Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

スポンサーサイト

Posted by Lazyrose on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出たといわれれば出てはいた。

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

「深夜食堂」3期にオダギリさんが出演する、という話はきいた。
同時にカタギリさんは登場しない、という話もきいた。

1期、2期と、意味不明の「人生なめんなよ川柳」でワシらの心を常に癒してくれた超絶愛らしいめし屋の妖精カタギリさんではあったが、2期最後でミソをつけたので、
いっそ別人として出てくれるならそれはそれでいいかと思って、まあ楽しみにしていたのだが。

1話‥‥出ない。初回から出るとは思ってないからねw
2話‥‥出ない。まあそりゃさ、ゲストとしては目玉だろうからねw
3話‥‥出ない。次はでるかなあ。
4話‥‥次こそ出るかなあ。
5話‥‥たぶん出ないよな。
6話‥‥(←忘れている)
7話‥‥
8‥‥

9話めにしてようやく登場しました小暮巡査正味1分程度

先に放映される関西方面のオダ友さんたちが、親切に「今回(も)出てません」と報告してくれていたので、平日深夜に無駄な時間を過ごさずに済みました。
が、とりあえず何話かは見ました。
ええ、正直に言いますとね、オダギリのいない深夜食堂にはあんまり興味が全然ないので感想どころか途中から見ることすら放棄しました。
そんな私を責めるオダ友さんはひとりもいませんでした。
だってつまんねえんだもん。
なんか似たようなことを似たような人たちがやっててマスターが 説教くさ 味のある一言でしめて終わりみたいな、ほら、常連客と主人が内輪話で馴れ合ってて一見だと入りにくいどこぞの店についうっかり間違って足踏み入れちゃった時くらいしょっぱいんだもん(比喩になってない)。

まあ、そもそもがそういう淡々とした原作に基づいているわけだし、そういうのが好きな人にはたまらん話なんだろうから、それはいい。
かくいう自分も1期では、なかなかお目にかかれない深夜のちょっといい感じな大人ドラマだな~とか喜んでいた。

だが、各話でちらほら垣間見える、登場人物の考えの甘さとか展開のダルさとか、なんか都合のいい男のいい訳とか、はっきり言えば「これっておっさんの自慰ドラマじゃねえの」みたいな男のひとりよがりスタンスがどうにも受け入れづらくなってきたところに
2期最終話の「やっぱこのドラマダメだわ」展開をよりによってカタギリさんでやらかしやがって
もう自分の中では終わっていたのだわ、このドラマは。

そして、この手の「深夜の大人な人情話」はもはや「リバースエッジ 大川端探偵社」に軽やかに越えられてしまっているのだわ。悪いけど。

そんなわけで、もういいわーと思って忘れた頃に、やっとオダギリさんが登場したようなんですよ。
「出たら描く」が当ブログのモットーなのでその回は見ました。

遠景で
顔もよく見えず
1分たらずのちらっと顔出しだけでしたが。

小暮巡査はね、なんかのほほーんとしたおまわりさんっぽいですね。
エロ下着いきなり押し付けられても平然と
「まんざらでも、ありません」
とか敬礼してるあたり、かなりすっとぼけたキャラクターの気配がする。
ひょっとして「まんざらでも~」は「人生なめんなよ」にかわる決めセリフなのだろうか?

141222-blog1.jpg

オダギリが巡査役だときいて、パニックを起こした自分は
「オマワリさんだとー! 交番! 交番プロップなんてねえだろ!」と発狂してたらはるらんまんさんのところにありました! さすがだ! ううう嬉しい!
そして
「制服! 日本の警官の制服なんてねえだろどこにも!」とDAZのお高い警官服やら戦闘服やらを購入しようとしてたら
「BATさんのM3軍服でいいじゃん」
入れ知恵 アドバイスしてくれたJezzさんありがとうございます。細部小物はシカトしてとりあえずそれっぽくできましたw

とりあえずあれだ、次の最終回にもちらっと出るみたいだ。
今回のゲストだった刑事ふたりと一緒みたいだから、この三人がセットでなんらかの‥‥つまり‥‥

つまりアレですね、映画前提ですね! 
「このキャストたちが活躍する映画深夜食堂を観てくださいね!」って言いたいがための3期なんですね!


いいんだ、小暮巡査かわいい感じだったから。
顔見えなかったけど。

9話に関しては‥‥例によっておっさんのナニなアレの話だった。
午前0時開店の店に子ども連れ呼び出す非常識刑事とか、いやまあ、その辺はもういいや‥‥
話としてはダメダメなチンピラの純愛物語な8話の方が良かったと思う。
ありがちなキャラのありがちな話だったけど、ラスト無言劇にしたあたり秀逸な演出だった。

‥‥いいんだ、小暮巡査かわいい感じだったから(2回言った)

Comment

まるるり says... "納得"
そうか。
2期の最後が影響しているというより、リバースエッジが超えちゃった事の方が大きいのかもしれない。
3期は映画のための顔見せですね。
映画館行って急にカタギリが制服着て出て来たら面食らうからねえ。

そんなこんな言いつつ、せっせと素材を工面して仕上げてくるroseさんにツンデレを感じます(笑)
2014.12.23 08:35 | URL | #- [edit]
rose says... "これがツンデレなのかw"
>まるるりさん
いや、ツンデレというより、「作品評価≠出演者への愛」ですかねえ(笑)
出りゃ見ますよ、描きますよ、ええ、オダギリですから! カタギリも小暮も村木に遜色ない可愛らしさですからね!
ツンデレいうなら「来年までは静かに潜行」みたいな事いってたくせに働きまくるオダギリさんではないのか、なんなのこの過剰な労働っぷりは。仕事しすぎですよね。

脚本や演出に不満はあっても、深夜枠の需要に合っていたのでそれなりに評価していたんですよね。でも、その路線、すでに上位バージョンで上書きされちゃったから~残念!(古い)‥‥みたいなw
人生や人間に対する価値感やキャパシティが、たぶん大根監督の方が大人なんだろうなあと思います。

それでもオダギリが出てくれるのは嬉しいですよね。私らぴゅあーなファンだから(ある意味)
映画が楽しみです♪
2014.12.23 20:34 | URL | #4SZw2tfw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lazyrose2007.blog115.fc2.com/tb.php/476-4c1acaea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。