Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

そんなロミオいらん「ぼくの妹第9話」

Posted by Lazyrose on   0 comments   0 trackback

やっと盟ちゃんが怒った~♪
残り話数も少なくなってようやく、オダギリ盟ちゃんの本領が発揮されてきたようだ。
どう発揮されてるかというと、

・気に入らないヤツに嫌そうな顔をする
・気に入らないヤツに「大嫌い」と言う
・「(手術)失敗することあんのか」と聞かれて「あるよ」と即答
・言われて白くなってる相手に(ざまあみろ)と言わんばかりの含み顔
・「僕なら帰るけどね」と他人ごと

なあたりでしょうか。
やはりただお人よしで気弱な世渡り下手な医者のままでは、視聴者が納得しないからな。
盟兄ちゃんは怒っても「ふざけんなバカ」とかののしるタイプではなかった。
ものすごく冷静に「手術しないと死ぬよ」「でも失敗したら死ぬけどね」と、自分のテリトリーでボディブローをくらわすタイプだったようだ。
ええ、そうです。やっぱちょっとくらいダークになってくれないと、この役がオダギリである意味がありません。

しかし、オダギリという役者はやはり男の役者さんとタイマンでの「受けの(変な意味じゃないぞ)演技」が絶品だ。
男同士のそっけないやり取りの中で、抑え込んだ激しい感情の動きが見事に表現されて、思わず唸った。微妙な表情のひとつひとつに心が浮き浮きしますですハイ。

それにしても!
こないだの「ふうふう」に引き続きまたもや、とてつもない場面が!!
家出した妹に「びょーいん行きますから帰ってきて~~~」の窓越しラブコール。
チラシ裏のメッセージをひろげて子犬顔!うるうるお目目で子犬顔!
…………九鬼よ、どこまで……。

~~~脚本家ーーーーッ!!!
寝言は寝てほざけ!脚本にすんな!

ロミジュリでオチつけてる場合か

(えええ~~?そこで譲歩すんなよ~~)てな酸っぱい顔の盟が良かった。
いや、やっぱ手術失敗でしょう。ここはひとつ親子そろって他人に迷惑かけまくった報いであの世で合流するがいい。
うむ、実はダークネス外科医偽善者面物語であったか(違)。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lazyrose2007.blog115.fc2.com/tb.php/181-da3901cd