Poizon of rose

蜜×毒なイラストとかOJとか

「チア☆ダン」#1 ダブルわんこで目指せ全米制覇!

Posted by Lazyrose on   0 comments   0 trackback

チャレンジするのは難しいことではない。
やりたいな、やってみようかなで一歩踏み出せばいい。
でも、「一度挫折したことにもう一度チャレンジする」となると、話は別だ。
「どうせダメだし」「自分には才能ないし」「頑張ても結局傷つくだけだし」とハードルはぐっと高くなってしまう。

やりたかったのに力がたりなかった。やってみたら痛い目みた。
そんな辛い経験があるから言い訳してしまうし、自分もあきらめた経験を持つからこそ、親は子供に、妻は夫に、教師は生徒に「無理するな」という。

わかばも、太郎先生も、このドラマの無理無理マンたちはみな挫折した状態からのスタートらしい。
たしかに王道中の王道青春スポコンドラマだ。
でもこれは単なるスポコンものというより、「くじけて傷ついた心でも、立ち上がれる」という、色んな人に向けた応援ドラマなんじゃないかと思う。

だから、エピソードのひとつひとつがベタな定番ネタではあっても、最初の5分でほぼ最終回までの展開が把握できてしまっても、そんなことは構わないのだ。
そこが安定しているからこそ、視聴者は安心して彼らのひたむきな努力に共感できるわけで。

メインターゲットはこれから頑張る若い世代かもしれないが、金曜夜10時の疲れきった大人の心にもキラキラしたわかばたちの気持ちが素直に沁みてくる。
「頑張れ!」という単純明快な応援をしにくい時代だからこそ、
ストレートに「それでも頑張ってみることの美しさ」を打ち出すドラマには大人が観賞する価値がある。

で、なんでそこにオダギリジョーがいるのか?

という一般視聴者のごもっともな疑問には「まあ見ておれ」とほくそ笑むオダギリファン(笑)

180715-blog1.jpg
おそらく本編でこういうオーソドックスにカッコイイバージョンはない気がするタイトルバックの太郎先生(クリックすると倍サイズ)


放映後おそるおそる世間様の反応をみるに(←古いオダギリファンあるある)

・キラキラ女子高生効果で画面がまぶしい
・ベッタベタな王道だがそれがいい
・太郎(イヌ)かわいい
・太郎(先生)かわいい

よかった! 総じて好意的な意見が多い!
よかったーーーー!(←古いオダギリファンあるある)

いやもう、初っ端の登場シーンから恐竜オタク丸出しだわ、嫁と息子に仕切られてるわ、着任そうそう教頭や同僚から突っ込まれてアワアワしてるわ、の萌え萌え太郎ちゃんなんだが、きわめつけがホームセンターでのわかばとの出会いだ。

わんこだよ! わんこ属性ですよ公式設定がッ!(笑)

そう、これこそが王道青春キラキラドラマにオダギリジョーがキャスティングされた最大の理由だ!(断言)
いいですか皆さん、オダギリジョーには2種類のオダギリジョーがおるのです!
何をいってるのかわからない?
よろしい、ざっと分類してみましょう

【ダークでエロティックで男も惚れるといわれる黒オダギリ】
例)「血と骨」朴武・「ゆれる」早川猛・「渇き。」愛川刑事・「南瓜とマヨネーズ」ハギオ・「天体観測」木崎タケシ・「S -最後の警官-」正木圭吾・「極悪がんぼ」伊集院保

【ピュアでひたむきでわんこな白オダギリ】
例)「仮面ライダークウガ」五代雄介・「サトラレ」里見健一・「ビギナー」羽佐間旬・「新選組!」斎藤一・「八重の桜」新島襄・「おかしの家」桜井太郎

あと白黒混在した「リバースエッジ 大川端探偵社」の村木とか白黒とは別次元の「重版出来!」の五百旗頭敬とかむしろ極彩色な「あずみ」美女丸とかもいるけど、そのへんの考察はやりだすと3日くらいかかるので省略するが、

とにかく純粋で可愛らしい方のオダギリ! 別名「きれいなオダギリジョー」の方が召喚されてるわけです!
そしてそこにもうひとりの太郎(わんこ)を配置する周到っぷり!


180715-blog2.jpg
ホームセンターで「タロウさ~ん」と呼ぶとコレが出てくる福井県行きてえええ

ラスト、駅前でお巡りさんと揉める生徒を助けるためにうっかり「顧問です」とか口走った瞬間、

「太郎先生が顧問やってくれるってーーー!」

「キャー!」「ヤッター!」
ってぴょんぴょん飛び跳ねて大喜びの女生徒たちがもう可愛くてかわいくて、
こんな可愛い女の子たちが円陣組んで
「タロウッタロウッタロウッタロウッ」
「ウ~~~~タロー!!」

って勝鬨あげられちゃったらもう、太郎先生断れないやねw

「いや、あの‥‥」ってオロオロしてる太郎先生がまた死ぬほど可愛くて。
ワタクシ確信いたしました!
「キラキラしてる若い女の子がカワイイ」と「涙目でオロオロしてるオダギリジョーがカワイイ」はほぼ同じベクトルなのであると。

第2話ではお待ちかねの太郎先生のトラウマエピソード登場らしいで、週末の疲れきった大人(主に女性)たちよ! うるうる涙目わんこ待機だぜ!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://lazyrose2007.blog115.fc2.com/tb.php/580-59fb8069