Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

春のオダギリ祭り終了

Posted by Lazyrose on   6 comments   0 trackback

「オダギリジョーが大変な事になっている」
という一文から、狂乱怒涛の三ヶ月が始まったのだった。そういえば。
前代未聞の(オダギリ的に)週三本連ドラ出演!

「絶対に全編感想は無理」

と断言してますな。当時の自分(笑)

とはいえ、せっかく3パターンものオダギリが楽しめるからにはたまには描こうと思っていたのだが、各番組が始まってみたら、どれもこれも面白すぎて、興奮しすぎて結局描かずにはおられなかった‥‥。

おおざっぱにまとめると

「アリスの棘」
近年珍しいオリジナル脚本ということで、展開が読めない視聴者の間では次回予想が白熱、次の放映が待ち遠しいという、連続ドラマの楽しみ方をあらためて思い出させてくれるドラマだった。
脚本家の練りに練った構成もさすがだったし(まあ練りすぎてラスボスが全然ラスボスじゃなかったというしょんぼり展開もあったけど)、救いのある終わり方をしてくれてほっとした。
オダギリ的には、最初からずーっと「王子様ポジション」の西門優介は全然好みでなかった(笑)
なんか正論ばっかだし「飯ちゃんと喰え」だの「友達作れ」だのオカンみたいに口うるさいし、明日美に協力してくれるのはいいけどこいつホントはやる気ないんじゃね?
とか思ってたらラスト2回でえげつないアルティメット変身を遂げてくれてすいません西門さんシビれました超素敵でしたありがとうございました!

「極悪がんぼ」
オダギリ出て無くてもたぶん見た。フジ月9でアウトレイジでナニワ金融で恋愛要素なしとか、「ゲツク」嫌いの自分が見ないわけがない(笑)
毎度スカッとできる描写も組み込まれてたし、外道っぷりが若干弱かった(ゲツクだし)ものの、裏社会に飛び込んだ女の子の爆裂細腕繁盛記みたいで面白かった。こういう題材の時にへたくそ混じると白けるんだけど、主役の尾野さんといい三浦さんといい、ゲスト含めて芸達者ばかりで安定して楽しめた。
いまいち視聴率が伸びなかったのはやはりゲツクに対する逆偏見つうか、スイーツが好きな層には受けなかったんだろうな。22時台とか、いっそ深夜帯だったらかなりイケたんじゃないかな。

で、尾野さんはいい女だしトモカズはいい男だが、このドラマの花はオダギリジョー(異論は認めない)
登場しただけでタイムラインが黄色い雄たけびに沸き立つエロ美形キャラなんて! しかも毎回セリフがふたつみっつくらいしかないのに一番美味しいシーンをかっさらっていくという、最終回なんかもはや保ちゃん無双。
なんというオダギリ優遇ドラマ(笑)

「リバースエッジ 大川端探偵社」
あのオダギリをしてあの「時効警察」より好き放題している(笑)と言わしめたタブー無視深夜ドラマ。
原作のさらっとした短編に、大根監督独自の美意識でひねりを加えた仕上げが絶妙だったと思う。
中にはちょっと物足りない回や釈然としない回もあったにもかかわらず、それも含めて「これが大川端探偵社」と納得させる、ぶっとくて深くて広い懐を持ったドラマだった。
なんたってマリンちゃん回が最高! ワシ今でもあの歌うたってるよ! って呟いたら「うちは全員アレ踊れる」と返すクラスタさんがいて負けた(笑)
放映前はてっきりダークでジャジーでしぶーい探偵ものだと思っていたら、実はほのぼの人情話だったという。
にもかかわらず、実にダンディな大人のドラマだった。

もうドラマ自体が超絶好みなうえに、オダギリ演じる村木が可愛くてかわいくてかわいくて、ただでもくるくるパーマで無愛想とか死ぬほど好みなのに煙草吸う仕草が素敵すぎて毛布にくるまって寝てる姿なんかいっそ殺してくれと思うような出来で、ワシはこの村木で生まれてはじめて 「萌え」 というものを体感した(笑)

‥‥とまあ、どのドラマもなんらかの「挑戦」をしていて、意欲的で、常識や馴れ合いに甘んじない制作側の姿勢が心地よいドラマばかりだった。
そして言うまでもない事だが、これら三本のドラマの三人のキャラクターの誰をとってもひとっつも同じ人に見えないという点に、オダギリジョーという役者の底力を見た思いだ。

