Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

スポンサーサイト

Posted by Lazyrose on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エロスとか言われても困るって?

Posted by Lazyrose on   3 comments   0 trackback

「魅惑のDC展」告知からはや一週間以上経った。
各所で支援物資など、ぼちぼち反応があがってきて、主催側としてはホッとしている次第だ。
しかし「DC×エロティシズム」という部分に引っかかっておられる方も多いようなので、
ちょっとテーマについて語ろうかと思う。

周知のことかもしれないが、当サイトは「美とエロスとダンディズム」を追求する場所だ。
自分にとっての創作とは、すべてエロティシズムを表現するものといって差し支えない。
根源的テーマでもあるこの言葉を、そう簡単に「こうです」と言い切ることはできない。
しかし、自分はこの企画が持ち出された時に、自分の考えるエロスと、メンバーの考えるエロスの違いに非常に悩んでしまった。
本質的には似たものを指しているだろうに、言葉の使い方で齟齬が生じたりして、非常にやっかいな問題だと思う。
だから、皆がどんな事を「エロス」だと思っているのか、その辺をとても知りたい。

さて、貴方にとって「エロス」とは何だろう?
「エロ」「エロス」と言われて浮かぶ絵はどんなものだろう?


そもそも今の我が国で「エロ」とか「エロス」とかいう言葉を使うと、即
ビニールでくるまれた雑誌系、もしくは酒場の下品なオヤジ系の何かと結び付けられるのが、自分としては腹立たしい限りである。

エロやエロスという言葉が、性愛や、そのまま性欲を意味するものとして浸透してしまっているからだろうが、
そもそもそのエロスがギリシャ神話の「愛の神」であることについては、知らないか、知っていても「それが何か?」状態なのである。
自分もそんなに詳しいわけではないけれど、ざっと調べただけでもその辺の無知・無視は問題だ。

------------------- こっからウザイので忙しい人はスルー推奨 ---------------------

ギリシャ神話における「エロス」は、もともとは、人間の根源的な「受苦性」を指したらしい。
プラトンの解釈によれば、だが、エロスはポロス(機転と豊富の化身)とペニア(不足と貧困の受肉)によって産み落とされたものであり、
個人的には相反する存在から生まれる相克、憎しみと表裏一体の愛、そういったものを表しているだろうと思われる。
受苦というと判りづらいが、要するに生きていく上で(できれば避けたい)不安、危険、苦しみ、そういったものだ。
人間の性衝動というものは、そういった本質的不安から逃れるために起こるのである。

また、アリストパネス的解釈によれば、かつて両性であった人間は、神への不遜から性を二つにさせられた。
その結果、人は片割れである異性を求め、それを欲するのである。
従って、異性を求める愛(エロス)は
「人間にとって天賦のものであり、それゆえに、根源的な自然を回復しようとし、二つを一つにしようとし、人間の自然(本性)を癒そうとするのである」

ちょっと小難しい話になってしまったが、自分の認識におけるエロスというものは、
かような論拠のうえに成り立っている。
断じて女性蔑視の果てみたいな、性欲処理道具みたいなものではない。
エロスという衝動は、生(=性)を根拠とした礼賛であり、苦悩であり、自然である、というのが私の持論だ。

------------------- はい終わり ---------------------

そのようなわけで「エロティシズム」という副題におののき
「ちょっと自分には無理」と思われている方も多いかと思うが(笑)
別にそんなものすごい絵を描けといっているわけではない。
というか、規約事項をお読みになれば判ると思うが、

本気でものすごいものは投稿できない仕組みになっているwww

エロスは全ての人間に備わる、根源的衝動であり、それはあなた自身が日ごろ目指している「前向きに生きること」そのものなのである。
別に裸体を描けとか言ってるわけではないのである。
要するに、自分がそそられる対象、それがエロス。
人によって(男の)肩のラインであったり(男の)腕のラインであったり、(男の)声だったり、(男に)かばわれる、というシチュエーションであったり、ほら色々あるだろう!
その「そそる」部分をクローズアップすればいいのだ(例が男ばかりだ?当たり前だ!)
ここはひとつ、自分をそそるものが何なのか、振り返ってみてはいかがなものだろう。


……ところでエロスのもう一つの(哲学的でない)側面。
(主に)男性によってもたらされる(場合によって)被虐的なアレ。

これは神名龍子女史の発言の引用だが、
『性的なエロス(エロティシズム)というのは、バタイユの言い方を借りれば「禁止された美の侵犯」です。
 これは、エロティシズムについての一般論としてはどうかと思うんですけど、
 「男性にとってのエロティシズム」に限定するならば、本質をよく言い当てていると思います。』

