Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

スポンサーサイト

Posted by Lazyrose on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真田丸

Posted by Lazyrose on   0 comments   0 trackback

まずい!
怒涛のような諸般の事情で(以下略)12月が終わってしまうー!

とりあえず広告回避で記事をあげておかねばならぬ。
よし、11奮戦記はおいといて(こら)こないだ最終回をむかえた大河ドラマ「真田丸」でお茶を濁す!

161227-blog1.jpg
クリックで3倍

実は、今年自分がどんな言葉を呟いていたかというのをツイッターのUserLocalというアプリで調べてみたらこんな状態だった。


161227-blog3.jpg


9割がたドラマ関連、しかもなにこの真田丸率(笑)
いや、前半は「重版出来!」と「ムジカ・ピッコリーノ」、夏ごろは映画「湯を沸かすほど熱い愛」「オーバー・フェンス」とかでほぼオダギリ三昧だったのは確かだ。
しかし、やはり1年通しての大河ドラマは強いな。
何しろ第1回から最終回まで、1回も不出来の回がなかった。毎週毎週「ここが面白かった!」って呟きまくっていたのだからやむなし。
そして文字の大きさから推し量るに、ワシの愛は

秀吉>三成・三谷>家康

という順であったようだ(主役ちっさ!)


惜しまれつつの最終回【真面目な感想】

幸村はなぜ一騎打ちに出たか

幸村は茶々に「望みを捨てなかった者にのみ、道は開ける」と諭した。
諭された茶々は最後まであきらめずに生きる道を歩こうとあがいた。
でも肝心の幸村の「望み」は生き残ることでも勝つことでもなく、ただただ徳川家康を討つことだった。

それまで信繁は「真田幸村」として大坂城へ行き、「負ける気がしない」「勝つために来た」という言動を貫いてきた。
なのに最後なぜ生き残る道をまったく選ばずに家康に挑んだのか。
彼の行動原理は視聴者にはわかり辛いところがあった。
それは彼が死の直前まで、あくまでも【豊臣家の家臣】として行動していたからではないかと思う。

妻の戦死、秀吉への恩義、石田三成や大谷吉継への思い、父の無念、そして家族への愛、茶々や秀頼や牢人衆の願い。
さまざまなものが彼をしばり、「義に生きる真田幸村」を作り上げたのだと思う。
「真田幸村」は望まれて出来上がった理想の戦国武将だ。

しかし、実のところ彼の本音は妻・うめや父・昌幸の死に対する「徳川への恨み」だったのではないだろうか。
「儂を殺しても何も変わらん」と家康に言われて「百も承知!」と返す幸村。
たぶん彼はこの時、はじめて「自分のため」に行動したのだ。
真田の次男坊でもなく、秀吉の側近でもなく、知将・真田幸村でもなく、ただ真田信繁として。

そして、道は開けたのだ。

「滅び」は美しいのか

「私はこの世にいた証を何か残せたのか」
「大事なのはいかに生きたかでございますゆえ」

彼を必要とする人々のために最善を尽くし、そしてもはや手が尽きたその時、彼は自分自身の願いを叶えるために走った。
その生き方は一見さわやかで、とても感動的だ。
しかしよく考えればただの自己満足、残された家族や身近な者にとっては身勝手このうえない言い分でもある。

真田一族の次男としては「兄を守り立て一族を守る」という使命を果たせなかった男だ。
豊臣家の家臣としては、秀頼を頼むという秀吉の遺言を守れずに終わった男だ。
結局、彼が選んだのは無念の死を遂げた父・昌幸の「幸」の字と、妻うめの残した六文銭。
徳川に殺された父と妻と友人たちのために家康を討つということだった。

