Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

Yes, Jesus loves him!

Posted by Lazyrose on   2 comments   1 trackback

オープニングの桜画像が明るい空に変わっていた。
たくさんの人の顔を重ねていた部分も、八重さんの画像ちりばめに変わっていた。
これまでは会津の人々の物語で、これからは「八重という人」の物語になるという意図だろうか。

そんな風に、明治に移っても引きずっていたあれやこれやが、一新された感のある「八重の桜」第34回。
重く切なく美しい、会津戦争と前夫時代の「八重の桜」を吹き飛ばす新島先生のパワーすげえ! としか言いようがなかった。

いえね。待ちに待って待ち続けた7ヶ月半、我々オダギリファンはむしろ今回が初回スタートみたいな緊張感でして(会津愛はどこに)。
なにしろ先週「ここに来てまさかの前夫アゲ」で、どうしよう、せっかく出てきたのに「期待はずれ」とか言われて叩かれたらどうしよう、などともう心配で心配で完全にオカン目線。

だが! しかし! さすがは亜米利加帰りの天然宣教師。上がりに上がった前夫ハードルを軽やかに飛び越え、武家のしきたりやら戦争の恩讐やらにがんじがらめの日本の人々をきりきり舞いさせてしまいましたがな。

初戦の木戸さんはアッパー気味のおねだり上目遣い攻撃であっさり撃沈。
続いて山本兄との対戦、さすが強敵山本兄の盲目先制攻撃に一瞬ひるむが持ち直し、「百難をわれに与えよ」と曹操ばりのやる気のジャブ。

「よし、(視聴者の)掴みはオッケーだ襄!」
「突破口をひらくためきゅるるんお目め攻撃をこきざみに出すのだ!」
「そのまま腐方面のハートを狙い、えぐりこむように打つべし!打つべし!」 ←ハグ
見てるこっちはオカンというよりもはや丹下段平。いやマジで。

軽やかすぎてハイテンションな襄先生の天然っぷりは空恐ろしい程の攻撃力で、兄に抱きつきついでにびっくりしてる時栄さんまでまとめて料理しちゃってすっかり篭絡された山本兄をバックに槇村府知事を炊きつけたと思ったら次は「女学校見学したい」言い出すし、
って気づいたらちゃっかり授業にまぎれて「♪Yes, Jesus loves me. So Bible tells me so. 」とか歌ってるよ! 歌っちゃってるよ!
女学生きゃあきゃあ騒いでるよそりゃそうだよこんな男前の宣教師がひょこひょこ歩いて笑って歌ってたら英語学習にも身が入るってもんよ!

いいですか皆さん!
この白くてつぶらな目で無邪気な笑顔で、いきなり握手したり抱きついたり歌いだしたりするふわふわした愛らしい生物が、

130827-blog2.jpg

日本に耶蘇教を浸透させようというアメリカン・ボードの野望の手先(……のフリして実はそれを逆手に取って日本人に西欧教育をひろめようという、ひょっとしてものすごい腹黒い策士なのかもしれない)なのである!

130827-blog1.jpg

そして襄先生の快進撃は止まらず、天然攻撃はもうひとつの任務である嫁探しにも如何なく発揮される。

なんと、登場からわずか34分でヒロインに抱きつき、さらにその2分後には彼女の手を取る快進撃。
あげく出会った回に速攻プロポーズする猛攻撃。
来週なんかふたりでデエトしちゃうらしい!
さ、さすが亜米利加帰りはやる事が違う! なにこのスピード感!
前夫が求婚するまでに何ヶ月かかったと思ってるんだ。
大蔵様でさえボディタッチするのに何十年という、しかもドサクサ紛れのささやかさだったというに!

