Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

スポンサーサイト

Posted by Lazyrose on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫の言い訳粉砕ドラマだった

Posted by Lazyrose on   3 comments   0 trackback

森嶋先輩の出番は1話と3話だけでしたわー。
6話ちらっと出たけど回想シーンでしたわー。

終わり。





‥‥というわけにもいかないのでとりあえず全話見た感想を。

公式

「妻が倒れて救急車で運ばれて子供を迎えにいってはじめて子育てがどんなに大変かわかりましたこれから心を入れ替えて僕も協力します(ただし食事バランスなんて気にしてません)」

これ解決なの?
解決なのか?
解決してねえよ!!www

舐めてんのか家事育児舐めてるよな、家庭板見てみろ、こういう中途半端な改心した亭主はいずれ再構築に失敗して緑の神降臨に見舞われるんだよ!

‥‥という盛大なオチのある啓発ドラマだった。

いやこれ、もちろん制作側はちゃんとわかってるんだよ。わかってて
「早く帰れていいなあ」と嫌味をいう奥さんの同僚とか
主人公の早退に「うまくやってよ」とフォローを丸投げする上司とか
そういう考え無しの自己中どもを教育するには、まず最初の一歩を認識させなくてはならん! と、そういう事なんだとは思うよ。

しかしその最初の一歩が
「ゴミ出したから家事手伝ってるしガキにはお菓子食わせておきゃいいだろ」
というレベルだったってとこがもうなんだかなあ。
結局主人公は「夫婦のコミュニケーション不足だったよねごめん」みたいな捉え方しかしていない。
うっかりすると視聴者だって「夫婦で話し合えてめでたしめでたし」と受け取りかねない(特に男性)
だからこそのあのオチだったんだろうなあ。

なぜ片岡は妻の弱音をきく余裕もないくらい疲労しているのか。
なぜ男の育休はあってなきが如きものに成り下がっているのか。
なぜ森嶋先輩は介護のためのフレックスや在宅仕事を選べなかったのか。
なぜ彼らは社蓄などといわれる存在に甘んじなければならないのか。

つまるところ、企業の姿勢や社会制度が変わらないことにはどうにもならないわけで。
最終話のタイトルは「よりそう」だったが、これ夫が妻の気持ちに「よりそう」だけじゃだめだろ?
よりそわなくちゃいけないのは企業が、社会が働き手の家庭事情に対してだろ?

と、そういう事が言いたかったんじゃないのかなーこのドラマはー? と、実は1話と3話以外はさらっと流し見しただけの自分が言うのもどうかと思うですが。

このドラマを、あくまでも営利団体である一企業が配信したことは評価すべきだと思う。
企業宣伝という一面はもちろんあるにしても、ただ世間体を考えた問題意識くらいではここまでリアルなものは作らないだろう。金をかけて時間かけてこの問題提起をしたというサイボウズ社の意識の高さは本物だと思う。

ぜひとも続編を作ってこの「解決してねえだろ」感をさらに粉砕して欲しいし、もちろんそこに森嶋先輩の出演は必須だと主張しておく。
先輩、石川で幸せになってるといいなあ。

160123-blog1.jpg

スポンサーサイト

一輪咲けばまた一輪の

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

謹んであらたまの歳の初めをばお慶び申し上げます。

ということで、ひさしぶりにサイトのTOP画像を変更。
正月恒例の斎藤一絵‥‥のつもりだったが、正直いって毎年毎年やってるのでネタが尽きた。苦肉の策で今年は斎藤一改め藤田五郎でござる。
えっなんか「悪即斬」とか言いそうな感じだって? 気のせいきのせい^^;

160101-blog1.jpg

冒頭の句は山頭火最晩年の作品。
水仙といえば正月の花ということで、自分の家では毎年かならず活けている。
昨年の「和風展」参加賞でsannziさんの水仙をいただいた時、正月絵で絶対使うとてぐすねひいていたのだ。
まあ実際の藤田五郎氏は正月にお花を活けたりしなかったかもしれないが、うちの藤田くんは時尾さんの尻に敷かれているのでいっしょけんめいお手伝いする。

さて、昨年の元旦記事を鑑みると
「2014年はワタクシ的におそらく今後これ以上はないと思われるオダギリ年でございました」
などと書いている。
しかし2015年になっても氏の活動はまったく衰える様子もなく、映画にテレビに映画に映画に映画にラジオにと、そりゃもう馬車馬のように働いてくださるおかげでファンも一息つく暇もなく、ツイッターの「オダギリ祭り」アイコンはいつまで経っても通常営業に替えられないでいる。
そんなわけでブログ記事はほとんどがオダギリのドラマ感想。他に書くことないのか! とぽざ友さんたちに叱られそうなくらいオダギリ三昧。
特に印象的だったのは映画「FOUJITA」での「オダギリ史上最も美しい」オダギリ藤田と、調布FM放送「怪獣ラジオ」でのクウガ続編脚本次第発言だろうか。
そのへんあのへんの情報を鑑みるに、まさに一輪咲いてまた一輪、水仙の花の群生のように、
おそらく2016年も間違いなくオダギリ年になるであろう。

というわけでたぶん今年もオダギリばっか描いてる気がするが、それはそれとしてPoser活動をおろそかにはしたくない。
3月には和風展があってくれたらいいなみたいなー。Poserの展覧会他にないからもう何が何でもお願いしたいなーみたいなー。
とりあえず西方面に向かって拝んでみたりする。

どうか今年がPoser友達の皆にさらなる飛躍、そしてオダギリ友達の皆にさらなる(オダギリ)愛が舞い降りる年となりますように。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。