Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

「第9回和風展」大反省会 その2

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

色紙展会場はこちら

WAFU9M.jpg
「第9回和風展」タブを押すと会場に入れます。そののち「アルバムトップ」ていうのを押すと投稿者名とかクレジットとかも一覧で見られるのでおすすめ。


さて、必要なアイテムはこれで揃った(ほぼ略奪という)
あとはひたすらレンダしてお絵かきするだけだ。

振袖のダイナミックシミュレーションについてははしょる。
あえて言うなら納得いく形にシミュできた小道具はいったんプロップ化して、DC化用のデータとは別に作品用のシーンファイルを作った上で呼び出す。
なぜならば、30~60フレーム使ってクロスシミュレーションした後に、その他小道具だの背景だのを配置しようとすると、大変面倒くさいからだ。
そのへんの詳しいやり方は流転ブログ「アフターカーニバル」を参照(丸投げ)

そして念願の蝶配置

150324-bog1.jpg 左下と右上がtweetyさんの

tweetyさんの蝶のほかに、変化をつけるためにレンダロで購入した蝶プロップButterfliesも使用。でもこっちは蝶のボディ部分がリアルで気味が悪いので(笑)デザイン的に処理されたtweetyさんの方をメインで。
なんといってもポリゴン描画された、ステンドグラスのようなシャープな線が超素敵。うっとりする。

そしてレンダリング。
普通に人物だけレンダしたもの、蝶を配置してレンダしたもの、蝶だけレンダしたもの、髪だけレンダしたもの、簪だけレンダしたもの、影のみレンダしたもの‥‥等々、フォトショップでのポストワークに必要そうなものはあらかたレンダする。

そして、レンダした画像にやおら修正を加える。
まずは着物DCの破綻処理と、髪の付けたしだ。

まず髪だけレンダを呼び出し。
150324-bog3.jpg

そしてフォトショで髪ブラシを作る。自分は髪の書き足しが多いので何種類か作成してあるが、無かったら配布されてるブラシを使って見ても時間短縮になるかも(こういうのとか)

そしてペンツールで線を描く。
いや、ペンタブがある場合はなんという事は無い。手でざっかざっか描けばいいのだ。
だがいまroseんちにあるペンタブ故障してて使えない。よってパスを描く。

150324-bog3-2.jpg

髪用ブラシを選択しておいたのち
150324-bog3-3.jpg

パスの境界線を描く(強さのシミュレートはonにしておく) 
150324-bog3-4.jpg

こんなような線が
150324-bog3-5.jpg

まあこれ説明用にちょー適当に描いたやつなので、実際はもうちょっと繊細に髪っぽくするわけ。
で、ひたすら足したい部分に髪の毛レイヤーを重ねる。
ハイライト用に明るめの色のものと、ベース用に暗めの色のものを配置したりする。
そんなこんなで付け毛レイヤーができあがったら

150324-bog3-6.jpg

元の髪だけの画像と重ねる

150324-bog3-7.jpg

ちなみにHONEYさんからじきじきにいただいてしまった簪セットのひとつ。4月の簪花車。

150324-bog3-8.jpg

以前に確かsilverfoxさんがこれでガラスの簪画を作っておられて、あまりの美しさにため息がでたものだ。
とても及びも付かないが、せめてマテリアルを工夫してみたい‥‥とか思ったけど締め切りの関係で断念、シルバー部分を強調したりとかその程度で‥‥簪マテリアルに関してはいずれリベンジしたいところだ。

150324-bog4.jpg

そして、ようやく人物の下絵ができあがった!
よし! ここからが勝負だ! rose飛びまあーす!‥‥あ、ぺんぎんは飛べないんだった、泳ぎまーす!

今回ペンタブがないので、いかにして手描きイラスト風に仕上げるか、というのが挑戦ではあった。
ていうか、考えるまでもなくフォトショップのフィルタ加工一択なわけだが、

世間には色々フォトショのチュートリアルがあふれていて、たとえばこのへんとか、このへんとか、

大体は白黒反転させた画像を覆い焼き(カラー)でってのが基本だろうか。
しかしこの説明には時間がかかる。
ここまでで充分記事が長くなってしまったし、ていうか画像用意するの疲れちゃったし面倒になってきたのでほぼ省略(笑)

とりあえずこんな画像と
150324-bog4-2.jpg
こんな画像と
150324-bog4-3.jpg
こんなのを
150324-bog4-4.jpg

それぞれグループにした状態で元画像に重ねて、さらにその上に
こういうのを
150324-bog4-5.jpg
オーバーレイにするとこうなった

150324-bog4-6.jpg

‥‥ねっ、カンタンでしょ?(殴)

