Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

スポンサーサイト

Posted by Lazyrose on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土の中で風邪ひいてる闇を抱えたイケメン(清潔感なし)

Posted by Lazyrose on   4 comments   0 trackback

オダギリさん主演の映画「Present for you」の番宣ゲストシリーズ第3弾(たぶん)は所さんの「笑ってコラえて」。
まあ、ワタクシの、オダギリしか入らないピュアすぎる目線で書かれた感想ではわからないかもしれないが、これまでの番組ではゲストとして番組にお邪魔して宣伝して去っていく、という、要するに「番宣でしょ」扱いだ。まあ当然だ。
その最たるものが例の「YOUは何しに日本へ?」での言語道断の棒読み&即退去だったわけだが(笑)

しかしこの「笑ってコラえて」では扱いが違った。
なんとスペシャルゲスト枠だ!
正直これまできちんと観たことがなかったので良く知らなかったのだが、なんと冒頭から「スペシャルゲストは誰!?」みたいな、街ゆく人にその人物像を言ってもらい、出演者が誰かをあてるという、昔「いいとも」でやってたようなコーナーをやってくれた! これは面白い!

「オダギリさんてどんな人?」

「土の中とかにいそう」
「洞穴のなかにずっと潜んでそう」(←しかもひとりで)
「風邪とかすぐひきそう」

一般人から次々と繰り出されるオダギリジョーのイメージに腹かかえるスタジオ。本人も苦笑。
だが、世間一般における彼の印象はまだまだこんなものではなかった。

「爬虫類とか飼ってそう」
「前世ケンタウロス」(はあ?)
「湖とかで眺めてそう」(なにをだ!)
「ギャランドゥが凄そうじゃない?」
(リアルに吹いた)
上はツルツルなんですって! へそから下が凄いんですってどういう想像力なのwwww
一般人すげえwwww 意味わからん前世ケンタウロスって意味わからないのになぜか頷ける不思議。
もうゲスト陣は誰の事だかさっぱりわからなくなっている。

「高校生の時好きやった。闇を抱えてるイケメンが好きだったんですよ」
ここで綾野剛が出た、と思ったら所さんに「もっと闇を抱えてる」とか言われて

150207-blog1.jpg

ちょっと嬉しそう(笑)
わりと皆好意的ではあるんだ、あるのになぜ笑いにつながるのだと思っていたら、二人組の女性が熱く、

「かっこいい! 好き!」
「髪いつもパーマかけてるしボサボサしてるから」
そして声をそろえて
「清潔感はない」

‥‥清潔感がないで正解されてしまうオダギリジョー(笑)
だめだ、あまりに面白くて、魚網みたいなネットの服に突っ込む余裕がなくなった。

興味深かったのは、男性一般人が
「この人がドラマでタバコ吸ってて、そのシーンがめっちゃカッコよくて!」
と悶絶せんばかりにオダギリの喫煙シーンの魅力を語っていて、あー、これは「リバースエッジ 大川端探偵社」だね。
やはり男性目線でのオダギリの魅力ってきくと嬉しいものだ。なんか本人もこのコメントを聞いてる時はマジな顔だった。

途中、本人からのヒントで
「週に一度のペースで風邪をひいている」
「苦手なものはコーヒー」
が出ていたけど、これは全然役に立ってなかったがファンには嬉しい情報だった。

ご本人によれば、本当に週一で風邪を引いてたらしい、去年は。
そりゃそうだよな、馬車馬のようなスケジュールだったもんな(´Д⊂ヽ

そしてコーヒーが苦手というのはファンには有名だけど、一般には意外だったらしい。
VTRでコーヒーの画像が出てる時点でひきつっていたので本当にダメらしい(笑)
「豆から汁が出るってイメージがもうダメなんです、気持ち悪くて」
と、熱心にに説明してるのに、所さんから
「何だ? この人」と切り捨てられて嬉しそうなスペシャルゲスト。