それにしても、今回は襄パート以外も見所が満載で、「帰ってきた男」つながりで健次郎さんも帰ってきて、ちゃっかり佐川様も復活、着々と西南戦争への布石が打たれている(案の定、佐賀の乱は終わっていた(´Д⊂ヽ)
布石のひとつに絡めた、象山先生の蘭学所での山本兄、西郷どん、尚之助、ちび新島の回想カットは、ベタな演出ではあるが感動した。

あの頃、まだスカした白羽織も山本兄も、誰もが学問の力と明るい未来を信じて熱く語っていた。
まだボロをまとった西郷どんも快活に笑っていた。
実際には七五三太が蘭学所に入り込んだなんて事はなかっただろうし、西郷どんがあんなとこうろついてたとも思えないし、さらにいえば川崎尚之助は象山門下ではなかったと思うが、そんな事はどうでもいいんで。ドラマの中であの4人の邂逅シーンがあり、そして時代が移り、戦争がすべてを変えてしまった明治になって、あの時の子供が目の前に現れる。
敗者は傷つき、勝者は新しい道を拓くことができずに苦しんでいる、この時に、あの頃の自分たちと同じ情熱を持ち、未来を拓く力を持ち、夢を信じている青年が現れた、という演出は実に良かったなあと思う。


放送後、ドキドキしながら世間の反応をうかがっていると、予想外にオダギリの評判が良い。
「新島襄カッコ良すぎだろ!」「襄可愛いすごく可愛い」「一気に話がおもしろくなった」
という、視聴者からの好意的な反応の数々。思いのほかの好感触に、やった! やったわジョー! よく頑張ったわ!
でも「あんなにカッコいいなら普段から普通の格好してくれればいいのに」的なコメントも散見されて
ファンとしては(´・ω・`)みたいないやごもっともですが。

Comment

sannzi says... "文量、反省するに及ばず"
↑なんか偉そうなタイトルですみません(^_^;)
でもroseさんが興に乗った時の感想文としては、短いくらいに感じました。
文章が軽やかで長文も苦になりません。
思えば始めてroseさんの感想文を読んで、夢中になったのが熱海の捜査官だったですね。
roseさんの感想文を読んで、何だか面白そうと思って観てみたらツインピーク@@!
もうすっかりドラマにも此処の感想文にもはまりました。

今回はroseさんの目には、あの襄先生がふわふわ白ウサギに見えるのかと思うと、それが一番面白かったです。
それにしても参考画像の可愛い事!
こんな風に心の目で見えるとしたら、もう抱きしめて、かいぐりかいぐりしたいのではないでしょうか?

私も4人の邂逅シーンは印象に残りました。
やっぱりありそうもないシーンなんですね、でも歴史の教科書の映像化ではないのだから、ドラマとしての創作として、とても良かったと思いました。
2013.08.28 21:20 | URL | #u2lyCPR2 [edit]
rose says... "恐縮にござるー"
>sannziさん
もうトシなんで、イラスト描いてるうちにネタを忘れないように思いついた感想をメモしておくのですが。
史実を扱ったドラマですので、史実関係のネタはあまり間違いがないよう手持ちの資料で確認するのですが、調べてるうちにちょっと面白い別の事実とかでてきたりして、そこにオダギリが投入されたとあってはもう収集がつきません。メモ帳大混乱でいっそ前後編にしようかと思ったくらいです(笑)

sannziさんにはいつも感想ネタに付き合っていただけて有難いです。
Poser関係者の方と、違うカテゴリで語り合えるのってすごく嬉しいんですよ。以前は掲示板で交流できてたのですが、スパムが多くてやめちゃったんですよね……また作ろうかなー。

ウサギはですね、天下の新島襄をウサギに例えるのも失礼かとも思ったんですが、「八重の桜」ではとにかく傷ついた八重さんや会津、いや日本人そのものを癒す存在的に描いているようでしたし、いつもはわんこ的な可愛さなんですが今回はもっと白くて繊細な気がしまして。
見えませんか?sannziさんの目にも、あのきゅるきゅるした目とかふわふわしたムードがほら!……ほら!
2013.08.29 00:25 | URL | #4SZw2tfw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lazyrose2007.blog115.fc2.com/tb.php/408-ada66721
[八重の桜] NHK大河第34回「帰ってきた男」
公式サイト http://www9.nhk.or.jp/yaenosakura/outline/story34/ 今日の見所 本年随一のコミカルパート。 出演 三根梓(山本みね) 粗筋 新島ジョー帰国。日本に学校を作ろうと奔走するが、キリスト教...