Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

スポンサーサイト

Posted by Lazyrose on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コイツは最高にロックなんだよ!「家族のうた」#6

Posted by Lazyrose on   4 comments   0 trackback

ドラマの楽しみ方とはどんなものか。

主人公に感情移入してドラマチックなストーリーを楽しみたいとか、
日常では得られない特殊な職業の知識を味わいたいとか、それはもう人それぞれだろう。
このドラマに関していうなら、自分は、「スタッフのオタ気質丸出し小ネタを探しつつ、まったりと子供に覚醒させられる主人公の成長ぶりを味わう」ドラマだと思っている。

6話めにあたる今回は、うっかり父親宣言した正義が本格的に「家族」と向き合うという話だ。
全11話で考えるなら、折り返しにあたる5話めでの「父親宣言」が第一の転換点で、そこから第二の転換点である
「正義自身の過去との対決」に向かうためのポイントだという事で、頷ける話数だ。

全 11 話 な ら orz

これが8話に短縮されてしまった今となると、先が読めるだけに
「もっと早くにこうしておけば良かったのに!」という指摘がされるのは致し方ないところである。
あるけど、しょうがねえだろう、3話までの時点ではなんとか凌げると思ってたんだからヽ(`Д´)ノ

早川正義という人間は、底が浅いしかなりバカだけども、自分の中でこれと決めた信念にだけは忠実、という男だ。
そんな男が本気で変わる、その部分をカタルシスに持っていくためには、視聴者が
「いつまで同じとこぐるぐる回ってんだよ!」とイライラするくらいのぐるぐるが必要なんだと思う。

で、あくまでも自分の推測にすぎないが、「父親宣言」までの流れは当初の予定通りの流れだったんじゃないだろうか。
とすると、残された話数で予定されていた内容はおそらく
・正義が過去と対決(秀じい絡み)
・新社長との対決(ミッキー絡み)
・ミッキーや洋子さんたちが正義につられて変化するエピソード
・「パパさんスター」的路線で正義が売れて「やったじゃんー!」
あたりじゃないかと思う。
このうちどれが削られたとしても

「よくも(いままでぐるぐるに耐えてきた視聴者の)カタルシスを奪ったなああぁぁぁ!」と叫びたい(笑)

毎回のチラ出しゲストも楽しみだったのにっ。
120523-blog2.jpg




さて、ドラマ。
これまでこころちゃんを放ったらかしてきた母親が「私にはこころだけ」とか反省顔で戻ってくる。
そんで実は正義は父親じゃなかった事が発覚して、こころちゃんは出ていっちゃうわけだが。

この母親がまあ絵に描いたように最低なバカ女なんだなこれが。
男作って娘を他人に押し付けといて、男と別れたら今度は寂しさを娘で埋めようと束縛する、
正義たちといる時の楽しそうな様子に嫉妬して娘に絡んで、またもや新しい男をつくる、金は貢ぐ。
解りやすくするためとはいえバカすぎる(笑)

うっかり父親宣言のせいで子供たちにギターを教えるはめになった正義が、しのごのいいつつ本気になってて
「いいか、ミジンコモンキーズ!」
なんてノリノリで盛り上がってるシーンとの対比があざとすぎるくらいだ。
同じバカでもバカの意味合いが違うことが良く解る。

一応、正義としては他人であった事実を考慮し、己の過去を振り返って
「あいつにはあいつの気持ちがある」と、あえて突き放していたわけだよな。
でも、それでも心配して「ムシャクシャしたらギターを弾け!」とか、泣かせるメッセージを送ったりして
なんだかんだ言いつつ成長している。

一方、自分勝手な母親は自分の事しか見えないままで、またもや娘を放ったらかして旅行に行こうとして逆ギレしたあげくに
「あんたなんか産まなきゃよかった!」
とか言いやがった。

そんな修羅場に底厚ブーツで駆けつけた半モヒの白馬の王子登場。
「この子は私だけのモノなの!」等と意味不明な供述をするバカ母に向かって

120523-blog1.jpg

これは爽快だ。
「他人のオレでもわかることが、何で母親のオマエにわかんねぇんだよ!?」
という言葉は、恐らく正義が、初めて他人のために叫んだ言葉じゃないだろうか。
これまで子供たちを啓蒙してきた正義の言葉は、結局は正義が正義自身に言っている言葉であって、
それは有名人の名言より子供たちを感動させてきたけど、視聴者にとっては「お前が言うか」的突っ込みどころでもあったわけだ。
でも、今回の正義の言葉は、傷ついて折れそうなこころちゃんのための、彼女の心を守るための言葉だ。
正義、また前進したな!エライぞ!

