Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

「ムジカ・ピッコリーノ」#7 攻撃力が高すぎる

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

今週もまんまと「エンゲル地方」に呼び出される(釣られるともw)メロトロン号ご一行。
明らかにモン・サン=ミシェルをイメージした海に浮かぶ美しい島。
そして現れたピリオド・モンストロはグラスハープの記憶を宿したグラッシェリーだ。

夕陽に浮かぶ島の景色も美しければグラスハープの響きも幻想的。
そして演奏するのが「主よ、人の望みの喜びよ」
なんとバッハの教会カンタータのコラールですよ!
そうかエンゲル=エンジェル(天使)かあ! バッハならドイツ語読みだもんな。
アリーナの透き通るような声がハープの音色と相まって美しい! 何からなにまでなんと美しい演奏シーンであることか!

‥‥と、まあこれで終わらないのがこの番組の恐ろしいところでしてな。

「ええ、ひとりピクニックですけど何か?」
「なぜかグラスふたつ用意されてますけど何か?」
「無理やり乾杯したらモンストロ浮かんできましたけど何か文句ありますか!?」

みたいな強引すぎる段取りでモンストロ呼び出したあげく、またもやトンズラするMr.グレープフルーツことドクトル・ジョー‥‥

160523-blog1.jpg


‥‥気障男やった‥‥orz

「エンゲル地方の海深く、眠りつづける愛しきあなた、ああ、そなたの美しき声をいつか聴いてみたい」
「また会えた幸運を祝して、乾杯」チーン

‥‥
‥‥ぶふぉ(鼻血)。.∴:.


ま、まあ先週の「運命」うんぬんあたりで予想はしていたけども(笑)いよいよアダルトになって参りました。

あのな、ちょっと真面目に言わせてもらうが、ちびっ子対象番組だからアリーナちゃんも

「また会えた幸運を祝して(キリッ)」
「だっておwww」(ヾノ・∀・`)ナイナイ

みたいなノリで言ってくれてますけどな!
危険ですよ!
いやマジで危ないから。

先日行われた取材会でオダギリ氏は
「自分が子どもに引きがあるとは思えない。何をどうしたらいいのか全く分かりません」
と、思考錯誤していることを語っていた。が、いや、引きはあります。あるんですよ。

取材会の様子

何しろフォロワーさんにきいた話では、ドクトル・ジョーが登場するとお母さんだけでなく女の子たちも反応するらしいのです。
ちび乙女心すらくすぐる、恐るべしドクトル・ジョーの魅力!
ううむ、男は必死に努力して男にならねばならぬが、女は生まれた時から女なのだ(ボーヴォワールの『第二の性』知ってる人今どきいるだろうか)
でもいいのか、こんな引きでいいのか!(笑)

「いい? こういう変な男の人見かけたら、まずはお母さんに報告するのよ。ケーサツじゃないわよお母さんだからね!」
とか子供に言い聞かせちゃいけませんぜーお母さん方。


制作も狙って言わせてるんだろうが、シャレにならん攻撃力だというのは自覚しておいて欲しいぞ。
160523-blog2.jpg

Comment

sannzi says... "見事な"
スチームパン版モン・サン=ミシェル、美しかったですね。
いよいよ背景作家さんも気合が入ってきた感じで、ほれぼれしました。

今回の教育番組実験のシーン、アベマリアをBGMにして、超高速で撮影されたグラスの中で揺れる跳ねる水の動きも美しかったです。

ポンさんが顔を真っ赤にして、グラスの水を吸い上げての音程の違いの実験、面白かったですね(^^
体を張ったギャグみたいで楽しかったです。

そしていよいよ露出度を高めてきたMr.グレープフルーツ!
次ぎはどのモンストロの治療を手伝ってもらおうかな、なんて言っていたので、目的もはっきりしてきましたね。
正体は分らないが、密かにアリーナたちを導く存在で間違いないようです。
アリーナがどこかで聴いたような声・・・と言っていたのがやはり児童番組、子供達はアリーナが早く気が付けば良いのに!とヤキモキしたと思います(^^
2016.05.23 23:12 | URL | #u2lyCPR2 [edit]
rose says... "まったくです"
>sannziさん
っていうかコメント早すぎませんか(汗)

モン・サン=ミシェル風の島、言葉がでないくらい美しかったですねえ。登場は今回だけなのかなあ、ともったいない気がします。

ポンさんはもう‥‥なんでしょう。お笑い芸人さんなんじゃないかというくらい芸達者ですね。本職を忘れてしまいそうです。演奏するとカッコいいんですけどねえ(笑)

Mr.グレープフルーツの正体については、お子様仕様なんですね。じらす、というよりは子供たちをワクワクさせるための手法なんでしょうねえ。
人の裏を読み揚げ足をとりひっくり返して裏切るような大河ドラマが楽しい一方で、こういうゆったりしたペースのドラマにも心癒される今季でございます。
2016.05.23 23:57 | URL | #4SZw2tfw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lazyrose2007.blog115.fc2.com/tb.php/535-4618085b