そんなわけで、前言を翻して結局全部感想書いちゃったんだけど‥‥正直死ぬかと思った(笑)

自分の場合、ドラマの感想はおおむね視聴して3日くらいかけて「録画見直してシーンチョイス→イラストの原型→テキスト書き→推敲→絵の仕上げ→アップ」という工程を経る(だから日曜の大河の感想はだいたい木曜アップになる)。
ところが金曜日に「アリスの棘」と「大川端探偵社」が二本立てで、観た3日後にはもう「極悪がんぼ」放映で、がんぼ放映前に一本あげても「がんぼ」の感想書く前にもう一本書かなくちゃいけない状態で、でも月曜から3日経つともう金曜日になって次の「アリスの棘」と「大川端」が放映されて‥‥みたいな、なんというか要するに借金に自転車操業で立ち向かおうとして気づいたら火だるまになってるアホ状態になっておりました。
さすがに睡眠時間削るのも限界で(なにしろ6月は休みが一日もなくて)もう無理だ、ギブアップだ! というあたりでがんぼ公式から特大の賦活剤ぶちこまれたりとかして、
‥‥なんだか、完走できたの半分くらい「がんぼ」公式のおかげな気がする(笑)

というか、長い事オダギリファンやってきて、サイトでもブログでも好き放題書いてきて、まさかご本人様から賞をいただき、っていうか本人に手に持たれるとかどんな羞恥プレイやねん!
ああ、これまでPoserやってきて良かった、とこれほど思った瞬間はなかった。
そしてこれほどオダギリファンやってて良かった、と思った事もなかった。

この三ヶ月間、怒涛の勢いでブログをアップしたそのことごとくがオダギリドラマ感想という、ここPoserブログだったはずなのになんでこうなった? みたいな感じなんだけど(笑)
「Pose」と「オダギリ」という、本来まったく何の接点もないが蜜×毒の中では根幹を成す二大テーマが、あの伊集院賞のおかげでなぜかがっつり結びついた。
本当に生きてて良かったレベルの喜びを味わえた出来事だった。

お付き合いいただいた皆さんどうもありがとう。
この三ヶ月で腰が抜けるくらいオダ友さんが増えて(世間ではクラスタとか呼ぶらしい)、Poser知らなかった人たちが自分のオダギリ絵見てPoserに興味もってくれたりして、すごく嬉しかった。
まあ、オダギリ祭りは終了したとはいえ、まだ「渇き。」の感想とか、巷の噂ではそろそろ国際テロリストがアップを始めたようだ、とか「Present for you」の公開はまだかとか、いろいろ今後も役者オダギリは自分のテーマなので、これからもよろしくお願いします。

140722-blog1.jpg
(クリックで倍サイズ)

Comment

リセ says... ""
roseさん
いつもありがとうございます。
混沌とした有象無象の思いにひとつの到達点を示してくれるもの、それが私にとってのroseさんのオダギリ出演ドラマ感想です。
今回の保&村木&西門の絵、涙が出てしまいました。
roseさんの愛が絵の中から漏れてきそうな、愛情いっぱいの絵。
この3様のオダギリ氏を堪能できた目くるめき日々を私は一生忘れないと思います。
愛情にみちた渾身の感想を週3のペースで読ませてもらった至福の日々を、大興奮のがんぼ絵とともに懐かしく思い出すと思います。
そして狂喜の時間をともに過ごしたオダギリさんのファンの皆さまの流れ去っていったたくさんのtweetを遙かに思い出すだろうなあ‥と。
この3ヶ月の思い出を大切にしたいです。心から御礼申し上げます!
そして、これからもどうぞ宜しくお願いします。
2014.07.23 00:50 | URL | #- [edit]
rose says... ""
>リセさん
こちらこそいつもありがとうございます。
週三本は大変だけど、今回のはどれも大河ドラマほど真剣な考察はいらないから文章は楽だろう、とか思ってたらとんでもなかったです。「これはどういう意味?」とか「この解釈は?」とか悩まずに、思ったまま心のままに「キャーステキー!保愛してるー!」とか書きなぐりで済んだのは「がんぼ」だけでした‥‥。
アリスも大川端も脳みそフル回転させないといかんドラマでしたねえ。

自分なりにあれこれ考えはしたものの、他の方のブログやコメントを見ると「おお!そういう捉え方が!」と目からウロコが落ちまくって、己の至らなさがふがいなかったのですが、リセさんに楽しんでいただけていたなら、少なくとも書いた甲斐がありました。嬉しいです。
お付き合いいただいてありがとうございます。

