Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

だってオダギリが動いたんだもん

Posted by Lazyrose on   6 comments   0 trackback

えー、「和風展」は5月14日から31日まで開催されます。

Wafu11L.jpg

繰り返します。
5月14日から開催でございます。

ええそうです明日が開幕です!
しかも今回は開催期間が短いのです!
そして急遽決まったとはいえ、心とデータの準備ができてないワタクシやっとこさ仕事を終えて、さあこれからどんな絵を描こうかなあ、と、‥‥考えていたんですけども‥‥



映画「エルネスト」10月6日公開


170513-blog1.jpg 倍になります

だってだって! ようやく公式から本格的にポスター画像があがったんだ!
待ちに待ったオダギリ新画像なんだ!

♪描かないわけにはッ 描かないわけには いーかーなーいぜ!(宇宙刑事ギャバンの曲で)

まあそんなわけで、
キューバ革命に興味のある方、ゲバラに傾倒してる方、阪本順治監督のファンなのよという方も、幅広い層に楽しんでいただける内容です(狭いよ!)。
高射砲にまたがったオダギリなんてそうそう拝めるものでもないのでぜひご覧下さい。

さ、さあ、和風展何を描こうかな‥‥(汗

和風展にむけての準備運動さ!

Posted by Lazyrose on   8 comments   0 trackback

諸君‥‥ドラマ「CRISIS」はいいぞ‥‥(いきなり)

かつて「BODER」見てそれまで眼中になかったイケメン小栗旬がいきなり「良い役者」枠に跳ね上がった自分にとって、金城一紀×小栗旬というあの悦びを再び状態のタッグは盆と正月が合体した状態だ。
そして共演が西島秀俊・田中哲司・野間口徹だ、面白くないわけがない。
4話まで見た段階で「今期はもうこれ1本で」状態なのだ。

170509-blog1.jpg じつはでかくなる

なんといっても稲見役の小栗旬がいい。
理不尽な現実に歯をくいしばって戦って押しつぶされそうになって苦しんで傷ついている小栗旬は実にいい。
そんでその「食いしばっても耐え難い現実」を描くとしたら金城一紀という作家は一級だと思う。
ドラマ脚本でいうと「SP」とか「BODER」がそうだったように、現実の持つ酷さ、汚さ、耐え難さをあますところなく描いて視聴者も登場人物も追い詰める恐ろしい筆力といったらもう。
そのくせ、よくあるニヒリストとは違って残虐や冷酷に流されないのだ。
それでも乗り越えようとするかすかな光を描くことができる、というのは凄いことだと、語りだしたらきりがないので以下略。

さて、最近の我がツイッターのタイムラインがほぼドラマ感想で終始しているのは、オダギリジョー氏とPoser界隈が仮死状態になっているせいである。
オダギリとPoser、このふたつが動かないとペンギン様も動きようがないのだ。
そんなわけでこのところ大人しかったですが、

全国何万人か残っている
(かも知れない)Poserユーザーの皆さあああん! 待望の和風展が始まりますよー!!


毎年3月に開催されていた「和風展」だが、主宰のhisayanさんが知らない間に入院されていたらしい(オーマイガー)
何とか復活されたとのことで、今年は5月14日~31日までの開催と相成った次第。
もう国内でPoserユーザーのお祭りなんて和風展しか残っておらん!
皆の衆! 参加するのだ!!

というわけで、公式バナーがなかったので勝手にバナー作った。
リンク先が会場(投稿にはユーザー登録が必要)

Wafu11L.jpg
※公式に怒られたら取り下げる‥‥