Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

「大川端探偵社」#2 変態ですのウフフ

Posted by Lazyrose on   4 comments   0 trackback

うむむ……
実にけしからんエロテロ回でござった。

140427-blog1b.jpg
(クリックで倍)

日頃は清楚で純粋で優雅なroseさんなのでございますがね、エロ回とあっては熱く語りますよ! ええ!
正直に言うが「アリスの棘」の少女マンガ的胸キュンにはさっばりときめかない自分は、前屈みの村木に鼻血出そうになった。
アバンタイトルで主人公が夢精する、いやしかけるドラマってどんなだよw

ところで、性的なものに対する表現てのはいろいろあるけど、エロとセクシーの違いってのはどういうものだと思われるだろうか。
以前(DCエロ展主催した時)さんざん調べたり周囲と話し合ったりしたのだが、性的な捉え方は人それぞれなので、人によって言葉に対する認識も違うと思う。
しかしおおざっぱに言うと、「エロ」ってのは上位概念で、性的なもの全般に対して「エロい」と感じる中で「セクシー(魅力的)」か「アンセクシー」かに分かれる、という意見が多いようだ。
なるほど、巨乳強調した服の姉ちゃんがいれば「わあお(セクシー)」だけど、下半身出したオヤジがいたら「氏ね(アンセクシー)」というやつだな。極端な例をいえばw

しかし、個人的にはエロとセクシーという違いの他に、いわゆるビニ本的な、本能に忠実な行動や表現を指す安直な「エロ」に対して、背徳・隠微・官能といった「抑制されているがゆえにいや増す観念的な衝動、「エロティシズム」とか「エロス」と呼ばれるものが存在するように思う。

で、自分的に言うと、ただの紐みたいな下着で歩きまわるメグミちゃんはまさしく健康的な「セクシー」だ。
あの剥き出しのダイナマイトボディを露出されれば、まあ普通の男なら目が釘付けだろう。
だが、それでは(擦り切れまくった)大人は満足しないのである。
物足りない。
性というものをより深く堪能するにはエロス、つまり「抑制され、隠されたものを暴く」という工程が必要なのだ。
そう! エロス!(キラキラ)
背徳感、羞恥心、被虐。見えてはならないものを見せ、してはならない事をする、それこそが至極のエロス。
ええそうです「陰翳礼讃」です谷崎は変態です。あと川端康成もたいがい変態だと思うようん(あれ、何の話だっけ?)

連れ込み宿のおばさんが語っていたように、メディアの普及(特にインターネット)であらゆる隠し事・秘め事は暴露され、共有されてしまうようになって、いまや「エロス」は死滅しかけている。個人が密かに抱えて楽しんでいた隠微な変態性欲は、もはや「ヘンタイ」というカテゴリにジャンルわけされた個性のひとつにすぎない。
エロスは貶められた。世間にあふれるのは明るいエッチとつまらんエッチだ。これじゃヌーディストビーチで胸出してる白人姉ちゃんと変わらんじゃないか、日本人ならではの妖しく陰湿なエロスはどこに行った!
嗚呼なんと嘆かわしい!ヽ(`Д´)ノ

……などと変態求道的怒りに震える世のおっさん達にとって、今回は懐かしくも慕わしい昭和のエロスむんむんなストーリーであった。
あえて疑問を呈するなら、富も名誉も味わいつくした死にかけのジジイが残り少ない性欲をかきたてるのに、若妻のNTR系シチュエーションだけであんなに興奮できるものだろうか? 乱歩とか久作とか通過した人間にはちょっと物足りない気もしないでもない。
もっと! もっと変態極められるだろうがんばらんかジジイ!(笑)と応援したくなったが、よく考えたらこれ昭和50年代とかそのくらいのエロスだよね。
モラルが今よりしっかりしていたあの頃は覗きとかその程度で充分変態だったわけだからな。その時代に味わった背徳的な快楽を、あの爺さんは追体験しているのだろう。

そうそう、大根監督がつぶやき投下してたよ!
DVDではエロシーンがロングバージョンらしいですよ!
これはあなた買わなくちゃ! あなたってあなたですよ、そこの、「オダギリカテゴリだからおっさんは顔出さない方が」とか電柱の影で遠慮してるPoser男組! おまえらの大好物満載回だDVD買え!(笑)


さて、そんなエロエロ回だったわけだが、どうやら村木は色事はあまり得意でないらしい。
ラブホテルの聞き込みでは下手を打ってラブホの親父に水撒かれるし、「変態カップルなんですぅ」と宣言するメグミちゃんの横で固まってるしw
冒頭から通して苦虫噛み潰したような仏頂面で、依頼人の肉食系奥様を相手にする表情なんかもはや「引いてる」通り越して恐怖に近い(笑)
ええい思春期か! 思春期の男子学生かおまいは!
と思ったが、依頼を果たした後の村木がしょんぼりしていたのは、変態的な性欲を自分に認めてしまって落ち込んでいたらしい。

140427-blog2.jpg
予告で見た時はハードボイルでスリリングな場面かと思ったのにラブホで叩き出された光景であった。

村木という男は実に古風でまっとうというか、現代的でない男なのだな。だがしかし、興奮する自分を恥じるその価値観こそがエロスの大前提なのだよ村木君。
繰り返して言うが、背徳感、羞恥心、被虐こそ至極のエロスなんである!
村木よ! エロスの暗黒面に堕ちるが良い!(でも所長が)