これからもぜひ一緒にオダギリ鑑賞たのしみましょう!
2014.07.23 11:40 | URL | #4SZw2tfw [edit]
リセ says... ""
roseさん

すみません、もいちどだけコメさせてくださいヽ(^O^)ゝ

冒頭部分の「当時の自分」をクリックして4月12日に行ってきたのですけれど、私はあの日のroseさんの感想がとても好きです。再度読ませていただいて、あの頃のワクワク感がよみがえってきて胸がいっぱいになりました。
ああ素晴らしい日々が始まるんだなー!という高揚感と混乱がない交ぜになったようなあの春の日を思い出します。美しすぎて狂おしいほどだった桜吹雪のシーンがそもそもの始まりだったのだと懐かしいです。
「アリス」の番宣で初めて西門に扮したオダギリさんを見たときの衝撃は忘れられません。
まだドラマの始まる前に目にしたそのオダギリさんの格好を、もう目が乾くほどいつまでも見つめていました。髪型とひげが変わるだけで全く別のキャラになるオダギリさん‥俳優さんはすごいなあと感動すると同時に、あの襄先生の天使ぶりとMのニヒルな悪役ぶりと、西門の正統派イケメンぶりとで頭の中は大混乱でした。その後も保やら村木やら愛川やらでさらに混乱でしたけど。
roseさんがおっしゃっていたように「たかが髪型やヒゲに左右される程度の美意識でいい男を見極められるか」なんですけど、実は私オダギリさんのひげ&髪型によってあるときは柔に見えあるときは剛に見え、黒に見え白に見え、ワイルドに見えたかと思うと草食にも見えてしまうのです。しかも番宣に出ている素のオダギリ氏が、あるときはワイルドなパンク好きだと思いきや、一方ではお上品で超可愛かったりもして、でもひねくれて頑なで、でもお茶目で時に過激で、でも誠実で静謐な雰囲気で‥もう二律背反というかそのつかみ所のなさに私はいつも悲しいまでに混乱しています。
だからこそ、roseさんのぶれることの無い感想を読むとホッとするのだと思います。(それにしましてもroseさん文章お上手ですね!きっと生業は文筆業でいらっしゃるのでは‥と勝手な想像しております。)
では何度もしつこくて失礼しました。
これに懲りず今後ともどうぞよろしくお願いします
2014.07.23 22:49 | URL | #- [edit]
sannzi says... "だいたいわかりましたよ"
何が・・・と言うのは後に置いて

以下は此処でこういう私見を長々と書かれても困るなーと思われるかもしれませんが、とても感銘を受けた事だったので。

今回のハイライトはなんと言っても伊集院保賞受賞でした。
roseさんも同じような事をコメントで書かれていましたが、
ディズニーの3DCG作家(確かアナ雪関わりの)が、手描きの有機的魅力はCGで表現する事は絶対出来ないと言っていました。
所がアナと雪の女王が大ヒット、それに加えてroseさんの受賞です。
それで思ったのですが、CGと手描き絵の違いを意識して限界を感じているのはCG作家さんだからこそで、そういう作成に関わりのない閲覧者は意外と気にしていないのではないか。
オダギリ氏も別に手描きとかCGとか気にしないで見たから、roseさんの絵を理解し、気に入り選考されたのではないか、と思った次第です。
私にとってアナ雪の大ヒットとroseさんの受賞は、趣味とはいえ、3DCGを続けるにおいてとても希望を与えてくれた嬉しい事でした。
(追記↑、意味わかったでしょうか、いやー、私もroseさんのように文章が上手ければ、もっと短文で的確にかけたのにな~、と反省仕切りです(>_<))

話はころり代わって(^_^;)
ツタヤで熱海の捜査官が借りられると分って初回から見始めました。
此処で知った時はもう始まっていて、初回を見られなかったのが長い間の心残りになっていました。
最初から見ると又感想も違います。
「だいたいわかりましたよ」何が~、と少しイラッとしつつ楽しんでおります。
大川端と合わせて一人ミニオダギリ祭りです(^。^)
2014.07.23 23:36 | URL | #u2lyCPR2 [edit]
rose says... ""
>リセさん
ははは、祭りが始まった当初は楽しみというよりパニックでしたねえ。