という事で(笑)
「隠されたものを暴く」事への快感は、陰影礼賛な日本人であればこれまた当然持っていてしかるべき美学であろう。
着物の裾からチラ見えな素足、障子に映った影が生み出す姿態、見えそうで見えない、見えなそうで見える、
そういったじらしこそ、恋愛の最上級のテクニックだと思うし、
もしそれを作品で表現できたらとても素晴らしいことではないかと思う。

むしろ自分にとって男女の性差から生じるエロスの根源は望むところださあ来い(創作的な意味で、ですよ)なので

わりかし相当アレな作品であっても、これも「エロス」と証言してやるから、逆の意味でためらっている諸氏も安心して投稿してくれたまえ!


むろんnecrophiliaとかpaedophiliaとか、まあいろんな趣味があって、中にはいわゆる「反社会的」と言われかねないものもあったりして、その辺加減が難しいと思う。
思うが、それこそ「指摘できそうでできない」ギリギリのラインを狙う、というのも
創作者として非常にエロティックで良いのではないかと。

まあ、要するにあれだ、規約に違反しなければ
「脱ぐとかありえないし!」という清純派も「やるからにゃ徹底したいぜ」派も
「これが私のエロス!」と言ってくれればたいていのものがオッケーなわけだよ(笑)

101108-blog1.jpg
seisuiさんの支援シャツ&Jezzさんのテクスチャ

Comment

NooN says... "No title"
私にとってエロスな妄想は首筋でも腹筋でも二頭筋でもなく、大きく力強くしなやかな男の手によってかき立てられるもの。
なのに!
あらゆる構図をボツにしてくれるM4の手。
Ashの細指モーフでどうにか誤魔化してるけど、何かが決定的に間違ってる。
肥満児の小学生のようなぽっちゃりおてて、ほんとどうにかなりません?
2010.11.09 18:13 | URL | #LkZag.iM [edit]
sannzi says... "こわ~いお誘いメール"
が読みたくてくるまで出さずにいようかな~・・・
などと不遜な事を考えてしまいましたが実は以前から試したいことがあってやってみようと思ってます。

エロスではないかもしれませんが私は手フェチです!
M4もですがV4の手もポッチャリしてまるで小学生の手みたいです。
手だけ出せればいいので手の綺麗なフィギュアを捜してみようと思ってます。
此処でいうのも気が引けますが勿論女子の手です、すみません(^^;
え~、手だけでエロスを表現しようなどとおこがましい事は考えていませんが、手とDCで自作比一番のエロスに挑戦しようと思っておりまして・・・まだ試してないので分からないのですが。
2010.11.09 22:56 | URL | #u2lyCPR2 [edit]
rose says... "わーいエロスな反応だ^^"
>NooNさん
「~でもなく」とおっしゃりつつその羅列っぷりは、筋金入りのエロスな人とお見受けいたします(笑)
M4の手はね、M4の手はね、もう購入当初から何とかしようと思いつつ未だに何とかしようと苦闘しております。
本気でモチベダウンしますよあの手は。手のせいでM3から完全移行できませんですよ(TдT)

間接部分の位置が若干疑問なのと、あの肉厚感をナントカしない限り、AshモーフやHiroモーフでは「細くなる」程度で、男の手としての意味も価値もございませぬ。
骨格から考えなおしていただきたいとDAZに小一時間(ry

いっそ手だけジェームス移植できんのか?

>sannziさん
動く額縁配布お疲れ様です~。ナイスなアイテムです。
闇メール……sannziさんのメアド知らんですよorz
そろそろ闇コメいれちゃおっかな~……とか思ったりはしましたが、メンバー全員sannziさんは間違いなくこちら側と見ておりまして(笑)

ここにも手フェチが!
わかります、手で萎えるフィギュアを無理に使うより、むしろ手で選んだ方が早いような気がしてきました。
ていうかね、だからって手にDC着せるあなたはある意味天才ではないかと思いますよ(笑)

お二方とも、手のエロス、マジで期待しております!
おふたりの気合の入ったコメントに、自分も勇気づけられましたありがとう!
2010.11.09 23:37 | URL | #4SZw2tfw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lazyrose2007.blog115.fc2.com/tb.php/293-d01c97a3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。