Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

スポンサーサイト

Posted by Lazyrose on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

mission1 死んだ魚の目を何とかしろ

Posted by Lazyrose on   2 comments   0 trackback

さて、それではいよいよ人体のSuperflyレンダに挑戦してみようではないか!

何しろなにからナニまで初めての体験だ。
いきなりうちの大事なカワイ子ちゃん(♂40歳設定)でお試しするわけにはいかん。
ここはひとつ商用品で。

なるべく新しめのM4で好みのキャラを探していたらRMPでfu-minnさんのM4キャラが出ていたので購入。

160924-blog11.jpg
Tatsuya for M4

‥‥とここでまず引っかかる。
これまではP7だったのでBase MATを使っていた。
だがこのキャラはP2010用にSSS MATがついている。

160924-blog1.jpg

そういえば一時期SSS MATでいわゆる「リアルな肌の表現」がどうとかいう話をきいた。
よし! SSS MATというのに挑戦してみよう!


‥‥で、SSS ってなに?

‥‥‥‥。


森の賢者は言っておった。
「わからないことは流転ブログで調べるがよい」
というわけで困ったときの参考書・流転ブログの該当記事

いざSSS・前編

‥‥よくわかんないけど要するに、光の反射とか屈折とか透過とかをより現実に近づけて計算しているということだろうか。
「♪手のひらを太陽に透かしてみ~れ~ば~」的な?
あくまでもペンギン頭の理解であるが
つまり「まっかに流れるぼくの血潮」が表現できる?

まあいいや、とりあえずそいつでやってみよう(おい)

マテリアルルームにてSSSMATをセット。
160924-blog2.jpg

ぐおおおおお! 折りたたまれているううう!
ナニが何処につながれているのかわからーん!
いやここで嵌ると長引く、とっととレンダリングしてみろ。何しろSSSでSuperflyだ凄いリアルな結果になるはずだ!

出しっぱなしMATあてっぱなしライトデフォルトレンダ設定デフォルトカメラもデフォルトでぽちっ

160924-blog3.jpg
てっかてか。



‥‥うん、まずここから始めようか‥‥。



はい。
こういうしょーもねー状況で呼び出されるのが(大方の予想通り)Poser界のマッドサイエンティストにして病み部隊もとい闇部隊研究所所長某K女史。

何しろ3DCGなんていうウルトラ左脳人用のアイテムを骨の髄から右脳人のペンギンにわかりやすく噛み砕いて説明できる翻訳機能と許容量を持つ人材は稀だ。Kyotaroさん 某K女史なくして俺様のPoserライフは無い。

そんなわけで

ぺ「とりあえず、マテリアルいじるのは大変そうなのでレンダ設定で何とかできんのか」(大雑把)
K「‥‥とりあえずスペキュラの計算回数を上げてみたら?」

おお、そうかそうか。
基本、Superflyは鏡面反射が強く出るので抑え目にするのがコツらしい。あと細かい点々が出てくるのはレンダ品質の問題なのでテスト段階では無視。

先ほどのデフォルト設定
160924-blog4.jpg

光沢サンプル値をあげてー
160924-blog5.jpg

反射がきついならライトを少し暗くすればよかろう。ってんで真横からのライトをちょっとずらしてー

160924-blog6.jpg

‥‥あんまし変わんねー。
やはり安直にどうとかなる問題ではないようだ。
仕方がない。すごく嫌だけどマテリアルルームに突撃するか。

当面の問題点は2つ。

その1. 目玉なんとかしろ
その2. なぜ色黒になる


Poser11が発売されたあと、国内Poserユーザーの色んなレビューを読んでいるとまず出てくるのがこのSuperflyレンダの機能に関する内容だ。
そして誰もが
「死んだ魚の目になる^^;」
と報告している。むべなるかな。

この目玉の原因は要するに反射がきついせいだというのはわかっている。
目玉の反射関係をいじるだけなら自力でもできそうだ。

160924-blog7.jpg

結果
160924-blog9.jpg

ううむIris(虹彩)は何とかなったがまだ変だ。
Sclera(強膜)とかCornea(角膜)とかEyesurfaceとか目に関するノードをあれこれいじってみたけど変わらない。
どうすりゃいいんだと困っていたら

「Pupi(瞳孔)はテクスチャノードを全部切断して、拡散色を黒にして、その他を全部0でいいんだよう」


とキャラクターセット配布も手がける天の声(某まに M氏)が降って来たので(いや雨乞いしたんだが)

