでもその答えを探し続けなくてはいけないのだ。我々はすでに武士の時代を脱却した人間なのだから。

若い世代にこの課題を託すことで、託せるような世の中に変えられたことで、最期に「やっと、帰れんな。皆が待ってんべ」と会津弁でつぶやくシーンは、とても美しかったと思う。


一方、容保様の「過ち」発言。
これもまた、戊辰戦争を否定したものではなかったように思う。

「昨年『平清盛』で始まった武士の世が、今年『八重の桜』で終わる」というのは、この番組始まった当初に笑い話として言われていたことだが、ドラマの終盤に至って、確かに武士の時代が終わったという感慨がある。

それは、単に政権が武家から人民に(実際は違うが)移行した、という意味ではない。「武士の理屈」で世の中が動く時代が終わった、という意味だ。

武士の理屈とは、要するにほれ、歴史の時間に習った「一所懸命」というやつだ。
平たくいえば領地を守るために、そして領地を与えてくれる主君を守るために戦うことが武士の仕事なのだ。
なにしろ侍はそのために扶持を貰っているんだから当然だろう。
さらに、江戸時代になるといわゆる「君には忠、親には孝」という朱子学の思想が加わる。
覚馬が「大君の儀‥‥」と述べた瞬間、健次郎と八重がさっと居住まいを正したことでもわかるように、少なくとも幕末の会津においては、武士とはいかなる行動をすべきかという教育が徹底していた。
現代の人間が「平和は善、戦争は悪」とする思想とはベースがまるっきり違うのだ。

会津の行動原理は、間違いなくこの「武家の理屈」の上に成り立っている。

「そもそも徳川家なんて盟主に過ぎないんだしー、ってか俺らの主は本来帝なんだし!」
などと260年を遡った言い訳を強弁できる外様大名とは違い、徳川こそが「土地を与えてくれた主」である親藩の会津にとって、帝と将軍、双方を守り戦わなければならずという状況はかなり苦しいものがある。
公武合体がうまくいってれば何とかなったかもかも知れないが、あいにく頼みの綱の帝が亡くなってしまっては、会津のたどるべき道はどう転んでも破滅だっただろう。
運が悪いといえばこれほど運の悪い人もいないだろうが、この矛盾に対応できる柔軟さに欠けたことを、容保公自身は終生後悔していた。それが「戒め」だったわけで。

徹底抗戦を選んだことで、戦いに万全の体制を整えずに開戦に踏み切り、結果的に藩士を路頭に迷わせ、領民に大変な迷惑をかけたことは事実だ。
藩主たるものそれを「過ち」と思わずしてどうする。

しかし、そうまでしても守るべきものは、確かにあったのだ。
それが武家の矜持というものだ。
そして何だかんだいっても藩士たちは、殿様のその意思を是として共に戦ったわけで。
その会津の意地を、忠節を、矜持を、後世に伝えて欲しい、ただし自分の判断はそのために藩士や領民を地獄に追い込んだ、そのことも伝えよと。

公は守るべき主君と藩士と領民を守れなかったことを悔いていたのであって、断じて薩長に抵抗したことを悔いているのではない。

だからこそ、山川様の
「あんとき会津までが徳川を見捨てていたなら、こん国に誠の武士などはいなかったことになります」
というセリフが生きるのだ。
山川様のセリフがすべてを語ってるじゃないの。
武士の時代の終焉に、武家の理屈をもって抗ったのが会津だったと。

131212-blog2.jpg


ある意味、戊辰ではなく西南の役こそが、明治維新の本来の戦だったのかもしれない。
武家の理屈が本当に滅びたのはあの戦いにおいてだった。

その上で、「武士の時代」から「平民の時代」へと移った明治時代だが、結局は武士の時代と同じ理屈で同じ「戦」へと押しやられているのが実情だ。
戊辰戦争が起こるべくして起きたように、日清戦争もまた戦いの火蓋は切られてしまっている。

自分は主人公も、容保様も、覚馬も、戦う事を否定していないと思う。
彼らの主張をあえて意訳するなら
「負ける戦いはするな。やるなら万全を期せ。むしろ戦わずして勝てるようになれ」
という事ではないだろうか。
少なくとも八重さんは「浮ついた気持ちでは、イザっつう時に役に立たねえ」とやる気まんまんだ(笑)

後世の我々の目から見ても、「戦はいやでございます」と自己中心的に叫ぶだけのお姫さまより
「戦争はしないほうがいいが、起きてしまったからには出来ることを全力でやる」
という八重さんの方が断然好感持てるよな。
そしてそういう八重さんを育てたのが覚馬なんだから、やっぱ覚馬も同じ考えなんじゃないのかなあ。

まあ、そんなこんなで脚本を擁護するわけではないが、否定もせんなあ。
(御宸翰の扱いと「会津戦記」だけは物申したいけどな!)

