Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

スポンサーサイト

Posted by Lazyrose on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回感想が異様に長くなる理由は深く考えるまでもないのだ

Posted by Lazyrose on   3 comments   0 trackback

私はドラマ・映画に対する素人の妙に高い目線から知ったかぶりの批評ってやつが大キライです。
せっかく貴重な時間をかけて観るからには、「得た」ものが欲しいわけで、
基本、どんなスカな作品でも、最後まで観たからにはどこかしら美点を探します。
ええ、かようなわけで、ハードル甘い方です(合わないときは最初から見ないし)

特に今回の「帰ってきた時効警察第8回」に対しては、諸々の事情により、
てか、ひとえに某新米監督への不安と不安と不安と期待でさらに慎重にハードルを低く設定し、
いかなる事態にも対処できるよう、数々の非難暴言にも耐えうるよう、
心の装甲準備を一週間かけて練り、
マジでガスターの用意しようかと思いつつ正座してきっちり拝見したという……(笑)

……お……面白いじゃん……。

ちょっとちょっとー、心のハードル低すぎましたかね?(汗)
普通に面白かったよー!
いや、とにかく何に感心したかって、トム……いやもういいか、オダギリ監督の意外に手堅い本質が現れていることです。
日頃、暴れん坊を自己演出する事に命をかけているフシのあるオダギリ監督、
自主制作「フェアリー・イン・メソッド」の自己完結ぶりに(いや面白かったけどさ、別の意味で)
今回もやっちまってくれるんじゃないかとそれなりの覚悟していたのですが、どうしてどうして。きっちり三木監督のベースを踏まえてオーソドックスな「時効」を演出しているじゃないですか。
あらあら、時効シリーズ通して3位か4位に入りますよ、個人的には~。

もちろん要所要所に「……やっちまったか」があるのは否めません。
ビニールトレンチ刑事登場あたりからちらほらと(笑)
が、それも本人が作中で
「やっちゃった」と自己申告しているんですから文句はいえません。
確信犯でしょう。
「三日月ちゃんのやりすぎ演技」「酔い止め必須ハンディカム映像」も多めすぎで確かにうっとおしい。
でも、すべては解決シーンでの三日月ちゃんの静謐な演技のための計算だったんじゃないかと類推すると、ほほう、やるじゃないか!と。
ちなみに私は画質の粗いサイコ調や手ブレハンディ映像にいちいち気持ち悪くなったりしないタイプなので
ツイン・ピークス?ねえ、ツイン・ピークス?とわくわくしちゃったけどね。

どうやら世間では賛否両論の雨あられですが、個人的には
「監督知らないまま観た方が良かった!」というくらい素直に笑いました。
前半中盤とウザい三日月ちゃんをうっとおしがる霧山の「嫌そ顔」はパワーアップされていたのに、
もー、ぬいぐるみなんか素で投げているくせに(笑)
解決シーンで、あれほど手をつなぐのを嫌がっていった霧山が、沈んでる彼女を自ら引っ張っていったり、かいがいしくアシスタントに徹していたり、と、なんだかこう、ちゃあんとうまくまとめている。

オダギリという人物を安易に語れるほど深い洞察力を持ってはいませんが、一話完結式の連続ドラマの一枠を担う形でこの内容というのは、
彼が仕事に対しては常に計算し、案外用心深く間合いを取るタイプだということなんじゃないかと。
まあ、それもこれも「時効警察」という特殊なゆる枠ドラマで、なおかつ実力派の俳優陣・
理想と熱意に燃えまくりの製作スタッフもろもろの、恵まれた条件の中での結果ではなかったかと思いますが。
そういう「環境」そのものを、時間をかけて慎重に作り上げてきたであろうオダギリの計算を、私なんぞは感じます。
だって他の誰が十文字のビニールハウスなトレンチや三日月ちゃんのヤラれすぎ状態を強要できるってのよ。

冒頭に申し上げたとおり、無用な揚げ足取りや知ったかぶりはとりあえず差っ引いて、濃厚ファンフィルターもかなり彩度下げて観たつもりの結論として、なかなか面白かった回だったと思います。

フリはちゃんと覚えましょうよ


今回見どころ多くて悩んだんだけど、やっぱコレかな。

Comment

Youniss says... "警察ったら警察。"
映画化の話が密に進行中だそうです。
とスポーツ新聞の特集記事を引用して、書き逃げします。
ε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛
2007.06.03 01:22 | URL | #- [edit]
朔 says... "アタシは"
今回の監督さんが彼だなんて事前情報はまったく無い状態でフツーに見てました(笑)で、見てるうちに「今日の監督って今まで一度も監督したことないヒトなんじゃないかなー」ぐらいは思いましたよ、ニブいアタシでも。でも、斬新でむちゃくちゃ面白かったー!!という至極フツーの感想を抱き、満足して就寝しました。だって面白かったもん。
2007.06.03 23:33 | URL | #- [edit]
rose says... ""
>Younissさん
おひさしぶりですね~。
本人が「何らかの形で……」みたいなことは言ってましたからねえ。って、オイなぜ逃げる~(笑)
>朔さん
その観方が正解です!
おそらく本人的にもそうなって欲しくて放送ラストで名前公開にしたんでしょうねえ。でも、あの偽名は挑戦しすぎですよね(笑)
ええ、ふつーに面白かったですよね~。
2007.06.04 00:29 | URL | #4SZw2tfw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lazyrose2007.blog115.fc2.com/tb.php/45-98afe876
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。