Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

要するにテクスチャ作り直しは必須とな

Posted by Lazyrose on   0 comments   0 trackback

さて「Superflyレンダで生々しいじょー君を作ろう計画」

昨年11月の「mission3 肝心のレンダ設定をどうにかしろ」のまま頓挫している(笑)
いや、頓挫したわけではない。
和風展があったりしたのでがっつり(他の人物を使って)Superflyレンダのコツやらマテリアル設定のコツやらを模索していたのだサボっていたわけではない(必死)

‥‥わけではないがいい加減P11を買った本来の目的を忘れそうなのもどうかと思い、また秋になってオダギリ作品が公開されて本格的に祭りになる前に何とかしておこうと思って慌てて続きをやってみる。

実は昨年12月の時点で、1度トライしていた。

既存のじょーテクスチャの反射設定をいじってSuperflyしてみた状態。
170820-blog3.jpg

同じ設定でFirefly
170820-blog4.jpg

Superfly前提で作成したキャラがfireflyだと全然顔が違っていたため、
「なにこれ、Superflyレンダするとこんなに顔変わるの? じゃあうちのじょー君をSuperflyでレンダしたら顔が違ってしまうのでは!」
とパニック起こしかけたが、やってみたらそれほど差がなかった。あー良かった。

しかしさすがSuperflyだけあって質感というか「そこに存在する感」は確かにあるのだが、お肌の感じがいまひとつ。
テストで使ったキャラはSSS用のマットを改造したので、これも(いらんノードは排除して)真似してみたらどうだろう。
とかなんとか適当に弄ってお試しレンダ。

170820-blog2.jpg

わりといい感じになってきただろうか?
ちなみにレンダ設定はこんな感じ。
170820-blog5.gif

出来上がりの見た目はそれほど変わらない気がするけど、これまではレンダ画像をフォトショでさんざん加工したあげくの「リアルっぽさ」なので、一発レンダでこれだけいければ自分的にはかなりの「進化」ではある。
しかし、もともとが「リアル半分マンガ半分」みたいな路線をめざしてイラスト用に作ったテクスチャマップでは、リアル感を出すにも限界があるようだ。
結局のところ「写真みたい」な質感を露骨に出すためには、やはり解像度の高い生々しいテクスチャマップが必要なのだ。

そんな事してる間に1年近くたって、キューバロケしたオダギリさん何か顔変わっちゃってるし。
ここはひとつ、もうちょっとクオリティの高いテクスチャマップ使って新しいじょーテクスチャを作ってみようかなーとか、思ってみたりしてみたり‥‥。

170820-blog1.jpg クリックで倍

結局続く。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lazyrose2007.blog115.fc2.com/tb.php/571-6df22ffc