ていうか、敗者の責任うんぬん言うならむしろ

慶喜公がぜんぶ悪くね?

ってことでどうよ。


ところで、大河名物心霊シーン(笑)

131212-blog1.jpg

「組!」では源さんがくっきりはっきり幽霊だったし、「江」の信長とかね、見てるほうがいたたまれなかったし。
「清盛」なんか忠盛に崇徳院に祗園女御に、しまいにゃ西行法師がイタコになってたもんね。
その点「八重の桜」ではあえてはっきりと人物を映さず、壁に映った影と、そのまま振り返らずに終わらせることで、
「これは八重さんの心象風景なのだ、決して心霊シーンじゃないのだ」と、一線引いていたのが良かったと思う。

「亡くなった人はもうどこにも行きません。あなたの傍にいて、あなたを支えてくれます。
あなたが幸せであるように。強くなるように」

前回の感想でも書いたが、かつて襄先生が八重さんを癒したこの言葉が、
ふたたびすべてを失った八重さんを救い、奮い立たせる演出はとても良かった。

死してなおヒロインを、そして視聴者の荒れた心を(笑)癒してくれる襄先生マジ天使ってほんとに天使になってたし!

神の加護あらん

Posted by Lazyrose on   3 comments   0 trackback

思い起こせば三ヶ月前、会津戦争に傷む人々の心を癒すために天から使わされたとおぼしき、まっ白でふかふかした伝道うさぎちゃん降臨に、我々視聴者の心は躍った。
いっそ脚本家の嫌がらせとしか思えん前夫アゲヽ(`Д´)ノにも関わらず、登場するやいなや、その笑顔と天然パワーでヒロインだけでなく視聴者の心までもぐっとわし掴みにした我らが襄先生。
さらにはひと癖もふた癖もある幕末維新の生き残りオヤジどもを難なく懐柔し、篭絡し、薙ぎ倒し、気がつけば彼の夢である日本人教育のために善意の奉仕をさせまくった(あの伊藤ですら最終的には寄付した)。
うーむ、志なかばで斃れたとはいえ、白うさぎの実力たるや恐るべし。

というのが、自分の(「八重の桜」での)新島襄評w

時に優しく八重さんの閉ざされた心を開き、時に八の字まゆげで諍う人々を和ませ、地獄のように重苦しいシーンも「八重さーん、八重さーん!」というあの呼び声ひとつで見事に粉砕してしまった、無敵のシリアスクラッシャー襄先生。
病にやつれ、己自身がシリアスな状況になっても笑顔をたやさず他人のことばかり心配して、同志社の将来を案じてひたすら走り続け、利他に徹した47年間。
あと一歩で夢の大学設立がかなうという時に、無念のリタイア。
なんという悲劇! なんというドラマ!(´Д⊂ヽ

ぶっちゃけ新島襄という人物には何の関心も共感もない、否、むしろ聖人君子は嫌いなこの自分をして「襄先生の敵はワシの敵」と思わせしむるとは!
‥‥うん、いや、まあそりゃオダギリが演じてたからなんだけども(笑)

オダギリすげえなあと思うのは、たぶん自分を含めほとんどの人が
「新島襄って誰だっけ?」
「ああ、カルタで見たことある」
程度の認識だった新島襄を、全国的に「教育のために命をかけたむっちゃいい人」(意訳しすぎ)だと知らしめたことだ。たぶんこの先「新島襄」といえばほとんどの人がオダギリの襄先生を思い浮かべることだろう。

以前、自分は大河ドラマは国を動かしてなんぼのドラマだと書いた。
その点においては、主人公が国政にかかわりのない一婦人というのが若干辛い「八重の桜」だが、もうひとつ大河ドラマには役割があって、それは「世間にあまり認知されていない歴史上の人物を知らしめる」事だと思うのだ。
これまで正面から触れられたことのなかった幕末の会津を主役にし、さらに新島襄という人物を(かなり端折ったとはいえ)世に広めた「八重の桜」はなかなかいい仕事をしたんじゃないかと思う。

