Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

スポンサーサイト

Posted by Lazyrose on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「重版出来!」#6 安井は夢に破れたのか?

Posted by Lazyrose on   0 comments   0 trackback

あ‥‥ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
残酷な仕打ちにあいながら頑張る東江(あがりえ)の物語 を見ていると思っていたら、
血反吐を吐きながら雑誌と作家を守っている安井の物語 になっていた。

な‥‥ 何を言っているのかわからねーと思うが (以下略)


今回の話を「理想を求めていた安井が現実に挫折した話」と受け取った人は多いと思う。
理想に燃える編集者が廃刊」という現実の前に挫折し、作家との信頼を失い、自己中心的な役員への反発も押さえ込まれ、
そうして安井は変わらざるをえなかったのだと。

五百旗頭(いおきべ)たちが語るかつての安井の話に、途中まで自分もそう思って見ていた。

160520-blog1b.jpg


定時きっちりに仕事をあがり、
正月休暇中は連絡もとれない。
タレント事務所の意向を優先して新人作家の思いをつぶす安井。

第1話からずっと伏線は張られていた。
「編集者残酷物語」アカウントで。
部数会議での和田編集長と岡部長の会話で。
作家と編集者の理想的な関係に感動する心を苦々しく見つめる安井の表情で。

「ツブシの安井」の裏に何があったかなんて、おおかた視聴者だって見当はついていたのだ。
しかし、その見当は「彼が夢に敗れた」ところまでだった。

理想の仕事に挫折した安井は、夢をあきらめたのだろうか。
敗れた夢の八つ当たりで新人を使いつぶすような仕事をしていたのだろうか。
脚本はそんな短絡な安井を描いていない。
最後の和田編集長のひと言で、すべてが逆転する。

「お前が確実に稼いでくれるおかげで他の作品で冒険できる。勝負するところで勝負できてんだ」

そのひと言から高速で巻き戻される冒頭からの、いやもっと以前からのシーン。

「どれだけ素晴らしいものを作っても、会社が評価するのは数字。数字だけなのだ」
だから、彼は数字を取ることで作家と雑誌を守ることにしたのだ。
画面上に広がるこの「どんでん返し」には、思わず鳥肌が立った。
今回自分が一番感動したのは、物語そのものよりも、この物語の構造を作った脚本の野木さんの手腕にだ。

これは自分の想像にすぎないが、安井は別に新人作家を潰そうとしていたわけではないと思う。
ただ、「常に売れる作品」を出さなければならない中で、心折れて止めていくのであればいっそ早い方がいい、人生のやり直しがきく、そんな思いがあって、あえて潰れるに任せていたのかもしれない。

思えば、第4話の時点で安井は心に突きつけている。
「デビューちらつかせて引き伸ばしたあげく人生棒に振ったらどうすんだよ。お前に責任とれんのか」
あの言葉の裏には、今回の加藤の
「何のリスクもとらずに仕事してるサラリーマンのあんたとは違うんだよ!」
という叫びがあったのだ。

自分は安井は今でも理想のために働いていると思う。
作家と密に接し、二人三脚で、理想の仕事をこなしていく同僚達の横を通り過ぎながら、
その「やり方を変えただけ」で。
彼は決して自分が犠牲になっているとは言わないだろう(思っていても)

だからこそ「道具にされたくないんです」という東江の叫びに、安井はひそかに涙ぐむ。
そして、互いの手をつかみなおした東江と心の姿を、遠くからニヤリと見守っていた。

‥‥って、はっきり言うけど安井カッコよく描かれすぎじゃね!?
横ボーダーシャツ嫌いになりかけてた視聴者が全員「横ボーダー買おう!」と思ってるよ(笑)

「黒沢さんはどうですか? なんのために仕事をしていますか?」という三蔵山先生の問いかけが、今回の安井の話を経てどこに向かっていくのか、とてもとても興味深い。


‥‥というまともな感想はここまでで。

160520-blog2.jpg


ひとしきり感想吐いてから気がついたんだけど
今回、五百旗頭は困ってるだけで何もしていない(笑)

事務所都合のキャラデザイン変更に激怒する小熊に困り、
安井の姿勢に憤慨する小熊に困り、
自分の絵が下手だと知らなかった中田伯に困る小熊に困り、
単行本の表紙の件でとうとう激突する安井と小熊に困り、
コミックフロウ廃刊の過去シーンでも眉をひそめて困惑し、
安井が役員を殴ろうとした騒ぎの時にも、なす術も無く。

困ってるだけなのになんで「今週も五百旗頭さんカッコいい!」と絶賛されているのか、
まったくもってオダギリジョーの困った顔は最強だと思う。

160520-blog3.jpg

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lazyrose2007.blog115.fc2.com/tb.php/534-f14aa69e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。