160924-blog8.jpg

全部切った。

160924-blog10.jpg

何とかなった! ばんざーい!
瞳孔はあえて赤目を表現するようなことでもない限り「反射も光沢もない真っ黒」でかまわないので、拡散色だけでいいらしい。

いや、なんでこんな「SuperflyとかSSSとか以前の問題やろそれ」
みたいな話をわざわざ書いてるかというと、単にこの先他のキャラを同じ目にあわせるにあたってどうせ同じことを繰り返すであろう自分のための覚書なんだなこれが。

しょせんレビューでもなんでもない奮戦日記でございますからな!
「読んで笑ってなにひとつ実にならないブログ記事」を目指しております!(なぜ威張る)

とりあえず死んだ魚の目は何とかなった。
次は死人のようなお肌の色黒を何とかしなければならん。
しかし呼び出して目玉を何とかするまででずいぶん長くなったので、さらに続く!


ところでSuperflyレンダのこの反射問題に関しては、実はまだ発展途上のシロモノらしい。
FireflyとSuperflyの鏡面反射の比較をしてみると、材質によってまったく別物に成り果てていたりする、というのは現在検証中の博士の言。
とりあえずP7からロケットジャンプした自分のような特殊例でなくてもとまどうくらいの仕様ということですね。

Comment

sannzi says... "これはありがたい!"
ワタクシだってそりゃー生々しい人物(私の場合女性)像をレンダリングしたいと思っているので、この連作記事は非常にありがたいです。

まずはSuperflyにおける目のマテリアル設定をいただきました。
SSSはFireflyでも商品のプロモ画像や、kyotaroさんのお手本レンダ画像で見るような、効果が良くわかるレンダ結果を出すのは、今でもよく分かりません。
Superflyでは尚更難しそうですね。

ウルトラ左脳人の人は、世の中を全て数式で捉えて理解しておられるのだそうです、映画マトリックスの数字がチロチロと流れている世界。
きっと某K女史もそうです(>_<)
そんなK女史が右脳人のワタクシ等にも分かるように図式など作成されて、その心使いにブログを拝見する度感謝しております。
そしてこのウルトラ右脳人のroseさんのまとめ記事は、さらに右脳によって理解できた事を書かれているためか、直にワタクシの脳にするりと入ってきます。
出来うることなら、生々したじょー君が出来るまで、ブログ記事を通して共に学ばせて頂けたらありがたいです。
2016.09.24 23:43 | URL | #u2lyCPR2 [edit]
rose says... "いやいやいやいや"
>sannziさん
あの、先にまずIrisに関しては自分が適当に色とか数値とか変えてみただけなのでご注意くださいね(笑)

何もわかってない自分は、P11使うにあたってさまざまな「なぜそうなるのか」よりも
「で、超リアルな人物をレンダするにはどこをどうすればいいの?」
という手っ取り早い回答こそが欲しかったんですよねえ。
でもどこにもないんです。
仕組みをよくわかっている人にとってはことさら取り上げる必要のない「ここの数値を変えろ」的なハウツー欲しいんですが、ひょっとしたらDAZのフォーラムなんかだと説明があるのかもしれませんがとても解読できないし(笑)
かろうじてP7まで使ってた自分がこうなら、P11から初めて使う初心者の人なんかこの時点でイヤになっちゃうんじゃないのか。

そんなわけで、K女史はじめ周囲の頭のいい人たちにP11のことを無理やり説明してもらいました(笑)
ってのが今回の記事の正体です。
まあしょせんお笑い体験記ですが、「自分が使う範囲内で」必要となった経緯を書いておくことで、もしかしたら自分と同レベルの初心者が助かるかもしれません。

‥‥などと思っていたらなんとsannziさんが釣れたあたり、さすが新機能Superflyはあなどれませんな!
慣れた人たちでもわりと苦労してるのかも知れませんねえ。

肝心の「なぜそうなるのか」等々に関してはいずれK女史がくわーーーーしくご自身のブログで説明してくださるんじゃないかと思います。楽しみに待ちましょう。
とりあえず生生じょー君に向けて、次回肌マテリアル挑戦します! 何かお気づきの点とかあったらこっそり教えてくださいねー!
2016.09.25 02:37 | URL | #4SZw2tfw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lazyrose2007.blog115.fc2.com/tb.php/557-40411112
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。