Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

大歓迎されるテロリスト

Posted by Lazyrose on   4 comments   0 trackback

ひと言でいうならば、

どうだ貴様らー!オダギリがカッコイイってやっとわかったかー!ヽ(`Д´)ノ

みたいな回であった(笑)

140127-blog2.jpg


ぶっちゃけ自分の中でこのドラマの評価はいまいちだったりする。
いや面白い(んだろう)とは思うんだけどね。SITだのSATだの、これまで描かれることのなかった特殊部隊設定だし、「め組の大吾」みたいなパワー系熱血主人公だし、脇も演技派の役者ぞろいだし。良ドラマの要素をたんまり兼ね備えている、にも関わらず、なんっか残念な印象なんだよな。

最たる理由は主人公にぜんぜん共感できないあたりだと思う。
原作がマンガというだけあってノリがマンガ、というか特撮ノリなのはいい。
だがどうにも主人公がそのノリについていけてないというかマンガになりきれてないというか、向井なんとかさんは頑張ってテンションあげてるんだろうけど、あげているにも関わらず上滑りしてて痛々しさを感じる。
さらに薄幸のヒロインが下町のオカン的たくましさを備えていて全然薄幸のヒロインに見えない。
容保様が狙撃手というのはなかなか良いチョイスだと思ったが、必要以上に主人公を睨みつけるばかりで、犯罪被害者遺族としての自己主張はわかったからもうちょっと狙撃の腕の凄さを見せようよとか。

微妙に残念感のただよう2話までだったが、3話もやはりどこか微妙。
反目しあう野郎集団が力勝負という熱く汗臭い展開なのに、肝心の演習内容は省略気味でお約束の負傷者が出て結局「俺達は人を救うのが使命」みたいな。仲良くしようよみたいな。
いやもうこの主人公、目指す正義はわかるんだけど、決定的に説得力がない。

ああそうかそうかそれが貴様の正義なんだろうよ、だがオレ様にはぬるい! ぬるいんだよ一號! 暑苦しいバカ(設定)のくせに信念がぬるいって中途半端なんだよ! つーかお子様すぎ! 自分ひとりの正義を周囲に押し付けんな迷惑だ!

というのがおそらくほとんどの視聴者が胸に抱えていた主人公への不満だったろうが、それを登場するなり
「こんなに幼稚なガキだとは」
と一刀両断してのける国際テロリスト様素敵すぎ(笑)

ぬるい主人公のぬるい展開を、ここに来てバイオレンスに吹っ飛ばしてくれた、ダークで冷酷な国際テロリスト様に、なぜか掲示板もタイムラインも湧きに湧いて、
「オダギリかっけええええ!」
「に、新島襄先生!?」
「ジョー先生、何があってこんな……カッコいいじゃないかああああ」
「ジョーに蹴られるとか♡ ぶたれるとか♡」
「兵長蹴りktkr」←やめれw

みたいなえらい盛り上がりだった。
やっぱみんなイラついてたんだねえ(笑)

なぜ女を拉致る! なぜ蹴る! なぜ殴る!
その理由はまだ明かされないがそんな事はどうでもいいくらいカッコイイつーか爽快ですらある。
オダギリがすべてを持っていった。
もはやぬるい主人公とぬるい要素はエロテロリストを際立たせるための当て馬設定にしか思えない(酷い)
この際だから、毎回NSP関係者全員叩きのめしてくれないか。
わりとマジで。

140127-blog1_b.jpg

Comment

NICO says... ""
ふふ、ふふふふふ。
1話2話を見ないでいきなり3話から見始めたけど(なんなら真ん中あたりは早送り)、思ったことは全部roseさんが言ってくれた!わーいスッキリ!
主人公とその周辺だけが何故か物語にまったく馴染んでいないという不思議なドラマだけど、主人公周辺以外がいい感じだからいいよ!うん!
もう蘇我VSテロリストだけでも構わないけど…ダメかしら?
てか主役テロリストなんじゃん?もしかして。ねえ?
2014.01.31 15:14 | URL | #- [edit]
rose says... "ありがとう!"
>NICOさん
貴殿のご支持をいただけると心強いドラマ感想ジャンル(笑)
確かにいっそ主人公はずしたらもっと面白いんじゃないかとか思わないでもない状況だが、おかげでテロリストが絶賛されてるのでどんどん当て馬になって貰いましょう。早送りしない方がいいですよ、イライラする分オダギリ出た瞬間の感動倍増だから(酷い)
個人的には「M-最後のテロリスト-」でどうかと、出演が発表された直後に叫んだのですがいかがなもんでしょうか。
2014.02.01 01:25 | URL | #4SZw2tfw [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.02.02 16:21 | | # [edit]
女帝ぺんぎん says... ">某様"
貴女様があの方でしたかー!(笑)
発破かけられて自分の首絞めましたー!
たぶんおっしゃるキャストはワタシも苦手な某氏だと思われます。そして「オダギリとは違う」方の云々は実際にワタシも叫びました、違うんだよ、いや別に貶めてるわけじゃなくて全然違うだろ見りゃわかるだろわかんねーのか明きメクラかと。
でもそんなあれもこれもオダギリを際立たせるための舞台設定、当て馬なのだと思えばよろしい。もはやそれですべてを乗り切るのです(そうとう酷いこと言ってる気が)
2014.02.05 00:39 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lazyrose2007.blog115.fc2.com/tb.php/428-a54401e1