すいません、実は試行錯誤しながらだったので、テスト的にアプローチした「イラスト風にする画像」をグループで重ねたり削ったりしてるうちに何となくこんな感じになりました。
「どうやったの?」って言われてもワシがききたいどうなったんだ?ヽ(`Д´)ノ

とりあえず、手書き風の作り方に関しては、いずれきちんと手順をメモしながら再挑戦したのち、わかる範囲で作り方をアップしてみようと思う(自分のために)

‥‥そんなこんなで何とか絵になったものの、蝶の配置が気に入らないとか白飛びしすぎてるので彩度落とそうとか、ごちゃごちゃやっていたら、ホワイトデーなぞとっくの昔に過ぎ去って17日になっていたのである。

ここで目標その3敗退。

ちなみに投稿作品のクレジット表記、焦ったものでうっかりミスがいくつかあって、そのひとつに展覧会用には記載しないはずの日付が入ってしまったことなのだが、ご覧いただけただろうか?
「2015/3/17」となっているのである(笑)

この時点で投稿しておきゃよかったんだが、何しろその時点ですでに三作目にあたる「迦楼羅王」のテクスチャ作成に取り掛かっていたので、細かい色調などの修正をしていられず、いったん保留にしたんだった。

しかしそんな些細なミスよりもっととんでもないのが、コメントではるらんまんさんに思いっきり突っ込まれた(爆)

「Figure: Michael 4 , Victoria 4.2 (DAZ)」

どこにM4がおるんじゃ!

焦るとろくなことはありません。
締め切りギリギリ投稿するとこういう事が多々あります。
これから展覧会に参加しようという前途ある若者達に忠告する。

締め切りの前日までには投稿したほうがいい。

てなわけで「目標その4 締め切り前日投稿」にむけてさらに奮闘の日々が(あと4日しかないッ)続く。

Comment

tweety says... "初めまして(^^)"
和風展の御作品は、どのような処理をしたら得られる効果なのだろうかと想像もつかなかったのですが、なるほどベテランの技ですね~複雑そうです。
和風展のご投稿までブログの更新もなかったようなので、お忙しくされているのだろうなと思い、作品のご投稿を楽しみにお待ちしておりました。…と言うか、むしろ連絡が遅くなり失礼いたしました(^_^;)
蝶、気に入っていただけたようで良かったです。三次さんに使っていただいた時もですが、自分で使うよりも使ってもらったほうが綺麗な絵になって見られるのが嬉しいやら面白いやらとてもありがたいです♪
ブログ記事も面白く読ませていただきました。皆さん洞察力が鋭いのでクレジット表記まで気が抜けませんね(^_^)記事の続編も楽しみにしております♪
これからもどうぞ宜しくお願いします(^^)
2015.03.25 20:02 | URL | #- [edit]
rose says... "こちらこそ!"
>tweetyさん
はじめまして! というか投稿終わったらこちらからご挨拶に伺うつもりでしたのに、ドタバタしていて申し訳ありませんでした。
今回の第1作は間違いなくtweetyさんの蝶ありきです。あの蝶がなかったら、この絵は存在していません。

記事を読んでいただいておわかりだと思いますが、投稿は予定ではもっと早いはずだったので(笑)こんなに遅くにお礼を申し上げるはめになるとは‥‥失礼致しました。

蝶があまりに美しくて、ていうかこのポリゴンで作られた柄の美しさにほんとに感動しました。私が求めているのは断じてリアルな蝶ではないので、tweetyさんの蝶はほんと理想に近かったです。
しかし気がつけば蝶の美しさに頼りまくった絵になってしまったなあ、などと反省する出来でして‥‥。
和風展のコメント投稿はこれからするのですが、tweetyさんの絵を見て、やはり製作者ご本人にはとうてい敵わないなあと思いました。アレンジも作った方ならではの力技というか‥‥やはりモノを作れる方は完成度が違う!素晴らしい!
というわけで、ぜひぜひこれからも仲良くしてください!(下心満載)

クレジットはねえ‥‥送信後気付いたんですが、その時点で残り30分切ってたんで、見なかったことにしたんですよ(ツイッタで叫んでいる)。誰も見ねえよこんな細かいとこ‥‥しかし常連さんたちの厳しいチェックの目は逃れることができませんでした。恐ろしいです、Poser界‥‥。
2015.03.25 20:35 | URL | #4SZw2tfw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lazyrose2007.blog115.fc2.com/tb.php/488-0a18c299