……と思ったのもつかの間、
「俺だってな、関わりたくねぇよ!だけどなぁ、何でかこんなとこ来てるんだよ!
意味わかんねぇよ!何がしたいんだよオレはぁーッ!?ワケわかんねぇよ!教えろよ誰かーッ!!」


まあ落ち着け、とニヤニヤしたくなるような取り乱しっぷり。
顔真っ赤にして感情爆発して喚きまくるオダギリ好物ですご馳走様です。

あとな、厚底ブーツで全力疾走するオダギリ。
こころちゃんのSOSコールに、ギターにも集中できずイライラしたあげくモノも言わずに飛び出して
早足からとうとう駆け出していくくだり、実に盛り上がるシーンだった。
「足くじいたらどうしよう」みたいな心配をされた方も多いようだが心配御無用。
なにしろ元・大日本帝国期待のマラソン選手(違

120523-blog3.jpg

いやまあ、それは措いて、
結局娘に去られてへたりこむ母親に「まだ、チャンスあっからな」と諭す秀じい。
母から去ったこころちゃんに「お前と母親は終わったわけじゃねえよ」という正義。
家族を捨てた(らしい)立場から、
親に捨てられた(らしい)立場から、
ふたりがそれぞれに「救い」を残す言葉をかける。

これまでに培われてきたこのドラマの中の何かが、まとまりはじめている6話(@全8話)なんであった。



……ほらみろほらみろほらみろー!面白かったじゃねえかああ!
ここまで観てこその、このドラマだろーー!ヽ(`Д´)ノ

Comment

リ says... "野良猫にえさやってきました、真夜中"
目が覚めるような威勢の良い文章、

イイなぁ~。

あと二回ですね。

しっかり観ます!
2012.05.25 02:29 | URL | #- [edit]
実は前から伺っています says... ""
半ハゲ~~~~~!!!!
落ち武者~~~~!!!!
カッコいいぞ~~~!!!!
ロックだぞ~~~~!!!!
正義が大好きだ~~!!!!
この家族をもっと見ていたかったです…
2012.05.25 05:37 | URL | #- [edit]
chizu says... ""
ぐるぐるは必要です。
確か5か6話あたりで打ち切り決まったはずです。

あの厚底ブーツ、走るの大変だろうけど脱ぐのも大変だろうなあ。

roseさんの感想もあと二回なんですね。それも悲しい(T_T)
2012.05.25 12:22 | URL | #BEUMMcK6 [edit]
rose says... "わあ熱いコメントが"
>リ様
いらっしゃいませ。夜中のエサやりお疲れ様です!
いやあ、長くなっちゃってすいません。言いたいことがありすぎて1/3くらいまで縮めてもこの有様です。
正義の影響で言葉が荒いですね、ホントはとっても穏やかでしとやかな人間なんでございますのよほほほ……(汗
あと2回!楽しみ尽くしてやりましょうね!

>実は前から~様
ま、マジですか?やだなあもう、遠慮なさらずお声をかけてくださいよう。
熱いコメントがロックだぜ!(笑)

>chizuさん
ねえ!ぐるぐるがあってこそのカタルシスですよ!
みんなまったり見守ろうよ……などと思ってましたが、豊田社長の言い分を見るにやはり上層部がヌケ作なだけでしたな、うん。

あのブーツカッコイイですよね。走るのも脱ぐのも、いや履く段階でものすごく大変そうですが(笑)
こんなダメダメな感想、楽しんでくださって有難うございます。
あと2回、共に満喫しましょう!
2012.05.25 19:37 | URL | #4SZw2tfw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lazyrose2007.blog115.fc2.com/tb.php/361-b43e19dc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。