はっきり言うが、私はコーヒーを説明するのに「豆から汁」と言う人は初めて見た。

そんなこんなでスペシャルゲストいじりが面白すぎて番組開始から10分とたたないのにもうお腹一杯だ。

ようやく始まった各コーナーのVTR。
「日本列島名前の旅」
では「入江さん」がターゲットになったのだが、メジャーな水泳の入江選手ほどは知られていない凄い入江さんを、ということで98歳の現役洋画家・入江一子さんが取り上げられていた。
‥‥入江一子さん、わりと有名な人だと思ってたけど、あまり知られてないのかー。

色に魅せられた入江さんの人生に、
「命をぶつけてるって感じします」
とコメント。
いや、そこでなぜ同時代の超メジャーな洋画家であるレオナール藤田に触れない!
「朝までハシゴの旅」でフランスとのハーフな人の話の後に、今度は画家の話だよ! しかも戦前の話だよ! いろいろチャンスじゃねえかおい!

‥‥と思ったんだけど、そういう強欲さがないあたりがオダギリの美点だからなあ(´・ω・`)

そして「ダーツの旅」で出てきた南茅部の三平汁をスタジオでいただくオダギリ。

150207-blog2.jpg
あっちなみにこのカップはsannziさんのスープカップな! 

なんか用心深く両手でかかえてそっとすすりこんで
「あっ美味ぁいです」
うん‥‥その表情はどっちだ?(笑)
微妙に気を使ってる時っぽかったけど、その後所さんのトークの背後でモリモリ食ってたからわりと美味しかったんだろうな(笑)

今回の宣伝は、エンディングにかぶせてさらっと。
「半分クレイアニメで半分実写で、それがミックスされた実験的な映画で‥‥」
と語るふつうに語るオダギリ。
「そういう(実験的な)の好きでしょ」と所さんに突っ込まれて嬉しそうに「ハイ」とか頷いているあたり

ふ、普通だ!?
あの、カンペ棒読み「YOUは何しに~」とのこの落差はなんなんだ(笑)

Comment

sannzi says... "スペシャルゲストコーナー"
私は時間が有れば見る程度なのですが、それでも楽しめる番組の一つです。
その中でスペシャルゲストコーナーは、ゲストを素人イジリ、またオチョクルとんでもない趣旨の愉快なコーナーです(^.^)
特に大物俳優や生真面目な俳優さんがオチョクラレルのを見るのは愉快痛快な訳であります、まあ、見る方としては・・・
なのでジョー氏が出た時は良くこんなコーナーに出るのを拒まなかったなと驚きました。
でも見た所、オダギリ氏は結構こんな感じは嫌いでは無いように思えました。
私としては、オダギリ愛好家の方々の反応やイカに、と思っていたのですが、此方も大いに楽しまれた様で良かったです。
コーヒー苦手は知りませんでしたが、確かに(豆から汁)という表現をされると引きますね(^^ゞ
そして声をそろえての「清潔感はない」この素人さん、オチョクリの天才だ!
今まで見たスペシャルゲストコーナーの中でも傑作だったと思います(^^

ところでPresent for youは今週良い日を見繕って観に行こうと思ってます。
人形ジョー君のアフロヘヤーもですが、短い予告編の中でも、夏八木さんの奇妙な笑い顔も気を引かされます。
また国際3D協会開催のアワードで、ゼロ・グラビティと並んで3D実写映画部門最優秀賞を受賞したということなので、3D効果にもとても期待しています。
2015.02.08 17:15 | URL | #u2lyCPR2 [edit]
rose says... "そうなんですよ(いろいろと)!"
>sannziさん
どうもどうも!
そうなんですか、スペシャルゲストコーナーはいつもあんな感じなんですか。
(過疎地域の年配者でさえ「笑ってコラえてだろ?」と言い当てる国民的番組なのに、オダギリが出なければ見向きもしないカタワ者にはこのザマですよ・笑)
確かに大物ゲストであるほど愉快でしょうね~。

>オダギリ氏は結構こんな感じは嫌いでは無いように思えました。

はい、ていうか多分、こういうの大好きですw
トークショーなんかでも、一般のお客さんが自分をどう見ているかに興味津々です。女性一般人の突拍子も無い言動には腹抱えてましたけど、男性一般人のとき反応がマジだったのは「リサーチ」意識が出たんじゃないかと推測してます。
クラスタさんたちの中では「土の中」「清潔感なし」がウケてましたね。オダギリはむしろ潔癖症で、シャワー浴びずにベッドに入れない人らしいんですが(笑)