>たかが髪型やヒゲに左右される程度の美意識で(ry
え、ワタシそんな事言ってましたっけ?(汗)書きなぐりのブログなんでわりかし全然覚えてないんですけど、言ってたとしたらまあ、基本的に骨格が第一要素な人間なものですから、皆さんのように髪の長短や髭の有無にはさほど重きをおかないからですねえ。
一般にはそういった要素は重要ですし(現に髭がない西岡をオダギリだと気づかなかったという人もおられるくらいですし)、役者さんとしては工夫をこらしているところでしょう。
ただ、リセさんが「別人に見える」とおっしゃるのは、恐らく本当は彼の演技(表情や話し方、仕草等々)に負う部分が多いのではないかと推測します。外見要素だけならあまり自分は騙されません(笑)その自分も「別人に見える」わけですから、役に対する彼の順応力というか適応力の高さなのではないかなあと。

ご本人は認めないかもしれませんが、自分はオダギリジョーという役者は憑依タイプだと思っています。それも感性でなりきるのではなく、計算で(キャラを)寄せるという、日本人には非常に稀なタイプなのではないかと。もしそうだとしたら、リセさんがそれぞれの役に対して「魂」を感じ取っておられるのではないでしょうか。
オダギリが演じる役の魂はまったく別個で、それゆえにそういった部分を感じ取れるリセさんを動揺させ、かつ至福へと至らせるのかも知れません。

いずれにしてもファン冥利につきる役者ですね。
2014.07.24 17:12 | URL | #4SZw2tfw [edit]
rose says... "だいたいわかりましたか!(笑)"
>sannziさん
そうなんです! 実は今回の受賞で私が一番驚き、そして一番嬉しかったのは「Poser絵がああいう場面で評価された」事だったんです。
3DCGの絵というのは非常に特殊な、いまだに世間ではそれほど評価の高くない分野だと思っています。悔しいことですが、やはり手描きの線の持つ力に対抗するには弱いんですよね。「リアルで綺麗だけど結局コンピュータで描いてるんでしょ」的な納得され方というか。

「アナと雪の女王」と並べられてしまうと、あまりのおこがましさにミジンコみたいになってしまいますが(笑)
受け手に対して「しょせんコンピュータで云々」思われない表現方法はないのかと、Poserをはじめてもう10年になりますが(←今ちょっとショック)ずっとあがき続けています。
Poserに関わりのない友人は「どのみち自分にはどうやって絵を作っていくのかなんてわからないし関係ない、この目でみたものがすべてだから」と言ってくれるし、自分もそう思うのですが、だからといって3DCGらしさだけに甘んじている気にもなれません。つーか、3DCGらしい絵で勝負かけられるほどスキルがないんですよねえ、私に(笑)
レンダロのギャラリーなんか見ても、3DCGの世界的な水準は恐ろしく高い、でも、「この目で見たものがすべて」と言う人たちから見てそれは「リアルで綺麗」で終わってしまいがちなんですよね。
あくまでも個人的な意見ですが、本当に必要なのは何を表現したいかの部分なわけで、そこを突き抜けるには確立されたデザイン要素が必要なのではないかと考えております。
「アナ雪」恐るべし、というかあれはさすがディズニーだからこその確立された方法論でしょうねえ。

まあとにかく今度の受賞は、Poser仲間に「みんなのお陰で一般の皆様にPoser絵見てもらえたよ!」ってお礼を言いまくりたいのです。
ちなみに例の絵に関しては表現したいのは「保愛」であって、なにしろ公式さんに「絵の上手下手ではありません、キャラへの愛がすべてです!」と言われた選考基準でございますので、アナ雪的大成功とは肩を並べるわけには参りませんw
これからもやはり「何とかPoser絵を一般に認めさせたい」あがきが続くと思います。
ぜひsannziさんのお力添えを願いたいです。

ところで、熱海の捜査官一話は未見でいらっしゃいましたか!
なるほど、あれは一話をみないとわからないよねえ~‥‥なんつって、いや、はっきり言いますが一話を見たからと言って最終話の理解が深まるとはあまり言い切れない‥‥ごにょごにょ(笑)
でも、各話につながる(マニアックな)伏線は一話でどどっと提示されていますので、ぜひともご覧になるべきです。
「だいたいわかりましたよ」といいつつ何ひとつ進展しないあのイラ立ちをぜひもういちど味わってください(笑)
ううん、自分も見直したくなってきちゃったな。
2014.07.24 17:32 | URL | #4SZw2tfw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lazyrose2007.blog115.fc2.com/tb.php/469-ba3d50a2