Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

V4 You CustomのCustom

Posted by Lazyrose on   4 comments   0 trackback

わーいわーい、Billy-TさんのV4 You Custom買っちゃった♪

100130-blog1.jpg

か~わ~いい~!
顔も身体も可愛い~~~!
きゅんとした唇と、ちょっとネコっぽい目と、色っぽい泣きボクロがメチャクチャキュート!
スレンダーかつ締まったボディもとーっても好み!
っていうかムネの形が超好み! ←重要
しかもしかも、コンフォーム具付き(@pinoさん)だよう!

主に最後の要素が決め手で速攻で買っちゃった~い(笑)

なんというか、ええと、自分諸般の事情によりV4のキャラに具が付けたかったわけでございまして、
具を入手するために某エロコーチに色々お尋ねして、ロチカのアレを買うかどうか非常に悩んでおったのだ。
いやだって、なんかこう……よく見たら全然ハアハアしないよアレ……。
なんかさー、あれじゃモチベ上がんないからやめようかな、とか思ってたら
素晴らしいタイミングでYouちゃんがリリースされた、と。
Billyさん有難う!

100130-blog2.jpg

この体型、特にムネが自分の好みにドンピシャです。
Billyさん有難う!

……で、本題。
Youちゃんはこのまんま使うとして、できればこの素晴らしいボディをうちのマリエちゃんに移したいざます!
マリエちゃんの顔にYouちゃんのボディを移植するには……
……
…………

……どうすりゃいいんだ……(笑)

もーふまねーじゃーとか持ってないし、CR2ビルダーは持ってるけど使い方よくわかんないし、
てかカスタムフィギュアの成り立ちからしてそもそもわかんないしー!

で、とりあえず例によって例のごとく、たぶん間違ってるに違いない力づく攻略を試みた!
女帝ぺんぎんのV4カスタムフィギュアボディ移植!

※ぶっちゃけ目新しいことは何もしていない(笑)
※次に同じ事をやりたくなった自分が悩まない用だから初心者以外は読む意味ないから。

いろいろ長いので畳む(笑)

まず、考えたのは
「Youちゃんのボディはそのまま顔だけ抜いて、顔をマリエにしちゃえばいーのだ♪」
という安直かつ手抜きな方法。

で、Youちゃんの顔だけ抜こう~と思ってみたら、
You Custom.pz2
Head Mophs INJ.pz2

だけあって、HeadREMがないっ!
か、顔だけ抜けないっ(涙)

いや待て、Geometriesの下に入れた中に

Head_InjDeltas.pz2
Head_RemDeltas.pz2

ってのはある。
ということは、他のREMファイルの真似をして、
Head_RemDeltas.pz2指定してダイヤルを0にしたREMファイルを作ってみればいいのではないのか?
(こ、ここで何か間違ってたらすまん)
というわけで、INJファイルも作れないバカタレが無謀にもREMファイルを作ってみましたよ(笑)

100130-blog3.jpg
プレビュー画面そのままなので目がコワイ

自作REM適用~

100130-blog4.jpg

ああ!
顔がV4デフォに戻った!戻ったよパトラッシュう!
ばんざーい
ばんざーい!
(ええとすいません、自分的にはものすごい冒険だったのです)

もうここまでで満足して寝ようと思ったけど、寝たらもう忘れそうなのでこのまま
マリエちゃん顔をセットする作業にすすむ。

さて、マリエちゃん顔はV4.2のモーフ++を弄りまくった上にRDNAのウルトラモーフを入れてさらに弄りまくった、
ものすごいダイヤル抱えたままの状態だ(削れよ)。
自力でINJを作る勉強する気にはなれない。
このままでは何をどうすれば移植できるのかわからない、
ので、ここは一発
「マリエ顔をobjにしてモーフにしといて、それを充てればよかろう」
(いやだからね、自分にとってはこういう発想そのものがすでに飛躍的な成長なんで^^;)

で、PoserパーフェクトブックとかネットのTipsをあさりまくって
ええと該当パーツを選択して、wavefrontOBJで書き出し。
それをYouちゃんのデフォ顔にあててみると、なんか……ズレてる……?

うまくいかなかったので、まずいったんYouちゃんをしまって、V4デフォを呼び出してみる。
で、デフォ顔にマリエMTをあててみる。

100130-blog5.jpg

うまくいかないので、手順が間違ってるのかもと思い、試しにV4デフォでFaceハート3.0にしてみて、それをモーフにしてデフォ顔にあててみ……

あてて……

きゃーきゃーーーーきゃーきゃー

うっ
※グロいので、Poserやってない人は見ないが吉

あまりの惨状に悲鳴をあげたらKyotaroさんが(颯爽と)駆けつけてくれた。
半泣きになりながら事情を説明して、手順を確認する。


モーフ作成時の手順
1.元フィギュアを選択して、
2.先にIKがオフになってることを確認
 ※フィギュアを「床に降ろす」は使わない
3.連結パラメーターの編集でゼロフィギュアにして
4.ファイル→書き出し→wavefrontOBJ選んで
 出てくるボックスのチェックを全部はずしてから頭部だけチェック入れて書き出し

モーフ適用の手順
5.移動先のフィギュアを出して頭部を選択して
6.オブジェクト→モーフターゲットの読み込み
7.選択ウィンドから先ほど出力したobjを選んで読み込んで
8.出てきたモーフダイヤルを1にする
9.で、化け物にならなければオッケー


どうも手順2のところの「床に降ろす」をやってしまっていたようなので、
それを解除してもう一回やりなおした。

再度モーフ読み込み!

