Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

スポンサーサイト

Posted by Lazyrose on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プ、プルヲタと以下略

Posted by Lazyrose on   9 comments   0 trackback

えー、というわけで(何が「というわけ」なのかは前エントリを参照されたい)
本来やろうと思っていたタッチの「薔薇の精」を仕上げてみた。

こちら

まあ、なんというか要するに少女マンガだ(笑)
もっとイラストテイストにするつもりだったんだけど、

101008-blog3.jpg
こんな感じ

DAZで買ったフォトショップ用のブラシRonsVinesがあまりにお耽美だったもんで、歯止めがきかなくなった。
気づいたら全然薔薇の精じゃないあたり。
ついでにいうと全然プルじゃないあたり。

ところでフォトショップで線画を描くのは大層難しい。

所詮ビットマップデータだから、手描きやイラレで描いたようなくっきりとした線は出せない。
(正確にはブラシツールは勝手にグラデーションをかけて線の端をぼかしてくれやがる)
Painterのように画像の回転が出来ないから、線を引きなれた人間でもかなりヨレる。
コミックに特化したソフトのような手ブレ自動修正する機能がない。

などがその理由だ。
つーかフォトショは実のところ「塗り」にも向かないソフトだ。
線が引けなくて塗りが苦手で、とてもお絵かきツールとは呼べないシロモノではあるが、
そもそもが画像加工ソフトなんだからあまり多くを望んではいけない(笑)

で、大抵の人は
・手描きで書いた線画をスキャナで読み込む
・ペンツールでペクター線を(根性で)引いて(根性で)仕上げる
・llustrator、SAI、コミックスタジオ、Painterなどで線画だけ作って持ってくる

といった手段をとっているようだ。
だが、自分はSAIなどで「便利」といわれるあの自動補正があまり好きではない。
こっちがベストの線を引いているのに、勝手に変えるとはどういうことだ!オマエは私より正しいとでも言いたいのかこの××ソフトがああ!
みたいな騒ぎになるので(笑)
あと、SAIとかコミスタなどで描くと、まさしくマンガ線になってしまうのだ。
正直自分はマンガ描くならGペンと丸ペン派(ロットリングでさえない世代)だし、
そもそもそれではPoserのレンダ画を元にする意味がほぼない(笑)

そんなだから、まあとりあえずフォトショップで何とかかんとかでっち上げてみた。
フォトショップだってやりゃあ何とかならないでもないのだ。

写真ぽく加工したもの
101008-blog1.jpg

やけくそ手描き
101008-blog2.jpg
あれ、これが一番プルっぽいような……。

Comment

sannzi says... "シェラザード"
一目見て(少女マンガだ)と思ったのですが、しっかりそういう画風みたいなのが確立されているのですね。
今まで意識せずに見ていたのですがroseさんの絵を観てそういうのが確かにあるのだと認識しました。
線のタッチが大人向けに描いた時の萩尾望都の絵のようでもあると思いました。
体に絡まる線が動きや心情まで顕しているようです。

DAZのフォトショップ用のブラシは水や雲ののが良さそうなので買ってみたのですが余り使いこなせていません(^^;
このブラシも良さそうですが使いこなすのはそれら以上に難しそうです。
ホトショがそんなにお絵かきに向かないとは知りませんでした。
この絵はroseさんのセンスの賜物ですね。

今回の絵はどれもすっかりプルシェンコしてます、お見事です。
ところで前回のケロリンさん へのコメントで書かれたプルシェンコの演技を見てみました。
プルシェンコ、とんでもないですな(^^!
でも面白かった、あのエンターティナー振りには頭が下ります。

ニジンスキーに捧ぐを演奏するバイオリニストもかっこ良かったです。
あの音楽もよいですね!
2010.10.09 18:42 | URL | #u2lyCPR2 [edit]
rose says... "ありがとうございます"
>sannziさん
いつもあたたかいコメントありがとうございます。
頑張ってみた甲斐がありました!
はい、今回は、開き直って少女マンガしてみました。えへへ(照)