まあそんなこんなでおっさん共が全力で支持したであろうエロ回でしたがな、あれだ、深夜に喜んでんのはおっさんばかりじゃねえのでしてな。
大根監督の意図かどうかは知らないが、明るいエッチなメグミちゃんのボディや今回の星野あかりさんの濡れ場がおっさんにとってのオカズであるように、
エンディングのオダギリ寝姿はお姐さんたちにとってのオカズなのだ。
なんかこう、事務所で無心に寝てる村木の姿は何回見ても胸がこう、きゅうううんとするんだ可愛いんだたまらんのだ、襲ってくれって言ってるよなあれ! なっ!
半端な下着つけたままの濡れ場なんかより、長いすの上でもだもだしてるオダギリの寝姿の方がよっぽど放送コードに触れる気がするんだぜ(笑)
ちくしょう、美味そうにタバコ吸いやがってその仕草すらエロいじゃねえか。

はあ~、こんな超絶エロいツラして中身堅物とか美味しい生物はなんなの!
お姉さんあんまり可愛くて食べちゃいたい!





とりあえず公式にはDVD初回限定映像特典でエンディングのロングバージョンを付けろと強く要望する!

Comment

sannzi says... "熱海の・・・"
私はツインピークスを原体験していたので、今回のごとき描写では村木のようにうろたえたりしませんでした。
今回の感想記事を読んでツインピークスこそエロス(背徳・隠微・官能)を主題にしたドラマだったのではないかと思いました。
いろいろオダギリ関連のドラマがあるうち、見ているのはこの大川端です。
よりによって、此方で放送されていない大川端を是非みたいと思ったのはツインピークス臭、もっと言えば熱海の捜査官臭を感じたからです。
(どうやって観ているかは以前roseさんにご伝授いただいたげほごほ方を応用しております)
予告編を観てそう思ったのですが、当たらずも外れでも無かったかなと思っています。
監督さんも同じかなと思ったのですが、全く違うようですね。
でも(「最大の見所」(笑)のオープニング)のシーンや音楽の使い方は熱海を彷彿とさせました。
それほど熱海の捜査官は、私の中で好きな思い出のある番組に成っていると言うことです。
さて次回はあまりその匂いがしないのですが、どうなるのでしょうか・・・

所で昭和のその昔、タバコを吸うと超強くなる、とんでもないスーパーヒーローがいたのですが、ご存知ですか。
2014.04.29 23:12 | URL | #u2lyCPR2 [edit]
rose says... "♪ひーかるー海ッ"
>sannziさん
♪光る大空 ひっかっる大ぃ地~♪

あ、すいませんなんか突然歌いたくなっちゃって。どうしたのかしらワタシ(棒
え、煙草吸うと強くなるヒーローですか? 知りませんねえ誰ですか(棒
でもあれ冷却剤なんじゃなかったいや何でもない。

個人的にツインピークスのエロスはカイル・マクラクラン個人とリンチの映像美によって生み出されたものだと確信しております。ああ変態じゃ、まさに変態でござる。
ただ、「大川端」は「ツイン・ピークス」や「熱海の捜査官」とはまったく違うタイプのドラマだと思いますね。異質なもの、異なる世界との融和ではなく、むしろ暑苦しいくらいに現実派。オシャレな画像の奥には「お前ら地に足付けて歩け」という昭和の人情ものの姿が透けております。
たぶん本来は主人公の村木よりも、どこにでもいそうな存在である村木やメグミちゃんという世代に昭和の価値観を解説する所長の存在が重要なんじゃないですかね。

しかし普通と違う趣味を誰はばかることなく押し出す監督の個性、という意味では三者共通しておると思います(笑)
次週はなんか感動回というか原作派の人は「名作」の回だそうですよ。「深夜食堂」的なのかな。
とりあえずsannziさんを悪の道に引きずりこんでいる自覚はあります。いえ視聴方法ではなくオダギリ出演ドラマを無理やり男性に薦めるという意味でw
今期は他はいいから大川端観ましょうそうしましょう。
2014.04.30 01:51 | URL | #4SZw2tfw [edit]
chizu says... "え~"
>DCエロ展
が気になりまする。

たばこを吸うと強くなるヒーローも
気になります。
ニコチンパワーってやつですね。
高校生のころ水泳部だったのですが
試合前にニコチンパワーを注入してた
先輩が・・・

次週放送回は原作で一番好きです。
原作(全4巻)何度も読み返してます。
支障ないです。

「迷走王 ボーダー」も読みたい今日この頃です。


2014.04.30 09:37 | URL | #CjlWd7YA [edit]
rose says... "は、ははは‥‥"
>chizuさん
ええとー、それはPoser関係者にエロ絵を描かせるためにろくでもないお姉さん達が画策した3DCGの展覧会でございます。
このブログのユーザータグ「闇部隊」とかで検索して遡るか、もしくはサイト本体の「DarkDivision」コーナーに行きますとたどり着けると思いますが、念のためかなり変態度高いのでご注意ください。3DCGって普通のCG絵よりリアルなだけに、エロ扱うとかなりアレで、一般の方には若干引かれる恐れがあるんですよ(笑)

あと正式名称は「魅惑のDC展」でして、決してエロ展ではないです(笑)

煙草は覚醒効果と沈静効果を併せもってますからねえ。でも水泳関係者なら煙草は控えた方がよかないですかね、肺が命だろうに(笑)

次回は原作知ってる人は皆期待が高まっているようですね。楽しみです。
2014.04.30 16:28 | URL | #4SZw2tfw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lazyrose2007.blog115.fc2.com/tb.php/442-f3ce34cd