Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

絹オスぱじゃま

Posted by Lazyrose on   4 comments   0 trackback

もはや桜の季節でもないのでトップを変更。

100506-blog1.jpg

ここのところじょー君が全然登場しなかったのは、
実はごにょごにょ裏で忙しくしていたからだ。
DCパジャマの紹介画像もおっちゃんに振ってしまったが、やっぱりこの子で1枚欲しい。

そんなところで某裏番長様から
「やっぱ大人の男ならシルクかしらねえ」
の一言。

自分は寝巻きは断然綿、できればネル生地派なのだが、
やはり見た目はシルクとかサテンとかの、つるっとしてサラっとしてる方がゴージャスなんだな。
というわけで、ソレっぽいテクスチャをでっちあげてみた。

100506-blog2.jpg

シルクっぽい生地ってどうやりゃいいんだろうかと悩んだが、フォトショップでベタ塗りの上に適当にそれっぽい光沢を描いてみたら、案外それっぽく見えるもんだなー。
これ、マテリアル設定してません。
パンツの張り合わせ部分とか何も調整してないのでアレだけど、真面目にやったら結構いい感じかも?

Comment

T2 says... "No title"
SilkのテクスチャはレンダロのFreestuffでSilkを検索すれば幾つか見つかります。Silkは有りませんでしたがAjaxさんのシェーダーパックにはベルベットとか色々入ってます。
http://www.renderosity.com/mod/freestuff/details.php?item_id=23839
またClothRoomの布のパラメータ(Silkやコットン等)はsvdlさんのプリセット(Pythonスクリプト)で簡単に設定出来ます。
http://www.renderosity.com/mod/freestuff/details.php?item_id=38542
2010.05.06 18:05 | URL | #OwGBkIc2 [edit]
rose says... "どもども"
>T2さん
いつも情報ありがとうございます。
ベルベットなどはマテリアルで何とかなるんですが、シルクって扱い難しいですね。思った光沢を思った場所に出すにはやはりマップを何とかしないといけないです。

フリーものは基本、二次配布OKと明記してないものは、自分専用と決めたもの以外では使えません。配布を念頭に置いていると手が出せないので、歯噛みすることがしばしば(笑)
Pythonスクリプトは面白いですね。
質感に気合を入れる機会があったら試してみようと思います。
2010.05.06 22:22 | URL | #4SZw2tfw [edit]
T2 says... "No title"
Ajax氏のシェーダーパックのライセンスはPublic Domainなので改変・再配布が可能です。また、CrothRoom Settingsの布のプリセットを変えるとクロスシミュレーションの挙動も変わりますのでぜひ試してみてください。
http://my.smithmicro.com/tutorials/2313.html
2010.05.06 23:25 | URL | #OwGBkIc2 [edit]
rose says... "No title"
>T2さん
なるほど、再配布可なんですか。それは便利ですね~^^
クロスシミュレーションがワンタッチで変わるとか、すごい。
問題は自分の頭が、どのPythonスクリプトが何の役目を持っているのか覚えているかどうかという……(笑)
そういえば今使ってるスクリプトは全部T2さんに紹介していただいたものばかりです。
2010.05.11 00:32 | URL | #4SZw2tfw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lazyrose2007.blog115.fc2.com/tb.php/251-4f0de785