そういえば萩尾望都さんもバレエを題材にした作品がありますが、あの人体の画力は凄いですね。描き込みすぎず全てをあらわす線といいますか。
ストーリーテラーとしての才能もですが、ああいう方こそが「神」と表現されるべきだと思います。

ブラシって「わ、素敵」と思ってつい買ってしまうんですが、案外使い道に困るんですよねえ(笑)
雲ブラシだったら背景にするのもいいですが、ソフトライトなどかけて、あちこち削って「ムラ」に使ってみてもいいかもしれません。
フォトショップはお絵かきに特化したソフトに比べればやはり使いづらいです。が、逆にそこを何とかできれば、画像効果まで全部フォトショ上で仕上げることができるわけです。
たとえば鉛筆風や水彩風のブラシを作ることで、塗りに関してはかなり使い勝手がよくなります。スタンプ風のブラシは便利ですが、どうせなら描画線を変える設定変更を研究すべきだと思います。
鋭意努力中ですが、あれ、奥が深くてなかなか進みません(^^;

プル、面白かったでしょ?(笑)
天才って振り幅大きいですよね~~~~。
2010.10.10 00:09 | URL | #4SZw2tfw [edit]
ケロリン says... "No title"
よくぞまぁ、Poserレンダを元に素敵なイラスト調にできるものぞと、いっつも感心しとるけど、そこは技術と苦心があっての賜なんだねん!手書きの絵なんかも上手だしなぁ・・うん、やっぱroseしゃんは元々凄いのだ!

>変態パフォーマンス(笑)

やっぱりあの動画は同一人物だったのかっ!前に見たときは画質が荒かったのもあって肉襦袢着てるのが分からずに生身だと思っていたんだけど、オリンピックで見たときのプルシェンコは顔は似てるが、あんなムキムキマンじゃないし、だいいちオリンピックに出場するよな選手があんなパフォーマンスはせんじゃろう?って思いつつも、でもな~んか見てると同じような印象が消えなかったのねん・・やっとこれで釈然としたぜよ!あはは・・・もう一つの方は、見てて感動したぞなもし!ああいう完璧なものってあまり詳しくなくても見てて凄いってのが分かるよねぇ・・

あっ、それと最近ばたばたしてて尋ねようと思いつつ忘れてたんだけど、ギャラリーの3つ前の作品に使ってたサントリー・ローヤルみたいな酒瓶はどこで手に入れたのじゃ?

2010.10.10 00:21 | URL | #5Uc4Mscw [edit]
rose says... "あ、壁から出てきた(笑)"
>ケロリンさん
感想有難うございます。Poserレンダを元にしてもこれだけ崩してしまうと、アイテム製作者さんに申し訳ないような気もしつつ、ドキドキしながら描いてますので(笑)
そう言って頂けるとほっとします。
全部自分でやっちゃうと、体型まで完全少女マンガデフォルメになっちゃうので、そういう意味ではひとつのやり方かなあ……とか言い訳しつつ^^;

変態パフォーマーご覧いただけましたか(笑)
まがりなりにもトリノ五輪チャンピオンがあんなアホをしてくれるとは思いませんよねえ。
フィギュアスケーターって(特に男子は)面白いネタを披露してくれるのですが、彼はそういう意味でもチャンピオンな変態だと思います。
技術も芸術性もすべてにおいて完璧だからこそ、あそこまでアホな事ができるんでしょうね。

酒瓶は……ええと、ちょっと入手しにくい場所なので後ほどメールします。
2010.10.10 15:03 | URL | #4SZw2tfw [edit]
ケロリン says... "No title"
我が輩もPoserレンダから、roseしゃんほどコミックや絵画風にすることが出来たらどれだけエロ画表現の幅が広がるだろうと、いつも羨んでおるでござるよ!もともとエロ雑誌の写真よりイラストの方に遙かに惹かれてて、Poserも出来るだけ2D的な味わいにしたいのでおじゃる。

