Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

深夜30分枠でこの濃度はお買い得

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

深夜ドラマ「おかしの家」 第1話「恋と恐怖」

とりあえずの第一印象
駄菓子食いながらたむろするムサいおっさん4人にきゃわわ

‥‥あ、いえゴホン
すごく正直な事をいうと、スタート前の宣伝を見ていてちょっと不安だった。
まず「昔のまんまの駄菓子屋」というのが「うわひょっとして三丁目の夕日的なアレか!?」という警戒心を起こさずにはおられない(いやあの作品は名作だったと思うが)舞台設定だ。
しかもろくに稼ぎのないダメ男が集まってうだうだしているところに幼馴染のシングルマザーが戻ってきて‥‥という、ひねりのないありがちな展開で、

うーん、まさか「昔は良かったと現実逃避するダメ大人の自己満足話」だったらちょっとな~、ウザそうだな~、なんだかな~みたいな。

しかし、意外なことに登場人物それぞれが(確かにダメな大人なのだが)それぞれ自分の身の程をわきまえていて、想像したようなウザさがない。
駄菓子屋の売り上げ月4万円の生活をナントカするために工事現場のバイトをしてる太郎も、脚本家めざしてるらしい弘樹も、脇臭い剛も、ガラ透きの風呂屋の明さんも、そして子ども抱えて戻ってきた礼子も、皆「自分のどこが悪いのか」はちゃんとわかっている。
わかっているからこそ、太郎は礼子の恋愛フラグを避けようと「ぷーぞく‥‥ぴ、ぴゅーぞく‥‥とか? 行っちゃったり、とか?」みたいなことを口を濁しながらも告白しようとするし、礼子は礼子で「シングルマザーに恋は禁物!」とオノレに言い聞かせようとする。

誰もが「自分は特別」と思いたがり、安易に何とかなるさと思いたがる昨今のドラマの中で、このシビアな自己認識は心地よい。

のっけから「エンガチョ」連呼するような男たちのバカっぷりも、ちゃんと大人目線での照れ隠し的な要素だったようだ。
とはいえ、深刻な顔した男どもが「誤解を解かなきゃ」「もう本当のこと言っちゃえよ」と相談しているから、いったい何を隠してるんだ、ひょっとして太郎は実はバツイチだったとか隠し子がいたとか莫大な借金抱えているとかそういうことか? と思ったら、「実は時々風俗行ってる」というだけのたわいない秘密だったりする。
そりゃばあちゃんと二人暮らしの健康な男なら週一で風俗くらい行くだろうよ(笑)

このへん、ダサくて小心でうだつのあがらない三十路男のしょーもない生態をリアルに描いている、にもかかわらず映像が美しいもんだからこの連中に何だか好感持ててしまうところがすごい。
足湯の水中アップをはじめ各シーンが(むさいおっさん達なのに)美しい。女優さんを美しく見せようという意図皆無のリアルな陰影といい、ふんわりとノスタルジーまとった色調といい、映画的手法で撮影しているからなのか画面が心地よい。

あと、無駄を削ぎ取った脚本も上手い。
自分が考える「良質なドラマの条件」のひとつに、「さりげないのに印象に残るセリフ」というのがある。
今回でいうなら「子どもの時は子どもの時で何か辛いことあったぞ?」という太郎のセリフひとつで少年時代の彼のトラウマやばあちゃんへの思い、礼子の子どもへの思いなどが読み取れる。
非常にゆっくりゆったりしたテンポで描写されているのに、展開のテンポが良いからモタつかない。無駄がなくかつ含みをもたせる脚本だ。
さらに音がうるさくないとか、駄菓子屋のセットの芸が細かいとか、そういうポイントポイントが積み重なって「大人のドラマ」「映画みたい」という印象を作っている。

そして何より実力派のキャスト。ううむ、尾野さんとオダギリの組み合わせは想像以上にバトルだ。これはいい、かなりいい!
役者さんが(自分が自分がと前に出る戦いではなく)「いかに相手や脚本と噛み合うか」でしのぎを削っているというバトル。会話や目線や表情の自然なテンポの重要さを主演ふたりも脇もそのへんをばっちりわかっていて、まあなんたって
オダギリジョー
勝地涼
前野朋哉
嶋田久作

‥‥なにこのがっぷり魅せる役者布陣。
しかもあなた来週のゲスト藤原竜也ですって鼻血出そう!(濃度面で)

151025-blog1.jpg

そこだけ時がとまったような駄菓子屋で、それはおそらく太郎が「時が進むのが怖い」と思っているからで。
それは他の登場人物にもあてはまりそうだ。ひとりひとりが何かを抱えていて、そんな彼等がいったいどのように変化していくのかを、石井監督どんな切り口でどう見せてくれるのか、読めそうで読めないあたりがいい。
ノスタルジーの皮をかぶったシビア、とも言うべきこのドラマの先行きが楽しみだ。

