Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

It's only rock'n roll「家族のうた」#7

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

とりあえずバレーボールファンには大変失礼な事を思ったのでちっさく呟く。
つまんねえインタビューだらだらと流してたらその間にチャンネル変えられるに決まってんだろうがあほんだらー!ヽ( `皿´ )ノ


まあ、正直いって自分は、好きなものには徹底して甘い。
オダギリが主演しているというだけで、相当「家族のうた」には甘くなっている事は確かだ。
だがしかし!
「次週、感動の最終回!」だそうなので(自分から言っちゃうあたりスタッフのやけくそ具合がわかる)
その前に今回はすこしばかり冷徹(笑)に、内容的な不満点を述べて行こうと思う。


まずストーリーをおおざっぱにまとめると、
「わがまま正義のために無理に無理を重ねてきたミッキーが過労で倒れ、ようやく反省を覚えた正義がごめんなさいをした」
……みたいな回だ(おおざっぱすぎ)


不満点その1
「誰かのために頭を下げることは、自分を曲げてるんじゃない。守るべきもののために自分を貫いてるんだ」
という、全国の営業職の皆様が
「三十路超えてから気づくな!」
と吠えてしまいそうな、まあそんな結論なわけだ。

……だがそれはそれでいい。そんな当たり前の事に行きつけなかった正義の半生というものがある。
正義が脳みそ小学5年生だというのもこれまでの6回で描かれてきている。

不満点その2
しかし、ここに来て短縮打ち切りのしわ寄せと思える、秀じいエピソードを無理やり絡めた感が否めない。
いやそれだけじゃない。洋子さんのカメラマンとしての理想と現実とか、マスター夫妻の馴れ初め話までぶち込んできた。
確かに欲しいエピソードではあったけども、1回に押し込むのはさすがにきつかった気がする。

だから普通の視聴者なら「無理に秀じいエピ入れなくてよかったんじゃないの?」
と思うところだ。
ここバッサリ切り取っちゃえば良かったんじゃね? と。思うであろう。

だが、秀じいエピソードはなくてはならないのだ。
秀じいは、いやあえて言おう、藤竜也は「他人の父親」でなければならない理由というものが、
オダギリファン以外の視聴者にはまったく通じないところで(笑)厳然と存在している。
もうこうなったら一般視聴者をDisってると思われてもいい。
秀じいは他人の父親で、なおかつ主人公と同じ問題の対極に立ち、さらに自らの苦悩で主人公を導き、未来へと押しやらなくてはいけないんだあ!

というわけでこれもしょうがない。

ていうか先週の感想で自分が想定した「予定されていた内容」は
「パパさんスター的路線で正義が売れてやったじゃんー!」以外クリアしてるあたり
もうスタッフの、やけくその力技でねじ込みっぷりにいっそ感動した。

さて、とりあえず今回のヤマ場はふたつ。
正義が社長に啖呵切るところと、ラジオ局の人に頭を下げるシーン。

不満点その3
この社長も、ほんとはもっと掘り下げられたキャラだったと思う。
単にシビアで合理的で無駄なものは一切排除する新社長、なんて記号にすぎなくてつまらない。
できれば彼が過去、どうしてそういう考え方をするに至ったのか(そこにロックが絡んでいたとか)
ひとりの人間としての葛藤バックボーンありきで正義と濃い対決をして欲しかった(堺さんで)。
でもそういったひとりの人間として描かれることもなく、ただの記号人間で終わってしまって実に残念だ。

しかし、このシーンで重要なのはむしろ正義の

120531-blog1.jpg

なんである。
ナンデスカ君たち、以前の「ミッキーいなくなったら俺野垂れ死にだよ?」といい、どういう関係デスカ。
みたいなもう、そっちに行っちゃって社長の事なんかどうでも良くなった。

ということでコレも終了(いいのかよ)。

そしてもうひとつのヤマ場、あの正義が、
「好き勝手やって申し訳ありませんでした」と頭を下げた!
ミッキーのために。母親のために。これまで自分を守ってくれた人たちのために。
あの正義が神妙な顔であんな風にアレで、

不満点その4
どうしてラジオ局のおばさんはあんなぶすっと怒った顔をしていられるのだ!
おかしいだろ?正義の魂の叫びみたいなトークきいてただろ?
ほろっときて「今日の放送だけは良かったよ」くらい言ってやれよ!
キサマには心というものがないのかーーーッ!(←いやそれ、やつあたり)


で、職は失うはミッキーとは別れるは(違)最後にちゃんとやりたかったラジオでも
やっぱり自分語りしちゃってなんだかもうしょんぼり~、な正義が家に帰ったら、
子供たちが父の日に贈る「正義のうた」なんか練習しちゃってて、何かがこみあげてきつつも強がる正義。
ベタだよベタ過ぎる!
ベタだけど強がってるけど、子供たちの書いた歌詞をじっと見つめてなんだかこっちがうるうる来るじゃないか。
んもう~~~、正義の表情が、初回と今回でまったく別物で、
ここまでの間に正義と子供たち(+α)が少しずつ培ってきた交流が積み重なってこの表情になっているんだなとか、
たった7回の間にそれを表現できたのは、成功だったと思う。

だが子供たちの「父の日に」のセリフで気づいてしまった。

不満点その5

6月の第三日曜日は父の日だったのにーーーーーー!

フジテレビのバカーーーーーー!


以上、冷徹に不満点をあげてみた(あがってない)


最後のラジオ放送で、正義がかけたのは、ストーンズの
I know it's only rock'n roll(But I like it)
まあ、これがこのドラマの主題だって事なんだろうな。






おまけ。
今回しょんぼり正義が多すぎてもうお姉さんハートがふるふる震えちゃったんだけど♪
中でも秀逸だったのは

秀じいを励ますために正義をくさしまくる子供たちの毒舌三昧に
「お前ら、人をひとり傷つけてるよ(棒)」とひっそり傷ついてる正義かわいい。

あと、ミッキーのお見舞いにきておそるおそるドアを開ける正義の頭になんか見えた。見えたよ!(゚∀゚)

120531-blog2.jpg

Comment

chizu says... "もう"
ベッタべったなのは初回からしょうちのすけなので、もはやなんでもいい。変態でもいいby三日月
オダギリ正義ジョーさえ居てくれればという心境です。
2012.06.01 14:45 | URL | #CjlWd7YA [edit]
rose says... "うんうん"
>chizuさん
いつもコメントありがとうございます。
全オダギリファンの気持ちを代弁されてますね(笑)
みんなで三日月化しましょうそうしましょう。
2012.06.01 16:25 | URL | #4SZw2tfw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lazyrose2007.blog115.fc2.com/tb.php/362-96419bcd