>まがりなりにもトリノ五輪チャンピオンがあんなアホをしてくれるとは思いませんよねえ。

でしょ、でしょ?普通は誰だってそう思うべさ!お陰でやっと喉の支えがおりた気分じゃ・・あはは・・いやぁ、そもそもニジンスキーって何者?状態だったんで今回は勉強になりましたぞよ♪

んで、いつもの「またかのコーナー」がまた出来たんで暇なときにでも覗いておくんなまし・・(笑)
今回のテーマは「秋の日の ヴィオロンの ためいきの 身にしみて ひたぶるに うら悲し・・」でござります。

http://bobcat.kir.jp/JAZZ/SPV/SP.htm

(ちと読み込みにお時間を頂くかもしれません)
2010.10.10 20:13 | URL | #5Uc4Mscw [edit]
rose says... "絵も音も"
>ケロリンさん
イラストの方が写真より情報量がある……というか、想像を働かせる余地がある感じがしますよね。ケロリンさんのイラストテイストな作品は十二分に、見る人を想像の海に漂わせるものだと思います。

いつもの趣味のコーナー、ほんとに充実してますねえ。
私もSPレコードの音色が好きです。デジタル音色ももちろん鮮やかですごいと思いますが、やはり聴く人の想像力を働かせるのがアナログの良さなのかも知れません。
聴きなれた楽曲もまた、ヴェルレーヌの哀調を帯びて聴こえますね^^
2010.10.11 20:20 | URL | #4SZw2tfw [edit]
sannzi says... "秋の日の ヴィオロン"
いや~、いいものですな・・・
曲は知っていても題名を知らない、或いは忘れた名曲が多くありました。
又、クライスラーの演奏が聴けるなんて驚きです。
過ぎ去った日々の音源で、これから秋の夜長にピッタリのアンニュイな気分に浸れそうです(^^
ケロリンさん、ありがとうございます(^^
2010.10.11 20:30 | URL | #u2lyCPR2 [edit]
ケロリン says... "笊を持つ男"
前略、
roseしゃんにおかれましては今頃今宵のオダギリドラマの余韻に浸っておられるところでありましょうか?あはは・・

なんとなく興味深げなドラマだったんで水戸黄門スペシャル見たついでに、とりあえずどんなんか最初の方だけ見てみよかと思いつつ最後まで見てしまったよん。あの場面であの笊はオダギリじゃなきゃ持てないんじゃなかろうか・・あんまし違和感ないとこが凄い!(笑)

>想像を働かせる余地

なるほど、うん・・きっとそこだ!写真だってカラーより白黒の方が味わい深いし、それにSPレコードの音楽の場合余計な情報量がないだけ楽曲の持つエッセンスというか力が直接伝わってくるような気がする・・


>sannziさん

どうも見てくださってありがとうございます。その上楽しんで頂けると作った手前嬉しゅうおじゃりまする♪

やっぱりクライスラーの曲は本人のオリジナル演奏で聴くのが一番ですよね!
2010.10.11 23:53 | URL | #5Uc4Mscw [edit]
rose says... "No title"
>sannziさん
こういうの、自分では絶対無理なので、聴かせていただけると有難いですよねえ~。
バイオリンの音色で懐かしい、セピアな効果がかかって切ない気分になりますね。これで1枚作れそうじゃないですか?(笑)

>ケロリンさん
クライスラーの曲は、邦題もなんか良いですね。「無言歌」とか「タイスの瞑想曲」とか、小説やマンガの元になった作品も多くて、やはり色々想像がふくらみます。

「塀の中の中学校」ご覧になりましたか。近頃珍しく骨太で見ごたえのあるドラマでした。メンツが凄いですよね。
こういう良質な作品にどんどん出て欲しいですよ……ホントに……(涙
2010.10.12 20:50 | URL | #4SZw2tfw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lazyrose2007.blog115.fc2.com/tb.php/287-3326ae22
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。