Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

コラボ企画「彩」の第三夜「青朽葉」

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

「爆裂新選組」カテゴリが少しだけ増えて、ひっそり自己満足のroseですこんばんは。
今宵も更新、第三夜は新選組スキーさんから毛嫌いされがちなあの人が主役。


SAI-bunner-2.jpg


今回は、今回は!ちゃんとPoser画だから!(笑)

そもそも朽葉という色は落葉して朽ちて行く葉の色を表したものだ。
枯葉にさまざまな色があるように、「朽葉」「黄朽葉」「青朽葉」など、さまざまなバリエーションがある。
まだ「茶色」という言葉がなかった時代の名称らしい。
下の斎藤くんの背景が「青朽葉」色だ。
このくすんだ、もののあわれを表現した色を、NICOさんがどう料理したかは本文をご覧いただくとして。

実は5編の文章があがってきた時に、一番最初にイメージが浮かんだのがこの「青朽葉」だ。
決して好きとはいえなかった、むしろ「何でこいついんの?」と思っていた元局長の成れの果て。
新見錦という人物が、実際には何を考え、何を思い、切腹に至ったのか。
それは浅田次郎の「輪違屋糸里」を読んで初めて考えた事だった。
何しろ「苛烈好き」の自分は芹沢派ですからして、新見なんか鴨の添え物程度にしか考えてなかったんだよなあ(笑)

芹沢とも近藤とも違う立場で局長だった新見という人物の、内面の葛藤を表現できたらいいな――
とか思って描いていたんだが、描いてるうちになぜか登場するオナゴの方に目が……目が……(笑)
察するに一応それなりの祇園のお女郎さんであろうに、NICOさんの手にかかるとすっかりスベタですよ!(爆)
無理もない、うん、へべれけのところに斎藤一降臨しちゃったらうるんじゃうよ、うん。
オンナノコはどうしても美人~にしたくなる自分の性癖を抑えて、なんとか不健康そうな崩れ気味のお姉さんにしようと努力はしたが不満足だ。

100513-blog1.jpg

ちなみにこの辺のダイナミッククロス三昧のおかげで、和風展の時にはさほど和服で苦労しなくなった。
……大変だったんだよ……しくしく。

------------------------------------------------------------

さて、自分たちの祭りの真っ最中だというのに。
オダギリの最新IXYCMが正真正銘色男版になった!!!!!というビッグニュースの最中だというのに。

自分はこのところ、宮崎県の口蹄疫問題に埋没している。

これに関しては、未だにテレビや新聞といった媒体でほとんどまともな報道がなされていない。
自他共に認める「情報弱者」の典型な自分も、少し前にネットでリスペクトしている方のブログで始めて知った。
ネットで探すと、わらわらと、出るわ出るわ
どうして我が家の政治好きニュース好き家族が(つか元報道の親とか)何も知らないままなんだ?
というくらいの情報が手に入るのだが。

非常にナーバスな問題で、うかつな意見を述べると間違った方向へデマに加担しかねない。
しかも、ニュースソースが2chとかってのは、自分は採用できない。
でも、正しい認識を持って誰もが知るべき問題だと思う。
極端なパニックに発展しないよう、余計な誤解をくいとめるだけでも、少しは手助けになるかと思うので確実な事だけ書いておこうと思う。

・口蹄疫は人には感染せず、例え感染した家畜を食べてもうつる事はないそうだ。
・そして、現在感染域である宮崎県では、感染の疑いがある家畜の出た農家では全て殺処分、という徹底した対策が採られている。
・現在処分頭数は約7万7000頭

畜産農家の人々が現在まったく無収入の状態で、どれだけ辛く、不安を抱えた毎日を送っているのか、察するにあまりある。
この状況で赤松農相外遊に行っちゃって、発生から3週間もたってオイコラ民主党とか、
自民党が独自で対策本部立ててるじゃんかとか、江藤議員が聞くも涙の農林水産委員会質問とか
そういう事は、各所で動画があがってるので、興味のある方が自分で調べて判断した方がいいと思うので書かない(書いてるやんけ)

とりあえず、口蹄疫問題に関してはここ見るといいと思う
口蹄疫@wiki

あと、東国原知事の公式ブログ
そのまんま日記
Twitterもやっておられるのでそちらをチェックするのもいいかも。

……この問題のためだけに「絶対やらねえ!」と宣言していたTwitter始めた自分が……(笑)

Comment

sannzi says... "初めて聴く青朽葉"
今晩は、sannzi或いはsannzoです(^^;
昨日のコメントでsannzoとなっていたので、あれなんで、と思ったらキーボードのiの隣がoなのですね。
きっと隣に指がのかってしまわれたのですね。
しかしつくづく見れば三児より三蔵の方が小粋な感じがして良いかな、いっそこのまま三蔵になってしまおうかな~などと思ってしまいました(^^/

と言う事など程々にして青朽葉良い色名ですね、初めて聴きました。
私の使っている色見本には載っていませんでした、もっとも廉価な本なのでもっと知らない色が沢山ありそうです。
和の色名はそれだけで物語が紡ぎ出されそうな奥深さがあるのですね。
今日の小説を読んで特にそう感じました。
roseさんの挿絵も朽葉がテーマなのにそれでも抑えられた華を感じました。
私には難しいですが和の色名をテーマにした絵作りも面白いかもと思いました。

口蹄疫大変な事になっているんですね。
件数は時折ニュースで聞いていたんですが処分頭数が約7万7000頭とは知りませんでした、驚きです。
こういう時こそ行政がしっかり対応して保障なりしないと農家の方もより積極的な対策が取り辛いですよね。
早く収まれば良いですね。
2010.05.13 17:55 | URL | #u2lyCPR2 [edit]
rose says... "ぎゃあああ"
>sannzoさん(笑)
すいませんすいません、またやっちゃったよ(;
ああそうね、三蔵さんてのも有難くて良い名前ですよねなんか後光が差して見えますはい。あははははは。

今回のNICO小説は、「朽葉」という言葉の持つドラマチックな要素を、充分に引き出したお話だったと思います。
読んだ瞬間「描きてえ!」と思ったのは、多分エロ要素ありだから(ry
この企画で色々調べて、自分も初めて知った色名が結構あります。趣深い、あるいは粋な名前が多く、「もっとこの色でお話が読みてい」と欲がわくんですが描くのは自分なのでうかつに要請できませぬw
ぜひsannziさんからもお声をかけてあげてください。

口蹄疫は、もう、本当に新聞も雑誌もテレビも信用できません。ぼちぼち流れ始めましたが、政府の対応のあまりの酷さに触れたものはほとんどありません。
追求してやりたいところですが、それより何より川南町を救うために、少しでも宮崎産製品を買うとか、この話題を誰かに教えるとか、何かしてあげるのが先かと思います。
この辺の動画が、わかりやすく説明してますので
http://www.youtube.com/watch?v=5td9wjOliKw
お時間があればぜひ。
2010.05.14 00:14 | URL | #4SZw2tfw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lazyrose2007.blog115.fc2.com/tb.php/254-3fd6df54