あと、付け足しのようにいうが、実はこっちが本気で主張したい部分なんだが、
オダギリのソフトでやさしい発声はこのドラマの雰囲気づくりに一役買っている。「エンガチョ」言って相手が傷つかないエンガチョなんてそうそう言えないw
そしてあのヅラ、なんで地毛でもやれる髪型なのにあんなヅラかぶせてるんだろうと思ったけど、たぶんあの小さい頭だとダサい服着ててもシルエットが洗練されちゃうから、少しでも太郎をダサくするために頭デカくしたんじゃないかと思う。

「いい人だけどダメ男」は新たな魅力になり得るか?

Posted by Lazyrose on   0 comments   0 trackback

「働け」「もっと働け」とネタで言い続けていたオダギリさんがこのところ働きすぎててさすがの俺様が「ちょっとは休もうよ(´;ω;`)」みたいな気持ちになりつつある2015年秋。
今年は映画三昧だぜ! と思っていたら金曜深夜の怪獣ラジオ出演が決まって

「15年ぶりにクウガを語るオダギリが!!!」

とか前のめりになってツイッターで発狂していた俺様の耳にここにきて深夜ドラマ主演の朗報が飛び込んで思わずだ、大丈夫なんですかオダギリさん!
喜ぶより先に心配するのが真のファンというもの。ただし我輩の心配は「仕事できなくなったら困る」という本気で鬼畜な心配なのですいません関係者の方々気にせずオダギリさんを引っ張りまわしてください。
まあ映画「合葬」の試写会で「風邪ひいて撮影に臨んでしまって役者は体調管理が一番」てなことを言っていたのでそのへんちゃんと学習していてくれたら嬉しいんですけど、たぶんあの人いわゆる「役者馬鹿」に所属してる気がするのでやっぱり心配だ。
そんな新ドラマ主演

TBS新深夜ドラマ枠「おかしの家」(水曜23:53~24:23)

演出に石井裕也監督(「舟を編む」の人)、共演が尾野真千子さん(個人的に「極悪がんぼ」の人)に八千草薫さん(「舟を編む」に出てた)に勝地涼さん(個人的に「八重の桜」の健次郎さん)。
TBSが新設した深夜ドラマ枠「水ドラ!!」の第一弾という事で、いろいろ気合が入った布陣だ。オダギリ氏ともちらほら絡んでる人が多いのもファンには嬉しい。

で、ストーリーはというと、
33歳にもなっておばあちゃん子でアルバイターで煩悩に負けて風俗に行ったりしてる根は優しい、いわゆる「いい人」な主人公が、ばあちゃんの店を守るという建前のもとでうだうだ暮らしてるところに幼馴染のシングルマザーが戻ってきてひと波乱ふた波乱あってみんなが少しずつ変化していく‥‥というような‥‥

‥‥若干不安を感じる設定なんだが、うーん。
いい人をやると本気でいい人になりきる五代雄介・新島襄路線なんだが、ダメ男をやると本気でダメ男やらかすボクでたみおで早川正義なオダギリが、職なし・金なし・恋人なしの人の良いダメ男‥‥こ、これは脚本次第な気がする。

たぶん話が面白くなるかどうかは、桜井太郎が最初のダメダメ男からいかに覚醒していくかにかかっている。水曜深夜にドラマを見るであろう大人に向けた、ノスタルジーだけによりかからない、だらしないけど前向きでたくましくてコミカルでちょっとウィットに富んだ大人の童話的な作品になってくれるといいなあ(ハードル高すぎ)。

ちなみに、原作(というか原作協力?)とされるマンガ「うちのネコが訴えられました!?」があるが、ドラマは主にオリジナル脚本で、原作とはおそらく大幅に違う内容になりそうだということで、
このところTBSはドラマの評判がいいので期待したい。
とりあえず「塀の中の中学校」「アリスの棘」あたりは主演じゃないけどとても良かったし、オダギリの魅力を艶消ししやがった「ナントカの妹」の事は棚の上にあげておいてやるからガンバレTBS!(←根に持ってる)

151012-blog1.jpg
オダギリにダサい格好させるの難しいんだ、衣裳さんの苦労がワシにはよくわかる‥‥


それはさておき早晩持ち上がるであろう自分内の大問題は
Poserの小道具に駄菓子がない
この一点に尽きる。じぇりぽさんとこの美味そうなロールケーキとかガトーショコラとかではない、相手は駄菓子だ。とりあえず誰かよっちゃんイカとかポン菓子とかをワシにくれ!