Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

スポンサーサイト

Posted by Lazyrose on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大歓迎されるテロリスト

Posted by Lazyrose on   4 comments   0 trackback

ひと言でいうならば、

どうだ貴様らー!オダギリがカッコイイってやっとわかったかー!ヽ(`Д´)ノ

みたいな回であった(笑)

140127-blog2.jpg


ぶっちゃけ自分の中でこのドラマの評価はいまいちだったりする。
いや面白い(んだろう)とは思うんだけどね。SITだのSATだの、これまで描かれることのなかった特殊部隊設定だし、「め組の大吾」みたいなパワー系熱血主人公だし、脇も演技派の役者ぞろいだし。良ドラマの要素をたんまり兼ね備えている、にも関わらず、なんっか残念な印象なんだよな。

最たる理由は主人公にぜんぜん共感できないあたりだと思う。
原作がマンガというだけあってノリがマンガ、というか特撮ノリなのはいい。
だがどうにも主人公がそのノリについていけてないというかマンガになりきれてないというか、向井なんとかさんは頑張ってテンションあげてるんだろうけど、あげているにも関わらず上滑りしてて痛々しさを感じる。
さらに薄幸のヒロインが下町のオカン的たくましさを備えていて全然薄幸のヒロインに見えない。
容保様が狙撃手というのはなかなか良いチョイスだと思ったが、必要以上に主人公を睨みつけるばかりで、犯罪被害者遺族としての自己主張はわかったからもうちょっと狙撃の腕の凄さを見せようよとか。

微妙に残念感のただよう2話までだったが、3話もやはりどこか微妙。
反目しあう野郎集団が力勝負という熱く汗臭い展開なのに、肝心の演習内容は省略気味でお約束の負傷者が出て結局「俺達は人を救うのが使命」みたいな。仲良くしようよみたいな。
いやもうこの主人公、目指す正義はわかるんだけど、決定的に説得力がない。

ああそうかそうかそれが貴様の正義なんだろうよ、だがオレ様にはぬるい! ぬるいんだよ一號! 暑苦しいバカ(設定)のくせに信念がぬるいって中途半端なんだよ! つーかお子様すぎ! 自分ひとりの正義を周囲に押し付けんな迷惑だ!

というのがおそらくほとんどの視聴者が胸に抱えていた主人公への不満だったろうが、それを登場するなり
「こんなに幼稚なガキだとは」
と一刀両断してのける国際テロリスト様素敵すぎ(笑)

ぬるい主人公のぬるい展開を、ここに来てバイオレンスに吹っ飛ばしてくれた、ダークで冷酷な国際テロリスト様に、なぜか掲示板もタイムラインも湧きに湧いて、
「オダギリかっけええええ!」
「に、新島襄先生!?」
「ジョー先生、何があってこんな……カッコいいじゃないかああああ」
「ジョーに蹴られるとか♡ ぶたれるとか♡」
「兵長蹴りktkr」←やめれw

みたいなえらい盛り上がりだった。
やっぱみんなイラついてたんだねえ(笑)

なぜ女を拉致る! なぜ蹴る! なぜ殴る!
その理由はまだ明かされないがそんな事はどうでもいいくらいカッコイイつーか爽快ですらある。
オダギリがすべてを持っていった。
もはやぬるい主人公とぬるい要素はエロテロリストを際立たせるための当て馬設定にしか思えない(酷い)
この際だから、毎回NSP関係者全員叩きのめしてくれないか。
わりとマジで。

140127-blog1_b.jpg

スポンサーサイト

明けまして黒オダギリ

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

年が明けたにも関わらず沈黙してたのは、喪中だったのと「八重の桜」感想で燃え尽きていたからだすまん(笑)

もはや消し炭のようにくすぶっていた自分を、だがしかし、1カ月ぶりでPoserを立ち上げるに至らせたニュースが一昨日飛び込んできたのである。

国際テロリスト「M」役は、オダギリジョーさん!


TBS日曜9時「S−最後の警官−」に! オダギリが! 悪役で! 登場ですよ!
ファン待望の悪役! それも極悪非道! ドS!
黒オダギリ キタ━━━━(。A。)━(゚∀゚)━(。A。)━(゚∀゚)━(。A。)━━━━!!!!

140121-blog1.jpg

公式の予告動画
必見ですぜ! 女の顔マジ蹴りして髪わしづかみのド外道よ!
ヒャッホーゥ!
これだよこれが見たかったんだよ!
あああ、神様ありがとう! ありがとう!
襄先生ごめんなさい!
いやもう、純白オダギリはさんざん堪能したんで、ワタクシ心の底から黒渇望してたんですよ!

「ヒールは嬉しいけど毎週感想&感想絵はもうきついよなー」
とか言いつつ予告動画見たらなにこれ回し蹴りだけでご飯三杯いけるんだこれが!
「スゴいのよ! 蹴る瞬間まったくリキんでおらず見下したようなゲスな表情のままなのよ(*゚▽゚*)」
と、変態仲間の小次郎さんが力説しておった。ホントだ!
頼むから「実はいい人だった」とか「彼なりの正義が」とか「たったひとり心許せる存在が」とかやっすい展開にならずにドSド外道のまま突き進んでいただきたい。なんかシリーズ最大の敵らしいし、映画化決定してるらしいし、これは期待せずにおられん。
オダギリ自身は「見ていただく方にすごく嫌われながら、でもこういう人たぶんいるんだろうなと思われるとうれしい」などと寝言ぬかしているが、残念だったな、嫌うわけがなかろう! もはや虜だ! テロリストでも殺人鬼でも何でも来いじゃ!

もう心置きなくエロテロリストを味わい尽くすぞ!!
どうしよう早く日曜にならんか!(興奮しすぎ)

140121-blog2.jpg

いえね、実は4月からテレ東で「大川端探偵社」主演てだけで充分に転げまわってたんですけどね!

「大川端探偵社」公式

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。