Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

60年代風レトロ可愛いワンピ!

Posted by Lazyrose on   6 comments   0 trackback

sannziさんとこでV4用のサックドレスを配布されてまーす!

帽子つきトリコロールセット!
150427-blog2.jpg
(「仲良し三人組的な雰囲気でお願いねー」と言われてキャッキャウフフしてる振りしてるけど実際は初対面同士で内心「アタシが一番」とマウンティングしあってるのが見え見えのガイジンモデル的な‥‥)

和風展で作ってらしたワンピースドレスですね。自分で服作れちゃうって羨ましい。
キッチュなオレンジ色のも可愛かったけど、トリコロールで揃うとおしゃれだなあ。
んもうsannziさんたら知らない間に服職人になりつつあるよ! びっくりしちゃったよ!

くわしい説明と配布はこちらから

レトロファッションは大好物なのでワクワク楽しみにしていたのだ。
そんなわけで例によって失礼千万なテクスチャいじり(すいませんすいません)

150427-blog1.jpg

60年代~70年代にかけてのファッション(というか文化)は実にエネルギッシュだ。
戦後ということもあるのだろうが、「体制側に押し付けられた殻を破るぜ」という勢いに溢れている。まあどの時代だって最先端のモードは「殻を破る」のが基本だろうが、この時代のファッションは特に陽気で前向きな時代の到来を象徴してる気がする。

しかし、実は自分はレトロというよりさらにクラシカルな時代の女性服がもっと好きだ。
特にウエストがほっそいやつ。スカートはロングタイトかフレアーもいいなあ。やっぱこう、なんたって秘めたエロスが匂い立つような、いわゆる男の妄想的「女性美」を強調したラインは美しい。最近の服はなんかジャンクな感じでうっとりできないんだよね。
というわけで、次は1950年代のディオールのニュー・ルックとかジバンシィとかどうかな。ヘプバーン的なドレス好きだなあ(独り言です)
あっ、でも1920年代の方がいいな、チャールストン時代。アール・デコの時代。なにしろレオナール・フジタの時代だからなあ!(ひ、独り言です!)




‥‥紳士服でもいいなあ(独り事ひとり事w)

「イケメンは皮を変えてもイケメンか」実験

Posted by Lazyrose on   0 comments   0 trackback

和風展で燃え尽きてハッと気づいたらずいぶん間が空いてしまった。
展覧会前あれやこれやのアイテムを購入して、そのまま作品準備に追われてネタにしようとレンダしたままになっていたのを思い出したのでちょっとアップしておく(FC2広告回避ともいう)

RMPで fu-minnさんのJun for M4がセールで出ていたので、M4持ちでこのイケメンを逃すわけにはいかんと購入。

150421-blog2.jpg

イケメンなだけじゃない、なかなかのナイスボディだ。
しかしこうして見るとどことなく向井なんとかさんぽい気がする。
ううむ、8月に「S-最後の警官」の映画公開されたらオダギリMと向井Sのツーショットイケるな。

150421-blog1.jpg

fu-minnさんのプロモ画像見てこれは一也にいいんじゃないか? と魔が差した。
一也はまにほにさんの伝説の美形M4Ash使っている(ちょっと改造してるが)。美形にイケメンの皮をあてがうなら間違いなく超イケメンになるはず!

やってみた
150421-blog3.jpg

‥‥なんだろう。特にこれといって何をしたわけでもないのに、同じ顔なのに、なんだろうこの全然違う人感‥‥。
同じキャラを少年マンガと少女マンガの人が描いてみたくらい違う。
ううむ、fu-minnさんのテクスチャ、マテリアルは華やかでなまめかしいのだ。
まつげバシバシ瞳にお星様を地でいっている。
どうせのことなら髪型もなまめかしくしてみようそうしよう。

150421-blog4.jpg

‥‥‥‥。
違う物語になりそうなのでやはりやめておこうと思う‥‥。

150421-blog5.jpg