Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

感想書きにくい「ぼくの妹」第二話

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

展開が意外、なわけではなく、早すぎるんですな。
どっかで見たような家族愛シーンとどっかで聞いたようなシリアスな展開の間に、こうなると思ったなコミカルな場面が妙にサクサクっと詰め込まれていて、観ている側は何となく「すなるだろうな」が頭にあるのでとっとと納得してるみたいな。
そうかと思うと、突然な展開があったり。
「先生のおかげで命が助かった!あの時はありがとう!」で騒ぎが収まって目が点、てのは前回に引き続き、もしかしてお約束って事なんでしょうか。
相変わらずむやみに年上の男性にモテる役です。
そして女運妙に悪い役です。

理事長の娘、わかりやすいツンデレぶりだ。

決してつまらないわけではないのだが、微妙にドラマ自体の評価がしにくいというか、感想が描きづらいというか……突込みづらいというか。
とりあえず警察沙汰になったからには、ともさかは復活しなさそうだ。ちっ。

千原ジュニア演じる九鬼、「タイヤの空気足りないんじゃ……」とか指摘されてる。サスペンス人員のはずなのにマヌケで笑える。
そして自己紹介だけして去っていく。

個人的にはシリアスに走るオダギリの、妙にコミカルな走り方がツボ。
あれは江上盟のキャラなんだな。

090427-blog1c.jpg

もっぱら自分の興味は何話くらいで盟の髪型変えてくれるのかに集中してたりする。

Comment

NICO says... ""
髪形は最後まで変わらないであろう…に1票。むしろあれはオダギリの「王道かっこいいキャラ」に対する抵抗かと(笑)。
今回は手術シーンなかったね…しょんぼり。
2009.04.29 10:07 | URL | #- [edit]
rose says... ""
>NICOさん
確かにオダギリなりの「そうは問屋が卸さない」的意思を感じないでもありません。
でもこの髪の盟描くのイヤなんだよね(笑)

そういえば手術シーン、本人が嫌がっているとNICOさんに伺いましたが……役者としてどうなんだ、その態度!(笑)
2009.04.29 11:13 | URL | #4SZw2tfw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lazyrose2007.blog115.fc2.com/tb.php/169-eb8ebf50