Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

動揺を隠し切れないファン心

Posted by Lazyrose on   0 comments   0 trackback

なんとこの「爆裂新撰組」カテゴリを更新する日が来ようとは!

新選組、斎藤一の写真見つかる

斎藤一の写真見つかる 53歳当時、新選組生き残り
※こっちは家族写真もあり

160715-blog1.jpg


明治30年(1897年)53歳当時の写真が発見されたそうですぜ!
しかも、単体じゃない!
時尾さんと勉さんと剛さんまで一緒だよ!

斎藤さんきれいなお顔立ちだったよ!

ハレルヤー!

(はあ? 何いってんの?)と思われた、幕末史にさほど興味のない方のために説明すると、

これまで「斎藤一と思われる」と言われていた写真の類といったら、
こんなのとか
160715-blog3.jpg
(西南戦争に従軍した警視隊での写真。ご子孫からは否定されていた

こんなのとか
160715-blog4.jpg
(長男・勉氏をモデルに描かれた肖像画。今回の家族写真を見てちょっと頷いたw)

やれ「類人猿」だの「宇宙人」だの言われ放題だった斎藤一が実は細面のイケメンだったことがこのたび発覚いたしましたのでな!

もう朝っぱらからワシの心もクラスタ界隈も大騒ぎなんでございますよ!

‥‥いやー‥‥。
そんなわけで、目出度いんですけど‥‥。

こう言っちゃなんだがワシの斎藤歴は相当長いのよ(長いだけで深くはない)。
自分が若い頃「新撰組」といったら土方・沖田二大巨頭だけが持て囃されて(「燃えよ剣」効果だな)、永倉藤堂原田なんかひとまとめで「その他」扱いだったし、「斎藤一? 誰それ」とか真顔で言われたりしたもんで、まだ総長なぶん山南さんの方が知名度があったくらいなんだよなあ。
それが近年のマンガや大河のおかげで斎藤一が全国的に有名になって嬉しかったんだけど。

でも「実際は顔がアレだけど創作できれいに描かれてるわけじゃん」みたいな暗黙のアトモスフェアは誰もが共通して持っていて(笑)、そんな中、「顔の問題じゃないんだ!」「斎藤一の精神が好きなんじゃ!」と踏ん張ってウン十年だった斎藤ファンのひとりとしては、何と言うかむしろ困惑する状況で(笑)

イケメンじゃない彼が好きだったのにイケメンと知って、ちょっぴり複雑な気持ちにかられている昔ながらの斎藤ファンというのが、ワシの周囲には結構いるような気がする。
いえ、嬉しいんですよ! 嬉しいんですけどね!

なんでしょうねえ、今になってこんな鮮明なイケメン写真が見つかるなんて、
これはよもや三谷さんがオダギリを斎藤役に充てたせいで時空遡って斎藤がイケメンになったとか、
もしくは特定方面のお姉さま方の「斎藤は美男であるべし」という時空を越えた呪いが影響して斎藤がイケメンになったとか、

え、混乱のあまり発狂したわけじゃないですよ?
ほら量子力学であるじゃないですか、未来の測定が原子の経路に影響してどうとかこうとかみたいなのが!
なんかとりあえずそういう何かがあったとでも思わないと、これまで
「斎藤は容姿はアレだ。アレで何が悪い」

「しかし創作に上げる以上捻じ曲げてでもイケメンにせねばならぬ。つうかオダギリが演ったからには無理やりにでもオダギリに寄せる」

「でもほんとはアレでアレな斎藤が可愛くてならんのにすまん斎藤!」
という捻じ曲がったバイアスを自分にかけ続けてきたウン十年がひっくり返されて混乱状態なんだよう~~!

まあとりあえず
三谷幸喜のアテ書きは歴史的事実をも塗り替える
ということで納得しておきます。

時尾さんが優しそうで、でも芯の強そうな武家の奥方っぽくて、ああこれはもう思い描いたとおりの時尾さんだなあ、とか、長男次男も父親ににて上背がありそうだなあとか。
ご一家の写真を眺めながらうっとりほこほこの一日であった。

そんでこの事実を知ったうちの三番隊組長。
160715-blog2.jpg

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lazyrose2007.blog115.fc2.com/tb.php/549-228cb1dc