「Present for you」ご覧になれる環境ですか! そうか鹿児島ミッテ来てるのか、うらやましい! オダギリの演技もですが、3D視点でとてもとても興味深い映画ですよね。
ぜひ感想を聞かせてくださいね!
2015.02.08 18:05 | URL | #4SZw2tfw [edit]
リセ says... ""
roseさん こんばんは
読んだあと思わず南茅部の三平汁のシーンを見直してしまいました(笑)
確かにしっかり美味しそうに食べてましたね。自分はいつも煮昆布は南茅部産を使っているため(夫の実家が北海道で送ってくるので)オダギリさんが美しい箸使いで美味しそうに召し上がっているのはうれしいです。
今回出演のオダギリさんとても素敵でしたが、roseさんの2枚の絵のオダギリ氏の華奢な美しさと色気にもやられました!お汁のむだけでこんなに優雅ってどうなんでしょう?
いつのながらの素敵な文章とオダギリ絵、有難うございました。
番組冒頭のスペシャルゲストを当てるコーナー、よくぞこんなファン垂涎物の企画に出てくれたことと感激しました。それにしても世間様のイメージの偏りがすごい。奇人変人ぽいですが。きっと実際には最初に「かっこいいー♪」というひと言があってそのあとおもむろに「でも…土の中に…」とか答え始めているのだと想像しているのですが、きっと編集の段階で毎回毎回枕詞のように繰り返される「かっこいい~♪」はカットされたんでしょうね!(ファンの勝手な想像ですが)。
Twitterでroseさんと交信できないと知ったショックでまたまたこちらにお邪魔してしまいました。
〔ご報告〕Twitterには書いたのですが、一大決心して東京に行き(新幹線と飛行機が苦手なのでものすごい思い切りが必要で)初めてオダギリさんのお姿を映像でも写真でもなく拝見し、テレビでも映画でもラジオでも無いお声を聞きました!(あの扮装できらめく瞳とつややかな髪が全く見えなかったのは残念でしたが)。深く深く深く感動し、今でもまだ夢を見ていたとしか思えません。監督をとても愛しく思っているようで、御自分から番宣にがんばって出ているようでした(監督さんのお話ぶりからそう聞こえました)。風吹ジュンさんにはもう何の遠慮もないようで、「パペット動くの楽しかったです、ね?楽しくなかったですか?」と話を振る吹雪さんに「え??いやボクさっき『楽しかった』って言いましたから」と意地悪な返しをしてバシッと腕をやられているところなんかはもう、でした。
2015.02.10 01:42 | URL | #- [edit]
rose says... ""
>リセさん
こんばんは。日常遣いに南茅部産の昆布ですか~、うらやましい! やっぱダシの取れ具合も違うんでしょうね~。

二枚目の絵はキャプチャで確認しましたのでほぼ放映されたのと同じ構図です。いやもう、正直伏せ目オダギリがお椀をすする斜め上からの図に撃ち抜かれまして(笑)もうすぐ四十台に手の届こうという男があんなエレガントでいいんですかねえ?
一般人の「カッコイイ」はそうとうふるい落とされてるとは思いますね。だって、もはやオダギリという名詞に対する枕詞ですからね(盲目)

Twitterではリセさん以外の方のレス部分は読めるので、リセさんの初体験については把握していて、陰ながら大変喜んでおりました。おめでとうございますー!
よくぞ遠い道のりを駆けつけられましたね。愛あればこその行動力です。各種報道やレポートなどはあっても、その場にいなければ伝わらない雰囲気、ニュアンスがあります。やはり現地に行かれた方は素敵な宝物をゲットされたんだなあと思います。
リセさんもどうぞその貴重なお宝を、心の中でじっくり育んでくださいね。
次の機会にはもっと近くで見られるといいですね。その際にはぜひ【例の香り】の確認をお願いしますw
2015.02.10 20:38 | URL | #4SZw2tfw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lazyrose2007.blog115.fc2.com/tb.php/483-00f17342
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。