Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

スポンサーサイト

Posted by Lazyrose on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだまだわからん「熱海の捜査官」その2

Posted by Lazyrose on   0 comments   0 trackback

あ、よかった。思ったより面白くなってきた(笑)

一緒に見ていた家族いわく「韓流ドラマが好きな人には向かないドラマ」
言いえて妙だと思う(笑)
でもカオス具合では似たようなものな気もするんだが。

ドラマそのものは結構面白い。
でもひとつだけ難点があるとすれば、一時間ドラマだというのに緩急のバランスが悪い。登場人物の多さもコネタの多さも、もうちょっとメリハリがあってくれると、ぶうぶう文句言ってる人たちも納まる気がする。
でもたぶん、この「緩」だらけなあたりも、わかっててやってるんだろうなって気がするんだぜ。

さて、2話ではわたくし待望の広域捜査庁鑑識課エース・坂善正道登場!
あのシャワーキャップは何なのとか言っちゃいけない三木ドラマ。
男性相手の丁々発止になるとがぜん光るオダギリの魅力。待ってたぜ田中哲司!
大河での怪しい慶喜も素晴らしいけど、やっぱこの手のキレキャラやらせるなら彼に限る。

今回見所としては、おそらく南熱海の「秘宝館」的猥雑さ掘り下げ部分だろうか。
ものっそい怪しげな見世物小屋『南熱海天然劇場』
女学生が怪しく粘土を弄くる『レプス陶芸クラブ』
『空と海と虹の会』代表の平坂とかレストラン『ボリューム』(多め亭?)のウェイトレスとか
出てくる人間出てくる人間み~んなえげつないくらいに怪しく猥雑。
もみあげ市長やパンチパーマ組長の怪しさもふっとぶ田舎の観光地パワーというのか。

今後さらに情報が出てこないと全然わからないメインストーリー(たぶん)のバス消失事件は措いといて、
南熱海に生息する意味不明な有象無象の、昭和テイストで猥雑な生態を観察するのが楽しくなってきた。
たぶんそういう回だったんだろうと推測。

で、もちろん自分が一番興味津々な人物の生態もちょっと暴かれた。
謎の「モトコさん」に相談しまくる星崎(やっぱあれはダイアンか?)
ろくろを回す女学生の手つきにニマニマしてる星崎
ウェイトレスを過剰にほめまくって北崎にどつかれる星崎
そしてやっぱり北島をどつく星崎

だが、誰が何と言おうと今回一番の見所は、スウェット上下で帰りを待ってる星崎ーーー!

100807-blog1.jpg

ぐわぁあああ!
やーらーれーたー!
かわいいかわいすぎる!
一度くらい星崎のオフ髪とか見せてくれないかな~、と期待してたら思ったより早く!
ありがとう三木監督!(笑)

まあ、そんなわけで、たぶん真面目なドラマ視聴者にとっては「もっと真面目に見ろ!」的な見方しかしない自分だ。
オダギリが、いや星崎が可愛ければそれで七割満足だ。
それが何か?

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lazyrose2007.blog115.fc2.com/tb.php/272-aee2d27e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。