そりゃあさあ、欲をいえばキリがないわい。
どうにも、新島襄という人の根幹をなす理念と信条がまったく説明されないまま、事象説明に追われて「そういう事だからよろしく」脚本が目立ったとか。
そもそも襄先生が国禁を犯してまで渡米した理由もちゃんと描かれてないとか。
キリスト者としての立ち位置をほとんど描いていないせいで、彼の信念がよくわからんとか。
なんかいつ見ても「金がない」と資金集めをしてるだけの人に見える(笑)とか。
そんで、その辺をすべて説明できるはずだった資金集めの会合での襄先生の演説が、ただのスケジュール説明で終わったとかorz

しかし、そういう不満の数々にも関わらず、視聴者の多くが襄先生を正当に評価し、愛し、ドラマの中のことなのにその死を悲しむほど入れ込めたのは、ファンの身贔屓さっぴいても、やはり役者の演技の力が大きいと思う。

だいたい襄先生のキャラクターは史実のままの方が魅力的だったような気がするんだよ。
国禁を犯しても異国へ渡り、学び、多くの寄付をとりつけて帰国し事業を成功させたという彼の経歴から描かれる人物像は、思い込んだら命がけの情熱と、目標に向かって着々と行動する明晰な頭脳と行動力を持つ、一本筋の通った男性だ。ちなみに結構短気なところもあったとか。
そう、むしろ八重さんの前夫・尚之助に似ている。
というか、前夫の描写は新島襄をベースにして創作したようなので、むしろ実際の襄先生の人となりは尚之助の方に投影されているのではないだろうか。
なんで前夫を新島タイプにしたんだろうか? 旧弊な人物にしておけば、その後あらわれた襄先生の個性が新鮮に見えて、時代の変化を表現できただろうに。 
制作側の狙いはよくわからんが、しかし、癒し属性が強化されまくった「そんな聖人いるかよ!」みたいな人物像でも血肉の通った人間に仕立て上げるのが役者の腕というもの。
今回、襄先生の死に至る過程で、どんどんやせ細り、生気が薄れ、命を削って同志社のために尽力する姿の説得力は誰もが認めるところだと思う。
もはや襄先生なんだかジョーなんだかわからないくらい一体化した存在がそこにいて、たぶんわりとかなーり、オダギリの演技力が世間に評価されたんではなくって?

それは他の役者さんたちにも言えることで、すっ飛ばされた人物描写を表情や言い回しという演技面でカバーできる実力のある役者さんが多いのも、「八重の桜」の見所だったと思う。
八重役の綾瀬はるかさんの泣き演技もとても良かったので、臨終シーンはベタな展開だったにも関わらず素直に感動できた。

神とともにあらん

タイトルにもなっているが、襄先生の最期の言葉「グッバイ、また会わん」
末期のセリフにしてはなんかスカしてるじゃんなどと思ったが(笑)、実はGood-bye は God be with you (神のご加護があらんことを)というセンテンスを短縮したものだそうな。
「神の加護あらんことを。また会わん」
なるほど。確かに襄先生はキリスト者だったのだ。
愛し、ともに歩む者だったのだ。

死に際して「ありがとう」といわれる人生の、なんと豊かなことか、と心から思う。

そんなベターハーフの襄先生が亡くなってから、八重さんが篤志看護婦人会に参加するまでに実際は三ヶ月の時が流れている。
これを、夫の死から立ち直る期間として、長いとみるか短いとみるかはその人によるだろう。
自分は、かつて襄先生が八重さんに語った、
「亡くなった人達はもうどこにも行きません。あなたのそばにいてあなたを支えてくれます。あなたが幸せであるように、強くなるように」
というあの言葉が、今ふたたび八重さんを慰め、励ましていると信じている。
八重さんに、神の加護と、襄先生の加護があらんことを。

‥‥反面、やっと病魔と鬼総監の目を逃れた襄先生が、のびのび羽を伸ばしてくれてるといいなーとも思ったりw

131204-blog2.jpg





ところで山本兄は、人に何かを命令するならきちんと理由を説明してからにしたらどうなの。
いきなり「行け」と命令→拒否られて激怒→理由説明って順番間違ってないか(笑)