Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

これが神回というやつかw

Posted by Lazyrose on   4 comments   0 trackback

三枝がおばあちゃんに読んで欲しいと持ってきた脚本は、ふたりの少年がカッパを探しに行く話。
タイトルは「さくらやの奇跡」
舞台はさくらやで、三枝と太郎の少年時代の実話がベースだ。

「太郎、お前の夢はなんだ」
「決まってんだろ、プロ野球選手かミュージシャンだ」
「俺もだ。そうだ太郎、この前、川でカッパをみた」
「ホントか? 三枝」
「ああ。見に行くか?」

かつてのおバカな少年たちの姿は、まんま今の(かなりおバカな)太郎と三枝で。
三枝は子供の頃の自分が地続きで夢につながっているんだなあ。そこには太郎が必須不可欠で、三十路越えてまだ「男の夢はプロ野球選手かミュージシャンだ」と言い張る太郎の成長のなさに、三枝だけは本気でしがみついているらしい。

「忘れかけていた夢を、取り戻しに行って来る!」
と宣言し、三枝は映画プロデューサーに会いにいく。

だがそのプロデューサーが梶原善さんだという時点で嫌な予感しかしないわけで。

「子供ふたりしか出ない映画なんて金にならない」
「カッパに会いに行くなんて使い古されてるし」
「てかカッパてwww」
案の定バカにされコケにされてうちのめされた傷心の三枝が向かうのはやっぱり太郎のところだ。

(´・ω・`)「‥‥ちっちゃい頃、俺達カッパ見たよな」
(`・ω・´) 「うん見たよ。今から見にいくか」

太郎は相手の大切なものを否定しない。そしていつも傍にいてくれる。それが太郎の優しさだ。
おばあちゃんもシマさんも剛も礼子もムサシも、皆がそんな太郎に救われる。

しかし、相手が三枝となると(バカの)相乗効果で斜め上方向に突っ走ってしまうのが問題で。

カッパ探し道中に通りすがりの天使@ヒゲ親父形態を見咎めたとたん、ちょー笑顔で追いかけるバカふたりwww
捕獲しようとして失敗したあげくに怒った天使に首筋を噛まれて悶えて、
おい! ひょっとしてこれ新種の未確認生命体なんじゃないのか! 毒キノコじゃなくてハブかカナリアのグロンギなんじゃないのか! くらいの太郎の悶絶に一瞬15年前のトラウマが蘇りかけたところが話はそれどろじゃなかった。

一夜明けたら、

太郎の口からほとばしる美しいコロラチュラソプラノwwww

なんでwwww

駆けつけた三枝と手を取り合って、どうやらふたり揃って声を張り上げると変声することを確認しあった太郎は、
やにわにトルコ行進曲を歌いだす。

なぜww
なぜにトルコ行進曲www
由紀さおりと安田祥子ばりに熱唱しながら踊るふたりの姿に、深夜だというのに視聴者は笑いすぎて呼吸困難だ。
もはや三枝の脚本が小さい頃の夢を描いたとか、厳しい商業論理の前に挫折したとか、そんな切ない前フリは雲の彼方だ。

「まさか三十路すぎてこんなチャンスが巡ってくるとはなぁ」
「ああ、こんなにも心が燃え上がる感覚は、久しぶりに取り戻したぜ!」

清々しい笑顔で、肩組んで朝焼けの川面を見つめるバカふたり。
いや、待て、医者に行け、医者に! 関東医大にいい医者がいるから!
行っていっぺん解剖されて来い!

爆笑につぐ爆笑に、なんだこれは、ワシは「おかしの家」を見ていたんじゃなかったのか! と腹がよじれているところに次回予告が

「太郎と三枝まさかスターに!?」

続くのかよ!
しかも剛とシマさんの深刻な話と同時進行かよ!

