Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

「大川端探偵社」#5 バニー最高!

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

どういう話だったか? と問われれば

「バニーちゃんは最高だー!」

と、答えるしかあるまい ウム(-"-)

バニーちゃん違い

もちろんメグミちゃんのバニーガールは最高だったよ。スタイルいいし愛嬌たっぷりだし、なんといってもあの胸の谷間は至福だ、目の保養超えて心の保養だ。
すでに諦観の域に達しているらしい(笑)所長のウサ耳つけて尻尾ふりふりとか、ノリが良すぎてほとんど愛を感じるし、お約束展開とはいえ絶望的なまでに可愛い村木の寝ぼけうさぎも含めて、なんなのこの探偵社のうさぎ共はもうもうもう(悶)

さて、オープニング曲でハードボイルドと見せかけといて、実はハートウォーミングな下町人情物語だったらしい「リバースエッジ 大川端探偵社」。
毎回、訪れる依頼主がもちかける相談は、犯罪でもなければドロドロの浮気調査とかでもなく、ささやかな、しかし本人にとっては長年抱えたこだわりや、しくしく傷む傷を何とかして欲しいという訴えだ。
他人からみればバカバカしいような「昔のワンタン」だの「隠し鏡のあるラブホ」だの「往年のアイドル」だの、別に見つからなくても困らないような「過去」を、しかし探偵社の三人は真面目に受け止めてきっちり面倒を見てくれる。
そして、依頼人はずっと抱えていた過去を受け入れて、新しい一歩を踏み出せるのだ。
探偵というより人生相談。
心の薬剤師が三人揃ってるみたいな探偵社だ。

140519-blog1.jpg
(クリックで倍)


今回の依頼は、怖すぎる顔の男の「いっそこの顔に箔をつけて人生やり直したい!」という魂の叫び。
その顔で子供が5人とか!
しかも全部娘とか!
幼稚園時代は 「悪魔の子」、小学校では「鬼瓦」。
不良でもないのに番長にされ、その筋からスカウト受けまくり、道を歩けば職質に遭い、
あげくの果てが店の客から「テロリストのパン屋」呼ばわり。
繰り出される 爆笑 悲しいエピソードの数々に、常は淡々と依頼をきく村木も、大人の余裕で構える所長も虚心ではいられず。
まさにテロリスト顔の男が生真面目に真剣に誠実に訴えるもんだからたまらない。いや実をいうとたまらない程じゃなかったのだが、それを聞いてる村木の、笑いを堪えすぎて悶絶してる顔芸がたまらん。
やめて勘弁してあんたの顔がおかしいおかしくて死ぬ!
普段無表情で無骨な村木だからこその笑い堪え芸なんだが、変顔大得意なオダギリにやられると破壊力抜群だ。


まあ、そんなわけでアングラで行われる「怖い顔グランプリ」を探し当て、メグミちゃんの粋なアシストで依頼人は自分の「顔」を正面から受け入れることができた(話はそれだけなんだよなあ)。
毎回、人生の酸いも甘いもかみ分けた所長が心に沁みるいい事を言ってくれるのだが、今週の名言は所長ではなく、ビッチでお軽いけど人の本質を見るメグミちゃんからだった。

「男はね、不細工だろうが何だろうが、開き直って自分の顔を受け入れれば誰でもチャーミングになれるんです」

おお、まったくその通りだ。
メグミちゃんなんていい子なんだ。

グレアム・グリーンの著書に、若い男を評したこんな一文がある。
「彼らは犬の顔をしている。人生はその顔にまだ皺を刻んでいない」
そう、男の顔は人生だ。
造形の美しさは価値のひとつだと思うが、それだけでは価値にならないのだ。
正直自分は、どうしても若いアイドルや俳優の名前を覚えられなくて友人に笑われるんだが、理由はそこなんだよ。
‥‥つまり視野に入らないのだすまん(笑)

最初から最後までニヤニヤ笑いながら見てたけど、最後にお客さんでいっぱいになったパン屋さんの光景にふうっと力の抜けた幸せな笑みが浮かぶ。
いやまったく、大根監督の目線の優しさには感服する。
依頼主だけでなく視聴者の、週末の痛んでさび付きくたびれ果てた視聴者の心を絶妙な匙加減で救ってくれる番組だ。

Comment

まるるり says... "薬剤師!確かに(笑)"
『極力芝居をしないようにしました』って、何の話?ってくらいに、顔芸を楽しみました。ここへ来る人たちは、依頼者と言うより相談者ですよねえ。この最後の幸せ感は、原作よりも大根監督に因るところが大きいんでしょうね。オダギリが出てくれなかったら観てなかったドラマなので、本当に出てくれてありがとう!って思いながら観てます。
2014.05.20 06:12 | URL | #- [edit]
rose says... "あれは芸であって演技では(ry"
>まるるりさん
コメントありがとうございまーす。
ほんと「この胸に刺さった棘を何とかしてください」みたいな依頼が多くて、また、解決というよりは癒されて満足して帰ってく感じですよね。
どうやら原作ではさくっと終わってしまうストーリーも、大根マジックで見事に心に沁みるドラマ化してるようですね。原作モノのドラマ化というのはかくあるべしと思います。
確かに自分もオダギリ出てなかったらこの曜日この時間帯は自分的にありえなかったので、オダギリ採用してくれてありがとうですわ。
2014.05.21 01:36 | URL | #4SZw2tfw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lazyrose2007.blog115.fc2.com/tb.php/450-7244d34a