それはある意味虚しい復讐ともいえるかもしれない。
ただ己ひとりが「日の本一の兵」として名を残しただけとも言える。

でもその「生きた証」が400年後の今にまで「真田幸村」伝説として残っているのだ。

三谷幸喜は大河ドラマでふたつの「滅び」を描いた。
新選組!では近藤勇が、真田丸では真田幸村が首を落とされて終わる。

大勢に逆らい滅びの道を選ぶ。
そんな生き方は、時代によって賞賛され、あるいは否定される。
近藤勇の死は「無駄死に」だったと思われるだろう。
信繁の最期にも異論はもちろんあるだろう。
しかしその自己満足的な生と死こそ、家のために裏方で終わった叔父・信尹が、家のために己を曲げた上杉景勝が、「天下を分ける大戦をしたかったと嘆く伊達政宗が、そして幕臣として己の義を貫きたかったのにできなかった数多の武士たちが、諦め、捨てざるをえなかった夢だ。

滅びは決して美しくはない。

ただ、信繁がずっと尊敬し、そのように生きたいと憧れた信尹と景勝。
「自分のようになるな」と信繁に忠告したふたりが、「真田幸村」の死に溜飲を下げた。
以て瞑すべきではないか。

真田の父子の物語

「偉大な父をもった息子の苦悩」というテーマに対し、
勝頼は父に詫びながら家を滅ぼした。
信之は父とは違う生き残る道を選んだ。
信繁は父と同じ滅び行く戦国武将としての道を選んだ。
秀忠は父を救い、幕府を存続させた。
秀頼は父の名の影に潰えた。

その最期のシチュエーションから明らかなように、冒頭の武田勝頼の暗示は信繁を指していた。
しかし、現代において「真田昌幸」といえば「真田幸村(信繁)の父」と認識されている。
信繁は父を超えた。
さらにいえば真田の家名は信之が守った(血は絶えてるが)。

「父と息子」というテーマに対し、真田兄弟はきっちりと答えを出したのだ。


【真面目な感想終わり】


まあそんなわけで、最終回あんまり感激したもんだから、基本オダギリしか描く能のないこのワシが思わず描いてしまったのが上の丸絵。
番組視聴後に我慢できなくていきなりPoser立ち上げてhisayanさんの当世具足だのsannziさんのガラスの鹿(のツノ)だのあれこれくっつけて描いた。正直形状的にはものすごく微妙。

161227-blog2.jpg

素のレンダ画像はこんな。
堺さんだと思ってはいけない(笑)


それにしても、とことん良い脚本の素晴らしさを味わえるドラマだったなあ。
なんといっても歴史への愛と敬意と、大河ドラマへの愛に満ち満ちていた。
どの登場人物も必死で生きて、精一杯生きて死んだ、魅力的な人間として描かれていた。

・これまでほとんど取り上げられることがなかったのにたった2回の登場で人気爆上げだった武田勝頼
・これまでほとんど取り上げられることがなかったのに関ヶ原のキーマンにまでなった板部岡江雪斎
・これまであまり取り上げられず、あっても無能扱いだったのに「超いい人」枠で人気急上昇した滝川一益
・さらにこれまでほとんど非道鬼畜扱いばっかだったのにすっかり視聴者に愛され惜しまれる羽柴秀次
・清々しいまでの阿諛追従っぷりの裏で果てしなく ずんだもち愛 男前だった伊達政宗
・気持ち悪いことこの上ないのになぜか忘れられない北条氏政
・ワシが絶対好きになれない人物筆頭だったはずの徳川秀忠(とお江)

なんでみんなこんなに可愛いのだ! 嫌えないじゃないかー! ヽ(`Д´)ノ

そんでもって最後の最後に「こいつだけはワシ嫌いやねん」と挑んだ大野修理が! あんなにも男前に(やらかすけど)なっちゃうなんて!
いやあもう完敗でしたよ!
三谷マジック凄い!

そんでもって一年ぶん最初から筋道立ててる脚本構成。
伏線という伏線をきっちりがっちり拾いまくっててもう緻密(エピソード)と大胆(真田目線限定)が入り乱れてて惚れる。
何しろ放送直前スペシャル動画の「ダメ田十勇士」が当たり前のような顔で最終回に登場してて、
「やっぱりうちの殿様は最高だー!」って言ってて泣いた。



最終的に三谷脚本の前に全土がひれ伏した感がある。

ドラマとは物語とは「ああ面白かった!」と思わせるためにあるものなんだな、と改めて認識できた一年間だった。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。