すでにドラマとしての折り返し地点は過ぎているはずなのに、着地点が見えないwww

151130-blog1.jpg



子供の頃に見ていた夢を、大人になっても見ている太郎と三枝。
まあ、冷静に考えてこのドラマで本気のSF展開はありえないだろうから(笑)、今回のファンタジーはたぶん少年時代のまんまの何かを保ったふたりだけが体験した、他の人には聞こえない、でも太郎と三枝にだけは確実に聞こえているアレなんじゃないかと思うが。

‥‥。

うーむ、だめだ、歌い踊る太郎と三枝のシーン、何回みても鼻水吹く。
この先人生で辛いことがあったら、きっとこのシーンを思い出せば、どんなことでも乗り越えられる気がする。
(悲しい時は思い出さないほうがいいと思う)

Comment

sannzi says... "(バカの)相乗効果(>_<)!"
(^o^)/成る程そうですね、納得!

何事に付け、その相乗効果たるや恐るべしですね。
というか、このドラマ造った人は絶対変ですね、赤塚マンガ読んで以来のシュールさだと思いました。
あの日の朝、roseさんの狂乱の(し、失礼)ツィート読んで、何事かと身構えて見たのに、それでも驚くシュールさ。
そして心地よい脱力感。

スキャットデュオをいうとやっぱりトルコ行進曲ですかな。
天使の歌声と言うか、宇宙人の歌声と言うか、あれは絶対何かに感染していますね、関東医大に行けというのは大賛成です(^^

そしてこの展開のまま次回へ続くとは@@!
次ぎの回を担当する監督は大変ですね、この回と同じ人ならなんとか成りそうですが。
もしかして毎回その回の担当者が、好き勝手に造っているのではとかんぐってしまいました。
同じテーマを扱った、違う作者達の連作オムニバス小説でそう言うのを読んだ事が有りますが、そう言う深夜ドラマが有っても面白そうです(^^
2015.12.01 23:31 | URL | #u2lyCPR2 [edit]
rose says... "恐ろしいことに、"
>sannziさん
演出が石井裕也・池田克彦、脚本が石井裕也・登米裕一という布陣になっておりますので、しかも撮影は早々に終了してるらしいので、おそらく脚本、監督的には全編一貫して制作されていると思うんですよ~。

放映当日はあまりのシュールな光景に、とにかく興奮してしまいまして、ツイッター上ではご迷惑をおかけしました。
しかしその後冷静に考えるに、人間臭さを愛する石井監督の作風から考えて、マジ火浦功ばりのネタ展開になるとは考えにくく(笑)やはりひとの心にちょっと刺さるほんのり優しいドラマに戻るのではと思いますが‥‥

毎回違う監督によるオムニバス形式の深夜ドラマなら「時効警察」でしょう(笑)三木聡、岩松了、園子温、高山直也、塚本連平、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、山田あかね、吉田玲子、麻生学、お‥‥伝説のトム・ジョンイル氏と、そうそうたる顔ぶれです。
未見でしたらぜひお正月にでも一気見を(洗脳)
2015.12.02 01:34 | URL | #4SZw2tfw [edit]
まるるり says... ""
いや〜〜〜〜〜凄かったです。笑うよりもビックリの方が大きくて。
で、一番ビックリした所は "来週も続くのかよ!" ってところでした。
夢の先に待つものってこれ??? と、かなり混乱しましたが、
見る事ができたのが非常に遅かったので、もう今日は水曜日。
明日のお昼の配信が楽しみです(^^)

2015.12.02 11:22 | URL | #- [edit]
rose says... ""
>まるるりさん
こちらではおひさですー! コメントありがとうございます!
ほんとにね、てっきり今回限りの夢オチバカ騒ぎかと思ったら、まさか本筋に関係してくるとは思いもしませんでした。
ご覧になるのが遅かったのは幸いです。自分は一週間ハラハラしっぱなしで今夜を迎えました(笑)
まああの声が他人にも聞こえるとは思えないんですよね。礼子さんにつめたくあしらわれるバカふたりシーンが楽しみです。
‥‥でもいっそこのままSF展開でもいいんだけどなあ深夜だしw

きっと今夜ネタバレ叫んじゃうと思うんですけど生温くスルーしてやってください(><
2015.12.02 18:20 | URL | #4SZw2tfw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lazyrose2007.blog115.fc2.com/tb.php/511-de907125