100130-blog7.jpg

で、できたよパトラッシュ!

100130-blog8.jpg

顔がかわった~。
わーいわーい。

……てめえPoser何年使ってんだよ!

という声が背後から聞こえるような気がするけど無視。
今までこんな事する気にならなかった自分が、Youちゃん可愛さのあまりついに挑戦してみたのだ。
しかも、とりあえず自分で考えて自分でやってみた結果なんだ。
ナメクジの歩みでも歩みは歩み!
前進あるのみ!(言うことだけはでかい)

えー、そんでYouちゃんのナイスなバディをしたマリエちゃん。

100130-blog9.jpg

テクスチャはManiHoniAnnyちゃんのをあてました。
V3バージョンから数えて今までできたマリエの中で中で一番気に入った!
さあこれで、コンフォーム具付きマリエちゃんをどんな目にあわせるかはナイショだー!
わはははは。

Comment

sannzi says... "きゃーきゃーーーーきゃーきゃー顔、グロくて素敵"
ずれた顔、海外ホラーでも見たことない表現ですね。
独創的で素敵です・・・・!
なんでこうなるんだろうと思ったら床におろしてをしたからだったのですね。
理系とは縁のない私ですがなんとか理解できました、こういう解明の手順を見るのは面白いです。
今回の記事参考にすれば私でも頭に角生やすぐらいのモーフは作れそうです。

REMファイル!私にはそれこそ理解の範疇超えてます、良くぞ作って成功されましたね。
2010.02.02 17:10 | URL | #u2lyCPR2 [edit]
ケロリン says... "No title"
おぉ!なんか今回はすごい勉強になったぞなもし。
基本、V4系は使わんのだけどこれってV3とかにも応用できるよねぇ?

それと前回触れられてたダイナミッククロスだけど、あれってPoser立ち上げて最初の一発目で成功させないと試行を重ねるたびに結果がどんどん悪くなったり、やたら時間がかかったりってことない?それとファイルを保存しても開いた時にはとんでもない位置にずれてたり計算前の形状に戻っていたりとか(そうかと思えばちゃんと保存されてたりすることもあるし・・)う~ん、これって私の環境の問題なのかねぇ?

ところでBilly-TさんのV4 You Customのコンフォーム具の画像を送って見せて頂くわけにはいくまいか?(って、結局のところ用件はこれかよっ!(爆))
2010.02.02 19:50 | URL | #5Uc4Mscw [edit]
yuga says... "No title"
なるへそでべそ。(^^
ここにちゃんと紹介しているじゃないですか(^^

もっとこう、ぐぐーーーっと踏み込んだ奥の様子を紹介してください(爆)

でわでわ(^^)
2010.02.02 21:52 | URL | #t50BOgd. [edit]
rose says... "お前らときたら……(笑)"
なんなんだこの反応は!後半2名!(笑)

>sannziさん
お役に立てましたか!
自分のような底辺おサルさんでも出来た、というのは何人かの人に勇気を与えるのではと思い、記事にした甲斐がありました。そう言っていただけて本当に有難いです。
いろんなワザを使える人から見たら失笑ものなのだと思いますが、とにかく簡単にできるってのが大事ですよね(笑)

REMファイルは要するにINJファイルの逆を書けばいいという理屈のようです。
readScript ":Runtime:Libraries:~:Head_InjDeltas.pz2"
readScript ":Runtime:Libraries:~:Head_Unhide.pz2"
てのを
readScript ":Runtime:Libraries:~:Head_RemDeltas.pz2"
readScript ":Runtime:Libraries:~:Head_Hide.pz2"
に変えて、あとはactor head以降の各ダイヤルの数値を0にしてしまえばいいみたい。
自分で作ることはできなくても、改造だったら……てのはブログのテンプレ改造と同じような感覚でした(笑)
あーでも作者さんには失礼な話ですね(><

>ケロリンさん
むしろV4でできたからにはV3でできないはずはない!
と思います(笑)

DCはですね、最終フレームでいったん決めたポーズを変更すると、1フレーム目からの動き(アニメーション)が変わって、シミュ結果が大変なことになる場合があります(補完のための反動がつくらしいです)
一応全フレームを流して確認してみてください。
自分はポーズを変更する時は2フレーム以降をさっくり削除、あらためてフレームを作り直してから新しいポーズをあてちゃいます。

保存後再開できないのはいくつか理由があるようで、
自分も特定のpz3を開きなおしたら真っ黒&テクスチャ情報消滅&シミュ結果皆無という辛いめに、今でもあいます。原因不明(泣)
メモリ容量のせいじゃないかという気がするのですが、以前フォーラム3Dで私が質問したスレッドがあるのでご参考になれば。
http://www.forum3d.net/bbs/index.php?topic=440.0

具は……このブログに載せたらfc2に怒られるわい!(笑)
使用したあかつきには部分画像をお送りしましょう。

>yugaさん
はい、これがアレです(笑)
ぐぐーっと踏み込んだ様子は……このブログで(以下同)

んもー、ほんとに助平なんだから、みんな大好きだよ(笑)
2010.02.02 23:35 | URL | #4SZw2tfw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lazyrose2007.blog115.fc2.com/tb.php/232-531c6b25